« ブラウン管TVなら上に物を置けるんだけど・・・。 | トップページ | スピンオフは四部が鉄板だな。 »

2010.03.18

揚げ足取りでもいいと思う

『空想科学読本』第8巻発売。
もはや1巻が発売されたときほどのインパクトはありませんが、何となく手に取ってしまいます。
古い作品ばかりだったら既に見向きもしなくなってると思いますが、研究内容を読者公募にすることによって最近の作品にも対応してきたのでね、気になるんですよね。・・・ただ、内容はだいぶ薄っぺらくなってますけど。
まぁ科学に触れることに意義があるわけで。
あまり読み返す本でもないので買わなくってもいいんですけどネ。

最初にこの本を知ったのは当時教えていた塾の生徒から。
彼らも皆だいぶ前に社会人になっているんですよね。
・・・こういうことを考えるあたり、歳かなぁ(苦笑)

最近はロボットアニメが減ってるから子供はSF臭のする作品に触れる機会も多くなさそう。
どっちかというとファンタジックな面が強いですからね。「不思議な力」で片付けられてしまう。
『科学』や『学習』も休刊になったし、なんか寂しいですね。
学年誌なんかで特集組まれたりするんでしょうか。

かつて「科学」という言葉にはロマンがありましたが・・・。



|

« ブラウン管TVなら上に物を置けるんだけど・・・。 | トップページ | スピンオフは四部が鉄板だな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揚げ足取りでもいいと思う:

« ブラウン管TVなら上に物を置けるんだけど・・・。 | トップページ | スピンオフは四部が鉄板だな。 »