« ベルギービールは面白いですナ | トップページ | 休みの日は手続き系を処理 »

2008.08.17

絆創膏は反則だろ

『コードギアスR2』第19話「裏切り」。
扇は普通の人ではなく、どっちかというと無能な人だったんですなァ・・・まぁそりゃそうか。ただ、今後ヴィレッタとイチャイチャしてたらすげー怪しまれそうな気もしますがね。
一方、逆にロロは株を上げつつ死亡。ロロ雑巾にはなり損ねました。ある意味これも「裏切り」。

破滅からの再出発。あと半クールで一体どんな展開を見せてくれるのか、楽しみなところです。
・・・と言っても、毎週欠かさず見てる作品なんて日曜朝の特撮2本と『コードギアス』だけですけどねw

Offshoot_guren_02

そんな朝の特撮では名護さんの調教完了・・・と思いきや、あっさりと破局。残念。
過去で名護さんが頑張ったのにも関わらず、現代では渡が特別会員のまま。それって結局歴史は変わらなかったってことでは・・・?
まぁ往々にして歴史は変わるけど過程が違うだけで結果は変わらない、というパターンがありますから、そういうことなんでしょうね。とはいえ、素晴らしき青空の会に恨みを抱いている人物とファンガイアの両方が存在する未来を作っちゃったというのは、実は悪い方に変えちゃったのかも?
何にせよ、名護さんも楽しみなキャラです。

渡がクイーンの子というのは、クイーンが出てきて音也と接触を持った辺りからは予想していたことですけど、バラし方はちょっと意外でした。クイーンと音也の子なのか、クイーンの子を音也が引き取って育てたのかはまだ謎とはいえ、名護さん、複雑ですなァ(笑)

行く・盛り場・ライズアップ!



|

« ベルギービールは面白いですナ | トップページ | 休みの日は手続き系を処理 »

コメント

>扇は普通の人ではなく、どっちかというと無能な人
これまでも戦略と戦術はゼロまかせ、諜報と工作関係は
ディートハルトまかせですしね。

ブラックリベリオンでは情婦に撃たれて指揮をとれず、
第二次東京決戦では情婦に篭絡されて敵と手を結ぶなど
肝心なところで足を引っ張ってますし。
せめて今回ゼロをかばっておけば「いい人」の仮面だけは
維持できたのですが(^^;。

結果だけ見ると、ヴィレッタが扇と通じていたことによって
黒の騎士団を内部崩壊させる決め手になったわけですから
機情の指揮官としては見事に任務を達成したといえるかも。

イレブンと情を通じてたわけですから、今後「純血派」とは
名乗れないでしょうけど(^^;。

投稿: 青の零号 | 2008.08.18 20:21

青の零号さん、コメント有難うございます~。

ヴィレッタは騎士候から騎士へ昇格、扇は今後の情勢の変化に右往左往、というところでしょうか。扇は今回の件でのっぴきならない所まで行っちゃった感じですね。死亡フラグとみせかけて、皆に見捨てられたうえ「死ねない」でグダグダになるほうが扇らしい感じですね。

投稿: 姫鷲 | 2008.08.19 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絆創膏は反則だろ:

« ベルギービールは面白いですナ | トップページ | 休みの日は手続き系を処理 »