« 今年は第四部 | トップページ | #21 革新の扉 »

2009.02.28

俺の右手が・・・

ポッキリと折れました。『S.H.Figuarts ドモン・カッシュ』の右肩センサーのジョイントが。
『ヒューマブルモデル』のGガンダムと一緒に写真でも撮ろうと開封したのに、準備段階で壊れてしまうとは・・・。
無念。

Humable_g_gundam_00

・・・で、『ヒューマブルモデル』。
「自然なポージング」をコンセプトとしたバンプレストのプライズアクションフィギュアの新作ですが・・・ぶっちゃけ『ROBOT魂』と大差ありません。首と胴体の可動軸が増えている代わりにオプションパーツが少ない、というところでしょうか。
造型は申し分なく(ゴッドは胸のエネルギーマルチプライヤーが見えていないのが残念)、塗装も概ね綺麗なものの、組立は雑。個体差かもしれませんが、ところどろこに接着剤がベッタリと付着しています。詰めが甘い感じですね。
まぁその辺は景品ということを考えれば些細な問題ですが、アイテムとしては面白味がなくなってしまったことが問題です。安価で水準以上のアクションフィギュアが手に入ると思えばそれまでですがね。


Robodama_turn_x_00一方、今日は『ROBOT魂』のターンXがリリースされました。
幾度か立体化されてはいるものの、オフィシャルのアクションフィギュアとしてはプラモを除けば初となります。この日をどんなに待ち望んだことか。

設定画より頭部が若干大きい気もしますが、プロポーションは良好。立ってるだけでカッコイイです♪
元々可動を前提としたデザインではないので、可動は基本的な部分のみで問題ありません。シャイニングフィンガーが差し替えなのがちょっと残念かな。

今のところ絡ませる相手がいないので早いところヒゲかスモーを出して欲しいところです。もちろん、本命はコレンカプルとウァッドですがねw

同時リリースされたサキガケは・・・色味が劇中カラーと全然違っていました。パッケージ写真とも全然違います。看板に偽りあり、といったところ。
『ROBOT魂』の『00』シリーズには手を出していないので、元々買う気はありませんでしたが、あれは酷い。やっつけ仕事なんでしょうか・・・?





|

« 今年は第四部 | トップページ | #21 革新の扉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俺の右手が・・・:

« 今年は第四部 | トップページ | #21 革新の扉 »