« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.31

お盆はハードスケジュールになる人も多いかも?

『ガンダム00』が終わり、次は『ルルR2』。
ORANGE RANGEの歌う主題歌が『O2』なのはやはり「OO」とかけてあるんでしょうか。「00」とオレンジ卿のコラボ?

実際、『00』と『ルルR2』のコラボイベントが夏に行なわれるわけですが・・・8/16(土)、8/17(日)って、思いっきりコミケと被ってます。地方の方々が上京している時期だからちょうど良いのかもしれませんが、昼過ぎくらいには会場を後にしないといけないでしょうから、コアなファンにとっては痛いスケジュールかもしれませんね。
会場は日本武道館ということで、収客数はかなりのものになりますから、申し込めばほぼ全員参加できるんじゃないでしょうか。単純にステージ観覧ということであれば2日間で2万数千人を収容できるはずですからね。「ブース設営」という記述もありますからライブの収客数よりは落ちるでしょうけど。
・・・でもカートを引く人々で溢れかえってる武道館はイヤだなぁ(苦笑)

イベントのキャッチコピーは「2008年真夏、 武道館がアニメの聖地となる・・・。」。
”アニメの聖地”・・・武道館には武道の試合で行った身としては、微妙にやるせないものを感じます(苦笑)
過去にI'veのライブとかやってるから今に始まったことではないんですがね。

ともあれ、私はコミケに行かない人なのでスケジュール的には問題なし。
あとはチケット購入の必要があるかどうか。無料じゃないと行きません。金払ってまで見に行く程のものじゃないでしょ、多分。
会場が武道館となれば、いくらか参加料を払うことにはなると思いますが・・・?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.30

#25 刹那

『機動戦士ガンダム00』 第25話 「刹那」。
いやぁ、酷い話でした。もっとも、今回に限って言えば、「半年後に第2シーズン開始」という事情がなければ、まだ少しはマシになったと思います。話としては最終回らしく一応一区切り付きましたし。
・・・予定調和に向かっての「ジェットコースター的展開」であることには変わりはないんですが。

半年ごとにインターバルを入れるという変な放送の仕方はやめたほうがいいですね。思いっきり作品に影響が出ます。
視聴者にとって良いことなどまるでありませんよ。バンクが減るくらいですか(冷笑)

まぁボーっと見てれば面白かったと思いますよ。今回も戦闘シーンばかりでしたしね。
『00』の悪いところはロボットが勝手に戦ってるように見えることなんですが、最終回は何となく戦闘もガンダムしてた印象です。
キャラがそこそこ描かれていた人物が残ったこともあるんでしょうけどね。

金色のジム・スナイパー(ORIGIN版GMにも見える)に乗ったアレハンドロの散り際は楽しかったですw
00_25_04 00_25_05

アレルヤまで右目をやられるのはいかがなものでしょう。ロックオンの利き目を負傷させるならアレルヤとハレルヤの設定を逆にしておくべきだったのでは?デュナメスもキュリオスも壊れ方が一緒だと「またかよ」と思ってしまいます。

イロイロとわからないことが多い『00』ですが、第1シーズン最終回にしてやっとわかったことが1つ。
「『00』世界のMSには全機セーフティシャッターが標準装備されている」
CBのガンダムに撃墜された人々って実は殆ど助かってるんじゃないでしょうか。っていうか、ラストがあれじゃ逆に助かってないとおかしいでしょ。
そんな中で”MSに乗って”死んでしまったダリルやハワード、ミン中尉は不運だった、と。
ラッセやリヒティ、クリスは乗ってたのがMSではないので死んでます。さようなら。
とりあえずセーフティシャッターなどいというクソ設定を考え出したヤツは・・・
00_25_02
戦争をテーマにしてるなら命の重みが軽くなるシステムなんて導入してはいけません。
第2シーズンでは撃墜されれば「本当に」死んでいくことになるんでしょうけど、第1シーズンで簡単に復活してますから死に対する受け止め方が全然違うはずです。少なくとも、「死に様がこってりと描かれなかったヤツは生きている」という視点で見ちゃいますからね。
マリーの伏線がある以上、アレルヤも生き残ってると見ていいでしょう。<こういう見方になってしまう
ロックオンよろしくアイパッチして出てきたら最悪ですが。

今まで散々『W』に似てる似てると言ってきた『00』。
『W』が終わったら今度は『G-UNIT』ですか~。
00_25_03
これ、シルヴァ・クラウンでしょ。そのうち『Endless Waltz』もやるのかな。
(するとアルバトーレの中のMSって金色のトールギス?)
今回のハム乱入は完全に蛇足でしたね。トランザム終了で性能が低下してるエクシアと、アレハンドロとの戦闘で疲弊している刹那に対して相打ち。GNフラッグに乗ってる時点で男が下がってるのに、腕まで下がってます。
そして来期は仮面の男。制作サイドにとってはコイツが一番の道化なんじゃ・・・?



ところで・・・。
もしかしてこのデザイン、流行ってる?
00_25_00 00_25_01
キバットが「殴ったね?」とか「何やってんの!」とか言ってるあたりでライダーのほうがパクってるように感じちゃいますが。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2008.03.29

東京国際アニメフェア2008

東京国際アニメフェア2008に行ってきました。
噂以上の凄いヒトデ・・・いや、人出。後で聞いた話によれば去年よりもはるかに多かったそうです。
まぁコミケやワンフェスに比べれば全然少ないんですけどネ。

Taf2008_01会場前の列がどんなものか見たかったので、ちょっと早めに出発。現地に着いたのは9時を少し回った頃でした。
最後尾に並んだあとは順調に列が進み、10時くらいには入口近くのファミマ前に。するとすぐ目の前を仮面ライダーナイトの松田悟志が歩いていきました。一般参加のわけはないと思いましたが『ケータイ捜査官7』のステージイベントだったんですね。
ともかく、10時くらいには入口近くに着いたのですが・・・その後、1時間ほど列はは全く動かず。結局、入場できたのは11時半近くでした。

参加者が多かったのもさることながら、列をスタッフが管理しきれてなかったのが目に付きましたね。人数が足りてなかったのか、あっちへウロウロこっちへウロウロ。要所に人員がついていないのはいけません。
入館後は厚顔な人ほど先に会場へ入れるという半ば無法地帯になってました。列は通路いっぱいに広がり、仕切りの柵も倒されるという始末。東館の1Fへ下りる階段に至っては人が溢れ返って危険極まりない状態でした。

元々ステージイベントは目的でなかったとはいえ、入場した時点で『絶チル』も『グレン』もアウト。ステージを見たければ気合入れて始発か泊まりかしないとダメっぽいですね。もっとも、他のイベントも含めて、見たいステージなんて年に1つ2つくらいしかありませんが。どうもトークショーの雰囲気とかには入り込めないんですよね・・・だから最初から2歩くらい引いて構えてしまうので選択肢に入ってこない。勿論、通りすがりとかで見ることはあっても「わざわざ」というのはあまり、ね。

そんなわけで会場をぐるり散策・・・といっても、大きなショッパーバッグを持った人がごったがえしているので移動も一苦労です。宣伝効果抜群とはいえ、あちこちで紙袋を配るものだから参加者の大半が重装備。ただでさえ狭い会場が余計に狭くなります。何とかならないものですかねぇ・・・。
勿論「貰わない」という選択肢もありますが、自分だけ貰わなくても意味ないですからね。ショッパー欲しくて回ってる人もいるでしょうし。

一回りして12時過ぎ。あまりの混雑振りにウンザリして、帰ろうかと思ったところにたいむさん到着の報が。入場待ちの列に閉口しているとのこと。とりあえずもう少し回ってたいむさんの入りを待つことにしたのですが・・・会えたのは更に1時間が経過してからでした。

Taf2008_00たいむさんから会場入りの連絡が入ったときは日テレのブースで押井守監督のトークショーを見ていたところだったんですけど・・・トークショーが始まってから気づいたものだから、ブースの隅から覗き込むような格好になってしまって、監督の声が全然聞こえないんですよね・・・。相変わらずボソボソ話すので、何か喋ってるのはわかりるものの、全く聞き取れません。聞こえてくるのは司会の声ばかり。マイクでも拾えてないんじゃないかと思うくらいでした。

監督のトークが聞こえないんじゃ、その場にいても意味ないですからね、どうしようかと考えていた矢先のコールでしたので躊躇いなくその場を後にしました。
きっとshamonさんがレビューをあげてくださるだろう、と(笑)
実際にはトークショー参加の予定はなかったそうですが、まぁ私としては結果オーライということでw

で、たいむさんと合流した後は一旦会場を後にしてティーブレイク。
途中からayutoさんも合流して暫し歓談。実はayutoさんとは初対面で、別れ際までお互いが何者か知らずに会話していたわけですけど(苦笑)最初にちゃんと紹介してくださいよ~>たいむさん
ともあれ、思いがけないプチOFF会になったのでした。
(ちなみに『グレン』のイベントの模様はayutoさんが記事になさっています

解散後は3者3様に別れたはずなんですが・・・帰りの電車でたいむさんと再会。人妻の後をつける趣味はないんだがなぁ(笑)
そんな偶然もあるということですナ。人生何があるかわかりません。

帰宅前にはPSPにて『ガンダム00』を鑑賞。・・・酷い話でした。
最終回の感想、どうしようかなぁ・・・。

今日は珍しく、忘れたカメラを取りに戻ったのに、興味を引くものが少なく殆ど写真は撮りませんでした。上手くいかないものですね。結果的に『figma』と『ねんどろいど』の初音ミクばかりというのは何ともはや・・・(苦笑)
基本的にコスプレのお姉さんとかは撮りませんからね。知らない人の写真なんて撮ってもしょうがないので。

そんな東京国際アニメフェア。コストが多くてゲインが少ないイベントでした。ステージに興味のない私が行ったところであまり意味はなさそうです。来年以降は余程のことがない限り行くことはないでしょうね。
ただ、仮にその「余程のこと」があったとしても、始発で行っても7:30となると結構微妙なんですよねぇ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008.03.28

いざ、未知のイベントへ

明日は「東京国際アニメフェア2008」。
迷った挙句、話のタネに1度言ってみようかと思い立って前売券を買いにオタクショップを回ったところ・・・「売り切れ」「取り扱いなし」と、あえなく挫折。店が店だし、さすがに前日ですからね。むべなるかな。
でも折角なので、ローソンへ行ってLoppiで買ってきました。明日ちょっと覗いてきます。

shamonさんたいむさんから話には聞いていましたが、ちょっと調べてみたところ、かなりの動員があるイベントのようですね。そんな大きなイベントなのに何故知らなかったんだろう・・・?まぁいいか。
早朝から並ぶ気もないので『グレン』や『絶チル』のイベントまでに入場できるかは微妙なところですが、雰囲気だけでも味わってくるとします。来年以降行くかどうかはそれ次第・・・というところでしょうか。

本当なら明日は『MOVIE REALIZATION 仮面ライダーNEXT』と『装着変身 仮面ライダーキバ(キバフォーム)』を買いに行くつもりだったんですけどね、今日売ってたので行く必要がなくなりました(笑)
電王が良かったので『装着変身 キバ』は結構期待していたんですが、あまり良くないです。特に下半身が酷い。脚の関節がユルユルな上に、右足首の可動が完全に死んでるので、ポーズをつけようとすると立たせるのに苦労します。

Sochaku_kiba_00

『超合金魂 六神合体ゴッドマーズ』は買うのをやめました。重いし、高いし、何より脚が殆ど動かないので。
欲しいことは欲しいんですが、立たせておくだけの物に2万円はちょっとキビシイです。某店のポイント3万円分は別のものに使用することにします。『ガンダムVSガンダム』でも出たらPS3でも買うか・・・勿論ソシエお嬢さんが出てなければ買いませんけどw



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

コンボイ、カンバイ

『トランススキャニング オプティマス・プライム』発売。そして完売。
・・・1時間近く探しまわって何とか手に入れましたけどね、いくら春休みだからって無くなるのが早すぎます。
トランスフォーマーも並んで買う商品のラインナップに加えなければいけないようですね。最近では『S.I.C.』やら『聖闘士聖衣神話』の争奪戦も落ち着いてきているというのに・・・。

Scanning_convoy_00今回のコンボイの変形は、大きなガワの中に本体が収まるだけの単純なもの。変形ロボットとしての面白味は薄いです。なのでそんなに売れることは無いだろうと高をくくっていたのですが・・・世の中わからないものですね。

商品は可動素体フレームに装甲パーツを装着するという仕様。背部にウイングのように展開しているパーツに腕の装甲やら肩アーマーやらが干渉しまくります。特に後者はパーツの取り付け自体が甘いこともあって、ちょっと動かすとポロリポロリ。物凄くストレス溜まります。
同様に背中から展開されるツインブラスターもウイング状のパーツと腕アーマーが干渉して上手く持てません。腕の装甲は肘と平行に取り付ける仕様にしないと腕を突っ張ったままキャノンを構えるしかないのでカッコ悪いんですよねぇ・・・。むしろ固定武装ではなく手持ち武器にしたほうが取り回しが効いて良かったかもしれません。

可動を重視するなら隕石に変形するエントリーモードをベースにして遊ぶのがいいんでしょうが、見た目がショボイのが唯一最大の欠点。
と、なると、コレをアクションフィギュアとして評価するのは微妙なわけで・・・。
半ばわかっていたこととはいえ、散々探し回ってこの程度のアイテムだとはちょっとガッカリです。

・・・でもAmazonでは既にプレミア価格がついちゃってるんですよね。「空腹は最大の調味料」とは良く言ったものです。



さて、昨日・一昨日と行なわれたココログメンテですが、今回も終了後に不具合が。
コメントを投稿しようとすると管理画面へ遷移しようとします。前にも同じことがありました。
その上、コメントが投稿できても、ブログの更新を行なわない限り反映されないという現象も発生。これは新しい症状です。
「改善」しているはずなのに毎度毎度「改悪」になってるように感じるのは気のせいでしょうか・・・?
でも不思議なことに、この現象っていつの間にか直ってるんですよねぇ(今回はどうだかわかりませんが)。告知無くシステムのメンテが行なわれてるんじゃないかとも勘繰ってしまいます。
いつものことながら、メンテナンスするならするできちんとやって欲しいものです。・・・まぁ「いつものこと」って言ってる時点でもうダメなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.26

ロボットでも女性キャラは人気の模様

「俺がガンダムだ」と言いながらテロ行為で人をバンバン殺しまくるガンダム。
不可抗力ながら、先日の事件を鑑みるに4月からの再放送は自粛したほうがいいような気がしないでもなかったり。
「Z」ガンダムでなくてよかったね・・・っと。

この6月、久しぶりに復活する『トランスフォーマー バイナルテック』。先日記事に書いたように、マイスターとストリークが発売されるのですが、7月には更なる新作としてコンボイとアーシーが発売というアナウンスがありました。スポットでの復活というわけではなく、また少しシリーズ展開が行なわれるようですね。

で、そのコンボイは『キスぷれ』で発売されたのと同じダッジラム。もしかしたら海外版の『オルタネイターズ』に近い仕様になるのかもしれませんが・・・。詳細の続報が待たれます。
もっとも、『キスぷれ コンボイ』も初回生産分はソッコーでなくなってしまったので、今回は既に予約入れてあるんですけどね。逆に『キスぷれ』と同じ商品仕様だったらガッカリですが。

一方、アーシーはオーバードライブのバリエーション商品。バイナルテックの他キャラと比べて脚が細いタイプの商品ということもあって、元々企画があったのかもしれませんが、最近の商品の売れ行きを見ていると、アーシー人気に便乗しているようにも見えないこともなかったり。ハリウッド劇場版の商品は、劇中に登場しないにも関わらずやたらと売れてますからねぇ・・・。
ロボットモード時のカラーリングはG1に近い感じ。ビークル時のメインカラーとなるボディはシルバーですが、四肢がピンクになってます。だから内装がピンク(苦笑)コクピットがピンクのスポーツカーというのはちょっと微妙かも(実車には似合いません)。まぁそこが玩具の魅力という見方もありますがね。
『バイナルテック』も人気キャラは油断すると売り切れるので、アーシーも予約。

マイスターとストリークは・・・売り切れることはないと思われます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.25

チープをねらえ!

Waveの『トレジャーフィギュア』のノリコを買ってきました。
発売前は散々こきおろして、「トップファンは買わない」とまでた言っていたくせに買ってきたそのわけは・・・・・・1,000円だったから(苦笑)75%引きとあってはさすがにちょっと不憫ですからね。でもこれが適正価格だと思います。

Wave_noriko_00

昨年末にシローさんから「目のプリントが修正されたのか、それほど悪くない」というメールを貰っていたんですが、確かに量産劣化が良い方向に働いたようです。商品見本写真とイメージが違います。似てないのは変わりませんが(苦笑)
やはりノリコフィギュアはコトブキヤ版が今のところ1番のようですね。決して決定版というレベルではないんですが。
ノリコはともかくシローさんがここ暫く音信不通なんですよねぇ・・・心配です。

『トレジャーフィギュア』では6月にBM7が控えてます。こちらは定価で買っても良さそうな出来。・・・まぁ定価では買いませんがw
でも意外と『トレジャーフィギュア』って割引率の高い店には置いてないんですよねぇ。

Kaiyodo_cammy_00ノリコと一緒に、海洋堂のキャミィも買ってきました。こちらは1,500円。ホントは水色が良かったんですがね、セール初日は花粉が飛び交う中に出かけるのが嫌で引篭もってたので、売れ残ってたのを幸いにピンクのヤツを購入。

このキャミィ、いつだったか青の零号さんと買い物に行ったときもセール品として並んでて、そのときはスルーしたんですが、やっぱり塗装済み完成品のキャミィフィギュアとしては最高とも言える出来の商品ですからね、手を出しました。何といっても8割引ですしね、お買い得です。
ボディスーツがマット塗装であったならベターだったんですけどね、ちょっと光りすぎちゃってます。

ついでにメタボ・・・いや『メタモフィギュア』のハルヒも購入。出来が良いのは勿論、色が変わる素材ってのには興味あったので。こちらは半額。2,000円。
(今日の購入物は500円ずつ値段が上がってますねw)

造形は良いのですが、自立できないのは難点ですね。あと、色を変えるのも面倒なら、元に戻すのも面倒。写真を撮ってないのは斑になっちゃったからです。
カラーリング変更した再販版がそれほど売れていない理由がわかったような気がします。2,000円でも高かったかな?

・・・何だかレオタードやら水着やらのフィギュアばかり購入した日になってしまいました(苦笑)どれもケツ丸出し、モロ出し。侑子サン、何とかしてください・・・なんてネw




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.24

バンブルとグレンラガンが待ち遠しい

「信頼回復へ全力で改革実行」と言ったところで、あの人にはギアス能力はないのでした。残念。
・・・さて、昨日はガンダム関連だったので、今日はその他。

『超合金魂』の新作は「太陽の使者」版の鉄人28号。私は鉄人はココから入ってる世代なのでちょっと嬉しいです。FXも出してくれないかなぁ。どっちかというと『リボルテック』で(笑)
劇中で見せてくれた親子の鉄人共演で並べたいです。

その『リボルテック』は『電撃ホビーマガジン』で『グレンラガン』の小特集。記事を見るたびに発売が待ち遠しくなります。
グレンウイングも販売が予定されているということで非常に楽しみ。ただ、これは単体商品での販売ではないようなので、もしかしたら何かのキャンペーン商品となるのかもしれませんね。
それにしても、天元突破は1,980円でリリースできるんでしょうか・・・。

同じくリボルテックの新作としてはVF-1Jバルキリーのミリア機が『ホビージャパン』の誌上限定通販(5/25発売の7月号)で登場。
ちなみにマックス機はフレンドショップ限定。夫婦揃って限定品です。カラバリ商品なので無理して買うこともないんですけど・・・1個ずつ買っておくかな。柿崎機とか限定品で出たらどうしよう(苦笑)
5月発売のリガードも各誌でサンプル版が記事にされてます。子供の頃はリガードの良さは全然解りませんでしたけど、かなり良いアイテムですね、コレ。

TFの新アイテムは『トランススキャニング』のバンブルの製品写真が掲載されました。コンボイはイマイチだったのであまり期待していませんでしたが、バンブルのカッコイイこと!これはTFファンにはマストアイテムでしょう。
可動範囲もかなり広そうなので超期待です。

昨日TVに初お目見えの仮面ライダーイクサ(IXA)はソフビに続いて4月にガシャポンで登場。
このライダー、ヒゲのガンダムに見えるのは私だけ?ホワイトドールターンXのアンテナをつけるとイクサバーストモードにフィストオン!(えー

『ルル』のナイトメアフレームはバンダイとメガハウスが競作していますが、メガハウス版は小さくて高い(値段は約1.5倍)のでコストパフォーマンスが悪そうですが・・・色味はメガハウスの『ナイトメアフレームアクション』のほうがいいんですよねぇ・・・。でも関節の固さは『OFFSHOOT』。ポーズを保持するならバンダイ版。
可動は多分『パームアクション』が勝ってる気がしますね。ちょっとこれは製品版を手に取るまでは断定できませんが。

CM'sからは『グッとくるフィギュアコレクション』でウイングマンガーダーシルエットとセイギマンピンクこと桃子が立体化。桃子はダメフィギュアっぽいですが、ウイングマンは欲しいです。
某誌には「ガーターを装着した・・・」って書いてあって吹き出してしまいましたw
それじゃヘンタイみたいじゃん!(笑)

同社の『BRAVE合金』シリーズにはバルディオスがラインナップ。・・・青いガンダム(笑)
どうせバカ高いでしょうから買う気はありませんが、ヒンジでパタパタと折りたたまれる変形機構は面白そうです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.23

嘘だと言うなよ?バーニィ!

月末なのでホビー誌を買って来ました・・・一昨日(笑)
別の記事を書いていたのでちょっと延び延びになっちゃってました。
とりあえず今日はガンダム関係で興味を持ったものをピックアップ。

5月にやっと待望のFZタイプのザクIIが『HGUC』シリーズで発売されます。旧キットでもプロポーションが極端に悪いわけではありませんでしたが、やっぱり『HGUC』シリーズが展開されている今となっては可動面も充実していないと物足りませんからね。
そもそもALEXやケンプファーだけ立体化されてザクII改が立体化されないなんて、片手落ちとしか言いようがありません。
そりゃあALEXはガンダムだし、ケンプファーは見た目がカッコイイから売り物には向いているのはわかりますが・・・ジオンの魂を背負っているのはやっぱりバーニィのザクでしょ。
モックを見る限りでは、胸の幅が狭い感じもしますが、出てくれるだけで充分。製品サンプルの写真が公開されるのが非常に楽しみです。・・・組み合わせるのに『HGUC ガンダムNT-1』も予め買っておくべきかな?

『HG00』のシリーズでは宇宙型指揮官機のティエレンが発売。セルゲイのパーソナルマークも付くそうですが、時代は既にGN-X。今更感は否めません。『HCM-Pro』でもティエレン宇宙型のセット(指揮官機とコンパチ)が出るようなので、そっちを買おうかなと思ってます。作るの面倒だし<コラ
GN-Xも出ますが・・・これは出来次第。あまり欲しくはありません。
イナクトもやっと発売が決定しましたが・・・ゲイリーの乗った赤いヤツ。皆が待ち望んでいるのはコーラ機のはずなんですがね。担当者の頭はおかしいんじゃないでしょうか。

1/100では先だってアストレアの発表がありましたが、アストレアTYPE-Fも出るようなので、そっちを買うつもりです。あとはアヴァランチエクシア。下半身がすぐにへたりそうなのが心配ですが、ちょっと注目したいですね。
1/100ティエレンは・・・もうお腹いっぱい。

『MG』では5月にフォースインパルス、6月に真武者頑駄無。恐らくどちらもすぐに投売りされることでしょう。
さしあたってはスルー。

『HCM-Pro』の新作はガンダムデスサイズ。今後は『W』のガンダムがリリースされていくようです。

『GFF』ではガンダムMk-IIIが雑誌で発表。フルアーマータイプに換装可とのことです。
これも立体化の機会が少なかった機体だけに出来を期待したいところですが・・・。
そしてサイコガンダムで味をしめたのか、『METAL COMPSITE』にサイコガンダムMk-IIがラインナップ。お値段13,650円。殺す気か!完全変形のサイコMk-IIなんてこれを買わないともう出ないんだろうなぁ・・・。
デザインイラストを見る限りはティターンズカラーのようです。カラバリ商品としてネオジオンカラーとか出された日には血を吐きそうですワ。・・・まぁ買わなきゃいいだけなんですがね。

怒涛のリリースラッシュの後はパッタリ止まっていた『ガンコレ』も新作が出るようです。大きいサイズの「DX」シリーズ。
発表されているシルエットはZプラス[Bst]、真武者頑駄無、V2アサルトバスター、Hi-νの4体。V2は欲しいところです。

キャラのほうでは『RAHDX』シリーズにラル大尉、『ハロカプ』にラル大尉とガトーがラインナップされました。これは何としてもゲットせねば!・・・でもラインナップ決定のための人気投票の1位が逆シャアのアムロって・・・何かの間違いだと思いたい。

映像では『IGLOO』のBlue-Ray発売に合わせて『IGLOO2』が発表されました。
今度は連邦サイドだそうです。それだけでつまらなそうに感じるのはやっぱり偏見なんでしょうねぇ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.22

#24 終わりなき詩

『機動戦士ガンダム00』 第24話 「終わりなき詩」。
刹那009説を覆す(いや、「裏付ける」か?)、まさかのサイボーグリヒティ。水着で伏線を張っておくのは見事・・・と言いたいところですが、リヒティ自体がクリスに粉をかけてるだけの存在でしたからねぇ・・・。出番の少ないキャラを最期だけ長々と見せられても、見てるほうとしてはサッパリ。こういうのは完全に作ってる側の自己満足です。

00_24_00

トレミーは最前線にいるくせに武装がないんだから死んで当たり前。悲壮感とか通り越して気分が悪いです。何だかなぁ。
しかもクリスがフェルトを強襲用コンテナに逃がすなんてことをしちゃったもんだから、先にコンテナへ行ったスメラギさんが「射撃を予測して逃げた」みたいになっちゃってますし(苦笑)・・・ある意味あれが一流の戦術予報士の真価なのか?(えー
モレノ医師に至っては扱いが酷すぎます。登場した意味がまるでありません。ご都合主義で出てくる超不要キャラ。小中学生の小説レベルですな。

リヒティ&クリスに続き、AEUのペプシマンも死亡。ラスト直前で退場とはジェリドみたいな感じがしないでもありませんが、ジェリドと違って彼は純粋なコント要員で、主人公達との確執もありませんでしたから何の感慨もありません。
「恋人にしたいコーラNo.1は、キミに決定」
「オイシイところが、イイ。パトリック・コーラサワー」
・・・最期はあまりオイシくはありませんでした。
劇中の刺激にはなってもストーリー上での重要度は皆無。何せゼロカロリーですからw

アレハンドロは巨大MAに搭乗して登場。
展開がいきなりすぎて「はァ?」って感じです。・・・イキナリ超展開なのは『00』のお家芸だな!
裏で設定があっても、何にも見せないから見てるほうとしては戸惑うばかり。こういうところが作り手の自己満足なんですよねぇ・・・。

時間経過が全然見えないのもマイナスポイントです。大抵の事象は「いつの間にかそうなってた」に見えてしまいますから。
ナドレの武器にしたって「専用の武器を用意した」なんて台詞を聞くと「作ったの?」って思ってしまいますし。

戦闘の作劇にしても、みんながみんなMSの性能だけで戦うようになっちゃいましたから、面白味に欠けます。機体が派手に動いているので見た目的に楽しめはしても、内容は薄いわけで。
純粋に操縦技能を見せてるのってハムとサーシェスくらいじゃないでしょうか。ソーマは意外と戦闘では地味で、大した活躍はしてませんし。アレハンドロのMAだってGNドライヴたくさん積んでて出力が高いだけですからね。
その『00』の最後の良心たるハムは全然出てきませんしねぇ・・・。もっとも、GNドライヴ搭載機に乗ったハムなぞ興味はありませんが・・・っていうか、それ以前にハムの入る余地がなくなっているような気が。次の登場は第2期?
彼以外にも、放置プレイ状態のマリナ姫以下、ネーナや沙慈など最終回のエンドロールくらいにしか登場しそうにないですね。

来週はラッセも特攻しそうな勢いですし、トレミーチーム全員死亡ENDもありそうです。4基のGNドライヴが爆発、それにより太陽炉の真の能力が発動し、宇宙は再創生される・・・「破壊による再生が始まる」。謳い文句どおり(苦笑)
『機動戦士ガンダム00 発動編』

『マスコットロボ・ハロ』は最終回直前に発売です。売る気ないのかと思ってましたが、もしかして「ロックオン…ロックオン…」という台詞が収録されてるのでは?と勘ぐる今日この頃。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008.03.21

P4発売決定!

今度の異界はTV。『ペルソナ4』が発表されました。
7月10日発売予定。今週の『ファミ通』で特集が組まれています。約17分のプロモ映像を収録したDVD付き。・・・まぁ映像はそのうち公式HPで見られるようになるんでしょうけど。
『P3』プレイ時はどことなく違和感があって、「こんなの『ペルソナ』じゃない」などと思ったものでしたが、ゲーム自体は面白かったので『P4』も楽しみです。
発売前に何とか時間を作って『フェス』をクリアしておかないと。

新主人公の初期ペルソナはイザナギ。旧『女神転生』への原点回帰なんでしょうか。販売元もナムコ(今となってはバンナム)に回帰したりして(笑)
これまで記紀神話の神々は登場していましたし、イザナギ、イザナミも、ストーリーの中でチラっと出てきたりはしましたけど、主人公をイザナギとしたものは『女神転生』だけでしたからね。あえて避けていたようにも見受けられますが・・・わざわざそれを持ってきたということは、何か重要なファクターとなるんでしょうねぇ。

BGMは『P3』から引き続いてボーカルの入ったオシャレPOPのようです。舞台設定は田舎町なのに。
そんな街の名は「稲羽市」。主人公の通う高校は「八十神高校」。こっちもモチーフは記紀神話ですね。
ペルソナにしても、主人公のイザナギを始め、コノハナサクヤ、ジライヤ、トモエなどが発表されてます。神じゃないのも混じってますが、和風です。・・・いや、トモエは黄色いトラッカースーツ着てるから中華か(笑)
そんなトモエはデザインの関係上、同じ巴御前でも泉興京巴っぽく見えます。
イザナギは学ラン着て襷と鉢巻をしてるので応援団風。ちょんわちゃんわ(違

『P4』の召喚器は眼鏡のようです。PVにも「双眸を見開きて、汝、今こそ欲せよ!」という台詞がありますからその辺から取ってるんでしょう。メガネっ子属性の人を取りこむ腹・・・ってコトはないと思いたいです。
・・・・・。
・・・『眼鏡転生』?<えー

そしてベルベットルームはエレベータからリムジンに様変わり。イゴールの相方もエリザベスからマーガレットという女性に変わっています。
前作のエリザベスのようにマーガレットからもあれこれ依頼があるんですかねぇ・・・?声が大原さやかだけに、侑子サンにパシリに使われているような気になりそう(苦笑)主人公には四月一日君尋って名前つけようか・・・中身はファイだけど(笑)

今作は仲間キャラにも複数のペルソナが付けられるようになってるといいんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

アキバでキバってきたぜ!

今日こそ本命『魂ネイション2008』!
『S.I.C. ワイルドカリス』と『ちびボイス キバットバットIII世』を調達しにLet's Go-ON!<違

・・・が、思いっきり寝坊。
「なぁんてこったぁぁぁ!」などと叫ぶ間もあらばこそ、取るものも取りあえず自宅を出発して・・・現地に着いたのはおよそ8:30。開場の1.5時間前です。完全に出遅れました。

列を見るからに、買えないことはなかろうとは思っていたものの、並ぶこと数時間。昨日からの雨で気温が下がっている上に寒風が吹き抜けます。何度心が折れそうになったことか。実際、落伍者もぼちぼち見掛けられました。
折角並んでも途中で列を離れてしまっては並んだ時間が無駄になってしまいますからね・・・背に腹は代えられないというところなんでしょうけど。ある人は、トイレに行くので場所を取っておいて欲しいと隣の人に告げて列を離れましたが、その直後に列が大きく動いたために結局戻ってこられなくなってしまっていました。
個人参加はこういうことがあるからキツイですよね、2人以上で来ていれば連絡の取りようもあるのに。私も殆どいつも独りですからね、「明日は我が身」。怖い怖い。

去年と違って女性が多いのに驚きましたが、買っているものを見て納得。『ちびボイス イマジンファイブ』。電王は完全に女性ファンを取り込んでしまったようです。ちなみに、会場内では鈴村健一のインタビュー映像が流されてました。
年齢層が高めの方は『聖闘士聖衣神話』が目当てだった模様。
こんな感じなら『サムライトルーパー』でも出したらガッツリ手応えありそうですね。私も買いますがw

Chibivoice_kibatbat3rd_00

結局、無事ゲットできたものの、既に13:30近くになってました。休出のための予定を気かれた際に、「午後から出社します」とか言ってたらエライことになるところでした。白い視線を受けながら断っておいてよかった(苦笑)
しかし、実に5時間。・・・何やってるんだろうなぁ。休日にこれだけ働いてたら10,000円は稼げますからね。でも今日はマイナス6,900円。物凄い損失(笑)

昼食後、ホビーロビーで『リボルテック グレンラガン』を予約して、帰り際(15時過ぎ)にちょいと『魂ネイション』の会場を覗いてみると、まだ外まで列ができていました。休日ということもあってか、凄い人数ですね。去年は昼過ぎには列は解消していたんですが、さすがアキバ、やはりアキバ(笑)

ホントはマジンガーとかシオンとかも買いたかったんですけどね、ワイルドカリスの2個目も。でも来月はボークスの『最強造形2008』で販売されるダイゼンガーの資金を残しておかないといけませんからね。スルーです。だってシオン高いんだモン(涙)教皇なんて要らないのに。何故シオン単体で売ってくれないんでしょう・・・。

・・・と、軍資金を温存したものの、某所に財布を置き忘れてエスカレータを逆走する破目に。ホント、何やってるんだろうなぁ。
某提督に「何をやっていやがる」と言われちゃいそうです。
本日1番気張ったひとときでした(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.19

「魂ネイション2008 プレオープニングレセプション」へ行った・・・だけ。OTL

何とか時間を作って『魂ネイション2008』のプレレセプションに行ってきました。折角招待券貰ったのに行かないのでは何だか申し訳ないですからね。
加速装置もトランザムもありませんが、会議終了後にダッシュでアキバへ。普段は歩くところも電車を使い、閉場30分前に会場に到着。展示を見て回ることを考えるとギリギリの時間です。危なかった・・・。

・・・が、行けないものだと半ば諦めていたのがいけなかったのか、デジカメを携行するのを忘れるという痛恨の大失態。折角撮影許可がおりてるのに。ホントにもう何をやってるんだか。
まぁキャラホビのようなホビーイベントでさえカメラを忘れる男ですから、朝普通に出社するのにカメラなんか持って行くわけがありません。<言い訳

ケータイで写真を撮っては見たものの、暗い会場ではイマイチ上手く撮れません。それ以前にサイズが小さくて、加工しようにも元の画像のレベルが低くてどうしようもありませんでした。
レポートは他のサイトさんでご覧ください<コラ

いやぁさすがにレセプションだけあって、展示がゆったりと見られるのは気分が良いですね。タダで入れる上にお土産(前売り入場と同じ記念品)までもらえるんだから至れり尽くせりです。カメラを忘れたのが返す返すも残念でなりません。

展示は『聖闘士聖衣神話』が一番面白かったですね。西欧の宮殿風の展示スペースにジオラマ主体の展示がされていました。他に比べて明るくて華やか。見やすいスペースでした。
展示物の中にはアニメオリジナルの鋼鉄聖闘士、巨嘴鳥座スカイクロスの翔がありました。スチールセイント、結構好きなんですよねー。光沢がありすぎてちょっとチープな感じがしましたが・・・。とりあえず子狐座ランドクロスが欲しいです。
他には老師だとか貴鬼だとかのフィギュア(無可動)も並んでいました。動かなくてもいいので廉価で販売して欲しいところですね。

『S.I.C.』は去年と同じく薄暗い展示スペースにHJ掲載のジオラマを中心に展開されていました。
中には新作のXやアポロガイストの姿も。発売が楽しみです。
バイクに跨ったライダー達がずらりと並ぶ展示物もありました。やはり仮面ライダーはバイクに乗っていないといけません。商品化して欲しいところですね。

『超合金魂』は商品が普通に並んでるだけだったのであまり見ごたえはありませんでした。
新作のダイモスはちょっと細めですがなかなか良い感じでした。『魂SPEC』新作のエルガイムもなかなか良さそうでした。彩色見本と可動写真の発表が待たれます。
アイアン・ギアーの横にはギア・ギアが並んでましたけど、カラバリ商品として売る気だったり?なまじ売れるとグレタ・ガリーなんかも出ちゃったりしてw

会場には『IN ACTION!! OFFSHOOT』が手に取れるコーナーがあったので、ランスロットとサザーランドを弄ってみました。
可動は『MIA』と変わらず。関節がカッチリしている分、武器を持って腕がヘタるような心配は少ないです。
ただ、ランドスピナーが縦方向にしか動かない(一応ボールジョイントではありますがあまり意味がない)のと、股関節が単純なボールジョイントなので脚を大きく開けないのが痛いですね。特に後者はランスロットにとってはかなりのマイナスになります。
サザーランドは「まぁこんなモンでしょ」で済むレベルです。劇中でもそれほど派手なアクションしてませんからね。だからといって良い商品化というとそうでもなく・・・。定価で買うものではないとだけ言っておきましょうか。
ランスロットの顔は微妙でした。横から見るとナカナカなんですが、正面からの見るとちょっと変。今のところ『パームアクション』の顔が一番ですねぇ・・・と言っても低いレベルで争っているだけですが。

終了間際には入口付近に数人の集団が屯していました。
徹夜で並ぶのは禁止なので、単純に集まって話をしていただけと信じたいところですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.18

色々と不足気味・・・特に幸福(苦笑)

最近色んなことが悪い方向へ転びつつあります。
回避不能な選択肢は非常に困ります。

ちょっと忙しいので今日は文字通り更新のみ。
家に帰れてるだけマシなんですケドネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.17

GMDX4流し読み

『GREAT MECHANICS DX』第4号を購入。
森下直親氏の80年代ロボット物のコラムでは『トップ』が絶賛されてました。イラストではBM3内部で縮退炉を点火するシーン。何かもうこれだけで満足です。泣けるで!

『ルルR2』の小特集はメカがメイン。既出情報ばかりであまり中身はありませんでした。第1シーズンとの繋がりは番組を観て自分で確かめろ、ということなんでしょうね。
サンライズスタッフのインタビューによれば、日曜夕方にシフトしたのでメカ戦重視で行くとのこと。第1シーズンではやや物足りない気もしましたけど、あれ以上増やすとドラマパートで『ルル』らしさが減ってしまいそうな気がしてちょっと心配です。

『ガンダム00』の特集では前号に引き続いての考証担当者インタビュー。
「スローネはアレハンドロが作った」とか「トリニティはデザインベイビー」「GN-Xもアレハンドロが部品を手配し組み立てずに置いてあった」などの設定がポロポロ。トリニティはあちこちで「セカンドチーム」と言われてきましたけど、アレハンドロが作ったものなら実際はイレギュラーチームですよね。
他にも語られていない設定はたくさんあるようですが、水島監督や脚本の黒田氏を始め、スタッフは設定だけ作って満足している感があるのは気のせいでしょうか・・・。

009vinet_00

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.03.16

低年齢向けの劇場版商品はダブつきまくり

Classics_megatron_jp_00メガ様ゲット~♪
リボのTF新作回収がてら、昨日アキバ某所のラス1を確保してきました。他では見かけなかったので多分あの界隈のラストかと思います。
カッコイイですなぁ。ソッコーで完売してしまうのも頷けます。一時は諦めかけましたけど、手に入って良かったです。

・・・って、こういう風にオッサンが自分用に買ってしまうと、本来のターゲット層である子供の手には殆ど渡らないことになるわけで(苦笑)ごめんよ、子供達。
とはいえ、アニメ放送もTVCMもやっていないのに子供が興味を持つのかはちょっと疑問。『炎神合体エンジンオー』とかのほうが欲しいんじゃないかなぁ。

と、いうことでちょっと公式サイトを覗いてみると・・・ちゃんと『テレビマガジン』でマンガ連載されてるんですね。それなら欲しくなるかもしれません。逆にマンガをちょっと読んでみたくもあります。商品付属の小冊子と同じものかな?

これを機に小学館あたりがまたアメコミ版を廉価で出版してくれると有難いんですけどね。『X-MEN』の時みたいに。
ジャイブが出してる邦訳版は高くて手が出ませんから。紙質落として半額くらいにしてくれれば喜んで買うんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

#23 世界を止めて

『機動戦士ガンダム00』 第23話 「世界を止めて」。
トランザム・システム大安売り。あれじゃあ全然ありがたみもなければ使用後のリスクを背負って発動する緊張感もありません。
その上刹那はトランザムモードで急行して、現場に着いたときには稼動限界。はぁ?それはロックオンが仮に生きていても一緒にボコられる、ってコトですか?最悪の使い方ですわ。
アレルヤは相変わらずソーマに近づくと頭痛。『REBORN!』かよ!・・・というツッコミを入れる暇もあらばこそ。人格が変わることなくハレルヤ登場であっさり解消。超がつくほどのご都合主義。

ロックオン退場で悲嘆にくれている人も多いのでしょうが、私は全然泣けなかったなぁ・・・『IGLOO』なんかは毎回話の流れは同じなのにも拘らず泣けたのに。
そもそも長すぎるんですよ。テーマ云々じゃなくて今回は「ロックオンを殺すためだけの話」でしたから。
「よォ・・・お前等・・・満足か?・・・こんな・・・ガンダムで・・・。俺は、嫌だね・・・」

以下雑感。

I_am_gundam_01ネーナ遁走
独りで飛んでいってしまいましたが、行くところあるんでしょうか。留美が回収して第2期に黒幕の側近として登場?

GNドライヴのブラックボックス
トランザム・システムは案の定、ドライヴのほうに仕込まれていたシステムでした。
でもブラックボックスって・・・もしかして200年前の古いシステムだったりするんですかねぇ?ヴェーダにデータはなくとも、ごく一部の人間に情報が与えられていて定期的にメンテナンスしているとでも考えなければ使い物にならないはずですが・・・。
今で言うと、江戸時代の「からくり」がスーパーパワーを発揮している、ということになってしまいますからね。イオリアが知っているシステムである以上、200年前からトランザム・システムは存在していたということですし。

「機体に蓄積した高濃度の圧縮粒子を全面開放し、
一定時間、スペックの3倍に相当する出力を得る・・・」

赤くて3倍、今となってはアニパロにしか使われない陳腐な設定。たとえSF考証的にそうなった場合でもアニメの嘘で回避すべきなのに・・・。
「"赤くて3倍"は失笑を生むだけだって、わかれー!」

「フフフ・・・それは企業秘密ということで」
怪しいですねー。スパイ容疑をかけられてもおかしくないところ。・・・まぁスパイみたいなモンですがw

「接近する輸送艦はユニオンのバージニア級3隻と推定」
この世界には輸送艦と駆逐艦しか存在しない?つぅか、何で作戦に参加するのが輸送艦だけなの?

ロックオンの部屋をロック
ハロを取り上げておかなかったのはストーリー上・・・かな?抜け出すプロセスを省略するくらいなら、隔離しておいたハロがロックオンのところへ行く、っていうのも面白かったかも。

「やってやる、やってやるさ!」
ダリル・・・ついに『スパロボ』の雑魚パイロットみたいな台詞を・・・(涙)

「行けよ!ファング!」
ファングって誰でも使えるんですね。ドラグーンとかインコムみたいなモノなんでしょうか。増幅された脳量子波で操作するのかと思ってましたが・・・。
そうなると超兵のありがたみも薄れますねぇ。GN-X登場による機体スペックの底上げでソーマだけが極端に良い動きをしているわけでもありませんし、CBには量産型の雑魚MSが存在しないから一般兵を撃墜しまくる、ってこともありません。
2クールからのペースアップでセルゲイとの関係も全然描かれなくなってますし、最早アレルヤの当て馬でしかなくなってしまってます。
それなのに・・・

「脳量子波はオレが遮断してやったぜ」
こんなコトされるとソーマの存在意義が・・・。
超兵の設定自体が要らなかった気もしないでもなかったり。

「新兵器か?!・・・ふぇ?おわっ!大佐ァ~」
被弾ではなく隕石に当たって小破というのがコーラらしいところ。
頭だけ持っていかれてますから、次回はZザクのようにイナクトの頭を付けて出撃してきたりして。

アリーVSロックオン
兄さんブチ切れモードで、チンピラの喧嘩みたい。これにハレルヤでも入ればヤンキーガンダム一丁上がり。
それはいいとしても、相変わらず膠着すると第3者が割って入りますね。ガチでタイマン張って勝ってるのってハムくらいしかいないんじゃないでしょうか。・・・あ、ハムは今週出番ゼロでしたね。来週からハム祭り?

鍔迫り合い
このところGNビームサーベルとGNソードやGNバスターソードが切り結ぶシーンが多々ありますが、ビームサーベル側がガッチリ受けられちゃうのはどうなんでしょうねぇ。GN粒子の斥力等があるでしょうから、刃を受けるだけならいいとしても鍔迫り合いまで出来ちゃうとなるとGNソードやらGNバスターソードの存在意義は殆どなくなります。
GNソードやらGNバスターソードは実剣の性質を持たせるための装備なんだから、GNビームサーベルで同じことが出来たらあまり意味がありません。エネルギーがなくても使えるということと見た目の違いくらい。
まぁ鍔迫りしたほうが画としては迫力あるんですけどね。ビームサーベル同士でいいじゃん、という話です。
どうも近年巨大な剣がもてはやされるようになっちゃって、デザイン重視で装備させるもんだから動きとかがインチキなのが多いんですよね。根源は『ベルセルク』あたり?
エクシアはソードもブレイドも体ごと、腕ごと振り回してる感じで結構良い動きしてますけどね。

デュナメス大破
あれはやっぱり百式へのオマージュかな?

やらせはせんぞ、貴様如きMSにジオンの栄光をやらせはせん!
ドズルと違って背負ってるものがどことなく希薄なロックオン。家族を守るドズルとは逆に家族の復讐というネガティブなところがいけなかったんですかねぇ。もうちょっと鬼気迫るところがみられると良かったんですが。

さすがにノーマルスーツにシャッターはないでしょうから仮面を被っての復活はないと信じたいですナ。
全身義体化してそのまま登場したらもう笑うしかないところですけど。

逆にアリーは死んでない可能性もありますね。「予備パーツまで用意してくれるとは」っていう台詞がありましたし、上半身だけ残っていればまだ再生がききそうです。

「ロックオン・・・ストラトス・・・」
GNアームズの残骸の前で佇むエクシア。ドライヴからは粒子が放出されっぱなしなんですけど、あれではどんどん前進してしまうのでは?

『HG GNアームズ』が発売され、そのパッケージにはデュナメス用のGNアームズの描かれていたわけですが・・・登場した途端大破とはね、プラモ売る気はない模様(苦笑)ガンコレのシークレットにでもなるんでしょうか。
同パッケージにはナドレも描かれていて次回予告にあるシールドも身に付けていましたが・・・それも次週大破でしょうか。『HG ガンダムナドレ』に武装が付属しなかったら大笑いですね。

次回予告
刹那を押し倒すティエリア。へぇ~、今度はティエ×刹ですか(笑)
00_23_00

怪しげなMAにはやはりアレハンドロが搭乗するんでしょうね。
ソーマとアレルヤの間にも決着が・・・かな?相討ちっぽいですけど。
第1期では全員死んで、第2期は主要キャラ総入れ替えだったりして。

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2008.03.14

バンダイから招待状

魂ネイション』のプレオープニングレセプションに招待されました。
ご招待有難うございます>バンダイ・・・の代理店様

公式HPの抽選招待(30名)とは別に、ホビーサイト・ブログの管理者がランダムに招待されているようです。サイトの実績で選ばれているわけではないのがポイント。そうでないとウチみたいに文句ばかり言ってるブログは選ばれるわけがありません(笑)

レセプションでは物販が行なわれない(←残念!)代わりに、一般公開日では禁止されている写真撮影が可能になっています。このあたりがホビーサイト主催者招待される所以なんでしょうね。
折角なので会社帰りに寄って新作を写して来ようかと思います・・・が、レセプションが平日なのが問題でして。招待権獲得通知のメールから招待券が手元に届くまでの間に、19日の夕方に会議を入れられちゃいまして(涙)レセプションが20:00までしか行なわれないので下手をすると間に合わない可能性も・・・。なんでこうウチの会社はいつもいつもピンポイントでバッティングさせてくるかなぁ。

Tamashii_nation_invitation_00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.13

メガ様、買えず(T-T)

TF人気をちょっと侮っていました。
仕事を終えて20時頃SHOPを廻ったのですが、どこにもメガトロン様の姿はなし。コンボイやスタースクリーム、リジェでさえ殆ど残っていないような有様でした。昨日「土曜まで残ってるかも」と書きましたが、比較的在庫量の多いバンブルとグリムロックでさえ残っているか怪しく思えてきました。追加納品でもあるといいのですが・・・。

Yotsuba_and_mirage_00あちこち廻って、やっとリジェとスタースクリームを確保。メガトロンが手に入らなかったのでコンボイはスルーです。再販されたときにでもメガトロンとセットで買います。・・・再販まではメガトロンにプレミア価格がつくんでしょうねぇ。

昨年発売した劇場版のトイも今では殆どがプレミア価格。『バイナルテック』や『キスぷれ』は結構ダブついてたキャラも多かったんですがねぇ。復刻版もコンスタントに売れていることからすると、オリジナルからのモチーフ変更がいけなかったと見るべきなんでしょうか・・・?

『変形!ヘンケイ!』のシリーズも劇場版と同程度の出荷量、同様の販売戦略だとすると、1回再販されたらオシマイでしょうからそのうち値段も上がることでしょう。
それを考えるとパッケージは綺麗に取っておくのも手ですが・・・今回のブリスターパックはいつになく太いテープでベッタリとシールしてあるので相当丁寧に剥がすがカッターでも使わないと、あっという間にボロボロになります。・・・現に、なりました(涙)
まぁ箱やブリスターは殆ど処分しているのでね、今更1個取っておいたからといって何が変わるわけでもありません。どうせ売ることなどないでしょうし。・・・・経済的に困窮することのない限り。
もし仮にそうなったとしても、所持品を多少売ったところで何の解決にもならないでしょう、きっと。
そういうわけで、玩具は開封して遊ぶに限ります。

・・・ただ、『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』は海外版と違ってメッキパーツがあるので、指紋がベタベタついちゃうのが難点なんですよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

今週はスタスク2種発売

『トランスフォーマーCLASSICS(国内版)』の発売日をすっかり忘れていました。
Amazonから入金の要請があって気づいたからいいものの、全部量販店で買う気だったら手に入らなかったかもしれません。危ない危ない。バンブルとグリムロックだけは確保しようと注文しておいて良かったです。
注文していなかったリジェとスタスク、コンボイにメガトロン様は明日以降店頭で探してみます。アキバのヨドバシあたりなら土曜あたりまで残ってそうな気がしないでもありませんが・・・こんなことなら注文しておけば良かったかな。最近手に入らないものが増えてきてるので、高くても手に入るだけマシなのかな、と思い始めてます。

トランスフォーマーと言えば、終わったと思っていた『バイナルテック』の新作も出るようですね。車種は既出のRX-8とインプレッサWRX。いわゆるバージョン違いです。
フィーチャーするキャラはマイスターとストリーク。マイスターは昨年の劇場版に登場しましたが、1年経ってから出しても効果は薄いような・・・映画の劇中でも悲しいことになってましたし。商品のほうは劇場版でのカラーを採用するとの事です。白いほうがカッコいいのになぁ。

・・・とりあえず、『鉄人28号 白昼の残月』の限定版はさっさと予約しておこうっと。
あとはfigmaのルル。またマフラーが付属するということなのでもう1個貰っておこうかな、ということで。今度はカーキーグリーンが欲しいな。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.11

花粉の時期なのに外出が多い・・・

GUNDAM WAR BIG WAVE ~ 10th Year !!~』が次の日曜、『魂ネイション』が来週の木曜から、『東京国際アニメフェア2008』がその次の週末、という具合に月末まではイベント三昧。どれも行きたいんですけどね、まだちょっと検討中。

『ガンダムウォー BIG WAVE』については開催地がちょっと遠いので・・・というか、定期が効かないところなので交通費がちょっと厳しいです。当日配布のカードが欲しいのですが、交通費と時間を考慮するとショップで買ってもさほどコストパフォーマンスは変わりそうにありませんし・・・何しろ今からデッキを組む時間が取れなそうです。

『魂ネイション』は前売りが確保できなかったので早朝から並ぶことになりそう。開催地がアキバということもあって今回は前回以上に混みそうです。一応限定品のネット通販もあるようですが、前売券同様一瞬でなくなりそうですからね、頼れません。
12,000個用意されるそうですから各日3,000個の販売。朝から並んでれば多分大丈夫なはずですが・・・。カリスだけは押さえたいです。
どうせ連日並んで転売用に何個も買う人もいるんでしょうね。

『東京国際アニメフェア』についてはイベントの詳細がイマイチよくわからなくて・・・参加企業の個別サイトでは情報が公開されているんでしょうけど、オフィシャルが充実していないのでいちいち個別にチェックなどしていられません。まぁまだ時間もあるのでもうちょっと様子を見てみますが、『グレン』だけのために行くのもちょっと・・・『00』の映像はどうせ当日中にHOに公開されるでしょうからわざわざ見に行くこともないでしょうし。

とりあえず15日(土)だけはホビーロビーに行くことが確定。予約しておいたリボのホットロッドとスタスクを引き取ってきます。
カスタムペイント版が当たるといいなぁ。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.10

劇場版『グレンラガン』ですと?!

『Newtype』4月号を買ってきました。
適当にページを開いてビックリ。劇場版『天元突破 グレンラガン』の記事が!
今秋公開予定。
ベースは総集編のような形になるようですが、そこらの総集編とは違ったものを見せてくれることを期待したいです。
東京国際アニメフェア2008で追加情報があるとか。『00』の最終PVの上映や『xxxHolic』のイベントもあるようだし、行っておいた方がいいのかな?

春の新番組として『絶対可憐チルドレン』もアニメ化。
薫:平野綾、葵:白石涼子、紫穂:戸松遥、光一:中村悠一というキャスティング。まぁ悪くないかな。若手ばかりなのがちょっと心配。作劇でよっぽど頑張らない限り『GS美神』は超えられないでしょうね。
テレ東日曜朝10時ということは『ハヤテのごとく!』の後番?もう少し続くかと思ってたんですが、意外と早く終わっちゃうんですね。

シゴフミ』『墓場鬼太郎』『デルトラクエスト』も終わっちゃうんですね。面白かったのに。
『デルトラ』はやりつくした感じがありますけど、『シゴフミ』と『鬼太郎』はもうちょっとやって欲しかったです。残念。

ルルR2』も放送直前でイロイロ設定公開。
「バベルタワーでは捕らえられたイレヴンの少女達がバニーガール姿でブリタニア人を接待している。逃亡防止のためか、手錠に鎖が痛々しいこのバニーガールズの中にカレンもいる」
何とインモラルな!コレ、日曜の夕方になんて放送していいんでしょうか(笑)
そしてヴィレッタはアッシュフォード学園の教師に。エクソダスでもしそうな感じですw

誌上通販の長門Pinkyは・・・本人とは似ても似つかぬ酷いアイテム。もっとも、Pinkyはコラボするキャラと似ている物自体稀なんですけどね。それを差し置いても酷いです。
長門としてはゴミ屑のような出来でも、交換用ボディとしては何の問題もありませんからオプションパーツとして割り切るのが正解なんでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.09

広川太一郎氏、逝く

先週3/3、広川太一郎氏が亡くなっていたそうです。
二枚目から三枚目までこなす幅広い芸風で多くの作品に出演し、メイン/サブを問わず強烈な存在感を残す方でしたから、名前を知らなくとも声を知っているという人も多いのではないでしょうか。
shamonさん、青の零号さんえのっちさんも記事にされていますが、やはり皆さんそれぞれに思い入れがあります。多くの人の心に残る名優でした。
享年69歳。早すぎる逝去が惜しまれてなりません。

私の中では広川氏といえば『名探偵ホームズ』。映画をあまり見ていない年齢でしたから、取っ掛かりはアニメでした。
時間があるときにでもDVDを見直したいですね。

昨年の戦隊ヒーロー『獣拳戦隊ゲキレンジャー』では、香港の映画スターをモデルとしたキャラには映画の吹き替えと同じキャストが配され、カンフー映画ファンを喜ばせました。マイケル・ホイの吹替え担当の広川氏も当然その中に入っており、名調子を披露してくれたものでしたが、まさかそれが遺作となろうとは・・・。

心より御冥福をお祈りします。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2008.03.08

#22 トランザム

『機動戦士ガンダム00』 第22話 「トランザム」。

わかってはいても最低の選択肢を選ばれるとガッカリです。

00_22_00

これじゃあCBのガンダムと全く同じMSが「これはフラッグという名前のMSです」という形で提供されたら(少なくとも上層部が「新型のフラッグだ」という扱いにしてしまえば)そのまま乗るということじゃないですか。GN-Xに乗らなかった理由が一気に希薄になりました。
「隊長に合わせる顔がない」と凹んだダリルの気持ちは完全に踏みにじられてますね。最悪です。偽善者グラハム。

以下雑感。

Dr.モレノ
風貌が怪しすぎ!モグリの医者に違いない!<外見で人を判断してはイケマセンw
『W』の奇天烈な科学者達の中にいてもおかしくないと思いマス。
それはいいとしても、ブリッジクルーとマイスター、おやっさん以外の存在感ゼロのトレミーの中に忽然とキャラを出現させるのはやめて欲しいですね。あれでは御都合主義で「居たことにした」ようにしか見えません。

『00F』の中でトレミーにいることが語られましたが、別媒体を見ないとわからないというのはいけません。
『00』は間違ったメディアミックス展開をしているんですよね。「別媒体を見ると本編をより楽しめる」ではなくて、「別媒体を読むことが前提。でも読んだからといって本編が楽しめるわけではない」という具合。
今後もこの体制が崩れることはないんでしょうね・・・。

「それにな、俺が寝てると気にするヤツがいる」
どうぞどうぞ、ロク×ティエ本、どんどん出してください(笑)

「作戦名は”フォーリン・エンジェルス”」
既知感があるネーミングだと思ったら「エンジェルダウン作戦」でしたw
どちらもセンスないですね。

「見ての通り、突貫作業でやっている」
全く違う動力を突貫作業で組み込むなんて、何というMADぶり>ビリー
多少は独自の解析をしているとはいっても、出所の怪しい資料しかないのに。
言ってみれば、町の自動車工場で「原潜の動力炉が手に入ったからキミの車のエンジンと交換しておいた」というのと同じ。
下手するとハムは出撃した途端に爆発四散ということにも・・・。
どっちかというと、GN-Xの装甲をフラッグ風に換装するほうが安全な気がします。

ガンダム強奪
実はガンダムシリーズでは結構ガンダムの奪取劇というものは存在するんですよね。
でもSEEDシリーズで食傷気味だったところにまた重ねてくるものだからかなりウンザリです。

♪ハクオロ(ヘイ!)浪川(ヘイ!)要りません(なんでよ)
シナリオ上の用が済んだらすぐに始末。無駄を作らないシナリオ設計。・・・もっと他の無駄もなくせなかったのかは疑問ですが。最たる無駄は第1クーr・・・ゲフンゲフン。
ネーナが残ったのは客寄せパンダ?

ガンダム史上、MS戦以外で死亡したパイロットも珍しいですね。ラスティみたいにパイロットとしての顔が殆ど描かれなかったキャラと違ってちょっと可哀相です。ヨハンの台詞からするとマイスターになるためだけに生み出された試験管ベイビーのようですから、更に哀愁も増し・・・増し・・・うーん、それほどキャラは描かれていないから「同情するぜ、可哀相になぁ!」以上の感情移入はしづらいですねぇ。
年明けのイベントでは2人とも「生き残りたい」って言ってたのになぁ(苦笑)

「アリー・アル・サーシェス?何故だ、何故貴様がガンダムに!」
状況を認識できていないのに何で刹那はドライを助けたんでしょう?

「世界を変えるのはこの私、アレハンドロ・コーナーだ」
第2クールは物語がジェットコースター的に加速、とは監督の弁ですが、アレハンドロの小物ぶりもジェットコースター的に加速・・・。すっげーチープなんですケド。

イオリア・シュヘンベルグ
普通に戦争根絶を目的としている人のようでした。と、なるとエイフマン教授が消される理由となったCBの「本当の目的」とはアレハンドロの計画?それとも・・・?

トランザム・システム
「K.I.T.T.ォ、ターボブーストだ!」「はい、マイケル。」

TRANS-AMシステム。発動時間が午後だとTRANS-PMシステム(嘘
・・・っていうか、ガンダムのコントロールって既にヴェーダからは独立しているのでは?仮に機体制御に同じ仕組みを利用しているにしても、ヴェーダ主導で発動するのはおかしいです。イオリアのメッセージがヴェーダと別のシステムだとしても、ガンダムの制御の基点はトレミーなわけだし。
もしかしたらCBで使用している全周波数へ同時発信をしてる?イオリアの声紋で特定のキーワードを受信すると起動する仕組みであるとか・・・それならトレミーに残ってる連中がイオリアのメッセージを聞くことができているのも納得です。

トランザム・システムがMSの制御システムの機能なのか、GNドライヴ自体に搭載された機能なのかは関係なく、ヴェーダの制御下にないシステムで動作するわけだから、今後誤作動を起こす可能性もあるんですよね・・・。

まぁいずれにせよ今後も機体性能だけで勝ち進んでいくことになる『ガンダム00』。
チームワークが生じる要素はあるものの、「強力な機体に乗っているから強い」だけだとつまらないですね。壁を乗り越える要素がないと。そういう点では連合の姿勢を見ていればいいとしても、主人公側への興味は薄れていくばかりです。
ただ、あの機体のスピードに刹那がついていってるとは思えないんですよねぇ・・・自動操縦ってことはないとは思いますが・・・。
まさかGN粒子とはタキオン粒子のことでクロックアップしてるだけとか・・・だからヴァーチェはキャストオフできる?(えー

「君達が私の遺志を継ぐ者なのかはわからない。(中略)GNドライヴの全機能を君達に託したいと思う」
ええ~っ!?
何と無責任な。もう自分は死んじゃったからどうでもいいや、ってコトですか?

とりあえず、戦闘中、メインモニターのド真ん中にデカデカと爺さんの映像出てきたら邪魔でしょうがないと思います(笑)

次回予告
コクピットユニット交換が必要なはずのデュナメスでロックオンが出撃してる?あー、アニキ死ぬのかー。
ネーナが増えて枠が足りなくなったから1人消す、と(えー
若手ばかりが残って中堅がいなくなると安っぽい芝居になっちゃいそうで怖いですね。残り何話もありませんが。
目の負傷は鷹の目を装備させる伏線じゃなかったのか(えー

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2008.03.07

あら、クマさん。

昨日は折角の休みも朝から台無しでしたが、今日は気を取り直して出社。悲しみを怒りに変えて、立てよ!国民よ!!てなモンです。
働かざるもの食うべからず。生きていくには働かねばなりません。悲しいけど、コレ、現実なのよね。


先月末に買ったホビー誌を見直していると、今月発売(3/26)のガンダムデカールに気になるパーソナルマークを発見。
Sergei_marking_00顔に傷のある熊のマーク。
これはもしや「ロシアの荒熊」、セルゲイ中佐のマークでは!?
二つ名に反してあまりにもファンシーなクマさん。中佐かわいいなぁ(笑)
ジャンポールみたいw

戦闘機のマーキングは絵心のある兵士が自ら描いたとかり、美術学校の生徒に描いてもらったりとかするようですが、これは中佐本人が描いたとはちょっと考え難いトコロ。その辺は頓着しそうもない人ですからね、人任せにして、出来上がってきたものに対して文句も言わずただ頭を掻くするばかり・・・やっぱりちょっとカワイイおじさんです(笑)ソーマが描いてたりすると更に和み度アップ。
中佐専用ティエレンのキット化が待ち遠しいです。



昨日は悲しみに打ちひしがれながら1/144アストレアを組み立てました。
積みプラ1体+積み付録1個消化。
Hg_astraea_04肩アーマーが白いだけで殆どエクシアと変わらないのにイメージが全然違います。すっきり纏まった感じでカッコイイです。
エクシアは13話で「白いMS」って言われてましたけど、「白いMS」って言わせるならこれくらい白くないとね。

このガンダムアストレアは『HG ガンダムエクシア』に『電撃ホビーマガジン』2008年2月号付録のガンダムアストレア改造パーツを組み込んだものです。GNドライヴと頭部、肩アーマー、腰アーマーがエクシアとは違っています。

アストレアの武装はプロトGNソードやプロトGNランチャーなどがありますが、所詮は雑誌付録なので、キットには武装は一切付属していません。
唯一の武器はエクシアとの共用パーツである腰のGNビームサーベルなんですが、エクシアに付属するのは白ランナーのビーム刃一体成形のものが1振りのみ。あとは柄だけなんですな。
なのでクリアのビーム刃はヴァーチェから拝借してます。

ちなみに、ウチのヴァーチェは武器だけは全部組みあがっているものの、本体は手付かず。ある意味「武器セット」になってます(苦笑)
ただ、『HG00』シリーズのガンダムではクリアパーツのサーベルが付属してるのってヴァーチェだけなんですよね。
ヴァーチェ重宝しますわ。

Hg_astraea_05まぁ武装は少ないものの、ベースとなるキットの出来が良いだけに、弄ってて楽しいです。腿にロール軸でもあれば尚良かったかな。多分1/100では動くようになってることでしょう。エクシアの金型流用商品ですからね。

このところガンプラの新作は金型流用ばかり。作品的に同型機が多いこともありますが(これもスポンサーの意向なのかも?)、これでもかという流用祭り。兎角SEED系は酷いモンです。
ここまで来ると「こんな機体までキット化するのか」という驚きよりも、「またか」という気分になります。出すべきものはまだたくさんあるでしょうに。
でもそれなりに売れちゃうというのがガンプラなんですが。

どうせ流用するならアストレア同様、サダルスードやデュナメストルペード、アヴァランチエクシアなんかを出したほうが売れそうな気がします。そろそろ放送終わっちゃいますが、第2シーズンまでの繋ぎとしてちょうど良いのではないでしょうか。
新規造型になりそうなアブルホールやプルトーネは第2シーズンが終わってからですかね、どうせ本編に登場するパワーアップ版のガンダムたちが優先して立体化されるでしょうから。

Hg_astraea_02Hg_astraea_03



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.06

朝からブルー

会社を休んで「魂NATION」の前売券を購入・・・しようとしたのですが、買えず。
なくなるの早すぎます。

・・・はぁ、なんかもうどうでもよくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

イナクトはいつまでたっても出ない<買わないけど

昼間ちょっと外に出ただけで目が痒い痒い。嫌な季節になりました。
今年は更に黄砂も飛来しているそうで、黄砂は花粉アレルギーを数倍酷くするそうです。・・・ずっと引きこもっていたい。

さて、今月のガンプラ出荷予定日が発表されました
来週には、登場早々にGNアームズが発売。この手の商品は旬のうちに売っておかないといけませんからね・・・あれ?「1/144 HG GNアームズ+ガンダムエクシア 最終決戦仕様(仮)」・・・「最終決戦仕様」?
「(仮)」と書いてあれど、それはネーミング上の問題ですからね、最終決戦仕様には変わりないわけで。第1シーズンで最終決戦をするということは、第2シーズンは・・・回想?(笑)
どうせまた新しいガンダムが出てくるんでしょうけどね。刹那やティエリアはそのままエクシアとヴァーチェに乗り続けそうな性格ですが、リアル世界のスポンサーがそんなこと許すはずもなし。どうなることやら。
とりあえず、GNアームズに付属するエクシアは既出のエクシアとは違うものらしいです。ミーティアのときみたいに成形色の色味が違うとかってことなのかもしれませんが・・・。

今月の新作では『HCM-Pro ティエレン地上型セット』くらいしか購入予定はありません。『SUPER HCM-Pro シャア専用ザク』はちょっと様子見。高いので。『HGUC νガンダム』も然り。

『HG オーバーフラッグ』は迷ってます。本編でもう登場しないような気がしますし・・・オーバーフラッグスは結成後に2人死んで10機のGN-Xに乗るのにちょうどいい人数になっちゃいましたから、先週出たユニオンのGN-Xはオーバーフラッグスの連中が乗ってるんでしょうしね。
頼みの綱はハムのみ。カタギリがハムフラッグにGNドライヴ取り付けるとかいうMADぶりを発揮しないことを願うばかりです。
「グラハム、あくまでもきみはGN-Xには乗らないつもりなのかい?」
「言ったはずだ、男の誓いに訂正はない、と」
「フフ・・・きみらしいね。そういうと思ってきみのフラッグにGNドライヴを積んでおいた。」
「ありがたい、出撃する!」
・・・とか言って慣熟訓練もせずに出撃してしまいそうな気がしないでもなかったり(汗)
「何という性能だ。これならやれる。見ていてくれ、ハワード・メイスン!」
なんてね。ハムが言うと正当化されてしまいそうなところが怖いです。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.04

四肢が落ちるのは致命的

ガンダムアストレアのプラモが発売されるそうです。
去年『電撃ホビーマガジン』にHGエクシアをアストレアに換装するパーツが付属しましたが、武器は全く付属していなかったので残念に感じていたので、きちんとしたキットの発売は嬉しいところです。アストレアはオーソドックスにカッコイイですからね。本編に出ていないのが不思議なくらい。
惜しむらくはサイズが1/100であること。1/100はかさばるのであまり買いたくないんですよね・・・。確かに1/144で出しちゃうと電ホの改造パーツと被って非難の声が上がるのは目に見えていますから仕方のないところではありますが。

まぁ『SEED』の時もアストレイは1/100を買ってますし、女神アストレアはアストレイアとも呼ばれますから「アストレイ」繋がりで買うのもいいかな(えー
買うのなら発売前に1/144も組んでおきたいところですが・・・。もっとも、他にも積みプラはだいぶ溜まっているのでどんどん消化していかないといけないんですけどね。MGゴッドやMG×骨は作りかけのまま放置してあるし・・・(汗)


Gff_fag_kyoshiro_00さて、暫く放置してあった『G.F.F. フルアーマーガンダム(Blue Ver.)』を開封しました。当初の予定通り、デカールはプラモ狂四郎用を採用。青いのはやっぱ狂四郎のガンダムでしょ。
今となってみれば、青いカラーリングはブルーデスティニーにも見えますね。

素体のガンダムにアーマーパーツを被せる仕様となっているこの商品、組み立ててもパッケージ写真のようにはならないのが不満です。ベースのガンダムのパーツを隠せてない部分がちらほらあるんですよね。
可動自体はフレーム機構の採用で『G.F.F.』としてはなかなか広いものをもっています。腰アーマーのヒンジが短いので脚を動かすとすぐに外れてしまうのが残念(個体差だと思いますが)。
アーマーを装着しても可動範囲は殆ど変わらす、アーマーパーツもポロポロ落ちるようなことも少ないのですが、肩と股間の接続がユルユルで、腕ごと、脚ごと、ゴロリと落ちます。これはかなりストレス溜まります。
首や胴のジョイントも甘めなのでちょっと動かすだけでバラバラになりやすいです。
これは換装ギミック殺して固めてしまったほうがいいのかもしれませんね・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

ゲーセンから財産介入

Scm_exia_00ゲットし損ねていたプライズの『S.C.M. エクシア』をゲット。
会社帰りに寄った店で630円で売ってました。2種類のうちの、GNソードは付属していないタイプですが、安く買えたので概ね満足です。

不満点はGNビームサーベル&ダガーが太くて大雑把なこと、GNロングブレードが短いこと。特に後者はこのアイテムの唯一の特徴的な武器なのに、迫力がなくてガッカリです。本体のサイズが一回り小さい『MIA』よりも短いですから。ブレード部分は1.5倍くらいあってもいいと思います。
『MIA』は総じて武器が大きめに作られているので、GNソードとかも『MIA』から流用するのがいいのかも?

『S.C.M.』はZガンダム以降、クオリティはかなり上がってますねー。市販品の『MIA』シリーズなんかよりよっぽどいいです。ただ、ザクなんか店によっては3,000円以上の値段がついちゃってますけど、さすがにそんな価値はありません。どれもいいトコ1,500円ですね。所詮はプライズです。
まぁそういうこと言ってると、店頭で見つけても予算的に合わなくて入手しそびれることになったりするんですが(苦笑)

『S.C.M.』は毎回この調子ならプライズにしておくのは勿体無いですね。
定期的に量産して欲しいものです。

Scm_exia_01 今後のラインナップはエクシア&デュナメス、Z&百式、グフ&ザク。それぞれ「再収録のMS+新作」という組み合わせ。中でもザクは一般的なグリーンのカラーリングなのが嬉しいところ。グフとザク2体でラル隊にするのも面白そうです・・・ザクを入手するのが難しそうですが。
この他にもガンダムとリアルタイプカラーのザクも出るんですが、ガンダムはプロポーションにかなり独特のアレンジが加えられているので、実物を見てからでないと何ともいえません。
とはいえ、今後も楽しみなシリーズです。他の商品も見倣って欲しいものです。特に『MIA』。
最近はやっつけ仕事的な感じになってますからね・・・。出せばいいってものではないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

早く起きても昼寝てる

珍しくこの土日は自宅待機。
このところ疲れが溜まっていたので殆ど寝て凄しました。寝たくて寝てるわけではないんですが、ちょっと気を抜くと意識がなくなっているという・・・だんだん病気じみてきてます(汗)
ガンダムの感想は疲れます。いろんな意味で。

『ゴーオンジャー』3週目。面白いですねー。
「正義のミカタ、だーからさ」等、レッドの発音が時々おかしくなるのはちょっと気になりますが(まさか、レッド吉田のリスペクト?<えー)、ブラックの生え際ほどではありません(笑)
変身後の見得を練習する戦隊なんて、シリーズ初めてなんじゃないでしょうか。
とりあえず、ベアールVにハマりつつある今日この頃。「ぶいぶいぶいぶい!」

『仮面ライダーキバ』はザンキさん(<違)の登場で先週から俄然面白くなりました。過去編だけ。現代編はテンポ悪すぎます。多分これは役者の問題。
キバのフォームチェンジも見た目があまり変わらなくて面白くないし、現代パート要らないんじゃ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.01

#21 滅びの道

『舞-乙HiME』 第22話 「ホロビノウタ」。
呪詛の黒曜石の力を得たワルキューレ部隊に苦戦するアリカ。
その上、ハルモニウムを起動したニナまでもが現れる。
マシロが捕らえられてしまい、窮地に陥るアリカたちを救ったのはミユでした。

『機動戦士ガンダム00』 第21話 「滅びの道」。
擬似GNドライヴ搭載MS、GN-Xを得た国連部隊に苦戦するソレスタルビーイング。
その上、ヴェーダのバックアップがカットされ、ガンダムのシステムがダウンしてしまう。
ロックオンが負傷し、窮地に陥るマイスターたちを救ったのはGNアームズでした。

・・・・・・。
・・・。

以下雑感。

死亡確認!
結局何事もなく死亡。先週の長い引きは無意味でした。いや、むしろ残酷さを消しちゃったから逆効果。
「人、それを蛇足と言う。」

「コーナー家はこのときのために200年以上も待ち続けてきたのだから」
『ガンダム00』って『ガンダムUC』と同時期にやっちゃいけない作品だったのでは・・・?

ヴェーダ
何だかD.O.M.E.みたいですな。
それにしても、月なんて一番身近な天体で現代に生きる人々にとって興味の対象ですからね、300年の間には徹底的に調査されてそうなものですけど・・・西暦にしなければ「灯台下暗し」で済んだかもしれないのに。

「トリニティを退けた部隊の映像を出して」
いつもながら映像はどこで撮ってるんでしょうねぇ。今回はスローンズの機体から取得した映像ということで説明はつかないこともありませんが・・・。

「彼の役目もここまでか」
ラグナ・ハーベイ死亡。意外と小物でした。こんな人物が今までよく暗躍できたものです。
ラグナの手腕はまったく見えず、想像するしかないものだから、アレハンドロの力の強さが全く引き立ちません。

新喜劇俳優コーラサワー
00_21_00

夫婦漫才カップルが退場した後はコーラの独壇場。
『00』のジャンルは「戦争コメディ」ってことでOK?不謹慎な作品ですなぁ。
一方、マネキン大佐は作戦司令官に就任。かなり有能なようです。

タレコミきっかけであっさりと三大国家の連合は成立してしまいました。
劇中では三国間の戦争はまったく描かれていない上に、パイロット間の確執もないようだし、地球の国家は平和なようです。
・・・が、ラストで各国のトップが不穏な思惑を持ち始めていますからね、戦争根絶を唱えるCBの介入対象は自らが引き起こした世界規模の戦争といいう結果になりそうです。自作自演もいいところ。

「フラッグを降りた意味も、隊長にあわせる顔もなくなる」
死亡フラグだと思ったんですけどねぇ、この台詞。さすがに当日には死にませんでした。ですが、ダリルの命もあと5話?

「システムの構築具合は?」
システム構築・・・MSの運用をサポートするようなシステムなんて、そうそう簡単には作れなそうな気もしますが・・・メインで作業するのは1人なわけだし。しかもヴェーダのシステムは流用できませんからね(ヴェーダに繋がってる端末で作業しているのがナンセンスですが)・・・一体いつから作ってたんでしょう。クリスって実はコーディネーター?
・・・っていうか、今後はデバッグもロクにしてない個人用ツールみたいなOSを運用することになるんですよね、今後は。設計書とかもなさそうだし、クリスの身に何かあったらオシマイですな。

そういう点ではGN-Xなんかも、しかるべき機関での試験・運用実績がないのに前線投入するなんて、いくら切羽詰ってても考えられない行為だったりするんですけどね。
ある意味GN-Xのパイロット達は全員モルモット。ハムの選択はパイロットとしては正解なんですよね。

「これ、お酒じゃないですか!」
このピンクの容器、怪しいアイテムに見えるんですが(苦笑)

「最近、やわらかくなってきたわね、フェルト」
確かに今までは笑うことはありませんでしたけど、物腰のギャップはあまり感じられないんですが・・・。
何でもかんでも説明台詞で済ますのいい加減やめて欲しいです。

「知ってるさ・・・。誰だってミスはする。」
ミス・スメラギの「ミス」って女性敬称ではなくて「失敗」のほうでしたか!コードネームじゃなくて蔑称だったのネ(笑)

「こっちへきて、ソラン」
突如として挿入されるマリナとの邂逅シーン。、マリナの台詞も妙にエロくて、最初は画面見てなかったので何なのかと思ったら夢オチでした(笑)
もうマリナはこういうところでしか登場できなくなってきてるんですね。
それにしても、刹那がマリナにこだわる理由が全然わからないんですけど・・・ホントに一目惚れ?

「ヴェーダからのバックアップが?!」
バックアップがカットされると操縦不能になるガンダム。機体制御の中枢となるソフトウェアはガンダムには搭載されていないんですねぇ。確かにそれなら機体を奪われても簡単に使われることはないでしょうから。
でも無線通信なんて傍受解析の危険が常に伴うわけですけど・・・。

「予定通り、こちらのシステムに変更!」
あれ?80%しか出来てないんじゃ・・・?
この後の会話はシステムが完全であるかのように進められていくのは不自然なんですけど、コンソールに突っ伏していた段階で完成していたの?
『00』は時間経過がわかりづらくて困ります。

GNアームズ
高機動大火力兵器登場。砲術士ラッセがやっとモブから準レギュラーに昇格しました。
当面はエクシアとの合体のようです。以前にも書きましたが、機体コンセプトを殺す合体をするなら、始めからエクシアなんて出さなければ良かったように思います。エクシアでなければいけないミッションなんてなかったわけだし(ナレーションで済まされた部分にはあったのかもしれませんが・・・)。

「ロックオン、フショウ!ロックオン、フショウ!」
ラッセと交代だったらもう苦笑するしかないところですが、まぁそんなことはないでしょう。
スメラギさんの台詞からするとモレノ医師はトレミーにはいないようですので(フォンの治療でどこかへ行っている?)、ロックオンは暫し退場、ということになるのかもしれませんね。

「僕を・・・かばって・・・ロックオン・ストラトス!」
「俺→僕」と変化してきたティエリアの一人称。これを機に「私」に変化するかも?
17歳になると自ら性別を選んで成人する・・・ティエリアもロックオンを愛することで女性に・・・あれ?どこのシムーン?(笑)

「素晴らしい戦術予測だ。さすがはスメラギ・李・ノリエガ」
これって戦術予測なんですかねぇ・・・?タイマー起動でシステム変更をやったならともかく、どっちかというと戦略予測の範疇に感じますが。
この様子だと戦略レベルの作戦立案は別の人物がやっているというわけでもなさそうですね。単純にヴェーダからの指示待ちだったら馬鹿馬鹿しいにも程がありますけど・・・?

「ガンダムの時代は終わった。これで世界は変わる」
小太りのオッサンの顔で幕引き。ビジュアル的なエンターテイメントとしては最悪です(苦笑)
台詞バックにマイスター連中の顔でも出しておくだけでいいのに。

次回「トランザム」。
ついにナイト2000登場。
「ヒャッホォ~ゥ♪」<CV:佐々木功
・・・・・・。
「トランザム」だけでこのネタがわかる人って『00』の視聴者にどれだけいるんだろう・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (17)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »