« #17 スローネ強襲 | トップページ | 合金タチコマが欲しくなる »

2008.02.03

王様カッコイイ

久しぶりに関東はまとまった雪。
基本的に首都圏は雪に対する対策がないのでちょっと積もるとすぐに影響出ちゃうのが困ります。
明日の通勤に響かなきゃいいけど。

先日買ってきた『ムゲンバイン』の新作、ムゲンファラオを弄ってみました。
通常ラインナップとは異なり、食玩でのリリースとなった今作ですが、食玩にしておくのは勿体無いくらいのクオリティ。実は通常商品は買ったことないんですけど、ちょっと興味がわいてきました。

組み替えてイロイロ遊べるのが良いですね~。文字通り無限バイン。
シールで殆どの色を賄えるのもポイント高いです(下の写真は部分的にガンダムマーカーで塗っています)。
難点は組み方によって関節の強度が不足することくらい。
ちなみに、私が買ったものは、ムゲンラーの組立説明が箱に印刷されてなくてシール貼るのにちょっと手間取りました。

Mugenpharao_00

昨日今日で『2nd GIG』の本編チェック完了。またしてもタチコマに涙。
TVシリーズとは思えないほどクオリティ高くて面白かったですが、どちらかというと第1シーズンのほうが好みですね。全体的なストーリーの構成の仕方において、というところですけど。

|

« #17 スローネ強襲 | トップページ | 合金タチコマが欲しくなる »

コメント

こんばんわ~。
ムゲンバイン、なんかすごそうですね。
写真がいいせいもありますが、とても食玩には見えません。
何代目かのファラオガンダムだと言われても納得しちゃいそう。

>またしてもタチコマに涙。
そして家にタチコマが増えていく人がまた一人…?(笑)
ちなみに私のタチコマはしばらく家に来そうもありません。

>どちらかというと第1シーズンのほうが好みですね。
謎解きという要素では1作目のほうが引っ張り方がうまいですが
2作目ではキャラの心情描写や物語の複雑さが増すことによって
作品世界がより深まっているとも言えます。
その分だけ、割り切れない部分も増えるわけですが。

その割り切れなさをどう料理したかが、実は攻殻SSSにおける
ひそかな見どころかもしれません。
押井版攻殻と比べてみるのもオススメです。

投稿: 青の零号 | 2008.02.05 00:32

青さん、どうもこんちわっス。
ムゲンバイン、豪華に見えるのは5体合体だからです。1体300円ですから全部で1,500円。それなりのコストがかかってますので、見栄えがしてくれないと困ります(汗)
あと、アヌビス神をモチーフにしたロボットって殆ど存在しませんので、新鮮というのもありますね。

>作品世界がより深まっている
1期で「9課らしさ」を見せておいて、2期目で各キャラと世界の掘り下げる。手堅い手法です。・・・が、きちんと出来ている作品はそう多くはないのが実情だったりしますから、やはり「さすが」というべきでしょうね。
「2nd」は1期以上に全体に流れる緊張感がイイですねー。テーマへのアプローチや9課の攻守のスタンスが逆になっているところも面白いです。

>攻殻SSS
>押井版攻殻
うゎ、もう新たな課題が!
修行の道は厳しいですな(笑)

投稿: 姫鷲 | 2008.02.05 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王様カッコイイ:

« #17 スローネ強襲 | トップページ | 合金タチコマが欲しくなる »