« 承太郎キター! | トップページ | 私でお金は動く »

2008.10.19

#03 アレルヤ奪還作戦

『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズン第3話「アレルヤ奪還作戦」。
万能潜水艦再び。ミレイナに「大胆」と言わしめた作戦は、先ず艦艇で衛星軌道上から海面へ体当たり。そして無人機を施設に体当たりさせるという、1歩間違えばトレミークルー全滅やアレルヤ轢死の危険を孕んだものでした。
・・・傷心の折、いきなり「救出作戦を立てろ」という無体な要求をされて、無理心中するつもりで立てた作戦だったりしてw

「戦術予報士」という名称を使ってはいても、何のことはない「戦術家」なんですよね。わざわざ違う名称にしたんだから”予報士”らしいことをやってほしいところ。前期は名称の目新しさだけで終わってしまいましたからね。
立案する戦術としては彼我の戦力差が大きい分、奇計になってしまうのは仕方ありませんが、「結果ありき」で作ってるせいか、施設内での救出手順はかなりいい加減。派手な突入に目を向けさせる相手は連邦の軍人ではなくて視聴者であったりするわけで・・・。

トレミーIIにしても、あれだけ強力なフィールドを張れるなら、V-MAXよろしく敵艦に体当たりする戦法も取れそうな気がします。今後の戦闘で目にすることもあるんでしょうか。

ともあれ、今回改めてティエレンのカッコ良さを再認識。やっぱいいなぁティエレン。地球製のMSってイマイチ好きになれないんですけど、人革さんの機体だけは別。泥臭いところが好きです。ファントンとかね。
MSのデザインはどんどんダメなほうに行っているので(武者アヘッドとか最悪)、そろそろ軌道修正してほしいところです。
何がいけないかって、カテゴリー的に「スーパーロボット」になりつつあるところです。環境を問わずに活動できる母艦とロボット、一撃必殺のエネルギー兵器、これで合体なんかしちゃったらもう完璧。
主人公サイドの組織で量産機を運用しないからこういうことになってるんですよね・・・その点は種も同じ。

まぁ何だかんだ言いつつも、3話までは面白く見られています。勿体ぶったストーリー展開を廃して視覚的に楽しめる箇所を増やしているのが良いのかと思います。
ガンダムの運用については・・・そのうちまたグダグダになりそうな予感。絶対数が少ないから全機一斉に出撃して対応するしかなくなるんじゃないですかねぇ・・・。そうなると前期同様ガンダムの個々のコンセプトなんてどうでもいいわけで。アリオスの飛行形態なんてその最たるものだと思うんですがねェ。

それにしても、4年間拘束されっぱなしのアレルヤの筋肉が全然萎えていないところがオドロキです。超兵恐るべし。

|

« 承太郎キター! | トップページ | 私でお金は動く »

コメント

ついにタイトルまで一色になりましたねw
いつまで維持できるかわかりませんが、息切れせずに頑張ってほしいものですね。ギアスが良い意味で刺激になっていると思いたいです。
EDあとが意外と気に入ってます。毎回アバンがその続き・・というのは微妙ですが。

投稿: たいむ | 2008.10.20 16:42

たいむさん、こんにちは。

>EDあと
少しでも連続感を出そうという意図なのかもしれませんね。ただ、毎回これをやると次回への引きが弱くなっちゃう可能性もあるわけで・・・。上手いこと構成してほしいところです。

『アイアンマン』では冒頭に、エンディング後に次回への布石があるから席を立たないように、とのテロップが出たのには参りました。ああいう最悪なことだけは勘弁してほしいものです。

投稿: 姫鷲 | 2008.10.20 22:01

こんばんわ~。
>ミレイナに「大胆」と言わしめた作戦
水蒸気をビーム攪乱幕がわりにするというのは一見よさげですが
ロックオンの狙撃には間違いなく邪魔なはず。
まあそもそもあの質量が海面に突っ込んだら、周囲への被害は
あの程度じゃ済まない気もするんですが。

>わざわざ違う名称にしたんだから”予報士”らしいことをやってほしいところ。
先読みの要素がほとんどないから「予報」にならないんですよね。
ま、よく外れるから「戦術家」ではなく「予報士」どまりなのかも。

>MSのデザインはどんどんダメなほうに行っている
最近のMSは武器らしさがどんどん失われてますよね。
「新世代のガンダム」じゃなくて、「新世代のMS」とはどういうものか
コンセプトから考え直すべき時期でしょう。

>カテゴリー的に「スーパーロボット」になりつつある
ベースがガンダムWだと考えれば、ガンダムの異常な強さも
納得できますが、あれは各ガンダムが後方支援もなしに
単騎で戦ってたこそ、さまになってたわけで。(サンドロックは例外)

あと敵方にゼクスやトレーズのようなカリスマ型のライバルがいないのも
厳しいところです。
彼らはライバルであり、主人公たちを鍛える先輩でもあるのですが、
変態仮面と元アムロ・レイはそういう役回りじゃないですからね。
アリーなんかは単なる戦争屋ですし。

>4年間拘束されっぱなしのアレルヤの筋肉が全然萎えていない
目の下に隈つくっただけに見えましたからね~。
ひょっとして波紋使いだったりして。
だったら寝なくてもトイレ行かなくても大丈夫ですし(^^;。

投稿: 青の零号 | 2008.10.20 23:02

青の零号さん、こんにちは。

>周囲への被害はあの程度じゃ済まない
そこがGN粒子マジック。ご都合主義の便利テクノロジーですから何でもアリです。『00』は「謎」である部分では何をやってもいいと思ってる節があるのがいただけません。

>コンセプトから考え直すべき時期
単純にスーパーロボットを作るんだったら別の作品として作ってくれたほうが好感が持てます。「ガンダム」シリーズだからこそできることというものがあるはずなんですけどね、数字取るためだけに名前を利用しているように見えたら終わりです。

>カリスマ型のライバルがいない
単なる作戦上の障害としてしか機能していませんからね、ストーリー上の障害にもなってないのは欲張って最初から何人も登場させちゃったせいでしょう。
だから結局戦闘シーンがないとつまらない作品になっちゃってるんですよね。

>ひょっとして波紋使い
どちらかというと人工吸血鬼じゃないですか。紫外線を当たられて動きを封じられていても、照射装置が壊れてしまえば元通り動き出す・・・。
超兵研究機関は子供を拉致って来て石仮面を被せたり肉の芽を植えつけたりしてたんですよ。

投稿: 姫鷲 | 2008.10.21 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #03 アレルヤ奪還作戦:

» 機動戦士ガンダム00 2nd.(#03) [たいむのひとりごと]
第3話:「アレルヤ奪還作戦」「俺の願いは戦いの中でしか叶えられない。」「なぜ泣く?」・・・なんだか”相良宗介”が入ってる刹那な気がするんだけどー?(^^;。リボンズの画策といえアレルヤと同じ場所に収監... [続きを読む]

受信: 2008.10.20 16:37

» 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第3話「アレルヤ奪還作戦」 [アニメのストーリーと感想]
 カタロン掃討作戦に武力介入したガンダムの存在は、アロウズ司令官ホーマー・カタギリーに組織に精鋭を招集する事を決断させた。そのメンバーは、かつてガンダムと戦った元AEUの大佐カティ・マネキン。元人革連の超兵ソーマ・ピーリスとセルゲイの息子アンドレイ・スミル... [続きを読む]

受信: 2008.10.20 21:28

» ガンダムチーム、早くも復活 [Biting Angle]
00ガンダム2nd第3話、「アレルヤ救出作戦」。 マリナ姫はやっぱりアレルヤと同じ施設にブチこまれてました。 理由は4年前に刹那と接触していたからということですが、強行突入で身柄を 押さえたわりには、ずいぶんつまらない理由です。 ブチこんだわりには尋問とかもないようだし。というか、単に収監しただけ? 拘束エスパーのアレルヤ君に会いに来たのは、お約束どおりソーマちんでした。 彼女を前にして「マリー、生きてたんだね」と喜ぶアレルヤですが、かつての もう一人の人格であるハレルヤからは一切反応なし。 頭部... [続きを読む]

受信: 2008.10.20 23:03

» (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第3話 「アレルヤ奪還作戦」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アレルヤは反政府勢力収監施設に拘束されていた。尋問に立ち会うピ―リスに、アレルヤは「マリ―」へと呼びかけるがその声は届かない。アレルヤが収監施設に捕らえられていることを知ったプトレマイオスクル―。ソレスタルビ―イン...... [続きを読む]

受信: 2008.10.21 00:06

» 「機動戦士ガンダムOO」2nd 第3話感想。 [salty blog]
機動戦士ガンダム00(ダブルオー)セカンドシーズン 第3話「アレルヤ奪還作戦」 題名どおり、アレルヤを救出するお話。 マリナ姫もアレルヤ... [続きを読む]

受信: 2008.10.22 21:31

« 承太郎キター! | トップページ | 私でお金は動く »