« 白ひげ危機一髪 | トップページ | 年がら年中マスク »

2009.10.19

愛の力は偉大なのかもしれないけれど

『DQ9』終了。
何だか盛り上がらない結末でした。なし崩し的にエンドロールな感じ。
原因ははラスボスを倒して終了、というのではなく、戦っても倒しきれなかったラスボスが勝手に去っていく、という拍子抜けの展開であったこと。
今後クエストをクリアしていくと真のラスボス&エンディングとかって展開なんでしょうか・・・?
一旦テンション落ちちゃうと回復させるのキツイんだけどなぁ・・・。

そもそもプロットとしては『DQ4』と丸被りなんですよね。
あれならロザリーだって同じことができたはず・・・あ、リメイク版ではピサロ仲間になるんだっけ。

リメイクといえば、『DQ6』が出るんですよね。
オリジナルが出た当時は塾で講師をしていて、生徒が『DQ6』の話で盛り上がっていたのを思い出します。
私は未だにプレイしてないんですけどネ。
DS版の評判が良ければ検討してみようかな。



|

« 白ひげ危機一髪 | トップページ | 年がら年中マスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の力は偉大なのかもしれないけれど:

« 白ひげ危機一髪 | トップページ | 年がら年中マスク »