« 「朱禁城」って字面が何かイヤ・・・ | トップページ | 苦労の騎士団 »

2008.06.16

羅善巌

昨日買って来た『リボルテック ラゼンガン』を開封。
ホントは次の週末にでも開けようかと思ってたんですが、BitingAngleさんで星雲を背負う姿のカッコ良さに予定を変更。開けちゃいました♪

Rev_lazengann_00

アニメ本編のようなワイルドな格闘スタイル(旋闘術というらしい)もいいですが、シンプルなフォルムなので人間的な動きも似合います。胸や足首等、装甲が干渉する部分もありますが、そこらのロボットよりも良く動きます。EVAシリーズ以上に思えるほど。<恐らく気のせい
手首が平面的な可動しかないのはちょっと残念ですね。

あとはドリルが少ないのもちょっと物足りないです。劇中では背中から蜘蛛の脚のように延びていくドリルが印象的でしたから。
吹き飛ばした後はドリルで追撃したいです。グレンラガンを支えられるだけの強度があればさらにOK。肘と手首からの3本だけでは・・・。
それでも十分カッコ良くはあるんですがね。

Rev_lazengann_01

単体で動かしていても充分に面白くはあるんですが、グレンラガンと組み合わせると更にその存在感が増します。
ボリューム的にはグレンラガンよりも一回り細いのに、グレンラガンを圧倒する威圧感がありますね。

海洋堂直営店でのカスタム塗装版はパールカラー。残念ながら抽選にはハズレてしまいました。
シャアの言葉を借りれば「そうそう当たるものではない」(笑)
来月はD.M.C.メンバーの3人が発売となりますが、カスタム版も作られるんでしょうか・・・?
フランス語版の顔というのもアリかな。



|

« 「朱禁城」って字面が何かイヤ・・・ | トップページ | 苦労の騎士団 »

コメント

こんばんわ~、いよいよ黒いのが出ましたね。
貼山靠?で浮かされてる後ろのグレンラガンの顔には
「やられた~!」と思いました。姫鷲先生、お美事です!

>手首が平面的な可動しかないのはちょっと残念
さして支障はないですけど、他がこれだけ動くと
やはり手首だけ動きが少ないのは惜しいですね。

>グレンラガンを支えられるだけの強度があればさらにOK。
ドリルで壁に磔にするシーンはぜひ再現してみたいです。

今さらですが、赤が基調のグレンラガンに対して、
ラゼンガンは黒ベースに赤と黄色という正反対の
カラーリングなのに気がつきました。
そこらへんもスタッフのこだわりなんでしょうね~。

投稿: 青の零号 | 2008.06.17 23:53

青さん、こんにちは。
グレンラガンに続き、ラゼンガン、良いアイテムです。即お気に入り。組み合わせる相手がいるというのも大きいですね。

>貼山靠
お褒めに預かり恐悦至極!
某ゲーム(某マンガも?)で鉄山靠として知名度が上がりましたよね。私としてはスーパー弱絶紹歩法を持った、違うゲームのキャラのほうが好きですがw

>ドリルで壁に磔にする
グレンウイングを付属させるためとはいえ、オプションが少ないのはちょっと寂しいです。せめてドリルはもう数本欲しかったですね。

投稿: 姫鷲 | 2008.06.18 06:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羅善巌:

» 天元突破ラゼンガン [Biting Angle]
螺螺螺螺螺螺螺螺螺螺・・・おっと、それは別の螺旋でしたね。 そんなネタはさておき、リボルテックのグレンラガンシリーズ第二弾として “真・螺旋王機”ラゼンガンが登場しました。 うーん、黒い、怖い、そしてカッコいい!! その悪魔的な姿と「人の進化に干渉する存在」という位置付けから クラーク「幼年期の終わり」のオーバーロードを連想させる機体には SFファンとしての魂までも揺さぶるものがあります。 この写真の背景も「ラゼンガン・オーバーロード」寄りのイメージで 螺旋力の象徴でもある星雲を選んでみました。 ... [続きを読む]

受信: 2008.06.19 22:29

« 「朱禁城」って字面が何かイヤ・・・ | トップページ | 苦労の騎士団 »