« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.31

2007年終了。

大掃除もそこそこに、PCの環境構築。
NiftyホームページへのFTP接続のIDとパスワードを忘れてしまって、FFFTPは環境を丸々移行しなければいけなかったりして、細かいところで手間取ってます。
デジカメの画像編集ソフトもカメラ付属のものはCDがマウンテンサイクルに埋もれてしまったらしく、移行できず。明るさや色調の補正、切り抜きなんかはデジカメ画像編集用ソフトでやるほうがお手軽で使いやすいんですけどね。フリーソフトで何か良いのないかな・・・?

ホントはこの休みを利用して『Gジェネ魂』をプレイする予定でしたけど、結局2007年内には無理でした。
毎年冬休みを利用してPCのメンテをしているものだから、丁度バックアップを取る寸前に逝っちゃったんですよね・・・タイミング悪すぎます。まったく無計画でしたから環境もまだ完全ではないですしね。とりあえず、使う機能から優先して入れているので後々何か不具合が起きそうでちょっと心配。

合間を縫ってPSPをちょっと弄ってぁゃιぃPSPに。
さあ、来年は使い倒すぞー!
こうなると、ジオンモデルは予備機として買っておくのも手かな。・・・買えれば(苦笑)

20071231_psp_00

それにしてもこのPSPの赤い色は写真では上手く出ませんね・・・。


さて、今年も今日でオシマイ。
不思議と時間に余裕のない1年だったような気がします。おかげで家庭用ゲーム機で遊ぶ時間が極端に減りました。PS2は『FF12』をプレイして以降、半年くらい無稼動でしたし(その間は『DQソード』をやってたりはするんですが)。
逆に頻度が上がったのは携帯ゲーム機のプレイ時間ですね。DSではかなり遊んでます。DSはプレイしていて「楽しい」ゲームが多くリリースされてますよね。今後もこの調子でいってほしいものです。
一方PSPはプレイしていて「楽しかった」ゲームのリメイクやら続編やらが多くて「楽しむことを強要されてる」感があります<まだ実際にゲームやってませんが(苦笑)
環境が改善されたので今後は面白そうなものをちょこちょことやってみるつもりではいます。

立体物のほうでは、アクションフィギュアもさることながら、固定モデルも結構手を出すようになってしまいました。貯金が全然できません。置き場所もなくなってきたし、少しずつセーブしていかないといけませんね。
年々クオリティが上がるものだから、ついつい買ってしまうのですが・・・買っても開ける暇もなく積んでおくのでは勿体無いですからね。まぁこれだけ買いまくれるのは独身のうちだけではあるんですケド。
もっとも、このままだと一生買いまくれる状態が続きそうではあります。その辺も困ったものではあるのですが・・・改善されるのはいつの日か・・・。

仕事にしても「転職、転職」言いながらズルズルおりますが、そろそろきちんと決めないといけなくなってきました。典型的なダメ人間のパターンにハマりつつあります。


ともあれ、三日で刮目されるほど変われるべくもありませんのでね、来年もブログのほうはこの調子でいくと思われます。
定期的に見てくださっている方々、オフのほうでもお付き合いくださってる方々、いろいろお世話になりました。有難うございます。また来年もどうぞよろしくお願いします。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.30

ネット環境復活

新PCが届きました。
ボードだのHDDだのを移植して環境構築・・・と思っていたら、メモリとHDDはコネクタ部の形状が違うため移植できませんでした。秋口に買ったキーボードもUSB接続すると何故かOSが起動しない(抜いた途端に起動する)し。・・・ぽっくり。
いつの間にやら時代遅れのマシンになってしまっていたんですね、はぁ。IT機器の進化の流れについていくのは大変です。
ただ、メモリが取り付けられないのは仕方ないとしても、HDDが取り付けられないと、数十ギガ単位のデータ移行は非常に困難なわけで・・・。

結局、DVDドライブに繋がってるリボンケーブルならHDDを繋げることが判明したので、DVDドライブを取っ払ってHDDを接続、データを新しいHDDに移しました。勿論5インチベイに3.5インチのHDDは固定できないので、床にミドルタワーを寝かせての作業です。ホント、何やってるんだろう。

キーボードのほうは後日PS/2変換コネクタを買ってきて再度試すことにします。
HDDも捨てるにはもったいないので、5インチベイに取り付けられるケースを買ってきてリムーバブルディスクとして使う予定です。予算より少し安めのモデルを買っておいてある意味助かりました。
とはいえ、今までなら1ヶ月以上情報収集をして買っていたものを、1日や2日で決めてしまったところに問題があるのは否めません。今後はいきなり中枢が死ぬことがないように願いたいものです。

とりあえずネット環境だけは復活。
これからまたいろんなソフトを組み込んでいかないといけません。今年は環境構築だけで暮れてしまうことでしょう。
何てこった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.29

Athlonよ、私は帰ってきた!

ニューマシンを手配しにアキバへ行ってきました。
さすがに臨海地域での年末イベントの真っ最中ということもあって、かなり空いてました。やっぱりアキバに行くなら他所でオタクイベントをやってるときに限ります(苦笑)

まぁ今日の目的はフィギュアとかではなくPCなわけで。
あまりカスタマイズしてると出荷に時間が掛かってしまいますから、店頭在庫があるものをチョイス。予備機があるとはいえ、仕事柄PCを使いますのでね、自分が自由にできるマシンがないとちょっと不便なもので。
予算の都合上、最近流行りのCoa2 Duoではなく、Athlonにしました。昔はAthlonの方が高速だったので専らAMDのCPUを選んでたんですよ。K6とかね。で、Pentium4に抜かされちゃったから前回買い換えるときはPen4にしたんですが、原因不明の壊れ方をしてしまったので・・・。験担ぎの意味もこめてのチョイスです(予備機は前回買い換えたAthlonマシンなのです)。

ネット+焼きマシンだったら牛丼パソコンの安いヤツとかでもいいんですけど、やっぱり新しく買うのにスペックが落ちるのは嫌なので、それなりのものを選んできました。
OSなしで約8万円。明日届く予定です。

そんなわけで、今日は現行マシンをパーツに分解。
ケースを開けると埃、埃、埃。暫く掃除しなかったから気にはなっていたんですが、発火してもおかしくないくらい埃が溜まっていました(汗)これじゃ壊れもします。反省。

とりあえず、使えるパーツは新型に全部載っける予定です。この辺はBTOマシンの便利なところですよね。
さすがに自作は相性調べたり組み立てたりするのが面倒なのでやりませんが(苦笑)、一度ショップモデルを使うとメーカーモデルには戻れません。
最近はノートでもBTOできるようになりましたからね、セカンドマシンなんかにも大いに利用したいところです・・・資金に余裕があれば(苦笑)
・・・メインPCが壊れなければネット用のノートでも買おうかと思っていたところだったんですがねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.28

PCも仕事納め

仕事納めて帰宅したらPCが死んでました(涙)
BIOSメニューにも行かないので、ただ電源が入るだけ。
マザーがイカれたっぽいです。

とりあえず予備機でブログを更新してますが・・・。
明日にでもニューマシンを買いに行こうかと思ってます。
今じゃペン4の2Gなんて大したマシンじゃなくなってますからね。当時は結構な値段だったのに。
メモリ等々は現行機のを移植するとして、CPUとグラボだけ良いマシンを見てくるとしますか。
できれば持ち帰り(当日発送)可能なものをね。

ここに来て10万クラスの出費は痛いです。
年末ジャンボ、当たれー!(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.27

早まったぁぁぁぁぁ!

購入して2週間、ソフトもなく自宅でワンセグが受信できるわけでもなく、ほぼ放置プレイ状態のPSP(DEEP RED)。
やっと年末休みになるし、何かソフトでも買おうかと思っていたら・・・3月発売の『ギレンの野望 アクシズの脅威』の限定版にはジオン章入りPSPが同梱されるというではありませんか!
裏面にジオン国旗を配したPSP、ジオニストとしてはマストアイテムです。

「国民よ買え!買えよ国民!ジーク、ジオン!

・・・いや、私が買うのなくなっちゃうから、買わないで(笑)

いやぁ、でもさすがにPSPを2台も買うのは気が引けます。ゲーム用とTV用?家用と外出用?遊ぶ用と保存用?いずれにせよ2つも要りません。いくら軽くても2つも持ち歩けませんしね。家でやる携帯ゲーム機なんて必要ないわけだし。
さて、どうしましょうかねぇ・・・。
2月7日発売予定。25,890円。
現時点で某所のポイントをフル放出すれば、漱石さん1枚でお釣りが来ちゃったりするんですがネ(苦笑)

発売の情報をもう半月早く知ってさえいれば・・・(涙)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.26

記念展はオープニングからグダグダ

奇想奇抜 ~永井豪の40年~』に行ってきました。
漫画版の『デビルマン』、好きなんですよー。数年来、自宅の鍵のキーホルダーはプライズのダイキャスト製デビルマンヘッドを使ってます。・・・アニメ版ですが(苦笑)

折角なので、会社を休んで朝から出動。
開場の1時間程前に到着すると、既にだいぶ列ができていました。50人くらいいたんじゃないでしょうか。
・・・でも結局当日券を持っていない人は別の列に移されてしまって(どんなに早く並んでもチケット購入後に最後尾というのはちょっと可哀想ではありましたが・・・)、最終的には3~40番目くらいにまでなりました。お陰でオープニングセレモニーも見られる位置に。まぁセレモニーと言っても永井先生の挨拶とテープカットくらいしかなかったんですが。挨拶の間も、並んでる人たちはザワザワと喋ったり携帯で通話したりしていて、お世辞にも良いオープニングとは言えない状態でした。何やら揉めてる人もいましたし・・・。

面白かったのは、永井先生のプロフィール紹介では「『ハレンチ学園』『マジンガーZ』『デビルマン』等で知られる~」という具合に作品が挙げられるのですが、MCの方が噛んだり一旦中断したりで言い直す際はまた「『ハレンチ学園』~」なんですよね。「『ハレンチ学園』、何度聞いたことやら(苦笑)

まぁ終始ザワザワと永井先生への敬意の欠片もなく始まった展覧会ですが、開場と同時に”全員”物販コーナーへ。会計の列へ並ぶまでは展示には見向きもしません。
しかも物販は出口にあるものだから、買い物が終わるとそのまま出て行ってしまう人もいるんですよね・・・。「順路」の表示どおりに進むと、もう出るしかないわけですから間違ってはいないわけですが。

物品購入後、「順路」を無視して入り口まで戻っても、入り口から物販コーナーまで列ができあがっているものだから、展示なんか落ち着いて見れたモンじゃありません。
もっとも、開場30分後には入場待ちの列も解消されていましたから、昼頃から行けば落ち着いて鑑賞できたのかもしれませんが・・・。限定商品にはかなり余裕がありましたしね。会期終了まで在庫があるかは疑問ですが。

オープニングセレモニーの際には「会場内は趣向をこらした展示で~」などという説明もありましたが、別にただ原画を展示してあるだけ。BGMなんかも一切なし。40周年記念の『図録』を買うと、原稿以外の展示内容がほぼ網羅できてしまうのはいかがなものかと。
関連フィギュアやら『キューティーハニー THE LIVE』で撮影に使用されているバイクなどが展示してあっても、撮影禁止ですからあまり意味がありません。日本の展覧会は撮影したり手に取ったりするのが禁止されているものが多くていけません。原画だの現行だのは著作権が絡むから仕方ないとしても、場内の写真を撮れないのはつまらないです。もちろん、無視して撮影している人もいましたけどね(携帯で撮ってる人は明らかにプレス関係者じゃありませんから)。

客のマナーもさることながら、主催側の企画運営が悪かったですね。「見せよう」という意思が感じられないのはダメです。物販の列なんかもいくらでも整理はできたはずですし。
物販アイテムに手も、1個毎に袋に入っていて、それをそのまま渡されるので複数買うと非常に持ちづらくなってしまいます。纏めようにも大きさにそれほど余裕はないし。使っているのは「まんがの森」の袋ですからね、基本的に書籍用の袋はフィギュアを入れるように最適化されていないのです。

やはりイベントは運営側の技量が物を言いますね。

Rev_black_kaiser_00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.25

#12 教義の果てに

『機動戦士ガンダム00』 第12話 「教義の果てに」。

今回から主役が沙慈に交代したようですね。一番印象に残るシーンが 親子どんぶr コントチームでした。これまでは一体何の伏線かわかりませんでしたが、こんな展開だったとは。ホームコメディーをテーマにしたガンダム。新しいですナ。・・・年内で打ち切ったら?

以下雑感。
・・・コントとハムが全部持って行っちゃってますから、他は感想らしい感想は少ないんですが・・・。<それが今日まで他の記事を優先して書いてた理由

背景
何か今回は妙にレベルが低い感じが。・・・気のせいかな?

「ところがギッチョン!」
こんな言葉、一体何年ぶりに聞いたことか(苦笑)
アレルヤといい、アリーといい、言葉が古過ぎます。

「ガンダムは私がやる!」
結局フラッグファイター2人はガンダムとの戦闘経験ゼロのまま。
死亡フラグにならなきゃいいけど。・・・つぅか、チームプレイ見たいのに。
そもそも「対ガンダム調査隊」なんだからガンダムが出現した場合はガンダムのデータ収集が優先でしょうに。もしかして他の部隊は派遣されてない?

「人呼んで、グラハムスペシャル!」
自分で言ってるだけなら「人呼んで」ではなく「自称」なんですケド(苦笑)
これって機体のことではなくて、空中で変形して回避した技のことですよね?
フラッグの飛行中の変形は想定されていないわけだし。

「!・・・俺が外した?!」
アリーにかわされてからというもの、実は結構外してるんですよね、ロックオン。だからこの台詞も全然効きません。過去の経緯を無視して設定だけで台詞を回してますね。

「あえて言わせて貰おう、グラハム・エーカーであると!」
「あえて言おう、カスであると!」
えっと・・・このリスペクト、” グラハム = カス ”でOK?(笑)

「蹴りを入れやがった!」
フラッグにせよ、イナクトにせよ、みんな蹴りたがりますが、あんな細い足で蹴ったら折れますよ?
脚が折れたら大気圏内の飛行ではバランス調整が大変だと思いますが・・・?

「俺に剣を使わせるとは!」
これって、ホントは剣の達人なのにあえて剣を使わずに戦ってる人の台詞なんですが・・・?
何か「カッコ良く聞こえる」台詞の羅列になってる気がします。

「たかがフラッグに!」
「ガンダム!」

結構盛り上がってたんですけどねぇ・・・デュナメスVSハムフラッグ。
水をさされてデュナメスがピンチを脱したのはいいとして、余韻がないのが勿体ないですね。ハムはあっさり帰りすぎ。

エクシアVSアンフ
地上に降りたら『ガンダム無双』状態。人革連と違って戦闘データのフィードバックがないとはいえ、いつもいつもワンサイドだとつまらないですね。こんな感じだから9・10話は「ピンチにするための演出」がくどくなって浮いてしまうんです。

「ベタベタしないで!」
結局このシーンが入ったお陰で全部持っていかれちゃいました。最悪。

Mia_virtue_00

12/26追記:12話は『ガンダムA』のコミック版(『00F』)も一緒に読まないとダメみたいですね。
メディアミックスはいいとしても、別媒体をチェックしないと本編が面白くないTV作品なんて、作り方を間違っているようにしか思えないんですが・・・。
とりあえず、ガンダムアブルホール、少なくともタイプFには頭と脚はいらないと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2007.12.24

「ほう」は「ほう」って”言っては”駄目だと思います

劇場版『魍魎の匣』を観てきました。
公開3日目にして劇場はガラガラ。所詮京極ファンしか観に行かないんでしょうね。私だって原作読んでなかったら絶対に足を運んでいませんからネ(^-^;)

肝心の内容はと言うと・・・まさに「たいむのひとりごと」さんで書かれてる通り。「ハッキリ言えば、これは完全に別物。素材とパーツと枠とハコと、原作のウマミを抽出して創り上げた完全なる『原田版:魍魎の匣』。」
その他諸々、私が感じたことは殆どアチラに書いてありますのでご覧ください(笑)

中国ロケとは聞いていたものの、美馬坂研究所の部分だけかと思ってましたが、全部だったんですね。
背景も中国なら、エキストラも中国人。恐ろしいまでの違和感が。
町並みまでまんま中国ですからね。香港映画ばかり観ている身としてはリンチェイ扮する黄飛鴻とか飛び出してきそうな感じでした。あれはイカン。空気が全然違います。
作品の雰囲気で言えば前作のほうが良かったですね。やはり実相寺監督はスゴかった。
ただ「原作と別物」という観点で言えば、常にどこか湿っぽい空気というのはこの映画には合っています。魍魎と水は切れないモンなんですねぇ。

終盤の美馬坂研究所のくだりは、ちょっとしたSF冒険映画っぽい感じ。巨大科学要塞を映像化したらそうなっちゃうんじゃないかとは思ってましたが、仕方ないんでしょうね。もう少し端折ってもよかった所かもしれませんが・・・。

キャストに関しては細かい作り込みは変わっているものの、レギュラーメンバーは基本的に前作と同じですから特にどうということもなし。前作を観たときも「これはこれでアリ」という感想でしたし。
関口役は椎名桔平に代わりましたが、まぁ許容範囲かな。髪をぴっちりと撫で付けた椎名桔平は妙に理知的で、精神を病んでそうには到底見えませんでしたけど。
新キャラの久保竣公はもっと病的な印象でしたが、クドカンはどっちかと言うとファジーなイメージで強迫観念とは無縁のように感じるんですよねぇ・・・偏見かもしれませんが。
美馬坂教授の柄本明は良かったですねー。さすがベテラン。

ところで、京極堂のイメージって、ちょっと骨太なガッチリした感じと、白面で細面のイメージとに分かれますよね。概ね文芸誌関連の解説書は前者、漫画系作品は後者になってる印象があります。どっちが良いとか悪いとかは特にないんですが、後者はやっぱり野村萬斎の『陰陽師』が入ってるのかなぁ、と思ってみたり。

結局のところ、面白かったかつまらなかったかで言うと「まぁ面白かった」なんですけど、「小説の映画化」というのとは違いますね。京極堂の憑き物落としもグダグダだったし。・・・でも原作を知らないと面白くないと思います。
少なくとも万人に薦められる類のものではありませんね、残念ながら。

・・・ともあれ、食事の前に見たのはちょっとだけ失敗だったかなぁ(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.12.23

サンシャイン持ってサンシャインへ

Pray don't break a peace forever~♪
「歌はいいね。リリンの生み出した文化の極みだよ。」

サンシャインシティのクリスマスイベント、森口博子のミニライブに行ってきました。・・・独りで(涙)

Sunshinecitystage_00

午前中にちょっと買い物をして、開始の1時間前に会場へ。様子見のつもりだったのですが、既に座席は一杯、立ち見の輪もでき始めていたのでそのまま並ぶことに。何とかセンター近くの位置を確保できたのですが・・・ここはステージ正面中央に柱があるんですよね(苦笑)まぁでもなかなか良い場所でした。早めに行って良かったです。

開始30分くらい前から徐々にギャラリーが増え続け、最終的には300人くらいにもなっていたでしょうか。地下から3Fまで、ステージの周りには人だかりができていました。場所柄なのか、無料だからなのか、ギャラリーは老若男女揃ってましたね。中心となるのはやっぱりガンヲタ・・・・だったのかな?(苦笑)

オープニングの「ホイッスル」から、「エターナルウインド」、「もうひとつの未来」、「それでも、生きる」の全4曲、30分のステージでした。短かいながらも充実してましたね。堪能しました。
最近の若手はエフェクトで誤魔化してあったりして、生で聞くと「あれ?下手なの?」って感じる人が多々いますが、そんな心配は全然なく、ガッツリ響きますね~。冗談抜きで涙が出ます。・・・もっとも、森口博子は「最近」でも「若手」でもないんですが(苦笑)今日は露出の高いクリスマスカラーの衣装(「もうひとつの未来」のCDジャケットの衣装ですね)でしたけど、そろそろ着られなくなる頃じゃないかなぁw

サンシャインシティでのライブはデビュー直後以来、実に22年ぶり、出発点に戻ってきたということで、ラストはちょっと涙ぐんでいる姿も見られました。そういう意味では「水の星へ愛をこめて」も歌ってほしかったですね。


そして今日の買い物は・・・。
Gsc_imx_iori_00おでこサンシャ~イン!
奇しくもサンシャイン繋がり(笑)

グッスマの『XENOGLOSSIA』フィギュアはリボンちゃんだけ買ってやめとこうと思っていたのですが、1,500円という値段をつけられては・・・
買うしかない
・・・ということで、購入(笑)
この際だからと、雪歩も別の店で調達しちゃいました。こちらは2,280円。半額くらい。クオリティを考えると悪くはない値段ですね。

・・・っていうか、『XENOGLOSSIA』はまだ1クールも見ていないのに何でこんなにフィギュア買ってるんでしょう。おかしいなぁ(笑)
洗脳してくれた誰かさんには責任を取ってもらわないとw

他には昨日の予定通り『リボルテック ブロッケン』(1,000円)とクレイズのドロンジョ様(1,500円)。ドロンジョ様は発売以来ずっと購入を迷っていたんですが、迷い続けているのなら、と思い切って買っちゃいました。来年新作も公開されますしね。

そして予定通り『フィギュア王』の新刊も購入。
今月号の特集は『キン肉マン』です。DVD-BOXで復刻されるキン消し418体が並んでる様は圧巻ですねー。『キン肉マン』世代としては垂涎のアイテムです。10万円もしますが・・・。せめてキン消しだけでも欲しい(笑)

今月の誌上通販は『リボルテック ヤマグチ』の「鉄人28号VSブラックオックス タイムスリップ・モノクロバージョン」。2体セットで送料・手数料込み4,000円。『リボルテック ヤマグチ』の通常シリーズが定価1.980円であることを考えると良心的な価格設定ですね。海洋堂は消費者に優しい会社ですなぁw
どこかのボッタクリ会社も見倣って欲しいものです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.22

DHMのクリア版MIA誌上通販はキュリオス

『電撃ホビーマガジン』買ってきました。
ちゃんとホビーショップに行って、非売品のマーキングシール貰ってきましたよ。先月号に収録されたものの縮小改訂版と言った感じでした。エンブレムの種類が若干少なくなって、文字の色が変更されてます。
まぁ先月号買ってれば無理にホビーショップ行くこともなかったですね。結果論ですが。

昨日HJを読んでいるのでDHMのほうには特に目新しい情報もなし。当然各社毎に強いコンテンツ、弱いコンテンツがありますのでね、DHMには『超合金魂 ダイモス』の情報が載ってたりしますが。
先月号には「これで決まりさ!」と書いてあったから、てっきりギンガイザーかと思ってましたが、ダイモスだったんですねぇ。楽しみです。昔、親戚が玩具を持ってて羨ましかった思い出がありますから、値段によっては買ってしまうかも。

『ガンダム ミニフィギュアコレクションプラス』でヘイズルのギガンティック形態が収録されるそうです。『GUNDAM WAR』でのカード化に続いての商品化。そのうちASTRAYのパワーローダーも商品化されるんでしょうか。ヒュッケバインボクサーのプラモが出たくらいですから、出てもおかしくはないと思いますが・・・。

今月号のスパロボフィギュア通販はベルゼルート。12,500円。どんどん値上がりしていきます。
1万円を超えちゃうと手が出しづらいんですよね・・・。幸い、ベルゼルートは全然買う気がない機体なのでセーフですが、今後もこの価格帯だと困ってしまいます。
この商品に関しては原料費や人件費の増加の影響というよりは、「売れるから上げてる」という印象があります。


Rev_helldiver_03さて、最近楽しく弄ってる『リボルテック ヘルダイバー』。
折角なので不破二尉のカラーリングにしてみました。・・・ちょっと失敗してますが(汗)
ガンダムカラーのZブルー(2)で塗ってみたら、ベースの色が透過してしまっているのか、黒になっちゃいました。近くで見ると青みがかかってはいるのですが・・・。
でもそんなの関係ねえ!
・・・だってもう1機あるし(笑)
今回のカスタムカラー版はヘルダイバーだと予想していたので、HLTでの予約分のほかにもう1機確保してから予約を引き取りに行ったら、カスタム塗装版はブロッケンでして・・・。つぅか、この時点で当たるのを見越して買ってるんですがね(苦笑)

そんなブロッケンは早くも1,000円まで下がりました。
明日にでも買ってくるとします。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.21

HJのクリア版MIA誌上通販はヴァーチェ

某書店にて『HOBBY JAPAN』をフライングゲット。『電撃ホビーマガジン』も買える状態ではあったんですが、こちらはスルー。今月号はホビーショップで買うとマーキングシールがついてくるらしいのでね、明日にでも買います。

HJ今月の特集は『ガンダムユニコーン』。と言っても、年末の注目商品なのでどの雑誌も特集記事を組んでいますけどね。
プラモも品薄のようですが二次出荷があるようなのでプレミア価格で買うのは一考の余地アリ。緊急に用意する必要がない限りは一旦見合わせたほうがいいでしょうね。
リゼルとクシャトリヤ、早くキット化されないかな・・・。

ガンプラの新作発表は以下の通り。
-------------------------------------
『MG 黒い三連星ザク Ver.2.0』
『MG ストライクE+IW.S.P.(ルカス・オルドネス機)』
『MG νガンダム メタリックコーティングバージョン』
『HGUC リ・ガズィ』
『HGSEED グフイグナイテッド(ルドルフ・ヴィトゲンシュタイン機)』
『HGSEED シグー(ジスト・エルウィス機)』
『HGSEED ケルベロスバクゥハウンド(アレック・ラッド機)』
『1/100 ガンダムキュリオス』
『HG00 ティエレンタオツー』
『HG00 ガンダムスローネアイン』
『BB戦士 夏侯惇ギロス』
『HCM-Pro 陸戦型ジム』
『HCM-Pro ジム・スナイパー』(数量限定販売)
『HCM-Pro SP ガンダムエクシア』
-------------------------------------
殆どが別媒体で既出の情報ですね。新情報はガンダムスローネアインくらいですか。
『00』のMSにしては珍しく本編登場前に玩具情報が発表されました。アインが立体化するということは、ツヴァイ、ドライもそのうち立体化されることでしょう。
しかし、このガンダム、アインはかろうじてジャスティス系のガンダムに見えないこともありませんが、他の2機は最早「ガンダムの定義とは何ぞや」状態。デザインに変化をつけるのはいいとしても、物には限度ってものがあります。
だんだんMSの代名詞と化してきているガンダムですが、そのうちフィギュアの代名詞にもなっちゃったりして。「ガンダム」ってつければ売れるぞ、みたいな。

『IN ACTION!!』シリーズの新作、ナイトメアフレームはサンプル写真が公開されました。ランドスピナーが1軸可動っぽいのは残念ですが、なかなかイイ感じ。量産の際の劣化が少ないことを祈ります。

『リボルテック』に関してはその殆どが海洋堂から発表されているとおりですが、『フィギュア王』にて鉄人とブラックオックスのモノクロバージョンの通販がある模様。今月号に載ってるのかな?そろそろ発売されていてもいいはずですが・・・。

『アクティックギア』からは雪上迷彩の施されたスコタコとトータスのセットが発売。
今までありそうでなかった雪上戦仕様。暫く『アクティックギア』からは離れてましたが、ちょっと買ってみようかと思わせるアイテムです。キリコ以外のキャラの専用機はDVDとセットになるそうなのでスルーしますけどね。
『ペールゼン・ファイルズ』もちゃんとチェックしとかないとな・・・。

『S.I.C.』では仮面ライダーXとアポロガイストのセットが発表されました。アポロガイストは再生アポロガイストにもなるそうです。来春発売予定。楽しみです。
『S.I.C. 匠魂SPECIAL 2nd』では『アクマイザー3』のリデコで『超神ビビューン』がラインナップ。なかなかニクい演出ですな。

美少女フィギュアではコトブキヤの『小牧愛佳 メイドVer.』が良さ気。いいんちょフィギュアでは1番の出来になりそう。あくまでも「他と比べて良い」だけで、ベスト足りえないのが残念ですけど。
他にはアルターの『リインフォースII』ですね。『なのは』はあまり見たことないんですが欲しくなってしまうほどのデキです。つくづくアルターは良い仕事します。これで値段を抑えてくれれば更に評価も上がろうというものですが・・・原料が値上がりしている最近ではキビシイでしょうね・・・。

フィギュア以外では『BAMBOO BLADE』の特集が組まれてました。
この作品は結構好きで、よく見てます。毎回見ていないのは・・・始まる前に寝落ちすることがあるから(笑)深夜番組鑑賞の道は険しいです。
アニメは面白いので原作もチェックしてみるかと、先日ちょっと読んでみたところ・・・内容は同じはずなのに、つまらないんですナ、これが。アニメ版のキャラデザのほうが好みだからなのかもしれませんが、つまるところは演出の差ですね。原作のほうも漫画ならではの見せ方をしてくれるともっと面白くなることでしょう。2巻までしか読んでないので最近はどうなっているのかは知りませんが。
・・・え?「萌えアニメ」と「青春コメディー漫画」の作風の差だろうって?・・・まぁ否定はしませんよ。タマちゃん可愛いし(笑)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.20

カトキがそんなに好きかぁ!

予定より1日遅れて『MG ユニコーンガンダム』が発売されました。
ユニコーンモードは好みなものの、デストロイモードはどうも好きになれなくって・・・。破裂の人形は破裂するとカッコ良くなりますが、ユニコーンガンダムは破裂するとダサくなります。
価格も高いのでスルーしようと思っていたら、見逃すも見逃さないも、ソッコーで売切れてしまっていました。小説媒体の機体にこれほどまでに人気が出るとは・・・。限定品でもない5,000円クラスのプラモが完売とは思いませんでした。確かにギミックは面白いんですけどネ。
これも「Ver. Ka」効果なんでしょうねぇ。ここ数年はカトキブランドで出すと何となく売れてしまいますけど、あまり良い風潮とはいえないような・・・。

とりあえず、組み立てるもの面倒なので『HCM-Pro』で出るのを待ちます。Hi-νの例を考えると、遠からずしてダウンサイジングされることでしょう。サイズ的には1/144の『HGUC』でもいいんですけど、積みプラも溜まってきたし、だんだん組み立てるのも面倒になってきてて<オイ

そういう意味では多少高くても完成品のアクションフィギュアは手軽でいいですね。
もっとも、「多少高くても」というところがミソで、調子に乗って買ってると痛い目を見るんですが(汗)

今年は残すところ『リボルテック マジンカイザー(ブラックVer.)』『HCM-Pro ガンダムヴァーチェ』。他のものについては実物を見てから考えますが・・・既に発売されているはずの『アクションワークス 宇宙刑事シャイダー』が見あたりません。決して早々に売り切れる商品ではないはずなんですが。カトキブランドでもないし(笑)

Rev_helldiver_01




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.19

figmaはチト微妙

Figma_gally_00『銃夢外伝』特装版が発売されました。figmaのガリィ付き。4,980円。恐ろしく高いです。
通常版は800円程度なので4,000円強がフィギュア代。ではそれだけ立派なものが付属しているのかといえば・・・そうでもありません(涙)

柔王丸と桜姫の発表後、満を持して登場した第1弾がこのガリィとなるわけですが、可動・塗装ともに『リボルテック』に劣ります。可動を犠牲にしている分、スタイルはスマートではあるんですが、これで4,000円は高すぎます。
目の表情を変えられる交換用のパーツとシールが付いている(デフォルトの目はロンパリ気味なプリントです)こと、顔の造型クオリティが高いことがせめてもの救い。
2/14発売予定の長門は2,500円くらいだったと思いますが、それが適正価格でしょうね。

柔王丸と桜姫は凄く楽しみにして入るものの、価格設定が非常に気になります。長門と同じ2,500円くらいで出てくれるとありがたいのですが・・・。


フィギュア付き限定版ではハリウッド版『TRANSFORMERS』のDVDも半日発売。ローソン限定の、リペイント版ブラックアウトが付いた商品です。
こちらも予約しておいたので引き取りに行ってきたのですが・・・。
予想通り大きな梱包。コンビニの袋には入らないであろうことは予想の範囲内でしたが、袋にも入れずそのまま「これでよろしいですか?」渡されるとは想定外(苦笑)「よくありません」と言って袋に入れてもらいました。
一応一番大きな袋にギリギリ入る大きさだったので助かりました(でも物凄く持ちづらい)が、客が持てないような商品を扱っちゃダメです。>ローソン
それ以前に、袋に入れようという意思すらない店員も困ったものですが・・・。
確か前にもこんなことがあったな。
抱えてしか持てないような商品をそのまま渡されて、一体どうしろと言うんでしょう。結果的に入らなかったのなら許しますからね、ウソでも努力する素振りは見せてくれないと。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.18

ヤッターマンも30年か・・・

Rev_helldiver_00来年1月からスタートする『ヤッターマン』の主題歌は世良公則&野村義男なんですね。記者会見の映像を見ましたが、主題歌からは楽しさが消えて、テンパってるヤッターマンの姿しか浮かんできませんでした。歌とアーティストの組み合わせ間違ってるような気がします。しかも話題性もイマイチだし。
アニメのリメイク自体は楽しみにしてるんですけどねぇ・・・。

逆に全然楽しみでないのは実写版。ガンちゃんが櫻井翔って・・・。客寄せパンダだと思うんだけどなぁ。まぁアニメのガンちゃんも吉野裕行ですから、ヤンキーなガンちゃんなんですがね(苦笑)
一時期、実写版のドロンジョ様にはアンジェリーナ・ジョリーを、という話もありましたが、結局はどうなったんでしょうね。顔は出ないのに胸は出すキャラだから(こう書くとけっこう仮面みたいw)、オファーは難しそうですけど。

実写版のアイちゃんは福田沙紀。勝利のポーズや変身シーンはちゃんとやってくれるんでしょうか(笑)
でもやっぱりアイちゃんもイメージが違うんですよねぇ。色気がなくなっちゃいました。まぁどっちかというとドロンボー一味が頑張ってくれれば成立する作品(アニメ版のテイストで作るなら)なので、三悪のほうのキャスティングが気になるところです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.17

残す限定品もあと少し

Sochaku_s_denoh_00忘れたころに『装着変身 仮面ライダー電王ウイングフォーム』が到着。予約生産型式の通販は半年くらい経ってから届くので注文したのを忘れがちです。届いてなくてもわからないかも。
年内ではキャラアニの『時かけPinky(自転車)』で最後かな。Newtypeのほうはもう届いたのでそろそろ届くはずですが・・・。

注文済みのものは最後でも、イベント限定品はもう1つあるんですよね。
26日から開催される永井豪40周年展「奇想奇抜」で販売される『リボルテック マジンカイザー(ブラックVer.)』。休暇も取ったし、あとはチケットを買って並ぶだけ。同じく限定品の『超合金魂 エネルガーZ』は・・・懐具合と相談中。
29日のサイン会には行かない予定です。

イベントも26日が今年最終になるでしょう。その前に、23日はサンシャインシティで森口博子のミニライブがあるので行ってこようかなと思ってます。タダだし(笑)

行くつもりはなくとも気になっているのはコミケ。行かなくなって久しいのですが、最近は企業ブースがどんどん進出しているようで、会場限定品が結構あるんですよね。
カタログは高いですからね(昔からあんなに高かったっけ?)、参加しないのに買うのはちょっとためらわれるのでチェックもできず。・・・まぁ知らなければ欲しくもならないから平和でいいんですけどね(苦笑)


そういえば、次の仮面ライダーは『仮面ライダーキバ』だそうですね。
情報もちらほら出てきているようです。あまりカッコイイとは言いがたいところはありますが、カッコ悪さはもう底辺まで行ってる感がありますので、これ以上悪くはならないでしょう。
パッと見のイメージは、顔はカブトを電王風に、体はカブトをブレイド風にという感じ。どちらかというとカッコ悪い系。動いたり喋ったりするとまた印象が変わるかもしれないので、良い方向に転ぶことを期待したいところです。

モチーフは西洋妖怪だそうですが・・・やっぱり「ザマス」「がんす」「フンガー」だったりするんでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.16

#11 アレルヤ

『機動戦士ガンダム00』 第11話 「アレルヤ」。
『GREAT MECHANICS DX』の第3号で、「『00』はSF描写にこだわって作られている」と書かれていました(SF考証の千葉氏と寺岡氏のインタビュー)。実際、太陽の方向にあわせてソーラーパネルの向きを調節したり、軌道ステーションからルイスが落ちるスピードも計算して作ってたりするようですが・・・そんなことより、もっと作劇にこだわって欲しいんですけどねぇ。
「”本編中で設定を全部言え”というご意見もいただきますが、それでは物語が進まなくなってしまう」というコメントもありました。「情報は画面から感じ取って欲しい」だそうです。
言っていることは間違ってないんですが、やってることが失敗しているんですよね。全然画面から感じ取れません。多分「わかっている側」である制作者の情報規制の線引きが、「わかっていない側」である視聴者の理解レベルと乖離しているんですナ。
謎を謎として残しておくために情報規制をかけていても、謎しかない状態だと「ミステリアス」を通り越して「意味不明」になってしまいます。最後に全部種明かしされれば「面白かった」という感想にもなろうかというものですが、あくまでもそれは過去を振り返ってのもの。牽引力がないと「最後まで見ない」ということにもなりかねません。その辺はガンダムブランドに甘えているようにも思えますね。
まぁ兎にも角にもそろそろ1クール終了。『ガンダム』でなければとっくに観るのやめてます。

以下、今週の雑感。

「MSの性能差が勝敗を分かつ絶対条件ではないさ」
カスタムフラッグを造る前に言って欲しかったなぁ。ノーマルフラッグでは軽くあしらわれたものの、カスタムフラッグではガンダムを翻弄してますからね、一応。もちろん「絶対条件」ではありませんけどね。
で、頼りにされてるフラッグファイターの2人は登場以来何の活躍もなし。出撃したものの、戦闘シーンすらありません。
このままだと壮絶に散っていってもその間限りの印象にしかならないでしょうから・・・要らない子なんじゃ?

イオリア・シュヘンベルグ
経歴にソレスタル・ビーイングについて追記されてますね。くだらないところで芸が細かいです。

ナドレ → ヴァーチェ
何事もなかったかのように換装。
髪の毛状のパーツは装甲へ接続されているケーブル類だそうですが、何に使うんでしょうね。エネルギーケーブルだったら頭部から出ているのは不自然だし、データケーブルだとしたら装甲に繋げる意味なんてないでしょうに。GN粒子のジェネレータやパージの際のコントロール情報だとしても、キュリオスの銃は飛行モードでも「無線で」トリガーをひいた情報を送信しているくらいですからね、それだけ信頼性の高い無線技術があるのならヴァーチェにもケーブルなど使う必要なさそうなものですが・・・?

「でもね、私も人間なの。時には失敗もあるわよ」
ティエリアの八つ当たりに対して開き直ってるようにも見えますが・・・「人間なの」はちょっと引っ掛かります。今回の話の流れとして、何となくティエリアが人間じゃない(または普通の「人間」ではない)ということを示唆した台詞のようにも聞こえますか・・・?
同様にBパートの「人類というものは、人間というものはここまで愚かになれるものなのか」といいティエリアの台詞も、普遍的な人類ではなく、人間という存在そのものに対しているようにも取れますね。

「ピーリス少尉。次の作戦でミン中尉の・・・いえ、同志たちの仇を」
ミン中尉の恋人?エンディングクレジットにも名前はありませんが、今後も出てくるんですかねぇ・・・?
ちなみにファーストガンダムの第11話は「イセリナ、恋のあと」。モチロン第10話は「ガルマ散る」。

「作戦完遂に全力を尽くします。私はそのためだけに存在を許されているのですから。」
戦闘マシーン的な冷徹な部分がないだけに、ともすれば「頑張る女の子」のようにも見えるソーマ。
言葉遣いが丁寧なのと姿勢が謙虚だからですかねぇ。これまでの強化人間は皆やたらと強気でしたから印象が違って見えるのかもしれませんね。
ところで、ソーマのノーマルスーツって首のところに何の補強もされてないんですが・・・ムチウチとか大丈夫なんでしょうか。体当たりとか喰らったら折れちゃいそうです。

「少尉のタオツーが近づけば近づくほどガンダムのパイロットが受ける苦痛は増加している」
先週のアレルヤって一般通信回線全開でギャアギャア苦しんでたんですか?あれはタオツーがキュリオスに「接触したから」聞こえてきた(「お肌の触れ合い会話」ですな)もので、隊の通信回線を通じてセルゲイも声を聞いたのだと思ってましたが・・・。
接触後の音声の部分はいいとして、「近づけば近づくほど」の部分のデータはどこで取っていたのでしょうか・・・?

ちびアレルヤのデータ隠蔽
世のお姉さん方が喜びそうな、ちびアレルヤ・・・はいいとして、真横に通信のセルゲイの顔が出てくるという演出は、もしかしてアレルヤがセルゲイの息子だったりする?年齢的にはそうであってもおかしくはありませんし、若年のソーマに目をかける姿は自分の失くした子を重ねているというようにも見えないこともありませんが・・・?

「酔ってるんですか・・・」
悲劇のヒロインぶった自分にな!
どうもスメラギさんは「陰のある女」というよりは「悲観的な女」なんですよねぇ・・・。キャラ的にはあまり面白くないなぁ。
っていうか、こんなキャラだとだいぶ好感度は低いはずなんですけど、何故かプライズでは真っ先に商品化されてます。やはり中身ではなく見た目ということでしょうか。

「酔いが醒めた時にでも見ておいてください」
ソッコーかよ!と突っこんだ人は私だけではないはずw

Bパート冒頭のコント
そろそろ「HaHaHa!」というSEが入ってくることでしょう。
交際を認められないんならハレヴィ家の執事にでもシェフにでもしてやってください。そしてもう2度と全員登場しないでください、頼むから。

「でもいいの?あなたは自分の同類を・・・」
「同類」はないでしょ、スメラギさん。アレルヤが自分で言うのとはわけが違います。

スペースコロニー 全球
ここにきてやっとコロニー登場。話の流れ上必要なかったといえ何故今まで何も触れられずにいたんでしょうね。CBの本拠地がコロニーにあるからかな?
単純にモデリングが間に合ってなかったとかじゃないと思いたいところです。

邪魔する扉は指先1つでダウンさ
キュリオスはあっさりとコロニーに侵入。システムハックまでやってのけている(多分ウイルス流してるんだと思います)わけですが、光学認証端子からそんなコトができてしまうのもどうなのかと。

「ここから先は、出たとこ勝負!」
若い子は使わない言葉だと思うんだけどなぁ・・・アレルヤ(ハレルヤ)の言い回しってどことなくオッサンくさいですよね。

「気流に流される・・・?コロニーの回転にキュリオスを同期」
この辺がSF的にこだわっているところなんでしょうね。でも映像的には全然面白くありません。

「優しいフリして自分が満足したいだけなんだよ」
「他人なんざどうでもいい。俺は俺という存在を守るために戦う!」
「立場で人を殺すのかよォ?引鉄くらい感情で引け!」

ハレルヤ、いいなぁ。
施設に到着してからがちょっと長過ぎる気もしますが、たっぷりやってくれた分、わかりやすいですね。黒田節(民謡ではアリマセンw)はハマると非常に面白いです。逆にどこにも引っ掛からないとそれはもう酷いものですが・・・。

「撃ちたくないんだぁぁぁぁ!!」
炎の照り返しで禍々しく映るキュリオスと、狂喜するハレルヤの頬を伝う涙。
毎回こういう演出をやってくれればいいのに。
ただ、今回の兵装は玩具には付属していないんですよねぇ・・・。仮に1/100のプラモに付属したとしても、今後新しい武器が出てくる可能性は非常に高いわけで。
MSのバリエーションにしても、「模型をちょっといじるだけで再現できる」ようになっているそうですが、ライトユーザーはそんなもの求めてませんし、消費者の殆どがライトユーザーのはず。やっぱり「そのもの」が手に入らないと不満だと思うんですが・・・。

アレルヤ誕生日おめでとう
こういうご都合主義はOK。
今後酔った勢いでハレルヤ登場、ということにならなければ(笑)
あれ?・・・そういえば刹那は?

コント部分より出演時間が短い主人公なんて、「いかほど~?」
来週は主役の座を奪回できるのか?

| | コメント (8) | トラックバック (12)

2007.12.15

ウチのPSPにもDG細胞を

アキバに行けば何とかなるかと思いましたが、そうそう簡単にはいかないようですね、ウワサのバッテリー。
人に頼もうにも、周りでPSP持ってる人なんて殆どいないし、気軽に頼める内容でもないし・・・。
中古で初期型のPSP買うべきなのかな?・・・これは逆にアキバにはなさそうですが。


さて、今日は15日。リボルテック新作の発売日です。
カスタムペイント版の抽選方法が変わってからホビーロビーでの予約はやめようと思っていたのですが、今回はフレンドショップ限定カラーがラインナップされていましたので、保険的に予約。
まぁ結局特に何も予定は入らなかったので安売り店でも普通に買えたんですよね(苦笑)

だがしかしッ!

カスタム塗装版ブロッケン当選~♪
\(^o^)/

Rev_brocken_00

「二度あることは三度ある」といいますが、ガイキング、GR-2に続き3体目。いやぁ、当たるモンですねぇ。抽選方法に文句つけてたのに(笑)
カスタムペイント版ブロッケンはダクトを中心にウェザリングが施されています。地味ながらカッコイイ。写真では見えない、胴回りにかなり手が入っています。イングラムのカスタム塗装版を持っていないのが残念です。
ブロッケンは2種類のカラーが出ますので、てっきり今回のカスタム塗装アイテムはヘルダイバーのほうかと思ってましたが嬉しい誤算でした。通常版のブロッケンはそのうち投売り価格になるでしょうから、安くなったら普通のを買うことにします。


そしてCM’sの『舞-乙HiME』コレクションフィギュアの新作も出ていたので買ってきました。
今回の目当てはナオ、舞衣、アリカ(開封して気づきましたが、アリカは顔の造作が『乙女魂』っぽいです。もしかして参考にしてるんでしょうか・・・?)。シークレットを入れると全7種となりますので単品で3つ買うか、セットで買うか悩んでいたのですが、BOXで4,900円(約4割引)で売られていたので迷わず購入。

アソートはこんな感じ。
---------------[ 後 ]--
アカネ アカネ
アリカ アリカ
ナオ  ナオ
舞衣  舞衣
チエ  ジャンヌ
ノブエ ノブエ
---------------[ 前 ]--

7個分の値段で見事7種揃いました。
もしかしたらシクレは前回同様1/2BOXだったりするかもしれません。キャラ的にそうであってほしくはありませんが・・・。

トモエで作ったワルキューレローブはこれでもかというほど使い倒されてますなぁ。箱の前4つはワルキューレ部隊。
チエはまだいいとしても、ノブエ、リーメイ(ノブエのオプションパーツとしてリーメイの頭部が付属してます)、ジャンヌの3人なんかエンディングにさえクレジットされてないのに。しかもジャンヌなんかシークレットですからね。
コイツら、一応22話でトモエに名前呼ばれてますが、フィギュアを買っても誰だかわからない人も多いかと思われます。
アオイとかイリーナとか入れるべきなんじゃないのかなぁ・・・。まさかまだ『舞乙』で次があるとか?そろそろ『舞乙Z』や『舞乙00』にシフトしていくと思っていたのですが・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.14

何回年を忘れればいいのやらw

今日は会社の忘年会。
先週末も忘年会。
来週末も忘年会。
再来週末も忘年会。
この時期は飲み会ばかりで体も懐も大変です。折角ボーナスが入っても、飲み会でガリガリと削られていくようでは何のための賞与かわかりません。他所の会社みたいにたんまり出してくれるならいざ知らず。
・・・まぁ出るだけマシなんですけど、入ったそばからなくなっていくと、ちょっと虚しくなりますね。

会社の忘年会では毎年ビンゴゲームがあるものの、全然当たりません。
今年は隣の会場でメディアワークスも忘年会をやっていて、そっちに潜りこんだほうが良い目を見られるんじゃないかと同僚と話してましたw
・・・PS3の60GBモデル、欲しかったなぁ。手元に来なかったということはまだ時期ではないという天意なのでしょう。
どうせ今貰っても遊ぶ時間はありませんしね。

Sochaku_momo_02どうも今日は運が悪かったのか、当たらなかったのはもう1つありました。
忘年会参加前に何とか時間を作って、映画館に『魍魎の匣』の前売り券を買いに行ったものの、購入特典の「脳良の匣」の文字シールがズレていて・・・。作りがチープなくせにシールの糊付けだけはガッチリとしてるんですな、これが。
係りの人が特典つけ忘れたのを、「付かないんですか?」ってわざわざ訊いてまで貰ってきたのに、帰宅してガッカリしてしまいました。交換してもらうほどのものでもないし・・・。
結局苦労して貼り変えました。でも写真でモモちんが足で踏んでる「匣」の字は歪んじゃっています(涙)紙のシールは耐久性が低いくせに粘着力だけはあるから困ったものです。
扱ってないところもあるようですし、貰えただけ好しとしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.13

赤PSP

『魍魎の匣』の前売り券は買えず。劇場に着いたら丁度閉めてるところでした。無念。
明日は会社の忘年会なので、明後日、『リボルテック』のヘルダイバーを買いに行きがてらゲットしてくることにします。
・・・公開1週間前だと特典は微妙かなぁ。

逆にPSPのほうは閉店間際だったにも拘らず楽に買えました。
さすがにワンセグパックのほうは売り切れている店もありましたがね、普通のバリューパックは余りまくり。かなりの数が出荷されたのか、PSPもだいぶ普及して飽和状態になってきているのか・・・。
もちろん、購入したのはワンセグパック。1GBのメモリースティックがついているお陰でコストパフォーマンスはこちらのほうが高いのでね。「32Mなんてオマケです!偉い人にはそれがわからんのです!」

Psp_deepred_00

実物は思った以上に赤くてちょっとビックリ。雑誌なんかで紹介されている記事写真とは全然違いました。メタリックな感じはなくホントに真っ赤っ赤。
シャアカラーとはちょっと違いますが(強いて言えば電王ライナーフォームの色w)、やっぱり貼るとすればジオン章かなぁ。・・・週末にカバーとか諸々調達しながらゆっくり考えます。

ちなみにソフトは買ってません。いずれ買いますけど、とりあえずはワンセグ鑑賞が目的なので。
イベントで朝早くから出動するときも、出先でスーパーヒーロータイムがチェックできるようになりました(笑)
ワンセグチューナー付の携帯を買っても似たような値段になりますしね。第一、携帯は電池切れが怖いので他の用途には使いたくないのですよ。
まぁすぐにソフトを買わないのは他にも理由があって・・・。
・・・どこかでバッテリーが手に入るといいな<!!


一緒に買ってきたのは『HCM-Pro Hi-νガンダム』。顔のスミ入れ具合とマスクの接着にややバラつきがありますが、概ね良い出来です。細かい塗りわけ箇所が少ないのが、いい結果に繋がっています。
はっきり言って、顔が良くできているとかなり好印象になるんですよね。スケールが小さいせいか、Hi-ν独特の馬面もあまり気になりませんし。

ただ、この商品、問題はパッケージにあります。宙に浮いた状態のイメージで梱包されているんですが、1度取り出しちゃうと、もう1度ブリスターに納めるのがかなり面倒。しかも、ポーズがついているせいで無駄に分厚いし。
しかも、武器や交換用手首などのランナー状態で付属しているパーツが箱に収まりきらず、どの箱もパンパンに膨れ上がっています。完全に箱(またはブリスター)の設計ミスですね。山積みになっている店では倒れてくる可能性があります。
私は開けたら箱を捨ててしまうのでほぼ問題ないんですが、きちんと収納してとっておく人には地味な打撃かと。なまじ本体の出来がいいだけに、勿体無いところです。

次の『HCM-Pro』は25日発売予定のヴァーチェ。
ナドレへの換装も再現されているようですが、頭部の塗装が非常に心配です。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.12

電車はゆったり乗りたい

補給完了。これであと10週間は戦えます。
実は明日発売のPSPの限定カラー「DEEP RED」が気になっているのでソッコー浪費してしまう可能性も(苦笑)
まぁでも仕事終わって買いに行く頃には売り切れてるでしょうけどね。「限定」なわけだし。
「脳良の匣」だけ無事に手に入ればOKとしますか。『超合金魂ゴッドマーズ』にも資金を取っておかないといけませんし。
そもそも店の開いている時間に帰れるかどうかのほうが微妙だったりするので、在庫があるかないか以前に問題があるんですけどね。


これまであまり意識してはいなかったのですが、帰宅時の電車では冷房がかかっていました。
始発駅がメチャクチャ混むので、最初のうちだけなんですがね。もう冬なのに冷房というのも取り合わせも不思議ですが、それだけ人がいるということなんですよね・・・。出社するわけじゃないんだし、混んでたら次の電車に乗ればいいのに、何でわざわざギュウギュウの電車に乗ろうとするんでしょうねぇ。
混んでる電車に乗ったって良いことないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.11

ついに明日は補給が

『ねんどろいど ぷち』のハルヒが一般販売され始めました。
サイズ、出来共に手頃(クオリティはやはり本家『ねんどろいど』のほうが上)なので興味は覚えたものの、いかんせん、所持金1,000円也。お話にありません。
もっとも、手持ちがあったからといって知らないキャラにあまり投資してると後々困るのは目に見えているんですがね。これは同じ『ねんどろいど ぷち らき☆すた』にも言えることなんですが・・・。
全盛期のSDガンダム畑で育っちゃったものだから、どうも小さくデフォルメされたキャラには目がなくってね。
元ネタを知らないキャラばかりなので助かっているものの、『ねんどろいど』は危険なシリーズです。

SDといえば、カードダスのSDガンダムのコンプリートBOX第2弾の発売日が2/25に決まったようです。第1弾を買った以上、こちらも買わねばなりますまい。無事に発売が決定してくれて良かったです。
カードダスは昔一生懸命集めたんですが、さすがに子供の財力ではフルコンプは難しく、その上「外伝」のシリーズは買う人も周りにはいなくって・・・。今みたいにカードショップがあるわけでもありませんしね。こうして復刻してくれるのはありがたいです。・・・まぁ全カードを網羅したカタログでもいいんですが。そのほうが安上がりだし(笑)
ガイドブックとか出るのかなぁ・・・?
第1弾はAmazonではプレミア価格になっちゃってますね。折角リマスタリングしたんだし、1回くらいは再販されるでしょうから、買い逃してる方はもう少し様子を見てからがいいのかと思われます。いくらなんでも1万円超の価値はないと思いますが・・・?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.10

結局、ナドレって何?

『Newtype』1月号を購入。
ガンダムナドレについても記事がありましたが・・・髪の毛は装甲に繋がるケーブルだという以外は、画面で見えることだけでした。謎は謎のまま。どうあっても先行情報は出さないつもりのようです。
種デスの放送が終わってからというものガンダム関連は予想記事ばかりです。他は既知情報のおさらい。マリーつまんない。


『ドルアーガの塔』がアニメ化されるそうですね。主人公はギルでもカイでもなく、少年少女のパーティ。スペクトラルな塔なんじゃ・・・?
わざわざ「ドルアーガ」にするのは何か意味があってのことでしょうが・・・ゲームとのタイアップかな?
ゲームブックは面白かったので昔散々遊びましたが、アニメも面白くなるんでしょうか。・・・まぁあまり観たいとは思わないんですがねw


劇場版『魍魎の匣』のCMが始まっているようですね。初めて見ました。
主題歌は東京事変・・・東京事変自体は嫌いじゃないんですが、『魍魎』には合わないんじゃないかなぁ・・・?でもCMを見る限り、原作とは雰囲気違うようですから、もしかしたら合ってるのかも?
いよいよ来週末公開。楽しみではありますが、あまり期待しないで観に行くことにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.09

#10 ガンダム鹵獲作戦

『機動戦士ガンダム00』 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」。
Hd_maskedkabuto_00アーマーをパージして敵にぶつける・・・去年散々見た記憶が(苦笑)
「おばあちゃんは言っていた。ガンダムは流行に後れて乗っかる、と。」
GN粒子って実はタキオン粒子だったんですねぇ。そのうちクロックアップして時間を超越することでしょう(えー

次クールからの新OPはthe brilliant greenだそうですね。ラルクの次はブリグリ。知名度の高いアーティストを起用してるのはアーティスト側のファン層にも興味を持たせよう、ってことなんでしょうか。

以下雑感。

「なら、はっきりと言って差し上げましょう。お帰りなさい!」
「ただいま。」

毎度毎度の沙慈とルイスのくだりは今後の伏線になってるんでしょうかねぇ・・・?
少なくともここ数回は絶対要らないと思うんだけどなぁ・・・。

羽付き鹵獲
ワイヤーでガンダムが縛られるたびに悶えるアレルヤ。アレルヤは頭が痛いはずなんですが、カット割りで何やら怪しい雰囲気に(笑)
人革連のガンダムの呼称は「羽付き」「デカブツ」。「デカブツ」はわかりますが、「羽付き」というのはちょっと微妙。人型の時は羽がついているようには見えないし、飛行形態のときは「飛行機」なんだからわざわざ「羽付き」というのもどうなのかと。まぁ別に構わないんですけどね。ただ、「羽付き」という響きからくるイメージは・・・むむむ。

「中佐、熱源が!・・・来ます!」
わざわざ当たりに行ってるティエレンがいるように見えるカット割り。
バックには真っ黒な宇宙しかないんだから考えて欲しかった。描くほうも描くほうだし、OKするほうもするほう・・・と思ったら、今回の絵コンテと演出は同じ人でした。

「2度もぶった!」
「2度も避けた?!」

この後のワイヤーで絡めとられたシーンでもそうですが、どうもティエリアは力押しばかり。ガンダムの性能だけで戦っているようで。違う機体に乗ってたらどういう戦い方をしたんでしょうね。

「ブリッジ、機体外部にスイッチ類が見あたらん。カッターを使用する」
何故かコクピットの位置バレバレ。普通のMSだったら外部から生体反応をスキャンして、というところでしょうけど、ガンダムはその辺のセキュリティも考慮されてそうな気もしますが・・・?

「聞こえる・・・声が」
だってウサギの耳は長いんだもん!
愛と正義の使者、ウサミミ仮面参上!・・・とはいかず、狂気の男ハレルヤ登場。

「コンテナ内に異常発生!中佐に連絡を!」
そりゃガンダムの出力が想定できているのにきちんと固定しておかなかったほうが悪いよ。しかも「異常が発生した」段階でいちいち報告が総指揮官に飛んでしまうようではセルゲイも苦労しますなぁ。
艦隊司令がMSで最前線に行ってしまうのはガンダムのお約束なので仕方ないところですが、セルゲイは有能なせいか何でもかんでも自分でやってしまう人なのかもしれませんね。

「全ては私の判断ミス」
セルゲイ中佐、いい人だ。でも、いい人程早死にしちゃうのが世の常。
ソーマを庇って、というのがありそうな線ですが、これまでの経緯からだとアレルヤを生かすために(アレルヤの過去を消すためとかで)死んでしまいそうな気もします。
とりあえず、第1期はゲイ&ソーマだけで多分持つから、ハムやらコーラやらはもう出さなくてもいいのでは・・・?
・・・アリー?刹那が空気化してる今、しばらく黙っとけば皆忘れちゃうんじゃ?(笑)

ヴァーチェ、まかれる・・・orz
ティエレンの集団に縛られて、白濁してドロッとした液体をかけられるヴァーチェ。土曜18時に何てものを放送するんだ(笑)

ガンダムナドレ
ヴァーチェの出力でも外せなかったワイヤーが、装甲パージであっさり解除。一体どういう原理でパージしているのやら。しかも外れた装甲は四方八方宇宙の彼方へ・・・ではなく周りに浮いているということは、個別に推進器が付いているという事でしょうか。・・・ホントかよ?!
それはともかくとしても、ワイヤー外しただけでOKになっちゃってますが、、関節は硬化ジェルで固められたままじゃ・・・?

Gff_novel_virtue_00

髪の毛のガンダムは前例がありますが、デザイン的には寧ろジュノーンに似ている感じですね。「髪のようなデザインのパーツ」ではなくてまさに髪の毛。一体どういう機能があるんでしょうね。
「最初に言っておく。頭部の髪は・・・飾りだ!」(えー

「ああ、ヴェーダ・・・俺は・・・僕は・・・・・・私は・・・」
金になったティエリアの目は赤に戻るも、人格がやや壊れ気味。EVAよろしく赤い目は人外の象徴なんでしょうか。
装甲外したときも、ティエリアの変化に連動してヴァーチェのシステムが反応したっぽいし、アンドロイドではないにせよ、ティエリアはシステムと同調する能力を持ってそうな感じです。第1話でもサイバーな空間に浮かんでましたしね。
ナドレがジュノーンに似てるということは、ティエリアはファティマ?であれば何となく納得です(えー
平成ガンダムではMSが内股だとパイロットが女性だったりしますが・・・さて?

「邪魔すンなよ、一般兵!」
ハレルヤ、イッっちゃってます。もう全然主人公サイドの台詞じゃありません(つぅか、ある意味劇中キャラの台詞じゃありません)。
とはいえ、外伝でも似たようなの見せられてるから今一つ特殊性がないのが残念。何で『00』の外伝ってどちらもメンバーに犯罪者が入ってるんでしょう?もしかして現マイスターの中にも犯罪者が?・・・となると当てはまりそうなのはロックオンくらいになっちゃうわけですが・・・。

Hcm_kyrios_00

「漢の覚悟に水を差すな」
中佐、カッコイイですな。これでミン中尉も見事に散ればかなりカッコ良かったんですが・・・覚悟していたわりには意外と見苦しい死に方をしちゃったものだから、この台詞も効かなくなっちゃいましたね。生々しくしたいのか、けれん味を出したいのか、どっちつかずな感じでした。
意味ありげで実は無駄死に・・・きっとミン中尉はミン・ウという名前なんでしょう<オイ

「一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやろうか!」
「どうよ?一方的な暴力に為す術もなく命をすり減らしていく気分は?」

素晴らしいまでのヒールっぷりです。ハレルヤの犬歯がきっちり牙になっちゃってるのはご愛嬌?多重人格者は人格によって体格まで変わったりするという話もありますが・・・?

「中佐、ミン中尉が・・・!」
「何も言うな、少尉」
「しかし!」
「言うな!」

いやぁ人革連コンビ、素晴らしい。ソーマも無感情キャラかと思いきや、ちゃんと感情の起伏のある、意外と良いキャラになりました。実はセルゲイ部隊のマスコット的存在だったりして(笑)
ソーマはガシャポンシリーズの第2弾にラインナップされてますけど、結構人気のアイテムになるかもしれませんね。

「もしそうなら・・・僕は人でなしだ!」
「人でなし」・・・これはまたなかなか使わない言葉を(笑)「さんざんっぱら」とかね。
潜入作戦のときは「お前は人革連訛りが強すぎる」とか言われちゃうんでしょうか。ガンダムキャリオカ。

「そう・・・ナドレを使ってしまったのね・・・ティエリア」
一様に衝撃を受けるトレミークルー。視聴者にはさっぱりですが、ナドレを使ったことの影響についてはいずれ語られるんでしょう。でもナドレ、強いのかどうなのか全然わからなかったのはダメだと思います。パージした意味が全く伝わらない。緊縛からの脱出のみ?「何たる失態だ!」
クルー毎にナドレについての情報レベルはまちまちなんですね。これもナドレの能力に起因することなんでしょうか。ガンダムナドレ・・・謎ね。

「また・・・間違えてしまった・・・ホント、どうしようもないわね・・・私」
やっぱりコッチもまた視聴者にはさっぱり。積み重なる謎については後々怒涛の種明かしが展開されることでしょう。
前半は謎ばかり、後半は種明かしばかりというのも面白くないんですが、大丈夫かな。

「なのに、どうしてマスターたちはこうも不完全なの?」
坊やだからさ。
完全を求めるならネプチューンマンとかビッグ・ザ・武道をマイスターにしないと(えー
まぁスポンサーは金を出している以上何を言ってもOKなんですがね。自分が刹那にテロリストを追わせたことは失態とは思っていないところも流石、王大人。

次週、「荒れるやアレルヤ」
最早セルゲイが活躍すれば、話なんてどうでもよく思えてきてたりw
「アレルヤにあるミッションを決断させた」とのナレーションでしたが、かつて刹那の無差別テロ殲滅を言い出したこともあったように、マイスターがミッションプランを提案できるんですかねぇ?勝手に動いてるのか組織としての総意なのかイマイチわからないところがあります。

| | コメント (14) | トラックバック (17)

2007.12.08

Winkは断念

Volks_granzon_00ボークスのグランゾン、買ってきました。いちまんえん。・・・高い。

ボリューム感はあるんですがね、デザインの関係であまりポーズが決まらないのが難点ですね。まぁ元々殆ど動かない機体というイメージがあるので無問題。
商品的にはグランワームソードの塗りが酷くて、指紋がベタベタ付いているのが非常に気になります。ハズレを引いたようです。・・・と言っても、今回はレジで商品名を言うと店員さんが出してくれる仕組みでしたので選別のしようもなかったんですがね。

高額商品ばかりだったせいか、今回のスパロボ祭りは並んでる人も多くありませんでした。むしろ開店前に並ぶ必要もなかったくらい。
キャラ的には・・・どうなんでしょうね。グランゾン自体は『電撃ホビーマガジン』の再販希望第1位になったくらいですから人気はあるんでしょうけど、スタチューの女の子2人。自分の好みとズレているせいか、人気があるようには今一つ思えないのですが・・・でもラトゥーニはトイズワークスからもフィギュアが出てますし、人気あるんでしょうね。
私がボークス版を買おうとしたのは偏に「ポーズがWink」であるという、どうでもいい理由なんですが(苦笑)
Heart on wave~♪

結局軍資金が足りなかったため、グランゾン1体だけ買って帰ってきましたが、グランゾン×2とスタチュー2体のセットを合わせて50,000円程をキャッシュでポンと払ってしまう人もいるわけで。景気が良くて羨ましいことですナ。


買い物のあとはナミマおおさか氏(HPはもう更新しないのかな?)達と忘年会。
元々夕方からだったものが昼からになったせいもありますが、ノープランでウロウロするのは得策ではありませんね。次からは気をつけねば。


『00』は気が向いたらいずれ見るとして、明日は「ガンダムウォーツアー2007」。カードを貰うだけで大会には参加しないんですけどね。会場にいるのは正味10分くらいかな。
ちゃっちゃと済ませて『Gジェネ魂』をプレイする時間を作らないと。
買ったはいいけどデモを見ただけで全くプレイしていないんですよねぇ・・・。
土日は出掛けて『00』の感想を書いてHP本館を更新すると終わってしまうので。冬休みは積みプラの消化か積みゲーの消化かの2択になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.07

師が走る月・・・金策に

・・・金がない。
先月ちょっと買いすぎました。バイカンフーは痛かった。
明日はボークスのスパロボイベントがありますが、やはりシャイン&ラトゥーニのセットなんかは買ってられません。今30,000円近く払ったら今月やっていけなくなっちゃいます。知らないキャラなので「どうしても」欲しいものでないのがせめてもの救い。
グランゾンもあまり思い入れはないというか、SDでもリアルでも青いカタマリにしか見えないので、ちょっと買うの悩んでます。もうちょっと資金があれば迷うことなく買っちゃうんですが(苦笑)動いている姿を見たことがないだけで、実は動いたらカッコイイかもしれないし。そもそも、人気があるんだからきっとカッコイイんでしょう。
まぁコッチは10,000円ですからね。何とかならないこともないですし。

何しろ年末年始は飲み会続きで意外と出費が多いものだから、気がつくとだいぶ懐が軽くなっているんですよね。ロハで呑める場合なんて会社の忘年会・納会くらいだし。そういうところでは往々にして気持ち良く飲めないので、ある意味迷惑料ですからw
この宴会シーズン、金はともかくとしても体を壊さないようには気をつけたいものです。インフルエンザも流行っているようですし。不摂生な生活を続けてるといつかかってもおかしくありません。注射を射ちに行ってこようかな・・・注射もタダじゃありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.06

今月はヴァーチェ祭り

ついに発売されました『HG ガンダムヴァーチェ』。パッケージ写真見るだけでも欲しくなります。カッコイイですなぁ。・・・巷ではあまり人気がないようですが。
後ろ髪を引かれながらも、とりあえず本日はスルー。今週はちょっと組んでる暇がないのでね。一般人気がなければ近いうちに投売り価格になることも考えられますからね。なくなる心配がないってのはイイですねー。

スルーした理由はもう1つ。
今月は『1/144HG』『HCM-Pro』『MS IN ACTION!!』それぞれでヴァーチェが発売されるのです。ヴァーチェ祭り。
流石に全部は買っていられないので、ちょっと様子見ということもあります。
一応、『HCM-Pro』では4機揃える予定なので、他のは出来を見てからにしたいんですよね。プラモは特に1/100を買わなきゃいけない可能性もありますから、情報が出揃ってからとしたいところです。
噂によればギミックは『HCM-Pro』を買えばOKのようですから、わざわざ1/100を買わなくてもいいのかもしれません。
恐らく『HCM-Pro』を買うタイミングで『1/144HG』も買うことになるでしょう。

1/100では来週にデュナメスが発売となります。GNビームピストルが付属する初の商品。ホルスターはともかく、ピストルくらい他の商品にも付いていたってよさそうなものなんですがねぇ・・・。たかだかそれだけのために1/100を買うのもバカバカしいところではあります。

『1/144HG』キットではルドルフのグフイグナイテッドも商品化されるみたいですね。
1度造った金型はとことん使い倒す腹なんでしょうけど、買う人ってどれくらいいるんでしょうね。『DESTINY』が終わってだいぶ経つ上に、パイロットがヘタレコーディーときては・・・。『種デス』ファンでも『電撃HOBBYマガジン』を読んでない人もいますしね。
ディアッカザクでさえあっという間に暴落しましたし、ルドルフグフもソッコーで投売りでしょうなぁ。

今月は『00』のエクシアを除く3機のガンダムが一気に出る『MS IN ACTION!!』のガンダム外のシリーズ『IN ACTION OFF SHOOT!!』ではナイトメアフレームが発売されるとか。こんなことならバカ高い『パームアクション』なんか買うことなかったかも。
でも第1弾はランスロットとサザーランド。チト微妙なところではあります。シリーズが続く保証もないし、グロースターはやはり『パームアクション』で押さえておかないとダメなのかもしれませんね。
いずれにせよランスロットはプラモのあの造型でないことを切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.05

ウサギ小屋ではスペース確保は至難

Wii Fitプレイ中。
短時間でできるので結構手軽にできるのがいいですね。「Wiiの電源を入れさせる」意味では成功しています。
ただ、電源を入れる程度では「毎日体重を量るだけ」で終わってしまいますが(苦笑)そんなバカ高いヘルスメーターなど要りません。
バランスゲームやトレーニングメニューは豊富になるものの、有酸素運動は少なめ。基本3種であとはそのバリエーションとなるので殆ど選択肢はありません。もっとも、家の中でジョギングしたりするのは本来の姿ではないので、運動は外でしろということなんでしょうケド。
そうすると筋トレやヨガを中心にやることになるわけですが、部屋が狭いと、できる運動がだいぶ限られてしまうのが難点。ベッドがあるのでバランスWiiボードを置くと、TVとの距離は1mギリギリを確保するのに精一杯なんですよね・・・。
私のほかにも同じ問題を抱える人は結構多いと思うんですけど・・・やはり中産階層以上のWiiはファミリー向けということでしょうか。CMでやってるような広いリビングにTVとソファーだけ、ってな感じの家ってそうそう多くはない・・・というか、購買層的には確保できない人が大半を占めそうな気がしないでもありません。
まぁ、ブートキャンプにしたって、DVD見ながら充分な運動スペースを確保できる家なんてそんなに多くない気がしますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.04

モモちんブートキャンプ

Sochaku_momo_01『てれびくん』全プレ『仮面ライダー電王 超バトルDVD うたって、おどって、大とっくん!!』を見ました。
去年の『カブト』に輪をかけてくだらない内容ではありますが、『電王』は本編も似たようなものだし、子供向け商品ですからね、楽しければいいのですw
「とっくん」の内容はモチロンどこぞで見たようなモノ。そこに悪ノリが加わって、笑えるないようになってマス。電王が超級覇王電影弾をやるとは思わなかった(苦笑)
本家のほうはブームも下火になりつつありますがこれでまた再燃するようなことにでもなれば面白いですね。

良太郎役の佐藤くんはTVシリーズ劇中では基本長袖ですが、このDVDではノースリーブ。腕の筋肉がかなり目立ってしまって、あまり弱々しく見えないのが難点ですね。そう考えると、彼はキャラ違うのに良太郎を好演してると思います。「形で」やってるように見えるところもあったりしますけど、まだ若いから仕方ないトコロ。

そんな『電王』も残すところあと数話。クライマックスに向けて加速中です。一体どんな結末を迎えるのか・・・ハナの復活はあるのか?(笑)
そろそろ来年の仮面ライダーの情報も上がってきてもいい頃合だとは思いますが・・・今月の幼年誌なんかにはもう載ってるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.03

ウチには一般人が盗って喜ぶものありませんよ?

このところ自宅の近隣で空き巣が出没しているようです。
家人の話だと、夜中に風呂場の窓から忍び込んで金品を盗んでいくんだとか。それって普通の泥棒じゃ・・・?
いずれにせよ戸締り等には気をつけたいものです。
個人的にはこのところ何かと物入りなので盗まれるほどの現金は所有してないんですケドね(苦笑)
今週末はボークスの「最強造型2007」でグランゾンとラトゥーニでも買ってこようかと思っていましたが、ちょっと余裕ないかも・・・(涙)
忘年会シーズンで飲み会とかの出費もありますしね。
早いとこ、ボーナス出てくれないと困るんですが、今年はまだアナウンスなし。これで出てくれなかったら大ピンチです。アテにして無理するんじゃなかったかな・・・。

とりあえず金のかからない「ガンダムウォーツアー」だけは行って、エクシアのカードを貰ってこないと。
ただ、先日の『00』の放送でプロモカードつきの雑誌が出ることがアナウンスされちゃいましたから、また出費も確定なんですよねぇ・・・はぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.02

#09 大国の威信

『機動戦士ガンダム00』 第9話 「大国の威信」。
ついにソレスタル・ビーイング大ピンチ!・・・なんですが、予定調和すぎてご都合主義感漂いまくり。いや、どんな作品であれ、人の手が入って作られている限り須らく予定調和なんですがね、如何にそれを上手く見せるかが腕の見せ所なわけで。その点『00』はグダグダというかバレバレというか・・・。子供向けってのはある意味正しいんですかねぇ?それにしては子供向けの演出はありませんが・・・?
とりあえず1~8話までの内容で、以後4ヶ月60以上回もの介入をナレーションベースってどうなのよ。しかも今回のメインとなる人革連以外の対応もナレーション。なのにルイスママ登場という下らないくだりの挿入。あまりにも酷くありませんか。長編映画をブツ切りにして見せられても困ります。
やはり「DVDで全編通して見る」ことが想定されているんでしょうけど、その前に「DVDを買わせる」作りをしたほうがいいのではないでしょうか。

さて、以下雑感。

わたしとわたし 二人のロック
どうやらロックオンは双子のようですね。兄弟にしては似すぎ。
「あの人」という呼び方が引っ掛かります。

I_am_gundam_00「整備を手伝う」
ガンダム大好きっ子刹那。
この辺がおやっさんが気に入ってるところなんでしょうねぇ。ガンダムを磨く姿でも映しておけば女性ファンも増えるかも?

「ニイサン」
「アニチャン」
「アニキ」
「オニイサマ」

もしかしたらハロはロックオンのヤツのほかに12体いるんじゃ・・・?

「スメラギさん、もしオーバーホール中に敵に襲われたら・・・?」
「神を怨むわ」

何ですかこの物凄い伏線台詞は。
そもそも今回はどうみても作戦行動中じゃないんだから「敵に教われない」ところでやればいいのに。

「嘘だと言ってよ、バーニィ」
「何とか言ってよ、沙慈!」

要らないシーン。だって折角ルイスの母親が「世界がこんな状況なのに」って言ってるのに「こんな状況」がまるで見えませんからね。ナレーションで端折るからいけないんですよ。世界の緊張感というものがまったく感じられないのでは民間人のシーンを入れたところで効きはしません。
関係ないですが、ルイスの母親はシーリンに似すぎです。

国連大使アレハンドロ
国連の平和維持活動・軍備管理活動の裏の顔としてCBが組織されていたりするとアレハンドロと簡単に繋がるんですが、さすがにそれはないですよね。

「見返りは何もないというのに・・・」
あれ?国連って営利団体でしたっけ?
まぁ確かに色々な思惑というのは入ってくるものですけどね・・・。

「優しい~♪・・・でも、好みじゃないのよねー」
安易に請け負うほうも請け負うほうなら任せるほうも任せるほう。ガンダムは艦の武装代わりなのにオーバーホール中に警戒放ったらかしてはイケマセン。
今回の災禍も自業自得。CBは秘密組織のくせに構成員に問題がありすぎます。・・・と言いたいところですが、コレ、明らかにシナリオの都合上の展開。「偶然が重なって危機に陥った」にしても、この流れでは不自然です。
こんなことでよく4ヶ月間も戦ってこれましたね。そもそも時間経過が全然感じられないんですけど。
交代要員がいるわけでもなければ補給を受けてる様子もなし。整備もハロがやっちゃうから他のクルーの顔も見えないわけで(多分いないんでしょう)。ブリッジ5名、整備1名、パイロット4人で世界を相手に4ヶ月に60回以上も武装介入をやってたわけだから、良くも悪くもいろいろあるでしょうに。
「遊びでやってるんじゃないんだよ!」

全感覚投影システム
サイコミュみたいなものでしょうか。
そんなシステム、真っ先に脳量子波の影響を受けそうなものですがねぇ。便利なヘルメットがあるからいいのか(苦笑)

「ニールだ。・・・俺の本名。ニール・ディランディ。」
ニールという名前を聞くと『キャンディ・キャンディ』しか思い浮かばないのは夢を忘れた旧い地球人なんでしょうね。最近はひねくれた見方しかできなくなってるし。
「CBのメンバーには守秘義務がある」とか言っておきながらソッコーで破るロックオン。こういう展開は死亡フラグっぽい感じもしますね。実はアバンに出てた男がニールで、ロックオン死亡後が自分の死亡後に引き合わせる目的だったりってのは・・・ないかな?
ここで第二世代のガンダムマイスターの話を持ってくるのは商品戦略の一環かな。関連雑誌を買ってない人にはイマイチ響かないでしょうからね。でもフェルトくらいの子供がいるとなると、第二世代から第三世代のマスターに交代したのはそれほど遠い話ではないということで、フェルトの両親が死んだのも交代以降の話。もしかしてスメラギさんの「あの件」と関係が?
ちなみに第二世代のマイスターには如何にもAIっぽいのがいますね。モニター越しでしか会話しないガンダムマイスター、874。(「はなし」?)AIがOKということは、ティエリアあたりがアンドロイドでもOKなわけで・・・これまでの言動を考えるとおかしくないかな、とも思ってましたが、今週では食事のシーンを出されちゃいましたからねぇ・・・。

「ロックオン・・・!し、失礼」
「誤解をするな!?」

妙に照れまくるアレルヤ。でも出て行かないのは何かを期待してる?(えー
まぁともかく、フェルトの中ではフラグ立ったようです。

「馬鹿!敵にこっちの位置が探知されてるのよ」
半分以上お前の責任だ、クリス。
そもそも警告は光と音で知らせないと意味ないのに、何故か地味に点滅するだけのシステムも微妙なんですがね。あれじゃもし席を外していなくても常時モニターを凝視していないといけなくなっちゃうから、少人数で運用する艦には不向きです。

「ガンバレ、ガンバレ」
上下に浮遊するハロ。パタパタするかどうかに関係なく、何か噴出する仕組みがないとあの動きは無理な気がしますが・・・?

「となれば、第一通信社団ポイントとなるのはCBの宇宙輸送艦である可能性が高い」
何故に「宇宙輸送艦」?人革連の艦も輸送艦でしたが、戦艦というのはこの世界に存在しないんですかねぇ?MSが主体の戦争になっている以上、それはそれでOKではあるんですが。でもそれだったら「輸送艦」なんて呼び方はしないはずですし・・・。
こういう細かい部分が「今回の戦闘をやるためにトレミーには武装がない設定にしました」というように感じて鼻に付くんですよねぇ。

「18年前、第四次太陽光紛争時にこれと同じ作戦が使われたわ」
じゃあ、キュリオスとヴァーチェで陽動を書ける時点で既に結果の1つとして予測できたはず。なのにそうなった場合の対応策がないってのはおかしくありませんか、スメラギさん。戦術予報士ってホントに「1つの結果を予報するだけ」なの?

ロシアの荒熊、セルゲイ=スミルノフ
♪ウソ!ウソ!ホント!ホント!ウソ!ぼくの名前を知らないの?
♪教えてあげよか、ぼくフクちゃん!
・・・いや、「荒熊」といったらあの人しか思い浮かばなかったもので・・・(苦笑)

「デュナメス、脚部をコンテナに固定。GNライフルによる迎撃射撃状態で待機」
射撃戦用の機体は砲台に。ガンタンクとかルナザクとかと同じ運命を辿るのでした。

「ホ、ホントに戦うの?この艦、武装ないのに!」
沙慈やルイス以上に戦争の実感がなかったのは最前線近くにいた人でした。
だから能力だけでスカウトしちゃダメなんだって。
一方的に殴られる痛さと怖さを教えてもらってください。

「機体重量の変化で照準がズレてやがる」
今は固定砲台になってるから重量は関係ないんじゃ・・・?装甲外れてるの脚だけで、上半身は通常通りだし。
そんなこと言ってたら、輸送艦をミサイルで迎撃した後なんかも照準ズレ放題になってるハズですが。
そのミサイルも妙なところについてますね。多分1/100のプラモでは再現されていないはず。1/60かMGを買え、ってことでしょうか(出るかどうかは知りませんがw)。この調子だと膝装甲にもミサイル入ってそうだなぁ・・・。

「早く来てアレルヤ」
先週で何となくそんな気はしていましたが、やはりそうでしたか。
でもアレルヤはスメラギさんが気になってるように見えますが・・・?
どうもブリッジクルーを見てるとどうも5121小隊を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか。

「私の予測が外れたというの・・・?そんな・・・もう間違えないと決めたのに!」
間違えないと決めて間違えなくなれば受験生は苦労しません。

00_09_01 「機雷源?誘われた!」

00_09_00「あー、下手こいたー!」

さあ来週、「そんなの関係ねえ!」となるか?(笑)

次回予告
ヴァーチェの隠された能力・・・やはりガンダム4機合体でしょう!<違います
「天使の羽が」ってのは背中に合体するキュリオスのことに違いありません<だから違うって
でも逆に、ヴァーチェは「合体した姿」であって、中から小さいガンダムが出てきたら笑えますね。
いずれにせよ、どうせ来週発売する1/144のプラモには「隠された能力」のギミックは付いてなくて、「1/100を買いなさい」とかいうオチなんでしょうね。

| | コメント (10) | トラックバック (23)

2007.12.01

リボルテックEXPOは大盛況

予定通り今日は「リボルテックEXPO」へ。

・・・と、その前に瀬無さんと合流してポストホビーのガレージセールを覗きに行ってきました。
去年初めて行ったときは道を間違えて開場には間に合いませんでしたが、今年は大丈夫・・・と思いつつ会場へ行くと、もう既に列ができていました。・・・恐るべし。
開場時間近くになって、列が徐々に進み始めると、道端の公園で何やら踊っている人々を目撃。今流行のヲタ芸とも違うようですし、不思議な衣装をつけている人もいました。舞台の稽古とかでしょうか。スタジオ借りると地味に金かかりますからねぇ・・・。

いざ開場となると一気に人が殺到してもう何が何だかわからない状態に。良さ気なものがありそうな一角があったものの、人が集中して到達できず。再三再四突入を試みるも、失敗。人の波と酸っぱい匂いには勝てませんでした。無念。結局何も買えず。
買うのを諦めて一歩引いて店内を見てみると、混雑している箇所ではバンザイをしている人がちらほらと。人の波に揉まれてお宝が潰れないようにという配慮なんですが、ちょっと面白い光景だったりw
「ボディがガラ空きだぜ!」とやりたい放題・・・なーんてね・・・フフ・・・。(by岡本夢路)


鈍くさい私には何も買えないことが判明したので、早々に切り上げてアキバのUDX、「リボルテックEXPO」の会場へ行ったのですが・・・何とそこも長蛇の列!もっと楽にスイスイ見られると思っていました。迂闊。
開場5分前くらいで200人くらいは並んでいたかと思います。やはりリボルテックの注目度は高いんですね。親父が夢中になるわけだ。

30分ほど待って、やっと入場。私は並び慣れてますが瀬無さんには辛かったんじゃないかなぁ(>妙なところに連れていってスミマセン)。
入場制限していただけあって、中はそこそこ普通に動けました。ギュウギュウで展示なんて見られたモンじゃありませんからね。

メインはリボルテック新作の展示だったわけですが・・・案の定、ブラックオックスとグリフォン(アクアユニット)が2月発売でした。想定どおりということで気が抜けたのか、この2体、帰宅してから写真撮ってないことに気づきました(汗)

だってこういうの見ちゃったら、やっぱりコッチのほうが気になっちゃうわけですよ。

Rev_hotrod_strscr_00

コンボイ、メガトロン様に続くTFアイテム第2弾、ホットロディマスとスタースクリーム(共に3月発売予定)。スタスクはともかく、ホットロッドは意外でした。FS限定とはいえ、ウルトラマグナスが出ていたわけですから妥当といえば妥当。ロディマスコンボイではなくホットロッドを商品化したのは「総司令官 = コンボイ」で唯一性を出すため?ロディマスコンボイにしておけばFS限定でメナゾールってのもアリだったでしょうに。・・・まぁいいけど。
フロイラインのシリーズでアーシーとミネルバをよろしくお願いします>海洋堂さん

Rev_lovateinn_00

『フルメタル・パニック!』からはレーバテイン(4月発売予定)。
アーバレストがぼちぼち出てきてる中、レーバテインの商品化は他社との差別化が図られていて新鮮です。後々他の機体も出してくれることでしょう。期待したいところですね。

そして待ちに待ってた『グレンラガン』!

Rev_gurrenlagann_00

以前「是非リボルテックで」みたいなことを書きましたが、ホントに出てくれるとは嬉しい限りです。KONAMIの『インパクトモデル』をスルーした甲斐がありました(笑)待ってて良かったー。
5月発売予定。待ち遠しいです。

Rev_pre_jun_00 Rev_pre_suzuki_00

さらに『どこでもいっしょ』から、ジュンとスズキ。顔はトロと同じく書割でしょうね。スズキの顔は別パーツじゃなくてアシュラマンみたいに回転になるのかも。再来年には全員揃うかな?
『まいにちいっしょ』やりたいです。でもそのためだけにPS3買うのは愚の骨頂ですからねぇ・・・。

Rev_ims_00 Rev_ims_01フロイラインリボルテックでは『アイドルマスター』の2人がラインナップ。このゲームは良く知らないんですが、結構キャラクターがいたはず。やはりどんどんリリースされていくんでしょうねぇ。まさに「アイドルプロジェクト」(w
ある意味ゲームを知らないのは正解でした。知ってたらきっと全員買いたくなってたでしょうからね。
『アイマス』の参入でリボルテックは貞本キャラばかりになっちゃいますね。いつか『.hack』なんかも出たりして。

そしてついにッ!『北斗の拳』!
海洋堂といえば『北斗の拳』フィギュア。これまで可動フィギュアもいくらかリリースされていましたが、今度はリボルテックで登場です。あの筋肉がモリモリ動くフィギュアも好きだったんですけどねぇ・・・。でも買いやすくなったのは良いことです。
とりあえず、ジャギ様カッコええ~♪

Rev_pre_fons_00

以下、適当に画像。
ケンシロウ、ラオウ、サウザー、レイ&牙一族、シュウ、トキといった面々が展示されていました。レイは牙一族なんて、また凄いオプション付き(笑)
そして面白いキャラとして「あべし」。体が爆発する仕掛けになっているようです。もちろん手足の関節にはリボルテックジョイントが使われていました。商品名「あべし」ってすごいセンスですね。
ラオウの後ろには黒王号も。これもリボルテック?

Rev_pre_fons_01
Rev_pre_fons_02Rev_pre_fons_03
Rev_pre_fons_04Rev_pre_fons_05
Rev_pre_fons_06
Rev_pre_fons_07Rev_pre_fons_08
Rev_pre_fons_09
Rev_pre_fons_10

『リボルテック 北斗の拳』、実に楽しみなシリーズになりそうです。
フロイラインのELF素体を使えばユリア、リン、マミヤなんかもできますしね。
ハート様とかフドウとかの重量級はどうするんだろう・・・?(苦笑)

EXPOの会場ではリボルバージョイントの販売も行なわれていました。ガシャポンには普段ホビーロビーでオマケにつけられているタイプが3種類入って、1回200円。あとは普段リボルバーポイントと交換している台紙タイプのものが1シート200円。はじめはガシャポンだけかと思ってましたが、後から台紙タイプのものも売ってることに気づきました。台紙のほうが断然おトク。黒・肌色(濃・薄)の3色しかありませんでしたけどね。

注目のアッセンブルボーグはTVCMも行なうようです。ついにTVCMまで打てるようになったんですなぁ。
商品的にはミクロマンに似ていますが、ミクロマンよりもパーツ交換の自由度が高い上に可動も若干優秀なので、きちんとケアしてあげれば固定ファンも付くことでしょう。バイクがパーツ分割で武器になったり、組み替えて別のメカにできたりするところも魅力ですね。
私は懐に余裕がないのでこちらはスルーの方向で。バイクは武器セットとして使えそうなので買うかもしれませんが。

リボルテック、来年も楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »