« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009.02.28

俺の右手が・・・

ポッキリと折れました。『S.H.Figuarts ドモン・カッシュ』の右肩センサーのジョイントが。
『ヒューマブルモデル』のGガンダムと一緒に写真でも撮ろうと開封したのに、準備段階で壊れてしまうとは・・・。
無念。

Humable_g_gundam_00

・・・で、『ヒューマブルモデル』。
「自然なポージング」をコンセプトとしたバンプレストのプライズアクションフィギュアの新作ですが・・・ぶっちゃけ『ROBOT魂』と大差ありません。首と胴体の可動軸が増えている代わりにオプションパーツが少ない、というところでしょうか。
造型は申し分なく(ゴッドは胸のエネルギーマルチプライヤーが見えていないのが残念)、塗装も概ね綺麗なものの、組立は雑。個体差かもしれませんが、ところどろこに接着剤がベッタリと付着しています。詰めが甘い感じですね。
まぁその辺は景品ということを考えれば些細な問題ですが、アイテムとしては面白味がなくなってしまったことが問題です。安価で水準以上のアクションフィギュアが手に入ると思えばそれまでですがね。


Robodama_turn_x_00一方、今日は『ROBOT魂』のターンXがリリースされました。
幾度か立体化されてはいるものの、オフィシャルのアクションフィギュアとしてはプラモを除けば初となります。この日をどんなに待ち望んだことか。

設定画より頭部が若干大きい気もしますが、プロポーションは良好。立ってるだけでカッコイイです♪
元々可動を前提としたデザインではないので、可動は基本的な部分のみで問題ありません。シャイニングフィンガーが差し替えなのがちょっと残念かな。

今のところ絡ませる相手がいないので早いところヒゲかスモーを出して欲しいところです。もちろん、本命はコレンカプルとウァッドですがねw

同時リリースされたサキガケは・・・色味が劇中カラーと全然違っていました。パッケージ写真とも全然違います。看板に偽りあり、といったところ。
『ROBOT魂』の『00』シリーズには手を出していないので、元々買う気はありませんでしたが、あれは酷い。やっつけ仕事なんでしょうか・・・?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.27

今年は第四部

『一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 ~ダイヤモンドは砕けない~』のショップでの受注が始まっています。それに伴い、キラー・クイーンと杖助&C・ダイヤモンドのフィギュアの彩色画像もぼちぼち見られるようになりました。
出来のほうは・・・ちょっと微妙。残念です。
ただ、『ジョジョ』関連は作品の人気からアイテムの出来の如何にかかわらず入手しづらいんですよねぇ・・・。どうせ目玉となる2体のフィギュアは1万円近くにもなってしまうでしょうから、セットで買ってしまうのも手ではあります。
セット価格は2万円前後。・・・さて、どうしようかな。

同じくバンプレストからはプライズで岸辺露伴のフィギュアもリリースされる模様。一部のショップで予約受付が始まっています。
こちらも出来はかなり微妙。やはり荒木先生の絵を立体化するのは難しいんですかねぇ。
そういう点では『超像』シリーズはかなり頑張っているというべきなんでしょう。

そういえば、そろそろ『超像可動』の承太郎がリリースされる時期ですが・・・土日に出るのかな?
とりあえず明日は予約しておいた『ヒューマブルモデル』のゴッドガンダムを引き取りに行くので、ついでに露伴だけ予約してこようと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.26

劇場版は変身前のほうが面白そう?

『仮面ライダー ディケイド』、龍騎ワールドの新ライダー、仮面ライダーアビスに続いて早くも2号ライダーが発表されています。その名も仮面ライダーディエンド。・・・THE END?
風貌は青くて角ばったディケイド。当然、カッコ良くはないです(苦笑)

変身アイテム/武器となるディエンドライバーにはディケイドと同様のボイスギミックが搭載されています。
使用するカードはディケイド同様関連玩具に付属しているわけで・・・。結局、カードを全部揃えようと思ったら発売される玩具の大半を購入しなければならないことになります。初回分にしか付いていない物もありますから結構大変でしょうね。番組終了前後にはセットで販売するんでしょうけど・・・。


一方、劇場版『超・仮面ライダー電王&ディケイド』も制作発表があったようで、敵ライダーのキャストが発表されました。仮面ライダーゴルドラに篠井英介、仮面ライダーシルバラに柳沢慎吾だそうで・・・ずいぶんな個性派をキャスティングしたものですw

CMか何かでは「劇場シリーズ第1弾」のようなことを言っていたように思えるのですが、『電王』の劇場版はシリーズ化して続いていくんですかねぇ・・・?これではますます『キバ』の立場はありませんナ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.25

そろそろ打ち止めでもいいかも

カードダス『SDガンダム外伝 プレミアムコンプリートBOX [機甲神伝説]』の予約が始まっています。
ネット限定5,000セットの販売です。数は結構多いですが、前回の『聖機兵物語』は売り切れましたからね、今回も完売すると思われます。もっとも、急いで予約しないと無くなる、というほどのものではありませんが・・・。

かく言う私もSDガンダム世代ですからね、1セット注文しておきました。
正直、デザインとかは面白くなくなっていますので買わなくてもいいといえばそれまでですが、ここまで全て揃えてきましたからね、今さら後にも退けず。完全にバンダイに踊らされてます。
今後もこういう商法取られちゃうとちょっと厳しいですね・・・といっても、そろそろ旧カードダスは守備範囲を超え始めるんですが。今でさえ、昔は買うのをやめちゃってたシリーズですからね。

ちなみに、注文ためにサイトアクセスしたところ、ページが異様に重くて閉口しました。
いちおうトップページは「アクセスが集中していて閲覧しづらくなっています」的なコメントが書かれていましたが、あの重さはアクセス集中が原因ではないような気がします。トリガーとしてはアクセスが集中したことなんでしょうけど。
これがもっと人気の高い商品で、ページを更新している間に売り切れ、ということにでもなっていたら非難囂々だったでしょうね。ネット通販では自分の購入順なんてあってないようなものですから、怒りのやり場はショップにしか向けられないんですよね・・・。

いずれにせよ無事に注文できて良かったです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.24

鉄人から鉄の城へ

『真マジンガー 衝撃!Z編』なる作品が年内に放送開始するそうです。
『マジンガーZ』は漫画版もアニメ版も私が生まれる前の作品なもので、あまり思い入れは強くは無いのですが、監督・脚本があの今川泰宏監督となれば話は別。俄然興味が湧いてきます。

公開されている情報はごく僅かですが、かつての漫画連載をアレンジしたものになるとのこと。
今川マジンガー、実に楽しみです。


2/26追記
どうも『Gロボ』同様に永井豪キャラがクロスオーバーする作品になりそうですね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.23

10thレアからアドバンスレアへ・・・財布への攻撃は続く

『ガンダムウォー』タクティカルスターター「破壊と再生の剣」「異世界からの使者」より、エクシアのトランザムモードとナイトガンダムのイラストが公開されました。
「異世界からの使者」は、やはりナイトだったんですね。実際には信玄ガンダムや謙信ガンダム、コマンドガンダムも収録されるそうですからナイトだけではなかったわけですが。まさにSDガンダム世代向けの商品ですな。
信玄ガンダムと謙信ガンダム・・・当時は『天と地と』が劇場作品化したんですよね。懐かしい。

困ったことに、今度のタクティカルスターターにはユニットカードにアドバンスレアバージョンが存在するそうで。それぞれのパックには1枚が封入されているそうなのですが、3種×2セットあることを考えると、ノーマルバージョンとアドバンスレアを揃えるには相当数買わないといけません。
実際にはショップでシングルカードを購入することになるわけですが、ちょっと痛い出費です。まさにコレクター泣かせの仕様。タクティカルスターターは収録カード固定なんだからパックの外側から中身が確認できるといいんですけどねぇ・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.22

#20 アニュー・リターン

Let'sブシド~♪ 勝負しよう~♪
侍戦隊シンケンジャ~♪
Fake_masurao_00

・・・あ、違った。
ブシドーが出るのは来週でした。

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第20話「アニュー・リターン」。
アニューのMS、カッコイイですねー。『テッカマンブレード』に出てくるテッカマンみたい。
ブレードのプラモ、再販してくれないかなー。

えっと、本編のほうは・・・鋭角に曲がるインチキビームやおなじみの電撃でアリオスはやられメカとしての役割を存分に果たし、ラストは呪いの歌で死者の葬送をして人員整理を正当化、というところでしょうか。
テンポだけは良かったと思います。
・・・00出撃部分を思いっきりカットしなければ。
演出的には00が出た時点でアニュー射撃の衝撃が薄れちゃうんですけど、防衛ラインを突破されてトレミーピンチ!という部分が無かった事にされちゃうってのはちょっといただけません。裏を返すとトランザムライザー抜きなのに3機がかりでも倒せないってことなわけですからねぇ・・・00無敵ってことじゃないですか。どっかの「自由」な人のよう。だから内部からの切り崩しやMSの奪取をしようとするんでしょうけど。そうでないと話が持ちませんからネ。(なのにそれでもなお力と力のぶつかり合いを続けさせた某作品は・・・ぶつぶつ。)
もちろん、出撃シーンを見せたところでワンサイドのつまらない戦闘しかないから、作品としてはマイナス効果氏か生み出しません。・・・結局はあの流れになったこと自体がアウトなんですよね。

さて、来週は誰が死ぬのかな・・・っと。



------------------------------------------
冒頭でネタ振りをした『侍戦隊シンケンジャー』、今週は第2話。
モチーフ上、戦闘は時代劇調の殺陣が中心となるわけですが、雑魚敵までもが巨大化してロボットでも立ち回りをやるのは新鮮でした。若手の役者陣も極端に下手な人はいないので安心して見ていられます(アフレコ形式が廃されたのも要因の1つでしょうけど)。
滑り出しは面白いと思いますので、この調子で頑張って欲しいものですね。

伊吹吾郎氏は「まんま」格さんでしたw
エンディングでギターを弾いているのは氏の趣味を反映してのことでしょうね。

「侍戦隊」なだけに、やっぱり最終的には7人になるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009.02.21

『00』のDVD再生で「おお~メメント・モリ~」とか言ってくれないかな

またしても思考戦車を1輌導入。
『電脳超合金 タチコマ Ver.1.2』を買ってきました。発売が決まったときは「半額くらいになれば考える」と書きましたが、半額程度に落ちてたので購入。
購入価格7,000円。若干届いていませんが、ほぼ半額です。どこへ行っても店頭在庫は概ね順調に捌けているようなのでね。買っておくか、と。

「Ver.1」と2台一緒に繋げたら何かあるのかと、ちょっと期待したものの、説明書にはしっかり「一緒に繋げるな」と書いてありました。1PCに1台だそうです。さすがに不具合が起きると警告されていることをわざわざやることもありませんからね。試しません。
そもそもソフトのインストールもどうしようか悩み中。タチコマのカメラさえ動かなければ繋げてもいいんですけどねぇ・・・。ガシガシと嫌な音を立てて動いてうるさいし、ソッコー壊れそうな気がして。

とりあえず今はHDDのパーティション切り直しのためにバックアップ作業中なので後日考えます。
・・・ミニゲームやイベントなんかのレビューはたいむさんのBlogでやってくださることでしょうから、そちらを見ればいいかなw

Cp_tachikoma_1_2_00

タチコマと一緒に、『武神降臨』で出なかったゴッドガンダムも買ってきました。
相場はブースター版が1,500円、スターターが2,500円。さすがにエキスパンションを代表するカードだけあって高いです。カードのテキストは値段に見合うほどのものではないとは思うんですけどね。ゴッド自体の人気の高さなのかな。

22弾での高額ユニットはゴッドの他に、ウイングゼロ、オーバーフラッグ、ダブルオー。どれも使い勝手がいいですね。発動条件に縛りはあるものの、ダブルオーはちょいとインチキ臭い感じもしますが。今後収録されるであろうトランザムライザーがゲームバランスを壊さないか心配です。
5月に発売されるタクティカルスターターのタイトルが「破壊と再生の剣」ですから、これに収録されるんでしょうかねぇ。

「破壊と再生の剣」と同時発売になるのが「異世界からの使者」。これはナイトガンダム臭がプンプンしますねぇ。ナイトは最近のバンダイの一押しになってますから。
武者に続いて「売れるものは売れるうちに売っとけ」というスタンスなんでしょう。
そのうちプラモも発売されるんじゃないでしょうか。

カテゴリ的には武者も騎士もGガンと同じですから収録されるのは別に不思議なことでもありません。あとはSDで展開されていたシリーズをどこまで含めるかと言う切り分けですかね。
『SDX』ではナイトに続いてコマンドガンダムもリリースされるようですし、コマンドについては過去にリアル等身で立体化された商品もありますから『G-ARMS』は今後収録される可能性もありますね。
そういう点では今度ヘビメタガンダムがキーチェーンか何かでプライズアイテムになるようですが、やはりこの伏線なんでしょうかねぇ・・・?

さて、22弾のゴッドガンダムを買うついでに、「『俺がガンダムだ』月間」で配布中のエクシアを見てきました。
ショーケースの展示価格を見ると、何と1,000円!これは2枚くらい買っておくかと思いましたが・・・19弾にレアとして収録された同カードは5,000円超で取引されている中、ショップチャンピオンシップで優勝しないともらえないプロモ版カードがそれより安いことなんてないわけで・・・よく見たら10,000円でした(汗)

高額カードといえば「慈愛の眼差し」も1万数千円になってました。確かに使い勝手が良い上にシークレットレアということもありますが・・・カードイラストのラクスのせいで不必要に高騰している気がしないでもなかったり。劇中世界でもでも現実世界でも人を争わせる魔性の女ですナ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.20

兄貴来なけりゃ客も来ない?

何とか一週間が終わり、一旦解放。
まだ暫くはこんな状態が続きます。平日はストレスが溜まる一方です。


さて来週末、「ワンホビ9.5」が開催されるようです。
まぁ先週のイベントは混雑しすぎでしたからねぇ・・・。グッスマのHPではお詫びコメントが掲載されていましたが、あの人手はなかなか予想できるものではありませんから一概に主催者側を責めることもできません。

雰囲気的に今度の「9.5」はシンプルに展示だけになりそうですけど、それだとネットや雑誌等での公開で情報自体が古くなっちゃってますから、逆に人が集まらないような気もします。チャリが配られるようであればそれなりに混雑しそうにも思えますし・・・どうなるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.19

武神は降臨せず

何とか時間を作って予約していた『ガンダムウォー 武神降臨』を引き取ってきました。
・・・が、一番欲しかったゴッドガンダムは出ず。泣けるで!

明日は今日の分働かなくちゃいけないので、土曜日に買いに行くとします。
今日はとりあえず開けただけなのでカードテキストの確認もしなきゃいけませんしね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.18

海苔と一緒に糊が!

今日も特筆すべきことはなく、忙しく仕事だけして一日が終わり・・・と思っていたら、夕食に買ったコンビニのおにぎりが普通じゃありませんでした
外のビニールを開けると、値段やら成分やらが書かれたシールが中のおにぎりに直接貼られている(パッケージにも同じシールが貼られている)という奇妙なものだったんですが・・・一体どういう工程を辿ったらパッケージの中にシールが貼られるんでしょうねェ?交換してもらいはしたものの、製品自体が信用できなくなりました。
食の安全を確保するには自給自足しかないんでしょうかねぇ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.17

周りが仕事していないとモチベーション上がらない

本日もつまらん一日でした。
みんな新しい人の歓迎会で出払っている中、残って仕事。なんてこった。
木曜日は『武神降臨』が発売されるので何としても店が開いている時間に帰らねば。


さて、自宅のFAXを買い換えることになりました。
こう毎日遅いと見に行く暇もなかなかないのですが、次の休みにでも探しに行ってこようと思ってます。
安くて良いのがすぐに見つかるといいけど・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.16

DVD付きはパッケージが大きくてビックリ

忙しいのに非常に眠い。
ダルくて仕事になりません。・・・体調崩れてるのかな。

今日も家と会社の往復だけ。
・・・書店は開いている時間だったので、一応『xxxHolic』の新刊は買って来たんですが、眠くて読んでいる余裕はありませんでした。当然、付属のDVDも未開封。もっとも、DVDは未開封のままで終わる可能性もありますけど(苦笑)

ボーっとしていたせいか、コミック文庫版『ジョジョの奇妙な冒険』を新刊と間違えてもっている巻を買ってしまいました。店頭で平積みされていたので思いっきり勘違い。
発売日は18日なんですけど、先週末には出している店もあったので・・・。凹むなァ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

#19 イノベイターの影

鷲は舞い降りる!これはスペースノイドにとって大きな飛躍なのである!
・・・っと、違った。
直前まで『MS IGLOO2 重力戦線 vol.2 陸の王者、前へ!』を観ていたものでね。
ジーク、ジオン!!

え~っと・・・『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第19話「イノベイターの影」。
先週から引っ張った割には普通に助かっちゃいました>姫様
しかも次週への引きが先週と同じって・・・どうなの?

内容的にはラストへ向けての人員整理が始まった、というところでしょうか。
留美は2ndシーズンに入ってから非常につまらないキャラになってしまって残念に思っていたんですが、つまらないまま消えていってしまいそうです。そういう点ではアリーもブシドーもコーラさえも同じなのですが。
どうも前期からの続投組って、続投している意味がないキャラが多すぎるように感じます。ストーリーを繋げるためだけ、ファンを繋ぎとめるためだけに存在すると言っても過言ではないくらい。2ndシーズンは主人公2人にスポットを当てすぎてますから、他のキャラに手が回らなくなっているんでしょうね。
群像劇からヒーローロボット物への路線変更は上手くいかなかったようですな。

Shcm_zaku2_mp_02

さて『陸の王者、前へ!』ですが、死神自体があまり前面に出てこず、迫力ある戦射戦が主軸になっていたことで、なかなか楽しめました。やはり人外のものは雰囲気作りだけでいいんですよ。
そして戦車。ヒルドルブも良かったけど、61式もイイですねー。次巻のガンタンクはどうなるんでしょう。オデッサというだけでワクワクしますからね、楽しみにしたいところです。・・・過度の期待は禁物ではあるんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2009.02.14

アニキっていったい誰ですか

ワンホビ9』に行ってきました。
予想以上の人、人、人。アキバの駅前は大変なことになっていました。
物販だけしか頭になく、余裕こいてたものだから現地に行ってビックリ。ステージイベントをすっかり忘れていました。いやぁ、集まるモンですねぇ。徹夜組もいたようですし。

列に並んでいると、突然女性の嬌声と共に「アニキだ!」の声が。
見ると信号待ちで止まったタクシーへ携帯片手に写メを撮りつつ群がる人々の姿がありました。入場待ちの列の人々もどっと道路のほうへ押し寄せる始末。皆さん「アニキ、アニキ」と喜んでいましたが、私には何のことやらわからず歓喜の波に乗ることができませんでした。
帰宅して調べてみると・・・ゲストとして来日したビリー・ヘリントン氏のことだったんですねぇ。男女問わず人気があるって、凄いです。ニコ動なんて利用したことありませんけど、ちょっと見たくなってきました。

そんな氏がfigma化され、通販の受付が始まっています。今思えば、会場では大きなPOPが展示されていましたねぇ(イベント時は何のフィギュアかわかりませんでしたがw)。
ネタ用の素体としては便利そうだったので早速1個注文してみましたw
どうせ人間の考えることなんてそうそう差はないはずなので、そのうちそこかしこで頭部をすげ替えられた写真が見られることでしょう。

Figma_archetype_01ステージには興味ないし、狭い会場に人がごったがえしていたので展示の観覧もそこそこにアーキタイプだけ買って早々に退散。
カメラは持っていったのですが、新作の殆どは撮影禁止だったので、面倒だから何も撮ってきませんでした。プレスサイトで見ればいい話ですからね(figma新作ねんどろいど新作)。

『figma』2ndフェイズの参考展示では色々な制服が展示されており、新作では火器も充実してきています(みくる、レイカ、眞姫那など)からね、そのうち少佐も立体化してくれるのではないかと。
(ちなみに『電脳超合金 タチコマ Ver.1.2』は現在価格8,000円。もう一声あれば買っちゃうんだけど・・・)

発表されている中ではfigmaの鶴屋さん(文化祭Ver.)とねんどろいどのざんげちゃんが良い感じに出来てますねー。
ドロッセルについては初音ミクと同じフィールドに並ぶ日が来ようとはね、軽く驚いてます。それを実現させるグッスマも「やるなぁ」というところですが。・・・ライセンス料で他よりも割高にならないかな?
コスプレかがみはfigmaでも発売が決定していますが、ねんどろいど版のほうが雰囲気は良いです。逆にドロッセルはねんどろいどよりもfigmaの方が良いですね。セイバー・リリィにしても然り。何でもかんでも出せばいいってものではないと、そういうことですナ。

ともあれ、目的のものを買い、figmaサイクルも貰って会場を後にした後は、別カラーのfigmaサイクルを貰いに散策。サイトにキャンペーン実施店舗として掲載されていても配布していないところが多いのには参ります。
何とか現在配布中の3色は貰ってきましたけども。
残るはWebショップカラーだけ。さて、何を買おうか・・・。


徘徊中にWiiのリボハルヒ付き限定版がワゴンセールになっているのを発見。半額を切る3,980円という価格でしたので、回収してきました。『フロイラインリボルテック』の最低定価が2,300円ですから、制服ハルヒがその値段とするとソフトが1,680円。・・・こんなモンでしょ。
中古価格でも恐らく底値は2,980円程度にしかならないはずですから、買い時かな、と。
とはいえ、ゲームをプレイすることはないでしょうけどね・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

タイ料理店でイタいトークを

本日はたいむさん上京ということで瀬無さんと3人でディナーという名の交歓会・・・いや、交換会(笑)
いつも「お茶でも」と言いつつ集まるのにもかかわらず何故か交換会になってしまうのが不思議です。
・・・まぁ普段からちょくちょく会ってるわけじゃないから仕方ないのかも?
戴き物はありがたく納めさせていただきました。時節イベントへのお気遣いまで、有難うございます。
m(_ _)m


今回に限ったことではありませんが、何人かで集まって落ち着こうと言うときに気の利いた店を知らないのでちょっと困ります。哀しい哉、独り身なもので、普段は殆ど強行軍。喫茶店やらレストランやらを利用することは滅多にないんですよねぇ・・・。
一緒に買い物やイベントに行くような相方でも見つかればいいんですがね。
ただ、1人ならではのフットワークの軽さも捨て難いわけで。

ヲタクな生き方を捨ててもう少し賢い世渡り術を身につけないとダメかな?
今更感が思いっきり漂ってマスが(苦笑)


-------------------------------
マキナに続き、『figma』の新作で夏服ハルヒが発表されてますね。
初回生産分はスクールバッグが付属するそうで。
但し、商品についてくるのは3色のうちランダムで1つ。揃えるには最低3つ買わないといけません。
マキナとハルヒ、2つずつ買えば揃うかな・・・?



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.12

人魚、ロボット、次は・・・死体。

このところちょいと忙しく、本日にいたっては食事をする暇もなし。
家と会社の往復だけってのは実につまらん一日です。
・・・figmaサイクル貰いに行こうと思っていたのに。

そんなfigmaですが、新作、星村眞姫那(『屍姫』の発表がありました。
告知記事も掴みはJoJoネタだったりするんですが・・・何故最近JoJoネタばかり目にするんでしょうねぇ。不思議不思議。スタンド使いは引かれ合うというけれど・・・?

それはさておき、眞姫那はアニメ版からの立体化。
フェイスパーツは食いしばり顔が付属するようですが、どっちかというと叫び顔のほうが良かったです。OPで雄叫びをあげながらサブマシンガンを撃ってる姿がいかにもガイナのヒロインっぽくって好きなんですよね。
・・・中の人は決して上手いわけではないのでキャラ的にはそれほど好きでもないんですが。

原作は読んだことありませんが、アニメの『屍姫』は面白く観ています。
作品世界の雰囲気が好きでしてね。・・・決してネクロフィリアではありませんよ。
特撮畑出身の人が幾人か出ているのが観続けている理由の1つでもあります。

ともあれ、figmaで眞姫那だけ出てもあまり意味がないので、絡ませるキャラも出して欲しいところですね。無難なところでは景世か他の屍姫あたりになるでしょうが・・・。
武器セットとしてみるなら早季のハンマーなんかが良さ気ですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.11

キアヌがスパイクか・・・

『Newtype』の新刊を買ってきました。
『ドラゴンボール』だの『ストリートファイター』だの、ハリウッドで珍妙な実写映画化が続いていますが、どうやら『カウボーイビバップ』もその仲間入りをするようです。主演はキアヌ・リーブス。
日本の漫画・アニメなどの海外での実写映画化って、どうしていつもおかしなことになっちゃうんでしょうねぇ。作品の受け取り方が違うというよりは、同じ原作をなのかすら怪しく感じてしまいます。なんていうんですかねぇ・・・中国の偽ディズニーランドと同じ香りがするというか・・・。
『ビバップ』にはTV版の制作スタッフが参加するようではありますが・・・果たしてどうなることやら。


Sd_haruhi_00 「そして時は動きだす」
・・・巻頭の『涼宮ハルヒの憂鬱』新シリーズの記事は、何故か見出しが『ジョジョの奇妙な冒険』。作品とは何の関係もないんでしょうに、世の中にJoJo好きは多いようですなぁ。
相変わらずゲームをちょこっとやっただけで作品自体は殆ど知らないのですが、我が家のハルヒフィギュアも増えてきたことだし、新作はちょっとチェックしてみようかな。
イマイチ食指が動かない唯一最大の理由はハルヒの声が気に入らないことなんですよねぇ・・・地声であれば失礼ではありますが、あの媚びたようなアニメ声がどうも、ね。
まぁ空き時間だったら見てみるとしますか。

劇場版『交響詩篇 エウレカセブン』については特に新情報はなく、前売りが14日から販売開始という告知のみ。14日って今週末なんですよね。事前に他メディアで告知されていたとはいえ、ちょっとギリギリすぎるような・・・?
前売り特典は別に要らないので私としては問題ないんですがね。


・・・『ガンダム00』、DVDはどうでもいいけど、Dr.モローの漫画は見たいなァ・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.10

結果として高いフィギュアを買ったことに

Fate / Unlimited Code』がPSPに移植だそうで。
セイバー・リリィFigmaが欲しくてPS2版を買ったものの、まだ1秒もプレイしていないんですよね・・・。携帯機で格ゲーをやる気はありませんので発売されること自体は別にどうでもいいんですが、追加要素がいくつか盛り込まれているとなると、据置機版を買ったのがちょっとだけバカバカしく感じます。

最近のゲームは携帯機用がだいぶ多くなってきていますね。
外出先でプレイするということよりも、対戦・協力プレイを前提にしたものが増えているように感じます。
個人的には外出先で通信プレイなんかすることは滅多にないんですけどね。周りの人々はあまり携帯ゲーム機持ってないし。そもそも会社の行き帰りに誰かとプレイすることなんてありませんしね。
ただ、自宅でゲームをする時間が殆ど取れない以上、携帯機で面白いものが出てくれれば1日時間程度は遊べますから都合はいいです。もっとも、そこまでしてゲームをしたいかと言われれば、微妙なところではあるんですけども。

携帯機に移植といえば、『魔界戦記ディスガイア2』もイロイロ追加要素を盛り込んでの移植だそうで。
追加キャラに虹レッドが入っているのがちょっと面白いですね。
PS3を持っていない身としては、『ディスガイア3』の要素が楽しめるのも魅力。
長く楽しめる作品なだけに、押さえておくのもいいかな。携帯機なら空いた時間にやりこむこともできますし。

戦場の絆』、『うたわれるもの』、『ToHeart2』、『ペルソナ』といった移植作のほか、『アクシズの脅威V』なんかも発売されますし、暫くは我が家のPSPがお役御免となることはなさそうです。買った当初はこんなに使うことになるとは思わなかったんですがねぇ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.09

またしてもクライマックス

花粉飛散情報が出て早々、もう鼻がグズつき始めました(涙)
ツラい季節の始まりです。・・・はぁ。

仮面ライダー電王』、ホントにまた映画やるんですね。ゲスト出演するとはいえ、タイトルは『超・仮面ライダー電王&ディケイド』ですから、キバの立場はないですな・・・。
『電王』は確かに面白かったですけど、人気のベクトルは間違ったほうに伸びているようにも思えるんですよね・・・バンダイ&東映が調子に乗って誤った方向に進まないといいのですが。
いくら面白くても電王がスタンダードにはなってほしくないです。

「デザインを一新した」という超・電王ですが、どう見てもクライマックスフォームをアレンジしただけ。ジークの要素が入っただけに見えます。「一新」というには程遠いです。どうも最近頭の悪いメディアのお陰で言葉の意味が間違って使われていることが多くなってきています。母国語なんだし、人に物を伝える仕事をしているんだからもうちょっと勉強して欲しいですね。

とりあえず、アッキーナを観に劇場に行きますかねぇ(えー



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.08

#18 交錯する想い

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第18話 「交錯する想い」。
イデオンソードは普通にバンバン使っちゃうんですね。作戦も何もあってないようなものに見えましたし。何だかバカバカしい限りです。
今後はずっとセラヴィーとケルディムで壁作ってダブルオーライザーで親玉を破壊、というだけでいいような・・・って、あれ?アリオス?

ストーリーが弱いのに戦闘まで大味にしてしまってはもうどうしようもありませんね。
今回から告知が挿入され始めた『ハガレン』新シリーズのほうが楽しみになってきました。



------------------------------------
今日で『炎神戦隊ゴーオンジャー』が最終回。
最終回では中の人が顔出し出演されていましたね。エンディングも最終回バージョンということで、ファンサービス精神溢れるラストとなりました。
作品自体は結構楽しんで見られましたが、最後までレッドの喋り方に慣れることはありませんでした。彼は普段の演技もあんな喋り方なんですかねぇ・・・?
イエローの逢沢りなは高校サッカーの時も含めて結局表情が固いままでした。かわいいのに勿体無いですな。スマイル担当なのに・・・。

炎神キャラクターは決して成功したとは言えず、『電王』のイマジン人気の二番煎じ的な感じで終わっちゃいました。キャラクターが多すぎなんですよね。合体メカ数が増加傾向にある昨今の作風との両立は難しいですよ、やっぱり。

次週からは『侍戦隊シンケンジャー』が始まります。
まだ海のものとも山のものともわかりませんが、予告を見る限りでは『忍者戦隊カクレンジャー』っぽくなりそうに思えます。文字の力を使うということでは『妖奇士』みたいですけどね。

気になるところは伊吹吾郎氏の出演ですね。時代劇では畷左門や渥美格之進のイメージが強いですが、近作でも立ち回りを見せてくれるんでしょうか。
戦隊物から格さんになった人もいれば、格さんから戦隊物へ来る人もいる、なかなか面白いですね。

ロボット(シンケンオー)は折り紙がモチーフということで物凄く角ばっているデザインなのも面白いです。

来週からの放送、楽しみにしたいと思います。
------------------------------------
『仮面ライダーディケイド』
まさか八代刑事が死んでしまうとは・・・。
顔面をグーで殴ったやつ、地に手をついて謝れ!(笑)
------------------------------------

・・・このところ記事のタイトルだけはガンダムなのに、内容的にはガンダムがオマケ程度になっていますね。
感想書くのやめようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2009.02.07

次はヒューマブルモデルに合う風雲再起を

関東でも花粉が飛び始めました。外出するのが憂鬱です。
暫くは買い物は通販を主体にしようかな。コストはかかりますが瀬に腹は変えられません。

さて今日はプライズの『騎馬武者外伝』を開封。
新しいのが出るたびにいつも思うんですが、馬は「騎馬武者」じゃなくて「武者騎馬」が正解ですよね。バンプレの担当者は日本語が不自由なようです。そもそも「騎馬武者」が正解なら『騎馬武者伝』というタイトルだと主役は馬になっちゃうのに、何で気づかないんでしょう。
まぁ今更修正も効かないところまできちゃってますけどねw

Riding_knight_01

・・・相変わらず巨大な馬。実際、大きさとしては悪くないんですけど生身の馬よりもゴテゴテしてますからね、幅が広くなっている分、一層大きく感じます。
もうちょっと首が動いてくれるといいんですけどね。

ナイトガンダムをリタッチしようとガンダムマーカーのメッキシルバーを買いに行ったのですが、売ってませんでした。あちこち回ったんですが見つからないので不思議に思っていたら、どうやら生産終了となったようです。もうちょっと前に知っていれば買い溜めて置けたのに・・・今後は行く先々で見つけたら即押さえておかないと。同じことを考える人なんてごまんといるでしょうから、恐らくもう手に入らないとは思いますが・・・。


夜は『七人の侍』が放送されていました。
ギラギラした「生きる」という生命力の本来の部分を感じる凄い作品ですワ。やっぱり邦画は(以下略)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.06

応援画集と1コインAT

Gurren_ticket_01劇場版 天元突破 グレンラガン 【螺巌編】』の前売りチケットの販売が開始されました。
劇場窓口とアニメイト、どちらの特典付きを買うかでちょっと悩みましたが、結局両方とも購入(苦笑)余ったチケットは何かうまいこと処分します。一緒に観に行く人でもいれば差し上げるところですが・・・。

前回の【紅蓮編】がかなり余裕で買えたことをふまえて、今回は窓口の開く30分ほど前に現地到着。列はできていましたが、20人に満たない人数だったことからすると、皆さん同じように考えて出発を遅らせたのかもしれませんね。・・・女性が圧倒的に少なかったことからして、「カミナの出番が殆どないからどうでもいい」と考えている人が結構いたりする?

ともあれ、問題なくチケットはゲット。
相変わらず5枚、10枚と買う人が結構いるんですよね。5枚程度はわかりますが10枚は・・・どうしても転がすことを連想してしまいます。特典の冊子が保存用・観賞用だとすれば5人分ですから、仲間内の分ということもあながち無い話でもなくなっちゃうわけですが(苦笑)
実際、購入枚数に制限はないわけですから現金資金さえ潤沢なら買い占めることも可能なんでしょうけどね・・・。



無事にチケットを入手した後は、ぶらりと買い物。
平日の昼は人が少なくていいですね。歩きやすいです。

『ディシディア ファイナルファンタジー トレーディングアーツ』第1弾が発売されていました。
酷い出来ですねー。
クラウドとスコールは悪くはないレベルですが、ウォーリア・オブ・ライトとジタンがダメ過ぎます。それで1個924円もするんだからボッタクリもいいところ。実際、ボディの造型だけなら値段に見合ったものではあるんですが、顔が似ていないのが致命的なんですよね。
もっとも、偏ったデッサンしかできない人の描いた絵を立体化したわけですから破綻をきたしていても仕方ないのかもしれませんがね。

某所では『サンライズ メカアクションシリーズ』のゼトラ大尉のスコタコが100円で売られているのを発見。
定価が6,300円ですから、実に1/63。
造型は悪くはないものの、アクションフィギュアとしては決してレベルが高いとはいえないこのシリーズ。780円で売られていたときもスルーしたのですが、100円とあっては何だか不憫に感じたので回収してきました。

Cms_zetra_custom_00
 

やっぱり揃えるなら『35MAX』シリーズですかね。コマンドフォークトのずんぐりした機体デザインはあっちのほうがしっくりきます。それにゼトラ機のライフルのケーブルが『メカアクション』ではかなり持て余し気味なので・・・。

フォークト部隊はきちんと機体コンセプトと戦術が一致しているからイイですよね。機体コンセプトはデザイン的な部分だけで実際はどの機体もやってることはほぼ同じという昨今の某ロボットアニメシリーズにはホント見倣って欲しいものです。
美形キャラと人気声優の起用で何となく商業的には成功しちゃった感がありますけど、『ボトムズ』で同じことやったら非難囂々でしょうね。


夜は地上波で『隠し剣 鬼の爪』が放送されていたので、鑑賞。
実に良い作品でした。やっぱり邦画は時代劇とアニメ(特撮)に限りますな。鬼の爪、渋すぎます。





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.02.05

まさかの螺旋王

『一番くじプレミアム 天元突破グレンラガン』の賞品画像がぼちぼちネットショップにて出回り始めています。

既に公開されているグレンラガンの他に、大物フィギュアは案の定ヨーコがラインナップされていますが、驚いたのはロージェノムがフィギュア化されるということ。人気から言って、てっきりカミナだと思っていました。バンプレスト、やるなぁ。
フィギュアの出来としてもロージェノムが一番良さそうです。次はグレンラガン。ギガドリルブレイクの構えが再現できるのは面白いギミックです。
ヨーコは・・・発表されている画像は監修中のものなので実物は化けるのかもしれませんが、結構ダメな部類に入ります。スタイルは良いのですが、顔がね・・・。単品で売ってても、これに数千円も払う気はありませんな。
やっぱり現時点での一番は和風堂玩具店の1/6ヨーコかな。

とはいえ、ドリルクッション以外はハズレらしいハズレもないので(コストパフォーマンスの良し悪しはありますが)、見つけたら2~3回引いてみてもいいかも。ロージェノムはもちろん、きゅんキャラのシモンとニアが欲しいです。

明日は劇場版『螺巌編』前売券の発売日。
休暇をねじ込んだので限定チケットを買いに行ってきます。
無事に手に入るといいけど・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.04

ついに痛四駆登場

携帯からココログにアクセスすると異様に重いという事象が発生しています。数分かかっても表示できない場合がしばしば。
他社のブログは普通に見えるので、ココログのサーバの問題っぽいですね。先日携帯版のテンプレで障害が発生していたようですし、その関連なのかな?


さて、ネットショップからの案内メールで初音ミク仕様のミニ四駆が発売されることを知りました。
ミニ四駆は第一次のブームの頃に買ったことがあるんですけど、走らせる場所がなくってね・・・。地元では全然流行りませんでした。
走らせる場所がないのは今も相変わらずなんですが、そういう地域は少なくないはず。今の子供たちはどうしてるんでしょうね。電車に乗って遠隔地へと走らせに行ってるとか?

桃井はるこモデルが出たときもなかなかキツいと思いましたが、今度は完全なる痛車です。
まぁカテゴリー的には玩具ですからね、実車と違ってキャラクター物でもそれほどイタくはありませんが・・・イベントで男の子が嬉々としてが走らせてたらちょっとイヤかな(苦笑)

ただ、このミニ四駆、定価1,680円もするんですよね。一般的な物の2倍近い価格。
キャラ的にはそこそこ売れるんでしょうけど、ライセンス料ばかりに金を払うのもちょっと抵抗ありますね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.03

そろそろスーパー1やZXが出てくれても・・・

やっと・・・やっと、『S.I.C』でのキンタロスの発売アナウンスがありました。
同梱のライダーはガオウ。敵ライダーとは盲点でしたねー。
5月発売予定で定価6,825円。両方ともボリュームのあるキャラですからね、定価も高くなろうってモンですが・・・ちょいと高すぎますね。とはいえ、他ならぬキンちゃんなので買いますがw
TV版では残るはウイングフォームとジークだけ。セットで出るのか、イベント販売品となるのか・・・。
ここまできたらNEW電王&テディやら幽汽×2やらも出して電王コンプリートしてほしいくらい。あとはミニ電王をどうするかが問題ですかねぇ(笑)
・・・あっと、そろそろ『S.H.Figuarts』の幽汽も注文しておかないと。

そんな『S.H.Figuarts』、先日の記事でカブトハイパーモードを期待していましたが、発表された新作はBlackでした。ちょっと前に『装着変身』でリリースされてはいますが、好きなライダーなので素直に喜びたいと思います。
ついでにRX、ロボライダー、バイオライダーといったバリエーションも出してくれるとありがたいですね。特にロボライダー。

他には『ROBOT魂』でオーガンダムが発表されています。
今更感は否めませんが、プラキットはプロモーションアイテムでしか存在しないので、立体物が欲しい人には朗報なのではないでしょうか。絡ませる相手は刹那くらいしかいませんが(苦笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.02

兎追いし売り場の山

ミニダンボーの二次生産分の予約が始まったようですね。
初回版との違いはパッケージと付属のリボコンテナのみ。コレクター泣かせの仕様です。
初回版は購入しましたが・・・さて、二次出荷版はどうしようかな。1,000円だから買ってしまってもいいんですけど、1個だと送料がかかるからなぁ・・・さすがに2つも買う必要ないし。
まぁ暫くは売り切れることもないでしょうからゆっくり考えるとしますか。

『リボルテック』といえば、先週末に『フロイライン』シリーズのバニーハルヒが発売されました。
今となってはハルヒフィギュアなど珍しくもないし、どうせ山ほど生産するからダブついてすぐにワゴンセールだろうと高をくくっていましたが、意外と順調に売れているようで。アンバランスな体型の上、汎用性もないボディでこれだけ売れるなんて、ハルヒ人気おそるべし、というところでしょうか。
制服版ハルヒが付属しているWiiのゲームについてはだいぶ余っているようですがね。
バニーはともかく、制服版は安くなったら買ってもいいかなと思います。NT付録の胸像が活用できますから。半額程度では手を出しませんけど。


一方、『figma』の「figmaサイクルキャンペーン」についても詳細の発表がありました
2/4からキャンペーンが展開されるとのこと。
ただ、3色揃えるには最低2体は買わなきゃいけないわけですが・・・。
まぁ全部集めなきゃいけないわけでもありませんから無理に買うこともないんですけどね。とりあえず「ワンホビ9」は覗いてみるつもりなので1台は貰えると思いますし。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.01

#17 散りゆく光の中で

『機動戦士ガンダム00』 2ndシーズン 第17話「散りゆく光の中で」。
ついに荒熊さん死亡。
しかしそれ以上にインパクトが強かったのはイデオンソード。ズルいよ。
00→∞、無限力ということでしょうか。
となるとやはり最後は・・・。

・・・まぁそれはともかく、1stシーズンでデュナメスによる超高高度射撃を行なったのに、後継機たるケルディムの出番がないっていうのはどうなのかと。実際、ケルディムの射撃能力って今一つ優れているようには見えないんですよねぇ・・・。
射程に関しては恐らくセラヴィーやダブルオーライザーもそれほど変わらないように見えますし、出力は明らかにケルディムが劣ってます。ビームを収束しての精密射撃という点ではメメントモリの1回だけしか見せ場がないという体たらく。どっちかというとシールドビットのほうが印象に残ります(前回のメメントモリ攻略もダブルオーライザーでよかったような・・・?)。
もっとも、大気圏内での飛行速度以外には何も取柄のないアリオスよりはよっぽどいいんですがね。
今回は出力も足りず、オプション兵装も用意できなかった、ということにしておきましょうか。
でもどんどんガンダムのコンセプトは薄れていってますよね。1stシーズンでもあってないようなものでしたけど。

「守るための戦いだ」は完全に詭弁ですよねぇ。
これで沙慈はダブルオーライザーの生体部品となってしまいました。デヴァイサーとしてCBに正式加入というところでしょうか。

次回は劇中で4ヶ月が経過とのこと。果たしてナレーションは誰がやる世界はどう変わっているのやら。



---------------------------------
『仮面ライダーディケイド』は第2回が放送。
主人公の下手さ加減には泣けてきますね・・・。
どうも形だけでやろうとしているように見えます。いけませんなぁ。

そして別物だとはわかっていても、クウガの戦い方には違和感が否めません。
更にクウガの世界には「仮面ライダー」という概念もないので、台詞の中に出てくると違和感は増すばかり。
作品としては結構面白いんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (16)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »