« バンダイから招待状 | トップページ | 低年齢向けの劇場版商品はダブつきまくり »

2008.03.15

#23 世界を止めて

『機動戦士ガンダム00』 第23話 「世界を止めて」。
トランザム・システム大安売り。あれじゃあ全然ありがたみもなければ使用後のリスクを背負って発動する緊張感もありません。
その上刹那はトランザムモードで急行して、現場に着いたときには稼動限界。はぁ?それはロックオンが仮に生きていても一緒にボコられる、ってコトですか?最悪の使い方ですわ。
アレルヤは相変わらずソーマに近づくと頭痛。『REBORN!』かよ!・・・というツッコミを入れる暇もあらばこそ。人格が変わることなくハレルヤ登場であっさり解消。超がつくほどのご都合主義。

ロックオン退場で悲嘆にくれている人も多いのでしょうが、私は全然泣けなかったなぁ・・・『IGLOO』なんかは毎回話の流れは同じなのにも拘らず泣けたのに。
そもそも長すぎるんですよ。テーマ云々じゃなくて今回は「ロックオンを殺すためだけの話」でしたから。
「よォ・・・お前等・・・満足か?・・・こんな・・・ガンダムで・・・。俺は、嫌だね・・・」

以下雑感。

I_am_gundam_01ネーナ遁走
独りで飛んでいってしまいましたが、行くところあるんでしょうか。留美が回収して第2期に黒幕の側近として登場?

GNドライヴのブラックボックス
トランザム・システムは案の定、ドライヴのほうに仕込まれていたシステムでした。
でもブラックボックスって・・・もしかして200年前の古いシステムだったりするんですかねぇ?ヴェーダにデータはなくとも、ごく一部の人間に情報が与えられていて定期的にメンテナンスしているとでも考えなければ使い物にならないはずですが・・・。
今で言うと、江戸時代の「からくり」がスーパーパワーを発揮している、ということになってしまいますからね。イオリアが知っているシステムである以上、200年前からトランザム・システムは存在していたということですし。

「機体に蓄積した高濃度の圧縮粒子を全面開放し、
一定時間、スペックの3倍に相当する出力を得る・・・」

赤くて3倍、今となってはアニパロにしか使われない陳腐な設定。たとえSF考証的にそうなった場合でもアニメの嘘で回避すべきなのに・・・。
「"赤くて3倍"は失笑を生むだけだって、わかれー!」

「フフフ・・・それは企業秘密ということで」
怪しいですねー。スパイ容疑をかけられてもおかしくないところ。・・・まぁスパイみたいなモンですがw

「接近する輸送艦はユニオンのバージニア級3隻と推定」
この世界には輸送艦と駆逐艦しか存在しない?つぅか、何で作戦に参加するのが輸送艦だけなの?

ロックオンの部屋をロック
ハロを取り上げておかなかったのはストーリー上・・・かな?抜け出すプロセスを省略するくらいなら、隔離しておいたハロがロックオンのところへ行く、っていうのも面白かったかも。

「やってやる、やってやるさ!」
ダリル・・・ついに『スパロボ』の雑魚パイロットみたいな台詞を・・・(涙)

「行けよ!ファング!」
ファングって誰でも使えるんですね。ドラグーンとかインコムみたいなモノなんでしょうか。増幅された脳量子波で操作するのかと思ってましたが・・・。
そうなると超兵のありがたみも薄れますねぇ。GN-X登場による機体スペックの底上げでソーマだけが極端に良い動きをしているわけでもありませんし、CBには量産型の雑魚MSが存在しないから一般兵を撃墜しまくる、ってこともありません。
2クールからのペースアップでセルゲイとの関係も全然描かれなくなってますし、最早アレルヤの当て馬でしかなくなってしまってます。
それなのに・・・

「脳量子波はオレが遮断してやったぜ」
こんなコトされるとソーマの存在意義が・・・。
超兵の設定自体が要らなかった気もしないでもなかったり。

「新兵器か?!・・・ふぇ?おわっ!大佐ァ~」
被弾ではなく隕石に当たって小破というのがコーラらしいところ。
頭だけ持っていかれてますから、次回はZザクのようにイナクトの頭を付けて出撃してきたりして。

アリーVSロックオン
兄さんブチ切れモードで、チンピラの喧嘩みたい。これにハレルヤでも入ればヤンキーガンダム一丁上がり。
それはいいとしても、相変わらず膠着すると第3者が割って入りますね。ガチでタイマン張って勝ってるのってハムくらいしかいないんじゃないでしょうか。・・・あ、ハムは今週出番ゼロでしたね。来週からハム祭り?

鍔迫り合い
このところGNビームサーベルとGNソードやGNバスターソードが切り結ぶシーンが多々ありますが、ビームサーベル側がガッチリ受けられちゃうのはどうなんでしょうねぇ。GN粒子の斥力等があるでしょうから、刃を受けるだけならいいとしても鍔迫り合いまで出来ちゃうとなるとGNソードやらGNバスターソードの存在意義は殆どなくなります。
GNソードやらGNバスターソードは実剣の性質を持たせるための装備なんだから、GNビームサーベルで同じことが出来たらあまり意味がありません。エネルギーがなくても使えるということと見た目の違いくらい。
まぁ鍔迫りしたほうが画としては迫力あるんですけどね。ビームサーベル同士でいいじゃん、という話です。
どうも近年巨大な剣がもてはやされるようになっちゃって、デザイン重視で装備させるもんだから動きとかがインチキなのが多いんですよね。根源は『ベルセルク』あたり?
エクシアはソードもブレイドも体ごと、腕ごと振り回してる感じで結構良い動きしてますけどね。

デュナメス大破
あれはやっぱり百式へのオマージュかな?

やらせはせんぞ、貴様如きMSにジオンの栄光をやらせはせん!
ドズルと違って背負ってるものがどことなく希薄なロックオン。家族を守るドズルとは逆に家族の復讐というネガティブなところがいけなかったんですかねぇ。もうちょっと鬼気迫るところがみられると良かったんですが。

さすがにノーマルスーツにシャッターはないでしょうから仮面を被っての復活はないと信じたいですナ。
全身義体化してそのまま登場したらもう笑うしかないところですけど。

逆にアリーは死んでない可能性もありますね。「予備パーツまで用意してくれるとは」っていう台詞がありましたし、上半身だけ残っていればまだ再生がききそうです。

「ロックオン・・・ストラトス・・・」
GNアームズの残骸の前で佇むエクシア。ドライヴからは粒子が放出されっぱなしなんですけど、あれではどんどん前進してしまうのでは?

『HG GNアームズ』が発売され、そのパッケージにはデュナメス用のGNアームズの描かれていたわけですが・・・登場した途端大破とはね、プラモ売る気はない模様(苦笑)ガンコレのシークレットにでもなるんでしょうか。
同パッケージにはナドレも描かれていて次回予告にあるシールドも身に付けていましたが・・・それも次週大破でしょうか。『HG ガンダムナドレ』に武装が付属しなかったら大笑いですね。

次回予告
刹那を押し倒すティエリア。へぇ~、今度はティエ×刹ですか(笑)
00_23_00

怪しげなMAにはやはりアレハンドロが搭乗するんでしょうね。
ソーマとアレルヤの間にも決着が・・・かな?相討ちっぽいですけど。
第1期では全員死んで、第2期は主要キャラ総入れ替えだったりして。

|

« バンダイから招待状 | トップページ | 低年齢向けの劇場版商品はダブつきまくり »

コメント

> トランザム・システム大安売り。

せっかく先週これのおかげで盛り上がったのに…一気にしぼんでしまいました。
もっとトランザムの凄さを見せておいてくれないとねぇ。


> 仮面を被っての復活はないと信じたいですナ。

要らんことパクって来るのが「OO」のお家芸ですし、まだ仮面の男は出てないですし、十分有り得る話なのが怖い…(笑)。

投稿: えのっち | 2008.03.16 20:00

いやいや、きっとロックオン兄さんは眼帯のまま復活ですよ。
さらに舎弟二人を連れて来てドム3機で乱入とか…
はぁ、書いてて空しくなってきた。

>「よォ・・・お前等・・・満足か?・・・こんな・・・ガンダムで・・・。
俺もイヤです。
ひょっとして本作の隠れテーマは「ガンダム全否定」だったりして?

>ダリル・・・ついに『スパロボ』の雑魚パイロットみたいな台詞を・・・(涙)
しかもハワードのカタキだった機体を助けて特攻とは・・・。
ひょっとして「フラッグファイター」って「無節操」の別名ですか?
だったらハムが平気でGNドライヴを積むのもわかるなぁ。

>逆にアリーは死んでない可能性もありますね。
回りくどいプロセスでようやく諸悪の根源となったキャラだけに、
ここで終わりではないでしょう。

>第1期では全員死んで、第2期は主要キャラ総入れ替えだったりして。
冗談抜きでその可能性もあり得ますねぇ。
ここまで来たら、みんな死んでまっ平らになったところから始めても
悪くないかもしれません。
もちろん1期だけで終了しても全然かまわないけど(^^;。

投稿: 青の零号 | 2008.03.16 23:36

えのっちさん、こんにちは。

>もっとトランザムの凄さを見せておいてくれないと
切り札的なシステムなのかと思わせておいて、序盤からさっさと切られちゃうと興味も冷めます。ヴァーチェなんかはナドレになるほうが先かと思ってました。
あんな使い方するなら初手から使ってれば先制して大打撃を与えて即撤退させられたかもしれないのに。

>要らんことパクって来るのが「OO」のお家芸
うわぁ、確かに。ロックオンが再登場すれば一部のファンも狂喜しますからねぇ・・・。

投稿: 姫鷲 | 2008.03.17 06:32

青の零号さん、こんにちは。

>舎弟二人を連れて来てドム3機で乱入
実は生きていた妹と兄弟3人揃って登場ですか。・・・あ、それだとトリニティと被りますね(苦笑)

>「ガンダム全否定」
テーマとしてはトミノっぽい感じですね。
まぁ少なくとも本作のガンダムは全てどこから見ても悪のロボットですよね。

>「フラッグファイター」って「無節操」の別名
どっちかというとナルシスト集団かと。思い込みが激しくてその信念に陶酔する、と。

>1期だけで終了しても全然かまわない
下手に第2期に繋いで叩かれるよりも、バッサリ切ってしまったほうが気持ちいいかもしれませんね。この時点で第2期の展開が読めないのは、もしかしたらある意味成功しているのかもしれませんが・・・。

投稿: 姫鷲 | 2008.03.17 06:52

ちわっす。
>赤くて3倍
(^^;)
フリーダムは赤くこそないけど、4倍にしたのになーって思ってましたが。

デュナメスの既視感は百式か~。サンクスです。
サーシェスは直撃は回避したように見えてんですよね。(見直す気もないのでそのまま記事に書いちゃいましたが)
そもそも最初から残るだろうと仮定していたのもありましたが。

刹那の画像。この角度だと、赤い服なら「009」に見えそうです。

投稿: たいむ | 2008.03.17 16:57

たいむさん、毎度どうもです。

>赤くこそないけど、4倍にしたのに
やっぱり「3倍」はあまりにも一般化しすぎちゃってますからね、無理矢理にでも変えるのが正解なんですよ。
最近は仮面ライダーでさえガンダムネタを使うようになっちゃいましたから(苦笑)

>赤い服なら「009」に見えそう
両目を出しちゃうと刹那に似なくなっちゃうからと思って、あえて片目を隠したんですけど、別のものに似ちゃったみたいですね(笑)

投稿: 姫鷲 | 2008.03.18 06:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #23 世界を止めて:

» 機動戦士ガンダム00 #23 世界を止めて [焼きプリン定食(2個目]
やはり戦闘メインのお話は熱くて面白いねぇ?今週の「ガンダム00」は良かった(≧∇≦)b 機動戦士ガンダム00 2宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行 バンダイビジュアル 2008-02-22売り上げランキング : 194おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools でだ…感想書く....... [続きを読む]

受信: 2008.03.16 16:36

» 機動戦士ガンダム00 第23話「世界を止めて」 [LIV-徒然なるままに]
「ロックオン…そんなまさか…」 「チクショー!三木さん演じるスナイパーがいないガンダムなんぞ見る価値があるかーーーっ!」 ※3/1... [続きを読む]

受信: 2008.03.16 20:39

» #23 世界を止めて [shunichiro0083のアイの00&種運日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲]
・いや、まあ、伏線はなくてもフラグは立っていると感じていたので別段驚きはしない訳ですが(微苦笑)。それだけお話の構成がなってない-短期的にせよ、全体的にせよ-、ということなんですよねえ。  個人的にはスメラギ嬢が持ってる資格の方が驚きでしたよ(今月のアニメディアに好評掲載)。  曰く-資格:社会法人国際戦術予報学会の戦術予報士二種の国際資格を大学時代に取得、だそうですよ?! ・そう言えば、王留美も沙慈も出番なかったですねえ。・折角助けたんだから、ネーナも連れてこれば良かったのに、刹那。それ... [続きを読む]

受信: 2008.03.16 23:41

» ロックオン退場・・・でも世界は変わらず [Biting Angle]
『機動戦士ガンダム00』 第23話 「世界を止めて」。 かねてからの予想通り、ロックオン兄さんはご退場となりました。 私としては、むしろよくここまで引っ張ったなぁというのが 正直なところです。 でも予想が当たったところで全然うれしくないんだよなぁ。 意外性がないから、ショックもあまり感じないし。 なんか予定調和で淡々と話が進んでいった気がしました。 トランザム発動後の戦闘シーンも、見た目は派手なんだけど 実質的に対した戦果はあがらなかったようだし。 しかし最終回も間近というのに、この尻すぼみ感は... [続きを読む]

受信: 2008.03.17 00:34

» 機動戦士ガンダム00 23話「世界を止めて」 [アマデウスの錯乱?]
機動戦士ガンダム00 23話「世界を止めて」 [続きを読む]

受信: 2008.03.19 08:37

« バンダイから招待状 | トップページ | 低年齢向けの劇場版商品はダブつきまくり »