« ある意味ガンダムファイト | トップページ | ふーか、てーかでかうのはやめよーか »

2007.09.14

MIAの品質が安定する日は来るのでしょうか

今週末は『HCM-Pro ジェガン』『EMIA ウイングゼロ(EW版)』『EMIA ガンダム(リアルタイプカラー)』が新発売、『MIA』のエンドレスワルツシリーズが再販になっています。

意外にもリアルタイプガンダムの品質は安定していて、ビックリ。初回生産限定版だから?
逆にジェガンや再販組は塗りが酷いです。『HCM-Pro』は若干高額ながらも高クオリティなところが魅力的でしたけど、このところ塗装のクオリティが著しく下がってます。宇宙世紀も後半になるとディティールが細かくなって塗り分けなきゃいけない部分も多くなりますから仕方のないところではあるのですが・・・。

再販のMIAも塗りが最近の品質に落ちた気がしますね。気のせいかもしれませんが。
コイツらは元々出来は微妙でしたが、塗りはそこそこ安定してて適当に買ってもOKだったはずなんですけど、今回はかなりバラつきがあります。これなら多少高くても旧版を買ったほうがいいのではないでしょうか。私としてはWチームに金をかけたくはないので塗りの良いのを物色する方向で。なければ買いません。

ウイングゼロは良くも悪くもEMIAクオリティ。やはり全塗装が仇となって、品質はバラバラ。パーツの精度も甘いです。
全体的に、雑誌等で見た写真よりもどことなく野暮ったい感じもしますね。何でかわかりませんが。・・・小さく見えるからかな?
寧ろMIA版のほうが良かったようにも思えます。あっちはあっちでベースカラーがグレーだから劇中よりもちょっと汚く見えるという欠点はありますがね。

Emia_wing0_00

完成状態での安定品質を求めるなら5,000円以上の高額商品か、プラモにするのが正解なんでしょうねぇ。
そんな高額商品の『HCM-Pro デストロイガンダム』は半額以下での投売りが始まっちゃってますが。・・・高いと売れないんですよネ(苦笑)
『HCM-Pro』スペシャルカラーのシャアドムも半額だったので買ってきました。同じく陸ガンも半額程度。
『G.F.F.』のサイコが値下がりするのも時間の問題?





|

« ある意味ガンダムファイト | トップページ | ふーか、てーかでかうのはやめよーか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MIAの品質が安定する日は来るのでしょうか:

« ある意味ガンダムファイト | トップページ | ふーか、てーかでかうのはやめよーか »