« 今度のGジェネの出来や如何に? | トップページ | 年末は匣を観に行こう »

2007.10.16

『×××ホリック』と書かれていると「メタボリック」に見える

『xxxHolic』12巻を買ってきました。
日常の何気ないところからスイッチが入って非日常と繋がるというか、異世界へ迷い込むというか、どこにでも存在する異界の描かれ方が面白いんですよねー。ゾクゾクします。
まぁ本巻ではどこが現実世界なのかがわからなくなってしまってますが・・・15巻くらいで終わっちゃうのかな。
これまで第三者的な立場だった読者を、四月一日と同じフィールドへ引き込んでしまうストーリーは見事でした。

こういう夢と現実を扱った作品の中でしばしば引用されるのが『荘子』の一説。『xxxHolic』でも使われています。夢と現実、どちらもひとつの世界として存在していて、どこかでリンクしている。こういうのは好きなんですよね。だから『ペルソナ』なんかも好き。
ちなみに、「荘子」は書物なら「そうじ」、著者なら「そうし」と読むのが正解なんですが、ルビなんかをみると曖昧なんですよね。どちらとも取れる場合はいいんですが、明らかにおかしいケースも結構あります。・・・まぁいいんですけど。


そして今日は『スパイダーマン3』のDVDも発売。
・・・普段なら買って帰ってくるはずなんですが、珍しくスルーしました。
今回は限定版に魅力が全くないのでね。通常版にしようと手には取ったものの、メイキングなんて多分見ないので廉価版が発売されるのを待ったほうがいいのかな、と思った次第で。それに通常版ならいつでも買えますしね。給料出てからでも遅くありませんし。

DVDの限定版といえば、12/19発売予定のハリウッド版『TRANSFORMERS』はオプティマスのボディを模したケースに入っているだけで通常版と同じという頭のおかしな仕様。でも限定10,000BOX。値段が安いからそれなりに売れるんでしょうけど・・・何故限定版トイを付けない?あれだけ玩具がヒットしてるんだから抱き合わせれば儲かるはずなのに。タカラもパラマウントも利潤を追求しない謙虚な企業なんですなぁ(えー
一部の店舗では予約特典としてオプティマスのフィギュアが付くようではありますが・・・。
こっちも廉価版まで待ちかな。



|

« 今度のGジェネの出来や如何に? | トップページ | 年末は匣を観に行こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『×××ホリック』と書かれていると「メタボリック」に見える:

« 今度のGジェネの出来や如何に? | トップページ | 年末は匣を観に行こう »