« #08 無垢なる歪み | トップページ | 数千円払って行くイベントではないような・・・? »

2008.11.24

チャイナ買っちゃいな

Em_mech_china_00メガハウスのメカチャイナさん、買ってきました。

一般商品としてチャイナさんが、ソル・インターナショナル限定流通商品としてメカチャイナさんが、それぞれ発売されました。どちらも鶴田謙二氏の描くチャイナさんのイメージを忠実に立体化している、非常にクオリティの高い逸品です。
・・・が、出来が良いとはいえ、両方買う余裕はなく、行動圏内ではチャイナさんはあまり値下がりしなかったので、メカチャイナさんのみの購入です。3.500円。いつか安く売っているのを見つけたらチャイナさんも買っておきたいとは思います。

基本的な造型はチャイナさんと一緒(着衣と茶器の色、表情が変わっています。キャストオフした中身も若干違いますがw)です。Biting Angleさんで紹介記事が掲載されていますので、詳細はそちらをご覧ください(笑)

フィギュアには「天回」の文字を配した台座が付いていますが、台座がなくても茶器を持った状態で自立します。バランス取るの大変ですけどw
飾っておく場合は接着するか両面テープなどで固定しておいたほうがいいでしょうね。

最近のフィギュアはキャストオフ機能が標準になりつつありますが、脱がすのが前提なら最初から裸の状態で売ればいい気がするんですけどねェ・・・。「脱がす」ことを楽しむならドールなんかで着せ替えを楽しめばいいわけで。
固定ポーズのフィギュアに衣服のキャストオフは邪魔以外の何者でもありません。パーツの接合が甘くなりますからね。
チャイナさんにしても養生のビニールがチャイナドレスの下に取り付けられているので1度は脱がさないといけません。脱がした後は着せるのが大変でね、チャイナドレスの隙間がくっつきません。一体成形にしてくれたほうがどんなに良かったか。
もっとも、青の零号さんが仰っているようにチャイナさんは「裸体が標準装備であたり前」なので商品の仕様としては正しいのかもしれませんが(苦笑)



さて、昨日はガンダム関連の商品の記事でしたので、今日はそれ以外。
今月のホビー誌からの物欲追加アイテムです。
-------------------
アルファオメガ ネコ娘
3月発売予定 6,090円 
今期の鬼太郎も面白いですが、まさかのネコ娘立体化。
造型:爪塚ヒロユキ、製造:アルター、となればクオリティは折り紙つきです。問題は価格。800円くらいのコレクションサイズにしてくれていたら良かったんですが・・・。

マックスファクトリー 涼宮ハルヒ 激奏Ver.
3月発売予定 7,800円
爆発的に売れた制服版ハルヒに続いて、激奏版が物凄いクオリティで商品化。やっぱりこれも値段がネックなんですよね・・・。制服版は3,990円だったのに、約2倍。なんでこんなに値上げするんだか。
長門、みくるも続いて発売されるようですが、ポーズやボリューム、造型などハルヒが1番良い感じです。

ボークス the BANG
初夏発売予定 価格未定
ボークスから破裂の人形のインジェクションキット(1/100スケール)が発売されるそうです。素人にも優しいかどうかはわかりませんが、今までと違った、いわゆる「プラモデル」。ちょっと楽しみです。

ユージン SRDXD グウェンドリン
11月下旬発売予定 5,670円
『オーディンスフィア』よりグウェンドリンのアクションフィギュア。
Yujinは今1つパッとしないアイテムが多いですが、たまにクリーンヒットを出しますよね。宮沢模型限定流通版よりは通常版のほうが表情は良い感じ。
ただ、発売が今月下旬って書いてありますが・・・今週店頭に並ぶってことでしょうか・・・?

バンダイ 魂コレクターズ サジタリアス
2月発売予定 105,000円
なんと、56cmというビッグスケールで黄金聖衣のオブジェが発売されます。お値段も10万円という庶民には目玉の飛び出る価格。かつて『聖闘士聖矢』に燃えた身としては、高いところに飾っておきたい思いにとらわれます。・・・到底買えませんけどね(涙)

メガハウス 1/1超人ヘッド ロビンマスク
12/1受注開始 27,300円
ディスプレイ用ということですが、リアルスケールのマスクは魅力です。『キン肉マン』世代としては食指が動きまくります。原作カラーとアニメカラー合わせて限定600個という少数生産品。ボーナスが出ることを見越して注文したいところですが、ちょっと高いですよね・・・。
ところで、吉野家は『キン肉マン』29周年という良い時期に、すき家にライセンス権取られちゃってますね。何やってんだか。もう牛丼は用済みってコト?
-------------------
新情報で欲しいものはこんなトコでしょうか。

既出組ではメディコスの『超像可動』の承太郎とプラチナの未済色モデルが公開されています。造型的には悪くなさそうですし、メディコスなら塗装もあまり心配はありません。が、3,675円という価格に対するサイズが心配。まだ発表はありませんが、価格帯から考えると少なくとも1/144のガンプラ以上の大きさでないとキビシイところです。まぁ、よっぽどでない限りは買っちゃいますけどね。
来年1月から月1体のリリースです。

『ROBOT魂』紅蓮可翔式は5指独立可動だそうで。
できるなら何故紅蓮弐式のときからやらないかなぁ。こんな体たらくだから「これだからバンダイは・・・」って言われちゃうんですよ。

ちなみに、今月の『電撃ホビーマガジン』と『フィギュア王』でそれぞれ誌上通販される『リボルテック』のブラックキングゲイナー(正式名称は「斬」だそうです)とエンキドゥドゥですが、前者は海洋堂のホビーロビースーパーモデラーズ電撃屋ホビー館でも注文できるそうです。わざわざ普段買わない雑誌を買わなくてもOK。
今月の『電撃ホビーマガジン』は付録にガンダムラジエルのプラモが付いているので割高になってますからね。それを買わせるのかと思いきや、意外なことに角川の割には親切な仕様です。
路面店なら送料や支払い手数料が掛からないので、近くに店舗がある人はちょっと安く上がるのもいいですね。




|

« #08 無垢なる歪み | トップページ | 数千円払って行くイベントではないような・・・? »

コメント

いやぁ、ウチの記事までご紹介いただき、ありがたい限りです。
しかしメカチャイナさん3,500円は安い!
その価格なら着衣用と常時裸体用を2体買えるような(^^;。

それは冗談として、身体とドレスがこすれると色移りが起きるので
ビニールを外しっ放しにできないのは困ります。

>「これだからバンダイは・・・」
バンダイといえば、コードギアスをはじめとして
キャラ物も軒並みダメですねぇ。特にヒロイン系。

最近評価の高いフィギュアは、その多くがガレージキットの
PVC化ですけど、バンダイはガレキ関係に対しての版権が
厳しすぎるせいで、ヒット商品が生まれてくる下地まで
自分たちで潰しているんじゃないでしょうか?
切磋琢磨がないと、作品が淘汰されていかないですしねぇ。

TYPE-MOON作品や初音ミクでは良作が続いてるのが
対照的な実例だと思うのですが・・・。

投稿: 青の零号 | 2008.11.26 23:10

青さん、どうもこんにちはー。
常時裸体って何ですか!それはただのエロフィギュアなんじゃ・・・?

>ビニールを外しっ放しにできない
ありゃ。私、外しっ放しにしてあるんですけどマズかったですかねぇ・・・?どうせ脱がさないからいかなという気も無きにしも非ず。

>キャラ物も軒並みダメですねぇ
特にベンダー事業部の商品のクオリティは酷すぎます。系列会社は結構頑張っているんですけどねぇ・・・。

>ガレキ関係に対しての版権が厳しすぎる
ですねぇ。
B-CLUBの商品にしてもロボットはともかくとして人物は結構終わってる感じもしますし。

投稿: 姫鷲 | 2008.11.27 06:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイナ買っちゃいな:

» 真・チャイナさんの逆襲 [Biting Angle]
鶴田謙二の名作SFマンガ「チャイナさんの憂鬱」のヒロイン、チャイナさんが メガハウスからフィギュア化されました。 発売されたのは先月のことですが、一ヶ月たって値段も下がってきたところで 我が家にも一体お招きしてみました。 最近ではCOMICリュウの『おもいでエマノン』や、『スカイ・クロラ』シリーズの イラストなどで知られている鶴田氏ですが、年季の入ったファンにとってはこの チャイナさんシリーズこそ、鶴謙の代表作(のはず)。 私も鶴田氏最初の単行本(「The」がついてたころの『Spirit of... [続きを読む]

受信: 2008.11.26 22:32

« #08 無垢なる歪み | トップページ | 数千円払って行くイベントではないような・・・? »