« 俯瞰が基本 | トップページ | カードダスのセットは魅力 »

2007.08.22

19弾パック開け終了

『GUNDAM WAR』第19弾「変革の叛旗」が発売されました。
ある意味シュバルツのためのエクスパンションみたいなものなのでゲルマン忍者以外は今一つパッとしない感じではあります。まぁ最近のレアは普通に使えないものが結構多いんですがね。
シュバルツ、シュピーゲルはコストが高いのがネックなので早く出す工夫が必要ですね。3~4ターン目で出せればかなり強いです。MFウイニーと相性が良いです。

あとはカガリに妙なテキストがついてました。
「自軍国力がカガリのセットされているユニットの合計国力よりも低い場合は攻撃に出撃できない」
「カガリがGにセットされている場合、手札にある白国力ユニットで”PS装甲”でないものを配備エリアにロール状態で出すことができる」
カガリの合計国力は2なので、最速2ターン目でプロモのフリーダムやらジャスティスやらを場に出せることになります。あとは「攻撃に出撃できない」というテキストを消すためにカガリを殺せばOK。3ターン目から9ダメージ。
ホントはアカツキを早く出して防御に使うためのテキストなんですけどね。

白のキャラクターでは、バリー・ホーがガンダムファイター同様、ユニットとして使える能力を持ってます。
『DESTINY』のレビュー時に散々書きましたが、やはり『SEED』には『Gガン』に相通じるところがあったわけですな(えー
いや、でもセイバーがバラバラにされたときは『G』の香りをハッキリと感じましたしw

キャンペーンのほうは、箔押しのシンボルカードが当たりませんでした。パックを開ける前にコンプできないことが確定。凹みます。シングルで安く売ってると良いのですが・・・。
スターターと、ブースター、それぞれの専用レアは1枚ずつですが出てくれました。必要に応じて買い足しますが、どっちもデッキに入らないだろうなぁ・・・。エクシアはそれなりに使えそうなんですケドね。

結局、ガンダムグリープとアカツキのノーマルが出ませんでした(何と、パラレルレアは全部出ました!)ので箔押しシンボルカードと3枚、明日にでも買い足して19弾コンプです。
まだ全部のカードのチェックはしていないので、後日他にも買い足すカードがあるかもしれません。


・・・『00』の試写会は見事に外れました。



|

« 俯瞰が基本 | トップページ | カードダスのセットは魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 19弾パック開け終了:

« 俯瞰が基本 | トップページ | カードダスのセットは魅力 »