« 狭間の出勤やる気なし | トップページ | 新作はどうなっちゃうのか »

2011.05.03

安物は所詮安物のようで

眼鏡のレンズの瑕が邪魔なくらい目立つようになってきたので、新調。
・・・といっても高いものを買う余裕はないので、量販店の安物で我慢。安いだけあってフレームが華奢ですね。デザインもあまり良いものはないし。

まぁ安いことと、ソッコーで出来上がることだけは強みですね。
何回も買い替えること前提なんですかね。どっちかというと伊達眼鏡用な感じもします。フォーマルな席で使えるようなフレームは多くありませんし。若者向けというところでしょうか。

知人からはレーシックを勧められたりもしましたが・・・手術はやっぱり抵抗あるんですよねぇ。

ともあれ、レンズが新しくなったので視界がクリアになりました。
瑕だけじゃなくて、レンズも汚れていたのかもしれませんね。毎日ちゃんと洗っていたのに・・・。

|

« 狭間の出勤やる気なし | トップページ | 新作はどうなっちゃうのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51930/51619254

この記事へのトラックバック一覧です: 安物は所詮安物のようで:

« 狭間の出勤やる気なし | トップページ | 新作はどうなっちゃうのか »