« 攻殻喫茶 | トップページ | ポケピも残すはあと2人 »

2008.04.14

レスラーフィギュアはキン肉マンでないと駄目なのか

青の零号さんに『プラレス3四郎グラフィティ』を確保していただいたので、暫く放置してあった『アクションプラレスラー』をちょっと弄ってみました。

Ap_ju_oh_maru_00

1個630円で可動はそこそこ。立体化に恵まれない作品ということもあってコストパフォーマンスは悪くない・・・はずなんですが、全キャラに握り手バージョンと開き手バージョンの2種が存在するという阿漕っぷり。
ハンドパーツくらいオプションで付けてくれたっていいでしょうに。これが商品の評価を著しく下げています。

柔王丸はこれでもかと言うくらいシンプルなデザイン。だがそれがカッコイイ。昨今のガンダムも見倣って欲しいものです。何でもゴテゴテつければ良いというものではありません。
シンプルだからこそ動きも映えるわけで。劇中でやってることは地味なプロレスなんですがね、金田伊功アクションのお陰もあって動きが派手に見えます。キャラの見た目が派手だとそちらに目が行ってしまいがちですしね。
でも玩具を売るなら見た目が派手なほうが良いですから・・・難しいところです。

プロレスではないにせよ、『エンジェリックレイヤー』も同じことをやってましたが、これも全然立体化されませんでしたね。プラレスラーとは違って基本は女性型だから商品には向いているかと思ったんですがねぇ。



|

« 攻殻喫茶 | トップページ | ポケピも残すはあと2人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レスラーフィギュアはキン肉マンでないと駄目なのか:

« 攻殻喫茶 | トップページ | ポケピも残すはあと2人 »