« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.31

巫女より変形ロボ

今日はハロウィン。・・・というわけでもありませんが、職場の人と飲み会でした。
自社の人ではなくて「職場の人」。相変わらず自分の会社の人との付き合いは殆どありません(苦笑)
ひとしきり飲んだ後は二次会でカラオケだったのですが・・・5人で2時間じゃ全然歌った気になりません。まぁ普通はそんなモンなんでしょうけどね。


さて、11/1から『ねんどろいどぷち らき☆すた お年賀セット』の受注が始まるそうです。夏の『ハルヒ お中元セット』も凄い人気でしたから、今回も争奪戦になることでしょう。
夏の3倍強の10,000セットが販売されるとのことですが、3,000円クラスの人気トレーディングフィギュアに10,000個なんて少ない少ない。ホビーイベントの会場限定商品ならば十分すぎる量ですが、全国展開の商品となると、欲しい人全てに行き渡ることはないはずです。でも出荷量が多いから転がそうとしてもそれなりの値段にしかならないでしょうけど。

『お中元セット』はセット内容自体がつまらないものでしたからスルーしましたが、今回はなかなか良さ気でしたので、注文しようかとも思ったのですが・・・メールをチェックしたら願望百貨店トイホビマーケットで『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』の限定品販売の報が!
前者はスラスト、後者はダージ。先に初配されたラムジェットと併せて新生ジェットロン軍団の完成です。ジェットロンはスタースクリーム率いるオリジナルのほうが好きなんですけどね、ヘタレっぷりがw

・・・というわけで、『お年賀セット』もスルー。
『らき☆すた』もどちらかというと「名前しか知らない作品」ですから。軍資金もピンチなので両方という選択肢はありません。最近は買い逃しが多いからと予約しまくっていたら結構エラいことになってるんですよね・・・(汗)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.30

前回の放送は宣伝効果抜群でした

使い勝手の良いバッグが欲しくなりました。
いつも余計なものばかり買って、実用的なものには金をかけないのですが、ここ数年、外出の機会も増えているのでね、買っておくのもいいかな、と。勿論高いブランド物である必要もありません。・・・まぁブランドバッグは高いだけあって丈夫ですけどね。


さて、いつまでも迷走(暴走?)し続けている名護さん@仮面ライダーキバですが、今年の『てれびくん』応募者全員サービスDVDは名護さん指導による”イクササイズ”だそうです。劇中で着ていた「753」Tシャツも、同じものが東映ヒーローネットから発売されますし、もう誰が主人公なんだかわかりませんナ。当然、劇中で光ってるのも名護さん。小物っぷりがたまりません。・・・もっとも、あれ以上やるとくどくなりすぎちゃいますけどね。
その最たる例が、渡の周りをチョロチョロしている小娘(未だに名前覚えてませんw)。アイツが出てくると一気につまらなくなります。特にストーリーにもかかわっていないし、今ならフェードアウトしても誰も気づかないんじゃないかな(苦笑)

ダークキバが登場して、玩具もそちらにシフト。10月も終わろうとしている今となっては放送期間もあと僅かですから当然ではあるんですが・・・結局放送中に『装着変身』または『S.H.Figuarts』でイクサがリリースされることはなさそうです。
『電王』のような人気は『キバ』にはないので、放送終了後でもリリースされるのかは非常に不安。ライジングは要らないので白いイクサだけでも出して欲しいところですが・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.29

たかだかペン1本で

先日、DSのスタイラスがなくなっていることに気づき、買いに行ってきたわけですが・・・いざ取り付けようとすると本体のスロットより一回り太いことが判明。どうやらDS-Lite用のものは旧DSとの互換性はないようです。
迂闊・・・というか、もう既に店頭にはLite用のものしか置いていませんので選択の仕様もありません。旧本体とはいえまだまだ現役なのに、こんなくだらないところで躓くとは思いませんでした。スタイラスのために本体を買い替えるのもバカバカしいですし。
勿論、性能を考えると買い替えたほうがいいんですがね。晴れた日の昼間なんて外でプレイできないし。用途としては外出時の暇潰しなので外で遊びづらいというのは致命的ですから。
いま買うとなればDSiなんですが・・・。まぁ当面は騙し騙し使うにしても、本体に収納できないんじゃ、またすぐにスタイラスの紛失が起こりそうです。安いものだとはいっても、そう何度も購入しているとコストも馬鹿にできなくなてきますからね、困ったものです。


さて、発売も間近に迫った『レッスルエンジェルス サバイバー2』。今週のファミ通での評価は平均5.5でした。
まぁそんなものでしょうね。一般受けはしないゲームですから。試合中の演出だけでもガラッと変えれば評価もまた変わってくるんでしょうケド。
私としても購入の決め手がなく、まだ悩み中。コンシューマー機で『レッスルエンジェルス』をプレイするなら前作だけでも充分ですし。ただ、今作は選手の育成がしやすくなっているというので購入のキモはそのあたりでしょうかねぇ。イベントも増加してはいるようですが、もともとイベントを楽しむためのゲームではありませんし・・・。
DSを買い替えるとなれば確実にスルーするところではありますが・・・うむぅ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.28

風が呼んでるぜ!

某悪役レスラー養成所で、今日からポイント交換の景品に『シグルイ』の藤木源之助フィギュアが追加ということで、交換に出向いたら、Web限定でした(涙)珍しく欲しい物が出たと思ったのに・・・。
こうしてまたポイントはお蔵入りとなるのでした。無念。

Va_kingsccasher_00

さて、ネットではミスター・ブシドーが人々の関心を集めている中、サムライオンに変形するロボットを買ってきました。メガハウスの『ヴァリアブルアクション キングスカッシャー』。
完成品プラモデルといった態の商品ではありますが、定価は5,250円となかなか侮れません。でもかなり売れているようで、店頭では2店舗で1個ずつしか確認できませんでした。確かにカッコイイし、守護騎士のプロポーションを維持しつつ変形できるような玩具はありませんでしたからね。ファンなら欲しくなること間違いなしのアイテムです。
かく言う私も『NG騎士 ラムネ&40』は大好きで、放送当時はムック本を買うくらいしか小遣いはありませんでしたから、今こうしてアクションフィギュアが発売されるのは嬉しい限りです。割高感があるのは否めませんが、眺めているだけで顔が綻ぶアイテムです。
今後の発売が決まっているクイーンサイダロンの姿もイベントで既に拝んでおり、出来の良さは確認していますので、発売が楽しみでなりません。
できれば他のキャラも出して欲しいですね。セイロームとか好きなので、是非。今の技術ならブレンドンもプロポーションを崩さずに合体できそうですし、守護騎士を全員揃えて並べてみたいです。

いつの間にか出ていたキングスカッシャーですが(一昨日は無かったので、昨日か今日)、同じメガハウスの『エクセレントモデル』のチャイナさんも発売されていました。軍資金に余裕がなくてスルーしたものの、メカチャイナさんは買っておきたかったです。限定流通なのでどこでも手に入るというわけでもありませんし、おそらく1/8クラスのスケールで立体化されるのは最初で最後でしょうでし・・・。
一般流通の、青チャイナを着たチャイナさんもかなり売れているようで、確認できたのはごく僅か。キングスカッシャーほど少なくはなかったのは作品自体がマイナーメジャーだからでしょうか。

「キャストオフが可能であるから」売れているのではないと信じたいところですが・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.27

番組は終わっているので急いで買う必要もなし

角川書店より『コードギアスR2』の公式ガイドブックが発売されています。
前作同様1,260円という安価でのリリース。構成もほぼ同じです。ストーリーを追うのには手ごろな一冊。
但し、カラー資料が充実していないのも前作と一緒。『電撃データコレクション』を買えということなんでしょうね、上手い商売ですナ。
サザーランド・ジークにしても資料は殆どありませんし・・・結局、前期と同じくいずれ発売されるであろう徳間書店のガイドブックでないと充分な資料にはなりそうにありません。
最近の傾向として、角川は単価の安いくて内容の薄い資料を複数の媒体で出しますから手を出さないほうが得策なのかもしれませんね。結果的に後発の他社資料を買ったほうが安く上がることもありますし。
DVDが全部リリースされた後に、通期の解説本も発売されそうな気もします。


さて、番組が終わって初めて気づいたのが、「暁 直参仕様 C.C.専用カラー」なる機体が存在したということ。ランスロット・フロンティアのような派手なピンクではなく薄紫なので何となく見落としていたのかもしれません。
劇中に登場した機体を全て立体化すると豪語している『ROBOT魂』シリーズでは、こんなのも立体化されるんでしょうか・・・?
ボートマンやガン・ルゥ、雷光なんてのもありますしね、出しても売れないであろう物まで作ってくれるようなら心意気だけは評価したいと思いますが・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.26

#04 戦う理由

『機動戦士ガンダム00』2ndシーズン第4話「戦う理由」。
酒呑んでダラダラする生活を2年も続けてれば太らないわけもなく・・・制服が小さいのは至極当然。

4話にして早くも息切れしてきた感じですね。予定調和の消化だけで終わってしまいました。
水中戦も全然面白くなかったし。
この作品にはピンチのときの緊張感とかって期待しちゃいけないんでしょうか。

新型MAは『ガンダムX』で見たようなデザイン。強いのか弱いのかイマイチわかりませんでした。艦船相手に優位なのは当然だし、ガンダム4機にフクロにされれば負けるのもまた当然。
そのガンダムにしてもトランザムの有り難味が全然なくなってきてますし・・・もうすでに通常機能と化しているように見えます。界王拳と同じ道を辿りつつありますね。
トランザム使用後の行動不能時間もなくなっているみたいだし。もしかして途中で止めればペナルティなし?
人、それを「インチキ」という・・・。

ついに動き出した武者アヘッドに乗っていたのは・・・ゼロ専用無頼。デザインの被りっぷりに泣けてきます。
それにしても、ホントに「ミスター・ブシドー」とはね。このネーミングセンスには失笑を禁じえませんナ。自分から名乗っているなら噴飯ものです。ジャンル的には覆面レスラーの名前ですよ。仮面の男=マスクマン・・・あながち間違ってはいませんけどw
日本かぶれの変人を揶揄している呼称と思いたいとこr・・・そうか、これが「生き恥」か!(えー

アリオスガンダム、アップで見るとカッコ悪いですねー。
昨日発売になった『ROBOT魂』のアリオスは眼の部分の造形が酷くてね・・・全体的な塗装は悪くなかったんですが、何となくカッコ悪く感じて買うのをやめたんですが、造形のせいではなくデザイン自体がダメなようです。
もっとも、今期のガンダム4機はみんな微妙ではあるんですが・・・。





| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008.10.25

獄長が全部持っていった感じ

リボルテックエキスポ'08」へ行ってきました。
前回、延々と待たされましたので1時間ほど前に行ったのですが、瀬無さんが物好きにも同行を申し出てくれましたので退屈せずに済みました。有難うございます>瀬無さん
さすがに1時間も前だとそれほど人も多くなく、ちょっと早く行き過ぎた感じですね。それでも徐々に並ぶ人は増えていき、結局は予定より15分早い開場となりました。

入口の前では現在鋭意展開中の『リボルテックSFO』がお出迎え。
既にホビー誌でも新作のザンギエフと梅超風は発表されていますので、特に目新しい情報はナシ。写真もナシw
ザンギは何かのネタに使えそうですので買おうかとは思ってます。が、梅超風はイメージと全然違うので・・・どうしようかな。

Rev_pre_uighur_00 隣のケースには一際大きく目を引くウィグル獄長の姿が。
見た人が口々に「ウィグル獄長だ!」というのを聞いて、「”獄長”は付けるんですねw」という瀬無さんの言葉に笑ってしまいました。確かに商品名には「ウィグル」としか書いてませんから、知らなきゃ付けません(笑)
いや、でも「ウィグル」は「ウィグル獄長」ですよね。「ハート様」も同様w

他にも新作としてラオウやファルコ、サウザー、ジュウザ、シュウの彩色版が展示されていましたが、南斗の連中はみんな顔の造形が死んでます。気合の欠片も感じられません。
彩色前は期待していたんですがねェ・・・。ケンシロウも色が付いたら大したことなかったし。
顔が良くできているのはアミバだけですね。アミバは購入するつもりです。あとジャギ。ジード団はネタで使えそうなので、どこかで安売りしていたら手を出したいと思います。
ウィグル獄長は・・・ケンシロウを持っていないのにコイツだけ持ってても仕方がないような気がしないでもありませんが・・・さて、どうしよう。



今月のホビー誌で発表のあった『クイーンズブレイド』は撮影禁止。
Wiiのゲームに特典として付属するハルヒに続いて展開されるみくるや長門も展示はされていましたが、撮影禁止。
前回は全部撮影OKだったのに、つまらない限りですナ。
先だってほのめかされていた『エイリアン』のエイリアンは撮影OKだったんですけど・・・大きなものしか目が行かず、肝心のレギュラーサイズ版の写真を撮ってきてませんでした(汗)まったく、何やってんだか。
ただ、そもそもエイリアンなんて売れるんですかねぇ・・・?プレデターだったら買う気はあるんですが・・・いや、そう考えると「エイリアンなら」って人もいるのかもしれませんね。

Rev_pre_blkoverman_00 気になっていたブラックオーバーマンは彩色版見本が展示されていました。かなりイイ感じです。ヤーパン風のいでたちですが、どこかの武者とは大違いw
販売形態は予想通り、連載していた『電撃ホビーマガジン』の誌上通販。来月発売の12月号で案内されるようです。

キングゲイナー自体、初期の『リボルテック』の立役者ともなったアイテムですから、3rdステージの起点となるには丁度良いのかもしれませんね。

心配なのは塗装クオリティ。なにぶん情報量が多いので、最近のレギュラーシリーズの出来を考えると、見本のクオリティを維持できるのか不安になってきます。
塗り分けなきゃいけない部分が少ないのが救いかな。
商品が届いた後に落胆、ということにならないことを願うばかりです。



Rev_pre_enkideuxdeux_00 もう1つ、写真の公開だけされて放置状態だったエンキドゥドゥも展示されていました。
こちらは『フィギュア王』誌上通販限定販売。ブラックオーバーマン同様、12月号で案内があるそうです。


・・・今回もかなりの人出でした。写真を撮る以前に、移動するのも一苦労。その割にはあまり見るところもなく、ちょっとガッカリでした。既出情報が多かったせいもあるんでしょうけど、もうちょっと盛り上げて欲しかったですね。
物販も活気がないし、メインに据えてるはずのアッセンブルボーグにしても今1つ盛り上がりに欠けていました。実際、アッセンブルボーグの展示ケースの裏側は完全にスカスカの通路になってましたしね。アッセンブルボーグの予約受付ブースをダンボーミニやらハルヒやらの展示ケースの前でなんかにしないで、アッセンブルボーグを展示している側に配置にすべきだったんじゃないでしょうかねぇ。



・・・とまぁひとしきり見終わった後は、ジュネスでお買い物(嘘)

Offshoot_burai_01

ジュネスの記念品(笑)を購入しつつ、新商品の『IN ACTION!! OFFSHOOT KMF無頼』を購入して終了。某所で1,000円でしたのでね、3体ほど仕入れてきました。これで小隊が組めます。1体は玉城機でw
残念ながらWeb通販限定のグラスゴーはまだ届いておりませんので武装の流用はできず。ハンドキャノンがあると良かったんですが。
四聖剣の月下なり暁なりが出たときもこのくらいの値段で販売してくれれば全員分買えるんですけどね・・・。

そして、アキバに出たついでに、メッセさんオーで『レッスルエンジェルスサバイバー2』を予約してこようとしたんですが、既に予約は締め切られていました。・・・無念。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.10.24

映画はまだ公開中なのに・・・

気づけば『figma』の鶴屋さんが発売されていました。
『ハルヒ』自体がゲームでしか知らないので、発売することだけしか認識していなかったのですが、いざ実物を見てみると、笑顔がかなり良いですねー。ちょっと欲しくなりました。
一応、ゲーム中に登場するキャラの中では一番マトモに台詞が聞けたキャラではありました。みくるはなんかキャラ作ってる感じだし、長門はボソボソとしか喋らないし、ハルヒはキンキンうるさいし・・・。そんなわけで、私の中では好感度は高いんですが、何しろ動いているところを見たことがないので全て「活躍想像図」になってしまいますのがネックなんですよね・・・。
結局、よく知らないキャラを不用意に増やしても仕方ないということで一旦スルー。


代わりに(?)『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮編 オフィシャルファンブック ”熱きアニキの血潮本”』を買ってきました。
1,800円と、なかなかイイお値段ではありますが、ビジュアルが豊富で、ストーリーを追うには丁度良い一冊です。解説本ではないのでキャスト・スタッフインタビュー等は少なめ。「ファンブック」というにもちょっと怪しいかな。ある意味「カミナのファンブック」。コメント・イラストは殆どカミナ追悼ですからね。
損をしたとは思いませんが、解説本は別途購入するのが良さそうです。『螺巌編』と併せたものが出る・・・かな?まぁ、無理に買う必要もないんですけどネ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.23

予約すべきか待つべきか・・・。

気づくと発売まで半月となっていました『レッスルエンジェルス サバイバー2』。
ショップ予約特典情報が出揃ってから予約しようと思っているうちにすっかり忘れていました。不覚。

・・・で、今週のゲーム誌で気づかされたわけですが、永原か理宇の特典でも、と思うと選択肢はメッセサンオーしか選択肢はなかったり。しかもWebサイトでは受注が締切られていたりします。路面店では受け付けてくれるんでしょうか。
予約特典としては各ショップともテレカと店舗毎に異なるボイスCD。意外とテレカで選んじゃうとボイスCDが外れたりする可能性もありますね。難しいところです。AmazonだけはボイスCDのみでテレカなし。しかもCDは外人勢のイラストが使われてますから、外人レスラー編なのでしょう。なかなか豪気ですw
メーカーの早期購入特典としてもボイスCDが付きますから、ここはどこか安い店で妥協してしまってもいいのかな・・・どれだけ聴くかわからないし。となると、通常版でもいいわけで・・・って妥協し始めるとBest版が出るまで待つのが正解のような気もしてきました(苦笑)
さて、どうしよう。


一方、今日は11月中旬発売予定の、『GUNDAM WAR』の新作エキスパンション「戦場の女神2」を予約しに行ったものの、まだ受け付けてくれませんでした。これも気づくと発売されていそうで怖いです。まぁ別に出たからってすぐに買わないといけないわけでもありませんがね。
先の「戦場の女神+」のラクス(コマンド「慈愛の眼差し」)のように高騰するカードが出てきちゃったりする危険があるくらい。反面、暴落するカードが出てきたりもするので、一長一短ではあります。

今回の目当てはソシエのイラストのレアGカード。勿論、箱で買うので入手できないことはないでしょう。でも使うことを前提に考えると複数手に入れておかないといけません。キャラ人気はともかく、羽音たらく氏のイラストだからそれなりに需要はありそうですが・・・?
「戦場の女神2」ではキャライラストに人気作家のイラストが使用されているので、どちらかというとヲタク向きでしょうねぇ。MSはともかく、キャラクターはあまりアレンジされても自分のイメージと異なる場合もあるでしょうし、そういうときは知らない作家が描いていると腹が立ったりしますからね。

とりあえず、七瀬葵がどのキャラを描くのかも気になります。場合によっては複数買いですかねぇ。

-------------------------------
[追記]
どうも七瀬葵先生が描くのはラクスらしいですね・・・これは高騰するだろうなぁ。
加えて、グラビアGカードは10thレアと同様、コモンの代わりに入っているとか。10thレアって1BOXに1枚しか入っていないんですよねぇ・・・。
グラビアGは8種類。同様の比率での封入だとすると、とんでもないことになりそうです(涙)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.22

どうせならナイトポリスも出しちゃえばいいのに

案の定、魂Web商店での限定販売となりました。『IN ACTION!! OFFSHOOT』、カレン専用のグラスゴーと無頼。コンパチ仕様で10/25から受注開始です。
同時にセシルさんのサザーランド・エアも受注開始。グラスゴー/無頼が2,625円、サザーランド・エアが3,000円。割引がない上に送料手数料がかかるのが痛いですねー。でも買いますけどw
そろそろ『ROBOT魂』シリーズに移行しますから『IN ACTION!! OFFSHOOT』での(手元に届く時期としての)ラストリリースアイテムとなるんでしょうか。
第1シーズンのKMFは『IN ACTION!! OFFSHOOT』で全部リリースするのかな?

ノーマルの無頼とゼロ用無頼は今週末発売。藤堂機は来月発売です。そしてガウェインは12月発売予定。
放送が終わってからアイテムが充実するというのも皮肉なモンですナ。続編でも放送してくれればまた違うんですけど、それはそれで続編ができること自体が微妙ですし・・・。
まぁとりあえず商品自体は楽しみなので、気にせず発売を待ちます。

ちなみにサザーランド可翔式の受注期間は来週の月曜まで。
このブログを見ている人はごく僅かですが、注文し忘れている人はお早めに。

・・・この流れだと、もしかして四聖剣機も魂ウェブ商店限定品に?
どこかの雑誌の誌上限定ということもありそうではありますが・・・。




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.10.21

いろんな意味で頭が痛い

風邪をひきました。
最近朝晩は結構寒くなって来てますからね・・・窓を閉め忘れていたのは失敗でした。そもそも普段は何かしている途中で力尽きているので、布団をかけて寝る日なんて1割にも満たないんですよね。体調崩さないわけがない(苦笑)
ここ数年はずっとこんな生活。もう直らないかも。

で、喉が痛いので温かい物でも飲もうとしたら熱過ぎて口の中を火傷しました。まったく、何をやってるんだか・・・。


とりあえず今週末買うものでも注文しておきましょうかねェ。
入金は給料入ってから・・・っと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.20

私でお金は動く

今日からAmazonの『リボルテック ダンボーミニ Amazon.co.jpボックスバージョンの予約が始まっています。
1個1,000円と、買いやすい値段設定のせいか、ホビー部門では本日1位の注文数のようです。限定生産ではないようですが、普通のサイズのAmazonダンボーもプレミア価格でショーケースに並んでたりしますからね、ミニのほうもそれなりの値段で流通することになるのでしょう。
公式ブログでは二次出荷の可能性も匂わせていますから、予約するならオマケのリボコンテナが付属するうちにしておいたほうがよさそうな感じですね。

・・・まぁ実際、Amazonの箱はダンボーを作るのに向いているかというと甚だ疑問ではあるんですが、商品として成立してしまっている以上、もはや何でもアリなんでしょうね。ロゴさえ入っていればどこの店舗でも通用してしまいますからねぇ・・・。Amazonやセブンイレブンネットだけでなく、そのうち宅配業者とか引越し業者の販促商品として登場したりして。
原作には二度と登場しないように思えますが・・・。


ダンボーに続きアッセンブルボーグの商品展開もいよいよ開始されるようです。
Abbn468_60_2
武器とかビークルとかはなかなかカッコイイのでちょっと興味はあるんですよね。
でもネックとなるのが「ネット通販限定商品」だということ。割引販売が一切ないとなると、商品としてはちょっと高いんですよね。レギュラーシリーズが手ごろな値段だったうえに、玩具完全オリジナルの商品とあっては、手を出しづらいところがあります。

アッセンブルボーグが2,500円という価格帯ということは、一旦休止となるレギュラーシリーズにしても、Ver.3.0になって新展開が始まったら値上がりしているということも考えられるわけで・・・。非常に心配です。
10/25のリボルテックエキスポ'08ではその辺のこtも発表されるんでしょうか・・・?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.19

#03 アレルヤ奪還作戦

『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズン第3話「アレルヤ奪還作戦」。
万能潜水艦再び。ミレイナに「大胆」と言わしめた作戦は、先ず艦艇で衛星軌道上から海面へ体当たり。そして無人機を施設に体当たりさせるという、1歩間違えばトレミークルー全滅やアレルヤ轢死の危険を孕んだものでした。
・・・傷心の折、いきなり「救出作戦を立てろ」という無体な要求をされて、無理心中するつもりで立てた作戦だったりしてw

「戦術予報士」という名称を使ってはいても、何のことはない「戦術家」なんですよね。わざわざ違う名称にしたんだから”予報士”らしいことをやってほしいところ。前期は名称の目新しさだけで終わってしまいましたからね。
立案する戦術としては彼我の戦力差が大きい分、奇計になってしまうのは仕方ありませんが、「結果ありき」で作ってるせいか、施設内での救出手順はかなりいい加減。派手な突入に目を向けさせる相手は連邦の軍人ではなくて視聴者であったりするわけで・・・。

トレミーIIにしても、あれだけ強力なフィールドを張れるなら、V-MAXよろしく敵艦に体当たりする戦法も取れそうな気がします。今後の戦闘で目にすることもあるんでしょうか。

ともあれ、今回改めてティエレンのカッコ良さを再認識。やっぱいいなぁティエレン。地球製のMSってイマイチ好きになれないんですけど、人革さんの機体だけは別。泥臭いところが好きです。ファントンとかね。
MSのデザインはどんどんダメなほうに行っているので(武者アヘッドとか最悪)、そろそろ軌道修正してほしいところです。
何がいけないかって、カテゴリー的に「スーパーロボット」になりつつあるところです。環境を問わずに活動できる母艦とロボット、一撃必殺のエネルギー兵器、これで合体なんかしちゃったらもう完璧。
主人公サイドの組織で量産機を運用しないからこういうことになってるんですよね・・・その点は種も同じ。

まぁ何だかんだ言いつつも、3話までは面白く見られています。勿体ぶったストーリー展開を廃して視覚的に楽しめる箇所を増やしているのが良いのかと思います。
ガンダムの運用については・・・そのうちまたグダグダになりそうな予感。絶対数が少ないから全機一斉に出撃して対応するしかなくなるんじゃないですかねぇ・・・。そうなると前期同様ガンダムの個々のコンセプトなんてどうでもいいわけで。アリオスの飛行形態なんてその最たるものだと思うんですがねェ。

それにしても、4年間拘束されっぱなしのアレルヤの筋肉が全然萎えていないところがオドロキです。超兵恐るべし。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2008.10.18

承太郎キター!

当選しました!『超像Artコレクション ジョジョの奇妙な冒険 空条承太郎 グリーンVer.』。
『ホビージャパン』10月号での誌上通販限定品。500体のみの抽選販売となった商品です。
当選発表はメールで、ということだったのに、全然通知が来ないのでハズレたと思っていました。イキナリ届いて驚くやら嬉しいやら。グレートッスよ!

応募が500通未満だったので普通に買えたために通知がなかった、ということも考えられないわけではりませんが・・・。『ジョジョ』の人気キャラだけにそんなことはないと信じたいですね。
いずれにせよ、JoJoファンとしては嬉しい限りです。

Art_jotaro_gr_00

・・・ただね、これって抽選での代引き販売なんですよね。送料手数料込みで7,090円。財布の中には2,000円・・・。
まぁこんなこともあろうかと自宅には1万円を常備してはいるんですよね。最近の通販限定品は代引きが多く、どこで何を頼んだのか忘れてしまうことが往々にありまして(苦笑)荷物が届いても支払いができないと困りますのでね、置いておくようにしています。何しろ田舎なもので近所にコンビニとかがないから、何かのときにすぐにおろせないのですよ。
結局、来週末まで2,000円で過ごす計画も1日にして水疱に帰しました。無念。

この夏は買いたかったイベント限定品が悉く手に入りませんでしたが、秋になって少しは運気が回復してきたのでしょうか。この調子で懐具合も回復してくれるといいんですが・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.17

上辺だけしか動かせなくなってきてる

『MOVIE REALIZATION BATMAN&BAT-POD』等々の受け入れのため、部屋を片づけ中。
邪魔なものは多々あれど、目的を持って買っているものが多いので捨てるには忍びなく、物が全然減りません。二束三文のものはさっさと捨ててしまえばいいんでしょうけどね・・・。

積みプラはかなり邪魔。いずれ作る予定で積んであるものはともかくとしても、キャンペーン応募用とか、オマケが欲しくて買ったものとかは恐らく永遠に組み立てることはないでしょう。
コレクションシリーズのフリーダムとストフリ、デスティニー、キュリオス、ヴァーチェ、誰かにあげて作ってもらったほうがプラモにとってもいいことなんですが・・・引き取り手っているのかな・・・?

だんだん一時領域もなくなってきつつあるので、片付け作業も一苦労。平日にやるものじゃありませんナ。気がつけば軍資金も尽きたことだし、休みを利用してちょこちょこ片付けることにしますかねぇ。
ディスプレイに続いてシェーバーのアミバ・・・いや、網刃が破損したりと、今月は予定外の出費が嵩みましてね。ボーナスが出て間もないというのに、不思議なほどに資金難。劇場版の電王は給料が入ってからでないとちょっと無理です。
土日は自宅待機で何とかするとして、あと4日、2,000円で凌げるといいんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.16

やはりゲームのオリキャラのようです

Rev_he_tie_shou_00 『リボルテック』の新シリーズ、『リボルテックSFO』の展開が開始されました。
とりあえずテイランだけゲット。どちらかというとリュウのほうが売れているように感じました。『SFO』版のリュウってリュウっぽくない気がしますが、やはり積年の知名度と人気なんでしょうね。
ロレントとソドムだったら買っちゃうんですけど・・・ってそれじゃむしろ『FFO』かw

『SFO』はレギュラーアイテムよりも一回り小さいサイズでのリリース。ちょうどバンダイの300円クラスのガシャポン(または食玩)フィギュアと同じくらいのサイズですね。
勿論1,680円という価格だけあって、材質や関節の強度、塗装レベルなどは比べ物にはなりません。・・・では、同価格帯のフィギュアと比べてどうかというと・・・申し分ないのではないでしょうか。レギュラーシリーズの塗装精度の低さが嘘のよう。グッスマとの提携商品ということもあって、『figma』のテイストを含んでいるからでしょうかねぇ・・・手首なんかはまさにfigmaのそれですしね(互換性はありません)。
まぁ言ってしまえばリボ球入りのfigmaですな。


Rev_he_tie_shou_01 メカと違って干渉パーツも少なく、でポージングの自由度は高いです。前後の垂れも軟質素材なのでリボ球の強度を持ってすれば問題なし。脚も普通に上がります。鉤爪の手首がそれほど動かないのが残念ですね。

1枚目の写真は鉄爪の扱いが微妙なので、2枚目の写真はちょっと拳法っぽいポーズにしてみました。
ゲーム内ではどのように動くのかまったく知りませんが、相手に間合いを測らせないために、爪は見えない位置で構えると思うんですよねー。

ちなみに、テイランはポージングのときに首を少し動かしてやらないと、伸ばしたままだと首長族みたいに見えます。パッケージングされた状態では特に。首のリボルバージョイントが目立ちすぎるんですよねェ・・・。一瞬購入を迷ったほど。
パッケージ写真・宣材写真は上手く誤魔化してあります。通販で買ってたら憤慨していたかもしれません。


Rev_he_tie_shou_02ただ、コレだとつまらないので、似たようなポーズで、爪付き。
アイプリントの視線がやや正面右よりなので、顔の方向もちょっと気をつける必要がありますね。首を傾げられれば尚良かったんですが。

figmaは明日新作の発表があるらしいですね。
本屋に行けばいち早く知ることができるということからすると、ファミ通あたりでの発表となりそうですが・・・?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.15

小さいダンボーだけあっても・・・

Amazon限定リボルテックは何のことはない、ミニダンボー(Amazon箱)でした。
マリーつまんなーい。期待してソンしちゃった。

初回生産分はオマケがつくそうです。今度のリボルテックエキスポでも配布されるミニケース、リボコンテナ。どれだけ有用かはちょいと疑問ですがね。
まぁオマケはともかく、本体のほうもチト微妙。購入はどうしようか思案中です。「初回限定生産」という記述もあるので、後から欲しくなっても買えない可能性もありますし・・・。


さて、それはともかく、今月のリボルテックを引き取ってきました。
カスタム塗装版は当たらず。無念。

Baldios_gundam_00 引き取りついでに『群雄 [動]』シリーズのバルディオスが発売されていたのを見つけて買ってきました。
決して出来が良いといえるものではありません(でも悪くもない)が、他社で作られることもないでしょうからね、とりあえず押さえておこうかな、と。
まぁバルディオス自体がどちらかというとマイナーですから仕方ありません。少ない選択肢の1つなのですよ。

折りしも『スーパーロボット大戦Z』でプレイヤーキャラとして参戦しているバルディオス。ゲーム内でのデフォルメ具合がどことなくもっさりとしているので、ベンチウォーマー確定かと思いきや、必殺技ヲ使用すると金田伊功テイストのカットインが。その1点だけで燃えるユニットとなってマス。
塩沢さんが亡くなってしまったのが非常に残念です。



-------------------------
今日も日付が変わる前はサーバが更新を受け付けてくれず。
日付が変わって記事をアップしている際に、リメイクされた『キャシャーン』を見たのですが・・・あれって新造人間じゃなくて聖闘士でしょ?狙ってデザインしたとしか思えません。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.14

またAmazon限定品?

ここしばらく22:30~24:30くらいはブログの更新に失敗するココログ。実際には記事の保存自体はできるので、「公開に失敗する」というのが正しいのでしょうか。前回のメンテが入った後くらいから発生するようになっていますが、何か仕組みが変わったんですかねェ・・・?
「大変混みあっています」とのメッセージが表示されますが、毎日毎日何時間も混みあっているはずもありませんし・・・いずれにせよ何か対策を考えて欲しいものです。このままでは出勤日は当日中に更新することは不可能です。


さて、明日はいよいよ『リボルテック 天元突破グレンラガン』の発売日。
予約してあるので入手できないということはありませんが、週末まで待つとカスタム塗装版の抽選が終わってしまいそうなので、仕事をさっさと終わらせて明日引取りに行ってこようと思っています。

公式ブログでは「明日Amazon.co.jpで電撃発表」という記事がありました。Amazon限定品となれば既存商品のカラーバリエーションなんでしょうけど、今のところ情報が出ている黒キングゲイナーは恐らく『電撃ホビーマガジン』の限定通販となるでしょうし・・・一体何が発表されるんでしょうねぇ。楽しみです。
「Amazon限定」であるならば、数量限定生産ではないので多少出遅れても入手時期がズレるだけですからね、人気が出そうなキャラクターであっても安心です。

それよりも心配なのは『MOVIE REALIZATION BATMAN&BAT-POD』の置き場所。取り置きしてもらっているものをそろそろ引き取らないといけないのですが・・・あの無駄に巨大な箱をどこに置くかを考えると頭が痛いです。今週末は置き場所の確保をしないといけません。
そろそろ『赤壁』が公開されますし、『さらば電王』も観に行っておかないといけません。来週は『REVOLTECH EXPO』もありますし・・・。どこかで休暇とろうかな。

ガンダムの放送が日曜に変わったのも地味に痛いんですよね・・・今までは土曜に見て日曜に感想を書けばよかったのですが、日曜日に放送だと月曜が休日でない限り感想書くことなんか無理ですし。
もちろん、書くのをやめちゃえばいい話なんですけどネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.13

ストーリーを追うだけなら攻略記事を読めば充分

この連休は自宅にて『スーパーロボット大戦Z』三昧。
やっと35話。折り返し地点を越えました。
トップエースは桂。オーガスの使い勝手が抜群です。続いてホランド、ゲイナー。運動性が高くて移動後にトライチャージか全体攻撃が使える飛行ユニットが重宝してます。
射程14マスのソーラーアクエリオンも使い勝手は抜群です。無限拳は単体攻撃なので撃墜数の伸びはイマイチですがね。
35話の時点で『エウレカセブン』が3クール終了、『キングゲイナー』もラスト3話。贔屓の作品はもうそろそろ終了です。寂しいですなぁ。・・・でもまだ仲間になっていないユニットも。ラスト数話でしか使えないユニットなんて要らないんですけどねぇ。


序盤はともかく、味方ロボットが揃ってくると、一日中プレイしてもせいぜい5話程度。なのに、職場の人の中には発売後1週間でクリアしている人もいますからね、驚きです。何といっても人より早く出社して人より遅く退出する人なもので・・・。ネットゲームもやっているようだし、いつ寝てるのか不思議でなりません。
偏りのない育成とか、ポイント取得とかを考えずにクリアしたとしても結構な時間が掛かるはずなんですけどね・・・。

私はどちらかというと時間の使い方が下手なほうなので、効率のよい時間の使い方は是非教えて欲しいところです。ブログにちょっとした文章を書くのにも結構時間を使ってしまいます。勿論、そういう無駄な時間を短くすればいいんでしょうけどね。
そうすると日々の生活が味気ないものになりそうで・・・難しいところです。ゲームにしても、折角プレイするなら楽しみたいですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.12

#02 ツインドライヴ

♪だけど… MI・KA・TA サムライはどちらで会えますか~
♪だけど… MI・KA・TA ブシドウは首都高速ですか~

・・・普通に基地内をウロウロしてました。歌舞伎座ならぬ乙女座の男。
00_2nd_02_02
周りにいる兵士が誰もイジらないのは「突っこんだら負け」なんでしょう、たぶん(えー
敬鬼神而遠之。

この人のせいで刹那の「敵の編隊?!」という台詞が「敵の変態?!」に聞こえてなりませんw
今期はどんな奇行を見せてくれるんでしょうねェ。


『機動戦士ガンダム00』第2話「ツインドライヴ」。
ミレイナの喋り方が鬱陶しくて聞くに堪えません。超イライラします。何とかしてくれないと、本編の内容如何にかかわらず挫けそうです。
00_2nd_02_00

以下雑感。

アバン
00ガンダム起動テスト。
仕組みが違うとはいえ、前期のラストでは擬似ドライヴを7つも積んだヤツが出ていましたからねぇ・・・。イマイチ盛り上がりません。この辺、相変わらず焦燥感とか緊迫感とかがないんですよね。Bパートの戦闘のときでも、眼前に敵MSが迫っているのに結構平然としているし。

何気に、トレミーIIにはクルーが増員されているんですよね。完全にモブでしたけどw
武装を積むことで管制要員とかが必要になったのか、ツインドライヴ起動のための技術者が一時的に乗り込んでいるのか・・・?前期も同じくらいの要員が乗っていたのに「見せなかっただけ」だったとかいう馬鹿なことはないと信じたいです。

ライルをロックオン
往来で危ない会話。他人の会話を注意して聴いている人なんてそうそういませんから、変にコソコソするよりは安全なんでしょうけどね。
でもライルは一般人とは違う上に、アロウズがカタロンのアジト鎮圧作戦を展開中だったりするんですけど・・・。
まぁ刹那は前期でも隠密行動しているようで、その実堂々と姿を晒してますから、相変わらずと言えば相変わらず。

カティとソーマ
バックに『らき☆すた』に出てそうな兵士が(笑)
00_2nd_02_04

「アジトへ戻る間にエクシアの太陽炉のマッチングテストを行なう」
GNドライヴを抜かれて格納庫に横たわるエクシアは、ファーストガンダムのラストへのオマージュなんでしょうね。

「これでアンタの逃げ場は無くなった」
こういうことするから酒に逃げるんでしょうに(苦笑)
お陰で今度はビリーが酒浸りに?
・・・っていうか、スメラギさんの戦術予報って、無理に連れ戻すほどの有効性はない気がするんですがねぇ。今期では汚名を一気に払拭するほどの神算鬼謀を見せてくれるんでしょうか。

「アイツラ、テキ!アイツラ、テキ!」
だんだん洗脳されていきつつある沙慈。
実際はどうあれ、いかにも「情報を見てください」って用意されたものに対して情報操作が行なわれていることは考えないんでしょうか。こうして人はメディアに踊らされていくんですよね。トレミーの連中に悪意が無くてよかったね、と。
・・・このままだとホントに沙慈CB入りか?

マリナ監禁
意外と広い房内。TVさえあれば生活は殆ど変わらないんじゃ?(苦笑)
あ、TVが無いだけで拷問なのかw

「大尉、私にも出撃の許可を!」
このままずっと出撃せずに最終回を迎えるというのも面白いかも。
憎悪と恐怖の狭間で葛藤しながらフリ○クを食べるだけで終了、と。

「戦術プランです。開始予定まで0032。」
短時間で作戦を立てたと見せかけて、機雷を発射させただけ。実はトレミーと安全に接触するためのルート作りでした。自分の安全にかけては遺憾なく才能を発揮します、スメラギさん(苦笑)
セラヴィーのバズーカで一掃するために機雷で粒子をバラ撒いたと見る事もできますが・・・だとすると効果が薄すぎますので、おそらく違うのでしょう。
まさかラッセが「無茶な作戦」と評したのは「00を気合で起動させる」という点だったり?

Hcm_00_00 00起動
両肩のGNドライヴはバリアを生成し、フレキシブルに可動するベイルとして利用可能。便利便利。もっとも、バリアを抜かれちゃったらドライヴ直撃のため即アウトという危険も孕んでいます。
勿論、基本はスラスターなので、操作を間違えるとフィールドは展開されずに物凄いスピードで転進することにw

ビーム攪乱幕
アニメではイマイチ印象の薄いものの、『ギレンの野望』等、ゲームでは結構重宝する武器。まさか『00』で目にすることになるとは予想外でした。
ただ、ランスは破壊力は高くても剣を振り回しての白兵戦には向きません。00ガンダムが実剣を持っていることが読めなかったのがアロウズ兵の敗因なわけで。
エクシアといい、00といい、実剣を使わせるための手はちゃんと考えてあるんですねぇ。00の剣は小さいので迫力に欠けるのは残念ですが。

次回予告
「アレルヤ奪還作戦」。どストレートなサブタイトルですナ。
ポイントはやはりアレルヤとソーマの邂逅の有無というところでしょうか。ニアミスというのが妥当なところですかねぇ・・・まだ始まったばかりだし。
『コードギアス』を意識した視聴者よりの作劇をしてくるなら、2人が出会うシーンは描かれるはずですが・・・果たして・・・?



| | コメント (6) | トラックバック (5)

2008.10.11

鉄男

「トニー、力が出ないよ~」
「よぉし、 ケ○ッグコーンフロスト アーク・リアクターだ!」

・・・というわけで、鋼鉄侠『アイアンマン』を観て来ました。
雨が降る土曜の初回ということもあってか、観客は両手で数えられるほど。珍しく真ん中の良い席でゆったりと観られました。アメコミ映画なんて半月も経つとこんなモンなんですかねぇ・・・。
ストーリーはベタだし、内容も薄いので妥当といえば妥当なのかも。とはいえ、ベタであるからこそ堅実に作られているので、SFヒーローアクション映画としては面白いです。素直に楽しめました。

劇場版のトニーは洒脱な大人のヒーローといった風。人を喰ったようなところがステキです。
パワードスーツの開発に目を輝かせながら取り組む、子供っぽい姿も印象的でした。ロバート・ダウニーJr.、良い芝居しますなァ。

W_replusor_blast_00

思った以上にアイアンマンのスーツはカッコ良かったです。ライブスーツの金属感がかなりイイですね。
漫画ではゴムのように見えるスーツが、かなりメカメカしく見えました。プロップならともかく、人が着て動けるのにプロポーションが損なわれないというのも凄いです。日本の特撮ももっと予算があれば凄い衣装が用意できるんでしょうね。

ただ、映画でアイアンマンを気に入って玩具が欲しくなった人がいたとしても、残念なことに日本では玩具の商品展開は行なわれていないのでした。選択肢が少ない上に、欲しいと思うものは更に少なく・・・コトブキヤが取り扱ってるスタチューくらいでしょうか。かなり良くできている代わりに、値段が高くて手が出ないんですよねェ・・・。

スーツといえば、ジムのウォーマシンも2作目以降におあずけ。ハンガーのスーツ(マークII?)を見て「チャンスはまた今度」と言っていたので、きっとウォーマシンの出番もあるはず。勿論、ジムは劇場版では名前が変わって「ローディ」になってますから、また違った展開があるのかもしれませんが・・・。

本編ラストでは「S.H.I.E.L.D.」のニック・フューリーが登場しており、『アヴェンジャーズ』への伏線が張られています。それに伴い、『キャプテン・アメリカ』や『マイティ・ソー』も映画化されるそうですが・・・ソーはともかく、キャップの背景はアイアンマン以上に世界大戦の色が濃いですけど、どう変えてくるんでしょうかねェ・・・?さすがに直球勝負というわけにもいかないでしょうし。

パンフによれば、『インクレディブル ハルク』にトニーが登場していたそうで。『アヴェンジャーズ』を待たずして、既にクロスオーバーは始まっているようです。

そういえば、『アイアンマン』の劇中でジムが乗っていた黒いダッジ・ラム。

Bt_blackconboy_00

これって・・・デストロン暗黒司令官 ブラックコンボイだったりするんですよね。

Bt_blackconboy_01

実は『トランスフォーマー』ともクロスオーバーしていたりw(えー
まぁコレはネタですけど、同じマーヴルコミックス作品、実際にありえない話ではありません。

ともあれ、今後の展開が楽しみです。
日本では成績が奮わなかった作品もありますが、本数だけは充実してきましたからね。
『X-MEN』『スパイダーマン』『ハルク』『パニッシャー』『ゴーストライダー』『デアデビル』『ファンタスティック・フォー』『アイアンマン』『トランスフォーマー』『エレクトラ』・・・クロスオーバーさせる作品には困りません。あとは出演料がペイできるだけの予算を確保するだけ?



| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008.10.10

未だにPS2のゲームでしか知りませんが・・・

先日ゲーセンで見かけて、欲しくなった『プレミアムフィギュア』のハルヒですが、10日ほど経ったにもかかわらず全然店頭でお目にかかれないんですよね・・・。不思議に思って店でちょっと聞いてみたところ、どうやらゲームセンター限定の流通だそうです。まぁそうでもしないとプライズ品がショップで普通に買えちゃう昨今、ゲームセンターの集客力が落ちちゃうんでしょうね・・・。

第2弾は10月リリース。こちらも同様にアミューズメント施設オンリーの模様。
ホビーショップに並ぶのは・・・来年3月。1弾と2弾がセットとなっています。実際には2弾のほうがアソート数が多いようですので、ギターVer.は単体で販売される機会も多いでしょうね。
とりあえず、聞いたついでにセットで予約をお願いしておきました。

・・・っと、ショップ流通していない謎が解けた矢先、いくつかをレンタルショーケースで発見。タイミングとしては出来すぎですな(苦笑)
比較するほど対象はありませんでしたが、2,500~3,000円の値段がついていました。おそらく単品販売は1,000円~1,500円といったところでしょうから、今すぐに手に入れないといけない場合を除いては3月まで待つのが良さそうですね。少なくとも、腕に覚えのある人はゲーセンで挑戦したほうが安く済みそうではあります。
クオリティとしては2,000円程度は出してもいいくらいなんですけどね、安く買えるなら少しでも安いに越したことはありません。

もっとも、セガは同じプライズフィギュアを何度もリリースしますから、来年末あたりでもまだハルヒの人気が続いていたら、商品タイトルかカラーリングが変わるかして同じものが登場する可能性は非常に高いんですよね。
勿論、2回目以降はショップでの取引価格も下がりますから、そういう点でも不必要に投資するのは危険と言えます。
現に、先頃好評を博したハルヒと長門の「LIVE A LIVE」フィギュアは来年2月にバリエーション商品が出ちゃいますし。今度はみくるを加えて全員バニーだそうです。
となれば『プレミアムフィギュア』もバニー版が出ても全然不思議じゃありませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

DS、今更『PostPet』ですか・・・

「ニンテンドーDSi」の発売日が11/1に決定しました。
なにやら衛星放送のような名前ですが、大きな変更はカメラがついたこと、GBAソフトが遊べなくなったこと、SDカードに対応したこと、の3つ。私としてはどれもどうでもいいことです。特にカメラ機能なんて要らな過ぎます。携帯を持っていない子供なんかには重宝がられそうですけど・・・って、今時DSで遊びそうな層で携帯持っていない子なんてあまり多くなさそうではありますが。

本体は多少大きくなって多少軽くなっていますが、どちらもホントに多少。特に重さは4gですからね、まぁ普通はわかりません(苦笑)
電池の継続時間も短くなってます。こちらは大きな問題。寝ている間に充電して、外で遊ぶことが多い(っていうか、家では遊ばない)身としては、充電時間が長くなっても電池が長くもってくれたほうがありがたいんですよね。これは携帯機全般に言えることですが。

・・・と、言うところだけ見ると、DSiは買う必要もなくて、値下がりするであろうDSLiteを買うべきところではあるのですが、DSi専用ソフトがあるのがポイント。基本は配信だそうなので、良くも悪くも「それなりの」ソフトだと思われますが・・・とりあえず当面は様子見ですかねェ。

さしあたっては11/20の『街へいこうよ どうぶつの森』(Wii)を買う予定。
同日発売の『ガンダムVSガンダム』がPSPで助かりました。据え置き機だと同時にはプレイできませんからね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.08

最近は全員サービスが多いですね

『Newtype』11月号、買ってきました。
巻頭は『ガンダム00』。第1話のガイドです。セラヴィーの背中の顔は、展開された状態をバーストモードというんだそうな。前期のハムフラッグといい、仮面ライダーイクサと思いっきり被ってます。他のガンダムだけじゃなくてライダーもパクr・・・リスペクトするんですなぁw

誌上通販(全員サービス)では『HGIF ガンダム00 キャラクターズ Side-B』のオリジナルカラー版が購入できますが・・・通常商品は1個300円なのに対して、限定版はスメラギさんと留美の2体で1,100円。勿論、送料は別。物凄いボッタクリです。
アイテム自体はサンプル写真を見る限りでは悪くはなさそうですが、見本写真なんて信用できませんからねぇ・・・。バンダイの廉価フィギュアは量産劣化が著しいのでね。最近は見本の段階でヤバいものすらありますし。手を出す場合は火傷覚悟で、ってトコでしょうか。

巻末では新企画『I Love Gundam』がスタート。「女性クリエイターたちが月替わりでマイ・フェイバリット・ガンダムを自由な感性で描き下ろす」という企画だそうです。
第1回はCLAMP。連邦(0093)のパイロットスーツを着てフィン・ファンネルを背負ったさくらとモコナinハロ。
「いちいち見得を切らない、さりげないMSの機動が兵器らしくて格好良すぎです」とのコメントも。某ガンダムの監督達に聞かせてやりたいです。MSにキャラクター付けが必要なのってGガンとSDガンダムくらいですからね・・・。

順序が前後していますが、巻中では先日終了した『コードギアスR2』の監督&キャストインタビュー記事が掲載されています。漫画・ゲーム・ラノベ原作のアニメばかりになりつつある業界に、面白いオリジナルアニメを作って一石を投じるという谷口監督の姿勢は立派です。
最近はアニメに限らずドラマでも漫画原作ばかりになってきてますからねぇ。リスク低減&安定収益見込むというのも勿論あるんでしょうけど、オリジナルをやれる人材も減ってきているんですかねェ・・・。

・・・アニメ版『魍魎の匣』、いつの間にか始まっていたんですねぇ。第1話は思いっきり見逃してしまいました。もしかするとこのまま見ないで終わる・・・かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.07

天使の次は蛇王が再臨

『アルスラーン戦記』第13巻「蛇王降臨」、発売されました。
新書で刊行されるようになってからというもの、買ってはいても読んでないのですが、ついに十六翼将が揃うとあっては、ちょっと確認したくもなります。もっとも、15人までは文庫版で既に登場していたんですけどね。

間を完全にすっ飛ばしているせいかもしれませんが、16人目は意外な人物でした。しかも文庫版でも既にその姿は登場しているという。
あまり腕の立つ人物のようには見えなかったんですがね、何か特殊な技能でも持っているんでしょうか。気になります。文庫版の続きを読もうにも、新書版は既にロストマウンテンから掘り出さねばならない状態・・・むむむ。


今読んでいるのは『雪山飛狐』と『飛狐外伝』のシリーズ。金庸の武侠小説です。
まぁこの手の物はアクション映画を観るのが手っ取り早いんですけどね、活字でも充分面白いです。
先日文庫版の『飛狐外伝』第3巻が出たんですが、相変わらず書店への入荷数が少なくて泣けてきます。今まで置いていた店も置かなくなっちゃったりとかして、非常に不便。探さないでも買えるようになるといいんですが・・・。
そう思っている間に、もうそろそろ金庸の本も殆どが文庫で刊行されつくしてしまいますけど。

ちなみに、『ストリートファイターオンライン』では飛狐と『碧血剣』の何鉄手が登場し、『リボルテックSFO』でも立体化されます。これを機にもうちょっと広まってくれると有難いです。とりあえずはその辺の本屋で文庫版が手軽に買えるくらいに(切実)

ところで、ヒコは飛狐(本名:胡斐)だからわかりますが、テイランってどこから名前取ってるんでしょう?
キャラ紹介には『射雕英雄伝』のキャラをモデルに」って書いてありますけど、テイランなんてキャラは出てこないし、「五毒教」っていうと『碧血剣』なんですけどねぇ・・・。小説の登場人物をモデルにしたゲームのオリジナルキャラってことでしょうか。
まぁいいんですけど。


最後になりましたが、俳優の緒形拳さんが亡くなりました。
『必殺!』ファンとしては外せない人物です。アクの強いギラギラした梅安先生、素敵でした。
謹んで御冥福をお祈りしたいと思います。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.10.06

そろそろ1回交換してこようかな

失くしたと思っていたポイントカードが還ってきました。
どうやら会計時に返却されなかったことに気づかなかったようで、帰宅したら店から郵送されてきていました。送ってくれたのは有難いですが、電話の1本でもくれればよかったのに・・・。

ちょうど今日、帰宅時に店に寄って、再発行の申請をしようとしたところだったんですよ。
で、再発行は新規と同じ扱いになり、なくしたカードが見つかってもポイントは失効する・・・いずれにせよ0ポイントからのスタートということを聞いて思いとどまったのでした。結果的には大正解だったわけですけど・・・。
会員番号から情報を検索できるくらいなら、ポイントも管理しておいて新規カードに移行してくれたら便利なのに。勿論、再発行の手数料を払うのはやぶさかではありません。

ともあれ、見つかって良かったです。
バックアップが取れないようなら、ポイントはこまめに消費したほうがよさそうですね。
・・・と、言っても、思い立って交換しに行っても欲しいものはいつも品切れ中なんですよね・・・。毎日のようにチェックして、目ぼしい物があればソッコーで交換しに行くしかないんでしょうか。
ポイント交換は別会計だから空いているときに行かないと並んでる人の迷惑だし・・・でも空いてるときって開店直後か平日の日中かしかないわけで。難しいですナ。
まぁ、そういうこと考えてたらいつまで経っても交換なんてできませんけどネ。


そんな今日ですが、ポイントがつかないことは承知で『ペルソナ4 公式設定画集』を買ってきました。
基本的にキャラクタービジュアルとの固有ペルソナの設定集です。そろそろ「ペルソナ(悪魔)全書」的なものも出ても良さそうなものですが、前作同様にファンブックへの収録となるんでしょうかねぇ。ポリゴンキャラではなくてデザインイラストのほうを見たいんですけど・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.05

#01 天使再臨

今日の『絶対可憐チルドレン』は原作通りに銀河万丈さんと郷里大輔さんをキャスティングした、ガンダムのパロディ。ほぼ原作のままでしたが、当時はネタにならなかった皆本が今ではしっかり乙女座の男に。
夕方には他局で本物が登場するという、実にタイムリーなネタでありました。
作品としては相変わらずつまらないんですけどね。

さて、その本物が登場する『機動戦士ガンダム00』2ndシーズンの放送が始まりました。何故「乙女座でよかった」のかは永遠の謎となることでしょう。『00』が『スパロボ』に参戦するときに、乙女座繋がりで『トップをねらえ!』が一緒に参戦してくれれば善しとしておきましょう<えー

第1話「天草降臨」「天使再臨」。予想に反して面白かったです。
1stシーズンとはまた違った見せ方。視聴者に媚びた視聴者のニーズに合わせた結果がコレ、ということでしょうか。『Zガンダム』のような勢力関係で、やってることは『F91』&『クロスボーンガンダム』。目新しさはないものの、雰囲気は良い感じでした。

Fake_a_head_00

もっとも、第1話がダメな作品は駄作ですからね、これくらいやってくれて当然ではあるんですが。

キャラクターは表面上のエキセントリックさが薄れましたね。第2期はストーリー上の性格付けで勝負、といったところでしょうか。新キャラはかなりイマイチ感が漂っていますが・・・。まぁどうせ『00』のキャラ人気なんて、ほぼ中の人の人気みたいなモンですからね、劇中の位置づけはあまり関係ないのかも。

一方、相変わらずなのは殺戮描写。放送日が変わっても容赦なく、大口径の弾丸で人がクチャクチャになっていきます。今後も竹P枠にはついて回るのでしょう。パンツはダメでも血まみれの死体はOKなんですなぁ。

ともあれ、感想書くかどうかはともかく、また暫くチェックしておこうとは思います。



| | コメント (2) | トラックバック (7)

2008.10.04

損壊が怖くて遊べない

『ナイトメアフレームアクション グロースター(コーネリア機)』を買ってきました。
出荷量が少なかったのか、人気があるのか、ちょっと出遅れただけで、7店舗回って店頭在庫は4個しかありませんでした。確かに紅蓮弐式のときもさっさとなくなっちゃってましたけどね。

Kmfa_groucestar_00 他社製品ではありますが、基本的には『IN ACTION!! OFFSHOOT』のグロースターを一回り小さくした感じです。コンパクトに纏まっている分、若干マッシブな印象を受けます。材質的なものもあって、シャープでカッコイイです。

一方、関節がクタクタなのはシリーズを通して改善されていません。『OFFSHOOT』を触ってしまうと一層ストレスに感じますね。マンとも小さめで物足りなく思えます。『OFFSHOOT』版は大きくて見映えがするものの、大きさと重さが可動に干渉しましたから、どっちもどっちというところでしょうか。ちなみに『KMFアクション』版のマントは着脱可能です。

いざ、紅蓮弐式と組ませて遊ぼうとすると、関節が柔らかすぎるのは些細な問題であったことが判明。
何しろランスの分割部がガチガチにくっついていて、渾身の力を込めても抜けないのです。温めてもダメ。ランス用の持ち手に持たせることができません。癒着してるのかも?

仕方ないので平手に引っ掛けて持たせようとしたのですが、今度は手首がガッチリとくっついていて抜けないという始末。最初のチャレンジで白化してしまいましたから、次に下手をすると捻じ切れます。・・・怖い怖い。

3,000円を超える価格ですから買い換えるわけにもいかないし・・・困ったものです。
メーカーに返品すれば換えてくれるのかな?・・・塗装が酷いのが回ってこないかが心配ですが(マントとエンブレムの塗りは酷いものが多いのです)。

・・・結局お蔵入りになりそう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.03

ワーゲンからアウディへ人気は移っているようです

3万数千ポイントが溜まった、悪役レスラー養成所のポイントカードを落としたようです。
交換したい物がなくて、ポイントの使いみちに困っていたほどでしたが、なくなってみると非常に勿体無いです。適当なテレカ(図書カードだっけ?)でも貰っておいて換金しておけばよかった(涙)

Tf_bamble_00

そんな悲しみもあった今日、退職してドイツへ渡った会社の先輩が3年ぶりに帰国。久々の飲み会となりました。
積もる話もあり、オーダーそっちのけで長々と話し込んでしまいまして、店にとっては大変迷惑な客だったんじゃないでしょうか(苦笑)

ズル休みするための診断書を書いてくれる病院や、スーパー銭湯・・・というか、後宮のような風俗施設、等々、イロイロ面白い話も聞けて、楽しいひとときでした。やっぱり文化の違いは大きいですね。
ただ、話を聞くだけなら大変興味深いものの、実際に生活するとなると苦労するようです。

そしてドイツ土産にミュンヘンのワインをいただきました。
本人曰く「(悪い意味で)ビックリ価格」だそうです(笑)
ドイツはワインよりもビールのイメージが強いうえに、元々ワインは詳しくないので、どんなものかは想像もつきませんが、後日堪能したいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.02

いつまでもクライマックスだぜ!

Sochaku_climax_00さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』公開を間近に控え、ネットでは『S.H.Figuarts 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム』の予約が開始されました。
付属品は少ないですが、かなり良くできているように見えます。『S.H.Figuarts』シリーズ自体、今のところは安定したクオリティを維持していますからね、期待しても良さそうです。
唯一の難点は、商品が届く頃にはネタとしては旬を過ぎているということくらいでしょうか。劇場版のDVDが発売される時期と前後するとはいえ、キバの次のライダーが始まってますからね。

・・・と考えると、まだ『装着変身』でイクサが出ていないのが非常に気に掛かります。エンペラーフォームさえも発売予定に入っていないし、キバの『装着変身』はもう打ち止めで全面的に
『Figuarts』に移行するのかもしれませんね。
イクサは夏に出すべきだったと思うんですけどねェ・・・。

バンダイの特撮ヒーローアクションフィギュアでは『TWIST ACTION FORM』の展開が予定されています。針金を仕込んだスーツアクションフィギュアで、関節の隠蔽とフレキシブルな可動とが実現されているものの、見た目が実にショボいのが残念です。
オオツカ企画の『ハイパーヒーロー』シリーズのようなものを目指そうとしているのはわかりますが、造形がついていっていない感じですね。値段も高い(4,410円)ので、どれだけ普及するのかは疑問です。

同じく、『S.I.C.匠魂』に可動ギミックを仕込んだ『S.I.C.極魂』なる商品も発売されますが、これもイマイチ狙いがわからない商品です。可動はレギュラーシリーズで充分だし、『匠魂』は廉価のヴィネットとして楽しむという棲み分けでいいようにも思えます。1,000円弱のアクションフィギュアなんて、可動もそこそこ、造形もそこそこという「安かろう悪かろう」のいい見本になるように思えるのですが・・・。
おそらく『Motion Revive Series』の値上げ版みたいなものになるんじゃないでしょうか。選んで買えることだけが救い、と。廉価なアクションフィギュアとしては『Motion Revive Series』は悪くないんですけど、これが1,000円にあがっちゃうと、さすがにコストパフォーマンスは悪くなります。大きさとデザイン料とはいえ、価格が倍になっちゃうのはいただけません。
そもそも、このご時世、第1弾に響鬼をもってくること自体、微妙ではあるんですけどね・・・。

バンダイも迷走中ということでしょうか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

ヨーコそヨーコ

アイドルでも天使でもなく・・・『フロイラインリボルテック ヨーコ』発売。
発表された際は、意外な出来の良さに喜んだものでしたが、量産劣化の宿命からは逃れられませんでした。

Rev_yoko_00 やはり致命的なのは目のプリント。極端に悪いわけではないのですが、イメージは損なわれています。ゴーグルをかけるといくらか誤魔化すことはできますが・・・。
褒めて損した気分です。

アイプリントは個体差が激しいので、選別必須。通販等、事前確認できない状況では買ってはいけません。かく言う私もここまで差があるとは知らずに予約商品を引き取って、後から別の店舗でバラつきに気づいたという始末。
2つ買うほどの商品でもないし、泣き寝入りということになりそうです。

但し、選べるのは「微笑み顔」のみ。写真の、戦闘用の顔はパッケージから確認できません。だからある意味半分は運任せなんですよね・・・。それでも両方ダメなフェイスになるよりはマシなんですがね。


アイプリントで頑張っているのはセガの『涼宮ハルヒの憂鬱 プレミアムフィギュア Ver.1』。ポーズ自体はあまり面白くないものの、アニメ雑誌とかでよく見られる画のテイストで上手く立体化されています。クオリティの高いアイテムです。

ゲーセンで見かけて、欲しくなって探したんですが、何故かどこにも売っていないんですよね、コレ。ヨーコに2,000円も出すんだったらキャッチャーにチャレンジしてもよかったのかもしれませんが・・・まぁそれは結果論。
しかし何故ホビーショップで取り扱いがないのか不思議です。ソッコーで売り切れちゃったとか?

ちなみに、第2弾もリリースが決まっていて、コチラはギターを持ったポーズ。第1弾よりも良い出来だと思います。何とか手に入れたいところではありますが・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »