« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.31

モモちんもある意味武器なのかも

食玩『創絶 仮面ライダー -平成仮面ライダー参上!!-』が発売されました。
以前の『HD』シリーズから100円値上がりして400円になっちゃいましたが、クオリティは維持されています。・・・層でなくては困りますけどw

Sozetsu_agito_00 今回のラインナップは、クウガ、アギト、ブレイド、電王。ブレイドと電王は過去シリーズの焼き直しというのが残念です。

4体の中ではアギトの出来がピカイチ。・・・なのに某家電量販店ではアギトだけ売れ残っていました。不思議不思議。

アギトと言えば、『仮面ライダーディケイド』のアクションフィギュアシリーズ『ファイナルフォームライド』の商品画像も公開され始めていますね。
大胆な変形で好評を博しており、どこへ行っても品薄な『FFR』シリーズ。アギトが変形するのはマシントルネイダーです。ゴテゴテといろいろくっついていて、およそ人型ではなくなりつつありますが、この商品に限って言えば問題はありません。それも『仮面ライダーディケイド』の魅力。

アギトと並んで、電王も『FFR』の商品写真が公開されています。電王が変形するのは・・・モモタロス(笑)他のライダーが武器やビークルに変形する中、何故か人型のまま。確かにイマジンも「人外のモンスター」と考えればドラグレッダーやらゴウラムと同じカテゴリーなのかもしれませんがw

プロポーションはそれはもう酷いものです。クレヨンしんちゃんとコラボしたときのアニメ電王みたい(苦笑)
こんなことならネタとしてソフビフィギュアを買っておくんでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.30

獅子と魔術師と

先頃、『ラインハルトとヤン』が復刊し、近々何かあるのかな?と思っていたところ、『ロマンアルバム 銀河英雄伝説 COMPLETE GUIDE』が発売されていました。
十年以上前に『ロマンアルバム』は刊行されていましたが、まだ当時はビデオシリーズが完結していなかったんですよね。DVDではなく、ビデオ。懐かしい。

新刊のメインとなるのは全話解説と主要キャラ・メカニックの解説。さすがに本伝だけで110話ありますのでストーリーガイドはあらすじのみ。同様にキャラクターもメインどころのみ。デザイン画は旧ロマンアルバムよりもずっと小さいサイズでの収録となっています。
いずれにしても、ボリュームは結構あるんですけど、個々の扱いが小さいからちょっと物足りない感じがして残念に思います。逆に、主要キャストは写真入でコメントが載っていたのにはビックリでした。

全話キャスト、劇伴もリストアップされていますので資料としても充分。『エンサイクロペディア』のようにアニメ版の全キャラ事典のようなものでも収録されていれば尚良かったんですけどね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.29

#25 再生

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 最終話「再生」。
Bパート入ってすぐに「劇場版作る気満々の展開だなァ」と思っていると、ラストに思いっきり「劇場版 機動戦士ガンダム00 2010年公開」の文字が。しかも最終回なのに中身はまるで終わっていないという、最悪の結末。酷すぎます。
せめてヴェーダ=ティエリアが『宇宙をかける少女』でレオパルドと対決、くらいにしてほしかった<オイ
そしてミスター・ブシドーはミスター・クロオビと対決<オイオイ

構成が手堅いから何となく纏まってはいるんですけどね。重要なところがサラっと流されちゃってるからハッピーエンドでも「大団円」という感じがまるでなく、「終わった」というだけ。

で、終わってみれば特に何も残らず。
「『00』はここが面白かった」って言えるものがないんですよねぇ・・・。
言ってみれば「コーラに始まり、コーラに終わる」といった感じ?お陰でコメディ色
とりあえず彼の生存に関しては何の驚きもありません(どっちかというと呆れるばかり)。むしろ「リボンズキャノン」というネーミングのほうが驚きです。

先週、青の零号さんが「このアイデア、まるまるクラークの『幼年期の終わり』と同じ」という指摘をされていましたけど、最終回で思いっきり書いてありましたね、「The Childhood of Humankind Ends」。
これを出しちゃうと「ガンダムで『幼年期の終わり』がやりたかっただけなのか」というようにも見えてしまいますが・・・やっぱり『劇場版 交響詩篇エウレカセブン:ポケットが虹でいっぱい』のプロモーション作品なんでしょうか(えー

危惧されたラストシューティングはナシ。
最後の対決はア・バオア・クーではなく、ランバ・ラル戦のパク・・・オマージュでした。
アムロがガンキャノンとガンダムに乗って出てるんだから確かにラル隊とのバトルなわけですな。

何だかんだ言ってCBは正義の味方として存続してしまいました。
夕方の子供向け作品としてみれば妥当なところではあるんですが、断罪の臭いをプンプンさせておいて最後に何もないってのはどうなのかと。本人達がいかにもヒーロー然としているのは・・・ねぇ?
もうちょっと重みがあれば受け止め方も違ったんでしょうけど・・・。

それにしても・・・劇場版は来年公開ですか。『種デス』よりも早いんですね。まぁTVシリーズの最終回なんだからそれでも遅いくらいですけど。
待機中の劇場版は主人公の交代があった作品とヒロインの交代があった作品。変なところで繋がってますなぁ(苦笑)

| | コメント (8) | トラックバック (7)

2009.03.28

かじかむ手でターンXの組立てを

Robodama_turn_x_01 『ROBOT魂 ターンX』クリアVer.、戴いてきました~♪

心配していたほどではなかったものの、やはり希望者は結構多く、開場前に定員を超す行列ができていました。さすがに物販とは比べるべくもありませんがね。
とりあえず早朝より吶喊したお陰で、『ROBOT魂』組立体験の整理券を無事ゲット。体験会に参加することができました。

物販の列と違って、”会場内で”整理券を貰うために寒風吹きすさぶ中延々と並ばなくてはいけなかったのには参りました。何でいつも寒いのよ(涙)


組立体験は基本的に四肢のパーツをくっつける程度の単純なもの。ヒンジが入っている部分は最初から組み上げられていますのでボールジョイントを差し込むだけです。素人でも簡単にできます。

ただね、流れっぱなしの映像を見ながら組み立てなければいけないというのが問題で・・・映像はパーツ毎に2回流れるとはいえ、組み立てるために手元を見ているうちに先に行ってしまうんですよね・・・。
内部構造を見せるためのクリアパーツですが、組み立てるときはパーツ自体が見づらいという欠点がw

勿論サポートはしっかりしてくれますし、映像終了後にも組み上げ時間が充分にありますから取り残されることもないんですけどね。

折角の機会なので製品についての解説がもう少し欲しかったですが、ブリスターから箱詰めまでやるという、試みとしては面白い物でした。多少費用がかかってもいいので、もう少し気軽に参加できると尚良かったのですが・・・。


で、このターンX、「本品は個人使用目的に限定して配布させていただいております。それ以外での譲渡及び転売行為はご遠慮ください。」という注意書きがあって、会場でも同じことを口頭で伝えられたのですが・・・もう既にオークションに流れています(苦笑)金取ったら情状酌量の余地なく転売でしょ。
整理券配布の列に並んでいるときに聞こえてきた会話の中でも最初から売り払うために並んでいる人もいたようですし、どんなものも金になるこのご時世、主催者側の思惑は徹底されないようです。

体験会での配布物ではありますが、実際、裏を返せば限定400個の非売品なんですよね。
ガンダム関連で流通数3桁、しかも非売品となれば当然需要はあるわけで・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.27

サイコ@ホンコン

かりぷそさんのリクエストにお応えして、昨日買って来た『G.F.F. METAL COKMPOSITE』のサイコ・ガンダム(HONG KONG NIGHT Ver.)をレビュー・・・と言いたいところだったんですが、拙い技術とちゃちいカメラ、そして足りなすぎる光量ではうまいこと撮影することはできませんでした。・・・無念。

とりあえずは会場の展示を撮ったものを掲載(クリックで拡大)。

Gffm_psyco_hk_03

ボックスイラストは『GUNDAM FIX』のサイコガンダムのCGです。夜のホンコン・シティにゆらりと浮かび上がるシルエット。これがまたカッコイイんですよねー。
自宅で写真を撮ってみてわかったんですが、このサイコ、周りが黒い場所で撮影するのが正解のようです。
メタルコーティングが周りを反射しすぎて色味が若干変わっちゃうんですよね。

Gffm_psyco_hk_00Gffm_psyco_hk_01

全身ツヤツヤのピッカピカ。気を抜くと撮影者が映りこみます(シールドは面が大きいので、鏡のようです)。
当然、素手で触ると指紋がベッタリと付きますので手袋を着用することをオススメします。開封した時点で、梱包時に付着したと思われる曇りもあるんですけどね、拭けば落ちます。

いちおう、コーティングの強度は変形に差し支えないということですが、剥げるのが怖いのでフォートレスへの変形はさせていません。探り探り動かしている感じ。フローリングの床なんかには落としたらアウトでしょうね。

塗装は凄く綺麗ですので立たせておくだけで満足。
通常版のサイコはマットな塗装で力強く存在感をアピールしてきますが、こちらは「異様な」雰囲気が加わった感じです。プラモなんかでもメタリックコーティング版はいくつかありますが、その中でも屈指の出来かと。イベントの企画と機体コンセプトが珍しく合致したアイテムですね。

光源と巧くマッチさせてディスプレイできたら最高なんですけど・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.03.26

魂ネイション2009

Sic_momo_01魂ネイション2009」に行ってきました。
展示は昨日散々見ましたので、今日は物販。
今日の都内は猛烈な寒さ。アキバは免れましたが、雪が降ったところもありました。確か去年も凄く寒かったんですよね、雨が降って。・・・呪われてるんじゃ?
強風が吹きすさぶ中、並んでいるのも辛いなァと思っていたところ・・・整理券の配布が。お陰で喫茶店で楽に待機することができました。きちんとイベント対応できるようになったんですね、バンダイ。どこぞの某C社も見倣って欲しいものです。

とりあえず欲しかったものは問題なく買えました。
夕べ『マリみて』やら『とらドラ!』見てたら思いっきり寝坊したんですが、平日ということもあって、それほど人は多くなかったのが幸いでした。
たしか去年も寝坊したんですよね(苦笑)やっぱり1~2時間程度で起きなきゃいけないなら寝ないほうがいいんでしょうね・・・。

物販は問題なかったんですが、展示のほうでちょっと問題が。
『ROBOT魂』組立体験というイベントがあるんですけど、これに参加すると組み立て対象のターンX(クリアVer.)がもらえるんですよ。もちろん非売品。
ノーチェックのイベントだったのでイベント自体を会場で知ったのですが、そのときには既に整理券はなくなってしまった後でした。無念。
ダメ元で土曜に再度吶喊してこようとは思っていますが、明日以降情報が出回ると共に土日は休日となるので恐らく参加は無理でしょう。先着100名は泊まりでもしない限りはキビシイだろうなぁ・・・。
ターンX、譲ってくれる親切な御仁でもいればいいのですが・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.25

魂ネイション2009 プレオープニングレセプション

魂ネイション2009』のプレオープニングレセプションに招待されましたので行ってきました。
バンダイ(の代理店)さん有難うございます。

Tn_000

去年はカテゴリごとに独立していた展示フロアですが、今年は順路となり、人の流れがほぼ統一されることとなりました(一応、戻ることも可能)。見るほうの自由度は減りましたが人が交錯しづらくなって鑑賞はしやすくなりました。当然、管理もしやすいはずです。
・・・実際には新作の展示箇所にはカメラを片手に順番待ちをする人が団子になってしまっていたんですが、まぁ仕方ないところですね。

そう、プレオープニングレセプションは一般公開日で禁止されている写真撮影が可能なのです!
比較的空いているフロアで鑑賞できて、新作の写真も撮れるなんて有難い事です。是非次回も招待して欲しいものですなァ。
去年は『ROBOT魂』展開のPRとして触って遊べるコーナーがあったのに今回はなくなってしまったのがちょっと残念。新作が触れると良かったんですがね。

・・・ということで、気になるものをちょこちょこと撮って来ました。
以下、新商品を中心に。

Tn_003『ROBOT魂 トリスタン』
これは模型誌でも公開されていましたが、蜃気楼に続く可変アイテム。
劇中では空を飛んでるのが普通だったのでランドスピナーが目立つとちょっと違和感があります。
トリスタン・ディバイダーは出るのかな?


Tn_003 『ROBOT魂 ランスロット アルビオン』
これはもうすぐ発売ということもあって、画像はあちこちで公開されていますね。
聖天八極式が出てくれないことには始まらないんですが・・・当面はトリスタンとぶつけるしかないですね。



Tn_004 『ROBOT魂 ニルヴァーシュ Type The End』
コイツも立像は既に公開済みですので特に目新しさはナシ。
ちょいと黒が濃すぎるようにも感じますがグロスのヌメッとした感じがいい味出しています。発売が待たれるアイテムです。


Tn_005 『ROBOT魂 ニルヴァーシュ Type Zero Spec2』
ニルヴァーシュ。
セブンスウェルバージョンとかが限定品になりそうな感じですね。
これくらいのものが放送中に出ていてくれればよかったのに・・・。


Tn_006 『ROBOT魂 アドヴァンスド・ジンクス』
今月のホビー誌で発表があった新作。
ボリューム感がスゴイですねー。『00』が好きな人には『ROBOT魂』シリーズはうってつけの商品かと思います。イロイロ動かして遊べますし、こういった印象の薄いMSまできちんとリリースしてくれるし。
私は『ROBOT魂』の『00』には手を出していないので買いませんけどw


Tn_007 『ROBOT魂 マスラオ』
設定画なんかでも同じですが、動いていないと面白くないデザインですね。華奢だから落としたら折れそう(笑)<材質的にはそんなことはありませんが

スサノオは一般商品となるんでしょうかねぇ。
一応スサノオは見かけも変わってはいるんですが、映像で見ていると色が違うだけに見えますよね。


Tn_008 『ROBOT魂 Oガンダム』
これはネタのために買っておいてもいいかなw
なんていうか、今「ガンガル」とか「ガルダン」みたいなものをやろうとして、ちょっと絵心がある人に描かせたらたらこんな感じになるだろうというガンダム。半月ほど前に青の零号さんがそんな記事を書かれていましたが、トリコロールカラーにしたお陰で見れば見るほどインチキ臭が漂います。
この商品に限って言えば、出来は悪くないんですけどね・・・。


『ROBOT魂 レグナント』
Tn_009Tn_010

ブログで発表があったときには誰もが「まさか?!」と思った大型アイテム。
今月号の模型誌にも掲載されているので発売はほぼ確実でしょう。ボリュームがすごいのでガウェイン以上に値が張りそう。
ちなみに、彩色見本はモックのみでした。
関節強度とか大丈夫なんですかねぇ・・・?重心が思いっきり上半身に乗っていかれるのでポーズ取らせづらそうです。


Tn_011 『ROBOT魂 ガンダムエクシア』
ちょっと太めな印象ですが、出来は良さそう。ただ、『SHCM-Pro』版が出てしまった今となっては遅きに失した気もします。『ROBOT魂』シリーズを揃えている人用といったところでしょうか。
ただ、リペアでないと『00』のMS連中とは絡ませづらいですよね。『MIA』とは若干大きさが違いますし。


Tn_012 『ROBOT魂 クロスボーンガンダムX1』
雑誌等で既出の写真ではABCマントを装備しているものがありましたが、展示のものには付いていませんでした。
クロスボーンは『G.F.F.』やら『MG』でもリリースされていますが、ここにきてやっと遊べるものがでてきた感じですね。世の中にはゲームでしか知らない、という人も多いんでしょうけど(苦笑)
もっとも、作中に出てくるガンダム以外のMSをリリースしてくれないことにはいつまでたってもガンダム同士でしか絡めませんが。


Tn_013 『ROBOT魂 クロスボーンガンダムX2』
X1が出れば当然コイツもリリースされるわけでw
実際、売れそうな機体っていうとガンダムタイプしかないのが『クロスボーンガンダム』の痛いところ。極端にデザインが悪いわけではないんですけど、いかにも「SFマンガ」的なのが今のご時世では商品に向きそうにないんですよねぇ・・・。


Tn_014 『ROBOT魂 アーバレスト』
このイベントが初告知。『ROBOT魂』に『フルメタル・パニック!』が参入です。
やっぱレーヴァテインなんかよりアーバレストですよ。
『MAX合金』は高価だし、『モデロック』は塗らなきゃいけないし、『ASコレクション』は酷い出来だし・・・で、やっと廉価で遊べる可動フィギュアが手に入るときが来ました。
あまりギミックはついていなくていいので、ランスロットのような綺麗なアイテムにして欲しいです。


Tn_015 『ROBOT魂 サベージ』
さすが企画担当の方はわかってらっしゃるようで。
実際は発売直後にワゴンなんでしょうけど、需要はかなりあるはずです。アーバレストと絡めて好し、サベージ同士で絡めて好し、と。宗介が乗ってるから潰しが利くんですよね。
こういうラインナップを見ると、1年が経過しても『ROBOT魂』は頑張っている気がします。
このまま失速しないで欲しいものですが・・・。


Tn_016 『ROBOT魂 龍神丸』
『フルメタ』に続いて、『魔神英雄伝ワタル』が参入!
SD世代にはたまらんチョイスですよ。すごく楽しみです。
ただ、「作品中のロボット全てを立体化」ということになるとエラいことになるんですが・・・いろいろな意味で。どうなるんでしょう?


Tn_017『魂SPEC テッカマンブレード&ペガス』
先日雑誌で発売を知って楽しみにしているブレード。かなり良いです。特にペガス。
ブレードは『S.H.Figuarts』と同じくらい(ベースの素体は一緒?)なので手に取って遊びやすいはずです。
他のテッカマンもお願いしたいです。ソルテッカマンやらはいいので、ラダムのほうをw
勘違いして『テッカマンブレードII』に移行してしまわないことを切に願います。


Tn_018 『超合金魂 ビッグオー』
CAST IN THE NAME OF BANDAI, YE NOT GUILTY.
BIG-O、まさに『超合金魂』向きのロボットです。金属感がたまりませんね。どこかのO何とかとは全然違います(笑)
元々可動が期待できるデザインではありませんので、武器等のギミックに期待したいですね。
BIG-Oが出るならそのうちロボも・・・戴宗さんやアルベルト様も・・・。


Tn_019 『超合金魂 ダイゼンガー&アウセンザイター』
ダイゼンガーも大きいですが、アウセンザイターもデカいですねー。
合金玩具となれば重量も相当なものでしょう。置き場所にも困りそうです。・・・買う予定はありませんが。
・・・っていうか、ゲームだと演出上の嘘で通用しますが、斬艦刀の重量って大丈夫なんでしょうか。台座使っても倒れてしまいそうに思えますが・・・よもやプラ製というガッカリ仕様ではないと信じたいところですが・・・?


Tn_021 『G.F.F.N. エールストライクガンダム』
見た目は可もなく不可もなく。・・・いやl、ちょっと太いかな。νガンダムHWSに見えないこともないですね。
あとはどれだけ動くかですかねぇ。動かないエールなんてつまらないですし。高額商品なんだからただ立たせておくだけの物にはなって欲しくありません。


『00リージョン ガンダムスローネ』
Tn_022 1Tn_024
改めて見ると意外とカッコ良いスローネ3兄弟。『MIA』がダメすぎたからですかねぇ。
これなら買ってもいいと思えるフィギュアでした。当然、量産劣化がなければ、ですが。
但し、商品化は未定w

『ZEONOGRAPHY ザクキャノン』
Tn_025Tn_030
ザクキャノン2種。
今さら感のあるザクキャノン。結構良いアイテムかとは思うんですけどねぇ。機体の性質上、可動の必要なんて殆どないし。ただ、最近はプライズの可動フィギュアが幅を利かせてますから、立たせておくだけのものにどれだけ客がつくかは疑問です。特に、ザクキャノンなんてマニア向けですからね。

ZEONOGRAPHY ザク マリンタイプ』
Tn_027Tn_028
これも上記のザクキャノンと同様。シリーズが下火になってしまった今となっては発売直後にワゴンでしょうなぁ・・・。

Tn_026 ZEONOGRAPHY ザク マインレイヤー』
これも初期にリリースされていればそれなりに売れたんでしょうけどねぇ・・・。機体自体に人気はありますし。でも「高くて出来は大したことはない」というイメージが定着しちゃってしまいましたから・・・。


Tn_029 ZEONOGRAPHY ドラッツェ』
ドラッツェなのに何故かカッコイイ。
これ、欲しいですねー。出してくれないかな。
面白味は何もないので、ホントにドラッツェが好きな人にしか売れないでしょうけどね。おそらく、これを出すなら前述のザクたちを出していたほうが商売としてはマシなのかと。
でも、出たら絶対買いますけどw


Tn_031 ZEONOGRAPHY ハイザック』
さすがにハイザックだと「ジオン」のイメージではありませんねw
指揮官用のブレードアンテナがついていたりと、ハイザックとしては面白いアイテムかと思います。隠れハイザックとコンパチで出せば結構売れるんじゃないでしょうか。


Tn_033 超合金魂 真マジンガーZ』
来月からのアニメが楽しみなマジンガー。
私はマジンガー世代ではないので、これを買うかどうかは偏に今川アニメの出来次第。
会場で放映されていたプロモーション映像では『ジャイアントロボ』の香りがしましたが・・・果たして?


Tn_038 S.H.Figuarts 強化外骨格零』
心配していた通り、ちょっと細め。もう少しガッチリした体格であって欲しかったです。もちろん、悪くはありませんけどね。絶対買います。当方に購入の準備あり!
戦術神風などのギミックも見たかったところですが、素立ちのみでした。残念。


Tn_039 S.H.Figuarts 仮面ライダーディケイド』
ダサダサの外見にももう慣れましたw
さすがに『FFR』シリーズとは比べ物にならないほどスタイルがいいです。
放送中にリリースされる・・・のかな?


Tn_040 S.H.Figuarts アナザーアギト』
彩色見本はこのイベントが初出ですかね。
いいですなー、このムキムキ感(笑)
発売が楽しみです。
ギルスもこの感じでお願いしたいですね。


Tn_041

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト(グランドフォーム)』
オーソドックスなグランドフォーム。
クウガ同様、他のフォームもリリースされるんでしょうね、きっと。


Tn_042 S.H.Figuarts 仮面ライダーBlack』
『装着変身』でリリースされてそんなに経たないのに・・・やり直し感満点の商品です。
いや、出てくれることはいいことなんですけどね。
何だか騙された気分が漂います。


Tn_043 S.H.Figuarts 仮面ライダーBlack RX』
Black同様やり直し感が・・・。
ロボライダーとバイオライダーまで出してくれるならとりあえずは許します。


Tn_044 『SDX サタンガンダム』
何となくカッコいいと感じてナイトガンダム買っている人はこれは買わないような気がします。
まさにSD世代向けの商品かと。
最近の武者・ナイトガンダムブームに乗っかって、『元祖!SDガンダム』のコミックスが復刊しそうな気がしないでもなかったり。


Tn_045 『SDX コマンドガンダム』
サタンガンダムよりもこちらのほうが先に発表されてたんですが、発売の順番は逆でした。色が決まらなかったのか、ナイトガンダムブームに乗っかって先にサタンを売っとけ、ってな感じになったのか・・・。


『S.H.Figuarts 女性素体』
Tn_046 Tn_047
Figuartsの女性素体が開発されたようです。
サンプルはハナでした。ライダー系のアグレッシブなヒロインではさすがにハナを超える人気をもつキャラはいないですからね。
さすがに顔はディフォルメされていますが・・・人物の顔には微塵も期待してはいけないのがバンダイの商品なわけで。ファムとか朱鬼とか、女性ライダーあたりを出しておいたほうが無難な感じもしますが・・・。
バンプレのプライズや『ガールズ・イン・ユニフォーム』のハナの人気をみての商品化なんでしょうか。アニメ顔でも行ける、と。

Tn_051『聖闘士聖衣神話 ヒルダ』
「アスガルド編」のキャラが徐々にリリースされていってます。・・・が、アニメ版オリジナルは守備範囲ではないので私が買うことはないでしょう。


Tn_048 劇場版EVA新キャラ
新/旧問わず劇場版はまったく見ていないので、まぁどうでもいいといえばどうでもいいんですけど・・・新シリーズの商品として展開されるんでしょうか(特に告知はありませんでした)。



・・・とまぁこんな感じで。
写真を撮ってきていないものもありますし、撮ってきていも掲載していないものもあります。『マクロスF』とか『空想特撮美少女図鑑』、『超造型魂 モンハンG』、『超造型魂 真マジンガーZ』、『怪獣標本』などなど。
端折ってもこれだけありますので、展示としても見るところは結構あります。ディスプレイ方法は何の面白味もないのが残念ですが。その辺は前回のほうが良かったですね。

商品は多々あれど、『ROBOT魂』の展開力には目を見張ります。
同系統のアクションフィギュア『MIA』シリーズよりも高額になって手を出しづらくはなりましたが、納得できるクオリティにはなっています。今後とも頑張って欲しいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.03.24

さすがにナイトポリスは難しいか

やっと仕事のほうが一段落。
月末まではちょっと落ち着きそうです。

明日は「TAMASHII NATION 2009」のプレレセプション。作業のスケジュールはずらしたし、会議は蹴ったし、出動準備は万端です。
怖いのはユーザーからの問い合わせの電話のみ。こればっかりは祈るしかありません。

Offshoot_burai_k_00

さて、少し余裕ができたので『IN ATION!! OFFSHOOT グラスゴー/無頼<カレン機>』、今度は無頼に換装して写真を撮ってみました。先日はグラスゴーしか掲載しませんでしたからね。
とはいえ、色が違うだけで基本的には通常の無頼と一緒。スラッシュハーケン射出ギミックが付いているくらいです。目新しいところは何もありません。所詮はカラバリ商品ということですな。

カレンの無頼は第9話で1回登場したっきり。絡ませる相手といえばナイトポリスだけなんですよね。こうなるといよいよもってナイトポリスが欲しくなります。ナイトポリスにしても思いっきりカラバリ商品ですけどw
塗装する技術と暇があればグラスゴーを塗るべきなんでしょうね。シールドはゼロの無頼に付いてるわけだし。

『ROBOT魂』暁(C.C.機)の受注が26日からに決定しました。限定品とはいえ、定価販売はキツいですね。若干割高感があります。KMFは揃えるつもりなので買いますけどね。
付属のオプションパーツはハンドガン。グレネードは量産機に付くんでしょうか・・・?そもそも量産機って発売されるんですかねぇ?


魂Web商店の限定品は『S.I.C. 仮面ライダーネガ電王』が26日から、『G.F.F METAL COMPSITE サイコガンダム(HONG KONG NIGHT Ver.)』が29日から、それぞれ受注が始まります。サイコは数量限定ですが、「TAMASHII NATION」の会場から重たくて嵩張る箱を持ち帰るよりは、配送してもらったほうが楽でいいですよね。高額商品だから29日に注文すれば買えそうな気もしますし。
心配なのは会場限定『S.I.C.』のモモちんなんですよね・・・人気キャラだからすぐになくなってしまいそうです。イベント後の通信販売にしても抽選販売という形態ですから生産数も予想の需要に見合っていないということでしょうしね。
・・・無事に買えるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.23

魂SPECでテックセッター!

テッカマンブレード&ぺガスが『魂SPEC』で発売決定!
今月のホビー誌にCADモデルが掲載されています。微妙に太めではあるんですが、ブレードのアクションフィギュアを待っていた身にとっては朗報です♪しかもペガスまで出るとは・・・。「ラーサ」って喋ってくれないかな。

また、『魂SPEC』なのか『超合金魂』なのかはわかりませんが、ビッグオーもリリースが決定したようです。『TAMASHII NATION 2009』で展示されるようですので、25日を楽しみにしたいと思います。

『ROBOT魂』シリーズではMSにエクシア、マスラオ、アドヴァンスドジンクス、レグナント、KMFにトリスタンというラインナップが発表されています。『00』シリーズは手を出しませんので、買うのはトリスタンだけの予定。
レグナントは巨大アイテムであるだけにちょっと興味はありますね。ガウェインよりちょっと大きいくらいになるのかな?

『HGUC』ではシュツルム・ディアスが5月に発売決定。思いっきりリック・ディアスの金型流用ではあるんですけど、まぁ出るだけ好しというところでしょうか。
『HG00』ではOガンダムとスサノオがそれぞれ6月、7月にリリース。Oガンダムのトリコロールカラーは「実戦配備カラー」だそうです。何だかなぁ。・・・買いませんけど。

『SD三国伝』では孫尚香ガーベラと徐晃サーペントが5月発売。
弓腰姫はデザイン的にあまり面白くありませんが、徐晃はなかなかカッコイイので楽しみです。

単色成形のため、興味はあれど手を出してこなかった『モデロック』シリーズには、何と、ガンバスターの発表がありました。これは買わねばならないかな・・・?塗装必須なのが泣けてきますがね。

『S.I.C.』は仮面ライダーガオウとキンタロスのサンプル写真が公開。まぁオーソドックスな感じでハズレではなさそうです。ネガ電王は25日から魂Web商店で受注開始。
新作としては変身忍者嵐、『極魂』に龍騎が発表されました(7月)。9月にはナイト、斬鬼、轟鬼が控えます。頑張りますねー。
『匠魂SPECIAL』第3弾は裁鬼、鋭鬼、弾鬼、電王アックスフォーム、NEW電王ストライクフォーム、電王ロッドフォーム、ゼロノスアルタイルフォーム、V3(THE NEXT)だそうです。シークレットはベガフォーム・・・かな?
それにしても、このラインナップ、関東11鬼全部を出す気なんですかねぇ・・・。

『S.H.Figuarts』ではアギト(グランドフォーム)、アナザーアギト、強化外骨格零のサンプル写真が御目見え。
アナザーアギトは文句なくカッコイイですね。この調子でギルスも出して欲しいところ。
強化外骨格零は若干細身に見えますがディティールは悪くなさそうですのでポーズをつけたものが見たいですね。・・・もっとも、購入は確定しているわけですけどw

この夏の出費も大変なことになりそうです。美少女ものに惹かれるアイテムがなかったのが救いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.22

#24 BEYOND

Believing a sign of Z beyond the hard times from now~♪

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第24話「BEYOND」。
先週の段階では「BEYOND」という言葉で『逆シャア』を連想しましたが、何のことはない、これまでどおりの『Z』でした。バイオセンサーよろしくトランザムバースト発動。まだ隠し玉があったとはね。
挙句の果てはトライアルシステムで機能停止したところをフルボッコ。スペックのハンデを技量や作戦でひっくり返すというのならともかく、真逆というのはね・・・ロボットアニメとしてはお粗末過ぎます。

まぁ兵器としてのスペックはさておいても、GN粒子、回復しすぎでしょ。何だ、あれ。
そして何事もなかったかのように寝返るビリー。
グダグダ感満点な展開でしたね。ドラマも何もあったもんじゃありません。だから因縁がイマイチ弱いマリーとアンドレイのシーンも浮き気味なわけで。あっさり死んでも誰も文句言わなかったんじゃないかなぁ>小熊
せめて抱きついたビリーの胸の影でスメラギさんが「ニヤリ」とかやってくれれば良かったのに(笑)

アムロが乗ってきたのはガンキャノン。
セイラさんを助けにいくわけですな(えー

次回「再生」。
失くしたはずのルイスの腕がニョキニョキと・・・<嘘
実際、今さら何が起こってもあまり驚きませんけどね。どうせ「GN粒子」で片が付くわけでしょ。


-------------------------------------
一方、『侍戦隊シンケンジャー』は今日で第6話。
毎回毎回メンバーの繋がりをきちんと描いているのは好評価。
まだ5回しか放送していないのに、各人が傷つく悪口を主題にしたエピソードを持ってくるあたり、しっかりとキャラクターを見せていないとできないことですからね。
個々のエピソード自体は単純ながらも、目に見えるところで伏線も張ってありますし、夏以降の中盤の展開が楽しみですな。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2009.03.21

シンケンオー、天下統一!

先頃バンダイの食玩『ミニプラ』シリーズでシンケンオーが発売されました。
毎年全部買ってはいるものの、いつも2つくらい作ってやめちゃうんですよね・・・だからいつまで経っても合体できないままでしたが、今年は連休にぶつかったこともあり、ちょっとやる気を出して組み立ててみました。

Mini_shinken_oh_00

劇中のプロポーションとはうって変わった柳腰w
とはいえ破綻しているわけではありません。これはこれでなかなか悪くはないです。
シンケンオーは折り紙がモチーフなのでデザインが面白いですよね。決してカッコイイとは言いえませんが。

可動については・・・気持ち悪いくらい動きます。この辺は『ムゲンバイン』と通じるものがありますね。変形機構を巧く活かしている感じ。合金玩具ではこうはいきません。
但し、関節がヘタり易いのが欠点です。

幼児向けだから仕方のないところですが、もう少し色分けがされていると有難いんですけどねぇ・・・。大きいお友達用のプラモは発売されないわけですし。

『ミニプラ』に限らず、ガンプラにおいても『BB戦士』、『コレクションシリーズ』なんかは手軽にちゃちゃっと組める反面、色が足りないので、それなりの見映えにしようとすると結構時間がかかってしまうのが難点です。コストパフォーマンスを考えると、スタンダードに『HG』シリーズがいいわけですが、『HG』は往々にして「塗りづらい色が足りない」という何ともやりきれない仕様なんですよね・・・。
良い物を作ろうと思ったら金と手間をかけなきゃいけないということですな。

ホントは連休中に『SD三国伝 馬超ブルーデスティニー』も消化するはずだったんですが、シンケンオーに思いの外時間がかかってしまったので、ちょっと無理そうです。
いろいろやりたいことはあれど、時間が全然足りません。

世にレビューサイトさんは多々ありますけど、皆さんよく時間がありますなァ・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.20

暁が量産の暁には・・・

『ROBOT魂 暁 <直参仕様>』が発売となりました。
基本的には先に発売された斬月と同じですので出来については問題なし。
・・・ただ、私の買ったものは顎の塗装がちょっとハミ出ていました。ツイてない。

Robodama_akatsuki_02

ラクシャータのKMFは肩幅が広くて腕が長いので、どちらかと言うとワイルドで豪快なポーズが似合うんですけど、斬月や青い暁に乗ってる連中は操縦技量もさることながら、普通に剣術の達人なわけで・・・微妙にコンセプトがズレているんですよね。イメージに沿うようなポージングは難しいです。

Robodama_akatsuki_01 折りしも『IN ACTION!! OFFSHOOT』の無頼改<四聖剣機>が届きました(まだ未開封なので写真は別の機会に)。日本解放戦線の幹部連中の機体が一気に終結したわけですが、月下がないのがちょっと残念。暁の金型が流用できるんだから是非とも出して欲しいところです。
オプションで月下のパーツを付けてくれるなら暁の量産型を魂Web商店限定販売にしてくれてもいいんですがね・・・。

次の発売予定は来月の蜃気楼。劇中で派手なアクションを披露した機体ではありませんから、塗りさえしっかりしてくれていればOKです。
心配なのはパーツのゲート跡処理。バンダイの完成品プラ製品はゲート跡が抉ってあるものが結構あるんですよね・・・。グロス仕上げの商品だと誤魔化しづらいので困ります。こればっかりは見て買えませんから運を天に任せるしかありません。
良いのが引けるといいのですが・・・。


---------------------------------
久しぶりに金曜日が休みということで、『必殺仕事人2009』を鑑賞。まぁ今期の仕事人はイマイチなのであまり期待もしていなかったのですが、荒川良々が良い感じにハマっていたのでじっくり見ちゃいましたw

いつぞやの事件のようでちょっといたたまれなくなるような内容ではあったものの、今回はなかなか面白かったです。やればできる・・・のかな?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.19

7号機自体は以前からありましたが

『機動戦士ガンダム』30周年。記念作品ではガンダム7号機が・・・と思わせぶりに告知していた割には、蓋を開けてみればPS3のゲームだったという、何ともお粗末な結果に。しかもタイトルはPS2のゲームと同じ『機動戦士ガンダム戦記』。

『ファミ通』ではいくらか画面も公開されています。通信プレイができるだけで特に目新しい機能はなさそうですね。記念作品にしてはお粗末な感じ。
ストーリーは既存の歴史のエピソードに参入するスタイルではなく、オリジナルのものになるようです。かなりきちんと作らないと、ネットワークプレイのプラットフォームを提供するだけのゲームになってしまうことでしょう。いくらインターネットが普及したからって、そればかりを重視するとクソゲーになってしまいがちなんですよね。PSPの某ゲームもそれほど売れませんでしたし。バンダイは「MSを操縦できる」だけでよかった時代が既に終わっていることに気づかなきゃダメです。
劇中に登場する部隊名がチープなことからして、キラーソフトになることもなさそう。まぁどのみち私はPS3持っていないので今のところ買う気はないんですけどね。予想に反して非常に評判が良かったりするようなことがあれば、某電器店で本体とセットでポイントと交換してくることにもなるんですが・・・そんな日はおそらく来ないでしょう。

スタートがこんな調子では30周年も大したことない・・・かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.18

13年式G型トラクター買いたし

時折襲われる言いようのない孤独感。癒される日は来るんだろうか・・・。
そんな折、Amazonで『35MAX』シリーズが安くなっているという情報を入手し、ノルデンカスタムと武器セットをポチッとクリック。合わせて3,600円で買えるなら迷うことなどありません。
まぁこういうときは少し気が紛れますね。そういう点ではある意味仕事に追われている日々のほうがいいのかも。
・・・さて、レーンとフォークトの犬はどうしようかな。

今日から始まっている『東京国際アニメフェア2009』では『figma』の新作、ゴルゴ13が発表されています。ゴルゴとはこれまた意外なアイテムですねー。当然の如く絡ませる相手などいませんからネタ要員ですがw
とりあえずはビリー・ヘリントンのボディをくっつけてブリーフ一丁でテラスに佇む姿っぽい演出を、と考える人は山ほどいるんでしょうな(苦笑)
サンプルの写真を見る限りはなかなか良くできていますから、発売を楽しみに待ちたいと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.17

今週のイベントはスルーの方向で

明日から『東京国際アニメフェア2009』が開催されますね。
(明日明後日はビジネスデーですが)
去年は特に目的もなく興味本位で行ったものの、あまりの人の多さと実入りのなさに辟易
。今年も特にめぼしいイベントも物販もないのでスルーする予定。交通費もバカになりませんからね。『TAMASHII NATIONS 2009』が開催されることもあって、今月は買うもの多いし。
週末は横浜で「GUNDAM WAR BIG WAVE 2009」が開催されますが、やはり交通費と所要時間を考えるとわざわざプロモカード貰いに行くよりもショップで買ったほうがいいんですよね・・・。なので行かない予定です。
こんなこと言ってるとそのうち「銭ズラ」とか言い出しそうですが、そこはそれ、何だかんだ言っても金の力は大きいんですよ。

危惧していた『TAMASHII NATIONS 2009』のプレレセプションは、何とか参加できそうです。手を回して仕事のスケジュールをちょいとずらしました。26日も休暇を取ったし、出動態勢は万全です。
ただ、今回は前売り券に優先購入権がついていないので、朝から並んだとしても購入できるかどうか非常に心配です。このところ当日出発したイベントの殆どは買い逃していますからねぇ。・・・さすがに徹夜で並ぶのは避けたいし。マナー違反云々は考えなかったとしても、ね。誰か一緒に行く人でもいれば近隣で夜を明かして早朝から並ぶんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.16

CDよりはダウンロード販売なのかな

『ツバサ』26巻が発売となりました。
・・・DVD付き限定版のことをすっかり忘れていたのは迂闊でしたがね。手に入らなかったというわけではなく、予算配分的に。
漫画1冊で3,700円はチト痛いです。もちろん、アニメのDVDとして見れば決して高いわけではないんですけど。

限定版といえば、『侍戦隊シンケンジャー』の主題歌CDが18日に発売となりますが、限定版はギミック付きパッケージのほかに、収録曲も多いんですよね。300円しか違わないのに2曲増えるのはお買い得な感じです。
主題歌CDに巨大ロボのテーマ曲が収録されているのも初の試みではないでしょうか。

・・・サイキックラバーも今ではすっかりアニメ歌手になってしまいましたねェ。
最近ではシドもアニメ歌手路線に突入してそうな気もします。

アニメの主題歌CDでは先日MELLの歌う『RIDEBACK』の主題歌が発売となっていますが、発売した早々、番組は終了してしまうんですよね。宣伝効果を狙うならもうちょっと前に発売すればいいのに・・・。
最近は番組の放送期間自体が短かったり、1クールしか使われなかったりしますからタイアップでCDを売るのも大変でしょうね。その分、ネット媒体に移行してるんでしょうけども。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.03.15

#23 命の華

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第23話「命の華」。
コーラ死亡。死ぬためだけに生かされていた男でした。1stシーズンで死んでいればよかったのに、今期では作品をつまらなくするだけで終わっちゃいましたね。
ただ、あの死に方だとセーフティシャッターで助かったあの人とまったく同じなんですよね・・・実は生きてる?
「不死身のコーラサワー」の通り名がその伏線だとは思いたくはありませんが。

ついに姿を現した巨大艦船「ソレスタル・ビーイング」。ジュピトリス的な位置づけにしたかったのかもしれませんが・・・かつて『スーパーロボット大戦』で同じ戦艦を見ましたよ?
いつもなら当たっているはずの極太ビーム砲の射撃をかわすアレルヤにちょっと違和感。

トレミーへ迫る特攻兵器はトランザムの嵐。「トランザム」「トランザム」「トランザム」・・・ってのには苦笑するしかありませんでした。最初からトランザム状態で発射すればいいじゃん!
まぁそういうこと言ったらマイスター側にしてもトランザムライザーでぶった斬って終わり、ってのが一番手っ取り早いはずなんですけどね。

トランザム大安売りの影にヘッドハンティングされたビリーの姿が。だから今まで表に出さなかったのね。あまりの展開にガッカリ。スペックを拮抗させるためとはいえ、酷いですね。
一方、ケルディムと対峙して「ガンダムさんよォ!」というアリー。アンタが乗ってるのもガンダムなんですが?

いずれにせよ、ビリーもアリーもラストにだけ出てこられても、って感じではあります。わざわざ各人に対して因縁づけをするために出てきたという感は拭えません。
そういう点では因縁のないアレルヤはちょっと浮いてますね。その代わりマリーが大変なことになってますけど。
・・・・・。
・・・。
ビリー、アリー、マリー・・・同一作品の準レギュラーキャラにこのネーミングセンスってどうなんでしょう?

先週のラストでガンヲタの興味をさらったOガンダムのパイロットは・・・ラッセ。
何の捻りもありませんでしたね。つまらん。
死亡フラグな香りがプンプンします。

さあ、残るは2話。
ブシドーが生きてますけど・・・さて?


---------------------------------------------------
Gffn_zii_00 『G.F.F.N.』の第1弾、ZIIを買ってきました。
『G.F.F』のZIIは変形させると破損するというとんでもない欠陥商品でしたからね、「やり直し」感は否めません。

硬質パーツや金属パーツを採用し、精度向上を謳い文句にはしているものの、価格も4,725円から8,190円へ大幅アップ。そして最近の『G.F.F.』シリーズのクオリティの低さもあって、購入はちょっと躊躇われたのですが、5,000円を切る価格だったので手を出してみました。

ただ・・・塗装具合を確認してから買おうと思ったら、パッケージのウインドウ部分にはデカデカとカトキイラストが配されていて、肝心の本体の塗装が殆ど見えないんですよね、コレ。超感じ悪い。これならブラインドパッケージのほうがまだマシでしたよ。

今回は変形もできますし、パーツの保持も良好、塗装も概ね問題なし、と、やっとマトモな商品が出来上がった、と言える出来でしたが・・・。背面に自分でデカールを貼らねばならないというオチが(涙)
背面に手を抜くのはバンダイのお家芸だな!

シリーズ第2弾はエールストライク。
まだサンプルは未公開ですが、6月下旬発売となれば、そろそろ出てきてもいい頃。来週の『TAMASHII NATIONS 2009』でお目にかかれるかな?



| | コメント (2) | トラックバック (11)

2009.03.14

斬月、推参。

『ROBOT魂 斬月』が発売となりました。
どんどん充実するKMF。来週は暁<直参仕様>が、月末には魂Web商店限定でC.C.の暁(ピンクのヤツ)が発売されます。公言どおりホントに全機体をリリースする気なんですかね、バンダイは。
ヴィンセントなんかは試作機、指揮官機、量産機、ヴァルキリエ隊機というバリエーションがありますけど・・・。

ランスロット・フロンティアはどうなるんでしょうね。作品的には『R2』の機体だから「作品に登場する機体は全部出す」ためには発売しなきゃいけないわけですけど、商品的にはランスロットは『OFFSHOOT』の商品ですから・・・まぁ金型さえあればどうにでもなるんでしょうがね。
ただ・・・さすがに月下を期待するのは無理そうです。

さて斬月。
オプションパーツこそ少ないものの、長大な制動刃吶喊衝角刀と頭部の衝撃拡散自在繊維のお陰で非常にボリューム感があります。
可動も良好。基本的には紅蓮弐式可翔式と同じですが、造型が素直な分、ちょっとだけ動かしやすいです。さすがに飛翔滑走翼には干渉しちゃいますけど。ちなみに・・・『電撃データコレクション』には紅蓮以外の飛翔滑走翼装備の機体は「斬月可翔」とか「暁可翔」のように、「式」っていう文字がついていないんですが、それが正解なんでしょうかねぇ?

私が買ったものは後頭部のダボが緩くて衝撃拡散自在繊維が今一つカッチリ固定されません。さすがにその程度での交換は無理なので仕方なく我慢。根元を接着するなりして固定してしまえばいいんですけどね、それだと仕舞えないんですよね・・・。出しておくと嵩張るし、地味に困ります。

とりあえずは、しまい込まないうちに神虎を出して欲しいところですね。
今のところKMFは全部見える位置に積んでありますけど・・・あ、コンクエスターだけマウンテンサイクルの中だわw

Offshoot_zangetsu_01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

やはりオプションはアリオスのほうでした

『GREAT MECHANICS DX』の第8号を買ってきました。
今号の特集はガンダムのディティールの変遷。30年分のデザインを並べてみると確かに面白いです。昔のポスターのイラストとか、時代を感じます。

『00』のMSについても関係者のインタビューがありましたが・・・擬似太陽炉ってエネルギーを使い切って停止すると壊れてしまうんだそうですね。トランザム使ったらほぼ終わり。
擬似永久機関なんてそんなものか、と思いつつも、劇中でブシドーが「粒子残量が少なくなったから」と言って撤退した描写だけでそこまで解れなんて無茶な話です。内輪だけでしか盛り上がらない設定は自己満足でしかないんですがね・・・。

設定という点では・・・GNアーチャーはコンデンサしか持たないのでエネルギー量が少ないから、前線で補給を受けさせる目的でアリオスと一緒に運用しているんだそうで。あちこちで「電池、電池」と言いはやされているアリオスですが、最初から電池だったんですなぁ。これはわかりやすい(苦笑)

ビリーが1stシーズンではメーカーの派遣技術者だったというのも初めて知りました。
そりゃ民間人だったら飲み屋で簡単に情報も漏らしますわな。まぁ顧客情報の秘匿についてはモラルの問題でもあるんですけど。
そういえば、このところビリーは出てませんけど、スメラギへの怨恨はもう描かれないんでしょうかねぇ。今さら消化している時間なんてなさそうですが。


一番面白かったのは谷口監督のインタビューですかね。メカを中心に『コードギアス』の世界観が語られています。
たかだか6ページほどでしたが、監督のロボット観が垣間見えました。
・・・確かに戦闘ヘリ、強いよなぁ・・・。ミリタリー寄りの作品でしかお目にかかることはありませんけど。
『ガサラキ』は放送時間の関係で全部はちゃんと見ていないんですが、チェックしておいたほうがいいのかな・・・?

Offshoot_glasgow_k_00

監督の見解によると、パイロットとしての才能はスザクよりもカレンのほうが上だそうです。
・・・ということで、『IN ACTION!! OFFSHOOT グラスゴー(カレン機)』を開封。半月ほど前に届いていたんですが、開ける暇がなくてずっと放置しっぱなしでした。

Offshoot_glasgow_k_02

Offshoot_glasgow_k_01

可動に関しては既出のサザーランドやグラスゴーと同等。もうちょっと動いてくれるといいんですけどね。少なくともカレンとジェレミアは他の機体よりも激しく動いていますし。
各所を少し削れば少しは改善される・・・かな?

こうして組み合わせて遊んでみると、ランスロットの出来の良さを感じます。玩具としてもKMFとしても。これじゃ勝てないわ。

『IN ACTION!! OFFSHOOT』のランスロット、改造用にもう1体買っておくべきだったかなァ・・・。今ではとんでもない価格になって手が出ませんからね。コンクエスターはワゴンセールなのに。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.12

徳間文庫は置かない店が多くて困ります

通勤途中にある書店に徳間文庫の新刊が入荷しなくなっちゃいました。
出勤前に買い物ができて便利だからとちょくちょく利用しているんですが、品揃えが私の好みとちょっとズレているのが残念です。そして徳間の新刊が入らないとなると、金庸の武侠小説は別のところに買いに行かなきゃならなくなるので、また1歩好みから遠ざかってしまいました。残念。
先日発売された『鹿鼎記』第4巻もどこかへ買いにいかないと・・・。

さて、平岩弓枝の『西遊記』が文庫で刊行されました。
興味はあれど、今買っても読む暇はなさそう。かといって少し待つのならば中古で買ったほうがよさそうですし・・・。どうしようかな。

『西遊記』といえば・・・孫悟空。
DRAGONBALL EVOLUTION』が今週から公開ですね。あちこちでイロイロ物議を醸している作品ではありますが、原作の人気・知名度が高いだけに、興味本位で観に行く人は多数いると思われます。映画なんてある意味「見せたモン勝ち」ですからね、滑り出しだけは興行成績は伸びるのではないかと。そういう点ではドロンボー一味の資金集めと同じです(笑)
そんな『ヤッターマン』も公開して一週間が経ちますが、どうなんでしょうね・・・?良くも悪くも評判を全然聞かないんですケド。
まぁとりあえずどちらも金を払って見る気は毛頭ありません。誰かに誘われでもすれば別ですが。
次に見るのは『ウォッチメン』か『レッドクリフ』ですかねぇ。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.03.11

ガンダム台場に建つ!!

お台場にリアルサイズのガンダムが展示されるんだとか。
30周年記念とはいえ、1/1とは思い切ったことをしますな。よっぽど儲かっているんでしょう。
井草のモニュメントもできてから1年経つんですよね。いつでも見にいける場所にあるからという意識があるせいか、未だに足を運ばずにいます。お台場の立像は期間限定公開ということですから時間をつくって見に行ってみようかとは思います。
8/21~23に「GUNDAM BIG EXPO」がビッグサイトで開催されるということですから、その際にでも寄ってみるかな・・・?

気になるのは「GUNDAM BIG EXPO」の「一部有料」という点。これって東照宮の拝観料みたいに、施設内に料金を払わないと立ち入れないスペースがあるということでしょうか。ステージイベントにチケットが必要、というならわからないでもありませんが。さてさて。
続報が待たれます。


さて、ニュースではWBCでキューバのチャップマン投手がフィーチャーされていますが、折りしも某局の『Gガンダム』再放送は「獅王争覇!グランドガンダム迎撃作戦」。ジェントル・チャップマンの駆るグランドガンダムの話だったりするんですよねw
おそらくチャップマン投手の剛速球はDG細胞の力と思われます<コラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.10

狙い撃つぜ?

今日も会社と家の往復だけで特に何もなし。
とりあえず先の休みに撮った『オルタニティ』のコンボイの写真を掲載。

Alt_convoy_04

『バイナルテック』よりはサイズダウンしましたが、手に取りやすい大きさになっています。プロポーションや可動性も向上。・・・コンボイの場合は腕が頭部よりも後についているせいでポーズが決まりづらくなっているのが残念ですが。

このコンボイ、両腕に「対ハイセリオン徹界タキオンブラスター」という武器がついています。過去・未来・異次元の敵を撃つことができるというインチキ兵装なんですな、コレが(苦笑)
最近は作品を問わずにパワーのインフレがおきているようで。
メガトロン様の発売も決まっていますが、あちらさんにはどんなトンデモ武器がついているんでしょうね・・・。


Alt_convoy_03 そして赤くてタキオンとくれば、この人。
『S.H.Figuarts』のカブトと一緒に1枚。
1/32スケールだと腰掛け程度の大きさにしかなりませんねw





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

今年も限定前売券はあるのかな?

トランスフォーマー リベンジ』の新作玩具の予約受付が始まっています。
5/30と6/27の2回に分けてのリリースとなりますが、その数の多いこと多いこと。ボーナス前の軍資金に大打撃は必至です。さすがに全部は買っていられないので昨年同様気に入ったものだけチョイスすることにする予定。

今作は前作以上に奇抜なデザインのものが多いですね。特にディセプティコン。
ただ、「異形の何か」に変形するというのはいくらでも辻褄合わせができちゃうので変形ロボットとしては評価しませんけど。

さすがにこの時点ではメガトロン様の画像公開はありませんね。おそらくガラっと変えてくるんでしょう。

前作はDVD買ったものの、実はまだ未開封だったりします(苦笑)
6月の新作公開までに開封して1回見ておこうかな。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.08

#22 未来のために

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第22話「未来のために」。
あれ?・・・フェルト?


相変わらずトランザムライザーは反則。
攪乱幕がやたら効果が高いのも相変わらず。先の敗戦で何も学ばなかったのか、CB。

そしてリボンズのバックに群がるイノベイター軍団。キモい。

いいところで登場するマネキン&コーラは定石どおりとして・・・
何でマリナ&子供が宇宙に上がってるの?

次週はトリコロールカラーのOガンダム登場。
あれは酷い。
まさか最終回はラストシューティング?評価を地に落としたくないならやらないとは思いますが・・・。
とりあえず『ROBOT魂』で発売されるOガンダムはトリコロールカラーなんでしょうな。

どうせやるなら『Gガンダム』のように歴代ガンダム(+α)総登場、くらいやればいいんですよ。白刃取りもやっちゃってるんだし。トランザムライザーにしたって、石破天驚拳だったら誰も怒らなかったでしょうに<えー
徹底的に『Gガン』路線でいくなら、月の裏側にある全長15kmの施設はデビルコロニーということになりますがw

Humable_rx78_00


| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009.03.07

ブロードウェイデビュー

中野ブロードウェイへ行ってきました。

以前から興味はあったんですけどね、わざわざ行く機会もなくて。
今日は青の零号さんに『リボルテック エンキドゥドゥ』を引渡すために外出する都合があったので、落ち合い場所を中野にしてみました。(ワインの試飲会は3/5だったようですよ>青の零号さん)

蓋を開けてみれば、”ブロード”ウェイとは名ばかりで巨大な雑居ビルの様相を呈するナローウェイでした。
テナントは上から下までまんだらけばかり。ある意味まんだらけビルと言っても過言ではありません。まんだらけはあまり好きではないので普段利用しないんですよね・・・。その上、通路が狭くて歩きづらいとあっては今後再び訪れることもなさそうです。さようなら、中野ブロードウェイ。

Mia_g_zebra_00 まぁでもそこはそれ、折角行ったのでいくつか買いものはしてきました。
----------------------------------
MIA ガンダムゼブラ(海外版)
ジャイアントロボ 設定資料集 Vol.00
ジャイアントロボ 設定資料集 Vol.0
RADC 強化外骨格 零
----------------------------------
ガンダムゼブラなんて国内版も海外版も持ってるんですけどね、ワンコインだったし(っていうか、基本的に海外版は投売りなのでワンコインで売っていることは珍しいことではありません)、買っちゃいました。『ガンダムウォー』でカード化された記念、つぅことでw<えー

ジャイアントロボの設定集は一見出自がわからないアイテムではあったんですが、携帯で調べたところオフィシャル商品とのことだったので、購入。ちょっと前に『完全設定資料集』が出ちゃいましたので資料としての価値はそれほど高くはありません。あくまでコレクターズアイテム。

そして『リアルアクションドールコレクション』の強化外骨格ですが・・・半額で店頭に出ていて、迷った挙句購入したものの、いざ開封してみると、パーツの切り出しやら穿孔、接着などの必要があり、組み立てるのに非常に手間がかかることが判明。・・・このままだとお蔵入りになりそう(哀)
仮面ライダー系は基本的に肉付けして外装を被せるだけだったから楽に組みあがると思っていたんですが、大いなる誤算でした。
まぁあまり見かける機会も多くないアイテムなので、コレクションと思えば丁度いい・・・かも?

Humable_g_gundam_01


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.03.06

2009春の新番組も面白いといいな

figmaサイクルキャンペーン」、WEBショップ編の展開が始まりました。
配布される自転車の色は赤。これまで全色揃えちゃってますから、赤いチャリも手に入れるべくポチッと注文。
こういうキャンペーン時は売れ筋アイテムばかりが対象商品になるので、持っていないものをチョイスするのが一苦労です。あるかないかわからない後のキャンペーンのために買い控えるのもナンですしねぇ・・・同じ悩みを抱えている人はたくさんいることでしょう。


さて、『Newtype』の新刊を買ってきました。
春の番組改編の時期ということで、多くの作品が終了していきます。
今期は結構楽しんで見ていた作品が多いのでちょっと残念です。来期はどうなるんでしょうね。
今のところ『バスカッシュ』と『シャングリ・ラ』『真マジンガー』が気になってます。

劇場版の『エウレカセブン』ではニルヴァーシュのデザインが公開されました。
幼生がかわいいですねー。セレビィみたい。
外装をまとった姿は劇場版オリジナルカラー。『ROBOT魂』版は・・・魂ウェブ商店限定品になりそうな予感。
劇場公開開始は4/25。『グレンラガン』と同日の公開なんですよね。
どっちを先に観に行こうかな。

-------------------------------------------

Dc_meer_00 先週末に瀬無さんから戴いた『でふぉるまにあこれくしょん』のミーアを開封しました。有難うございます>瀬無さん

一部不思議なパーツ分割ではありますが、無難な出来。一般流通の商品としても充分通用します。
デフォルメ具合はちょっと人を選ぶ感じですかね。シリーズの中ではカガリとステラが良いかと思います。

今後展開される『コードギアス』のほうは今のところイラストしか発表されていませんが、シャーリーが良さ気だったので全種予約してきちゃいましたw






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

往年のテイストは甦る?

『豪血寺一族』の新作、『先祖供養』が出るようですね。
画面を見る限りはグラフィックは昔と大して変わらないように思えます。レトロな雰囲気といってしまえばそれまでですが、時代遅れの感は否めません。
『GROOVE ON FIGHT』でトーンダウン、『闘婚』『煩悩解放』でレベルダウンしてしまったこのシリーズ、新作でまた浮上してくれるんでしょうか。今度はアトラスが作るみたいですから少しは期待してもいいの・・・かな?

新キャラが増えるとはいえ、殆どが旧作からの続投ですから過度の期待は禁物なんでしょうけど。
そもそも、もうゲーセンで格ゲーなんてやらなくなってますしねぇ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.04

夕方の作業はないと思ったのに

「魂NATIONS」プレレセプションの開催日、担当システムのリリース日と見事にバッティングしました。・・・ぬか喜び。平日のイベントは毎回こんなのばっかりです。
何とかリリース日をずらすべく工作せねば。

もうそろそろ忙しさからも解放される予定ではありますが、次の業務も何やら面倒なことになりそうな気配。
税金対策としても、春頃には何とかなってほしいところ。
GWは大型連休にしたいものです。

・・・そろそろまたカラオケ行きたいなァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.03

Figuartsで覚悟完了!

TAMASHII NATIONS 2009」プレオープニングレセプションに招待されました
去年は折角招待されたにもかかわらず会議で会場入りが遅れた上、カメラを忘れるという失態を演じてしまいましたからね、今年は気をつけたいものです。このところ忙しくて平日に空き時間はありませんが、25日くらいには落ち着く見込みですし、今のところ作業の予定もないので・・・定時ダッシュができることを祈るばかりです。

プレレセプションは物販こそないものの、人が少ないので落ち着いて展示を見ることができますから、招待されたのは僥倖というべきです。一般公開日は物販のみに集中できますしね。
まぁ今年は高額商品ばかりで、全部買ってるとエラいことになっちゃうんですが(汗)
サイコとモモちんは買っておきたいところですが・・・それでも2万円超え(涙)

新商品として『S.H.Figuarts』のアギトとアナザーアギトの発表がありましたけど、会場ではサンプルを見ることができるんでしょうかねぇ。動くアナザーアギトは非常に楽しみです。『S.I.C』版はカッコイイですけど全然動きませんからねぇ。
そしてアナザーアギト以上に楽しみなのは・・・強化外骨格「零」!まさか『S.H.Figuarts』でリリースされようとは思ってもみませんでした。確かに『リボルテック』や『figma』よりもふさわしいシリーズです。
さすがに戦術鬼は出るべくもありませんが、少なくとも「霞」くらいは出して欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.02

ようやく光の恩恵が

ブロードバンドルータを買い換えました。
1ヶ月使ってみましたが、頻発する瞬断がどうにもおさまらなくて・・・。でもって色々調べた結果、機材がダメ(壊れているわけではありませんが)ということが判明しましたのでね。さっさと交換です。
回線変更時にキャンペーンで貰ったものですので何のためらいもありません。初期投資の時期がズレただけ。結果的に決算期と重なって若干安く手に入ったという見方もできます。まぁタダで済めばそれに越したことはなかったんですがね。世の中そんなに甘くはありませんでした。

で、ルータを新しくしたら非常に快適になりました。同じ回線であることを疑うくらい。これまではちょくちょく接続が切れる関係で、実質DSL並みの速度でしたからね。
良好なパフォーマンスを得るには、それなりに資金投下が必要ということですな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.01

#21 革新の扉

「真剣なる勝負を。この私、グラハム・エーカーはきみとの果し合いを所望する!」
『侍戦隊シンケンジャー』第3話「腕退治腕比」。
Let's武士道~♪ 勝負しよう~♪

・・・おっと、違った。<またかよ
いやぁ、今週はやらないつもりだったんですが、サブタイトルが・・・ね。

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第21話「革新の扉」。
刹那ガンダムに変わってほしい。イノベーターではなく。

本編はというと、今週もまた人員整理。
留美は19話から延命したものの、結局死亡。今週まで引っ張った意味はまるでありません。
ストーリー的にはあとちょっとの戦闘とタネ明かしの会話で終わっちゃうはずですし、尺が余っているんでしょうねぇ。今週のシーンの殆どはなくてもいいようなものだったように思えます。
細かいところではプロットが見え隠れしていましたけどね。

ラスト近くだからもう少し盛り上がるかと思いきや、期待はずれでした。
盛り上がりそう(と、言ってもほぼ超サイヤ人状態でしたがw)だった「00VSスサノオ」はいいトコで量子化、裸族の祭典開催で思いっきり水を差されてしまいましたし、キチ○イ2名の戦闘はワンサイドでしたしねぇ・・・。ネーナの最期は悪くはありませんでしたが。

そして今作でも登場するシャイニングフィンガー。『Gガンダム』は偉大ですなぁ。


--------------------------------
♪チャンチャンバラ チャンバラ~
『シンケンジャー』、面白いです。
唯一、ブルーのアニメ声と「演技してます」的なところが鼻につきますが。彼は普段からあの声で喋ってるんだろうか・・・。

今期のイエローもかわいいですねー。
京都弁はおそらく標準語で演技させるのがキツかったからの処置なんでしょうけど、効果的に機能していると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (13)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »