« アニメ版も見所は虎眼先生でしょうか | トップページ | 神祖様はDVDのオマケフィギュアになるのかな »

2007.03.20

某ライダーを見てしまうと「あばれ天童」が「あばれ天道」に思える

Comics_gr01_00『ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日』、コミックス第1巻が発売されました。
設定やストーリーは異なれど、その破天荒な展開ぶりは『地球が静止する日』を踏襲しています。さすが今川監督。
できることならアニメで見たかったですが、逆にアニメではできない(できなかった)こともやってくれそうで期待が持てます。

1巻は中条長官の「悪ゥい」顔がステキ過ぎますが、それ以上に若本さんが2人も出ているあたりが素晴らしい!パンツ全開のお銀ちゃんなんかもうどうでもいいです(笑)
いやホント、アニメで観たい。
そういえば、アニメでは版権の都合で「ロデム」はダメたったのに、漫画版ではOKのようですね。ビッグファイアがそのままなのはバビル2世にすると「BF団」ではなくなってしまうからでしょうか。

八卦陣の形成時に名前が挙がってた人々は『水滸伝』ではそれほど強くない人たちばかりなんですケド・・・。捨て駒ですか?>呉先生


そんな『水滸伝』は同日に北方謙三版の小説第6巻が文庫で刊行されてます。まだ開いていないのですが、5巻が非常に面白かったので、6巻も楽しみでなりません。
全19巻、全部一気に通して読んだらメチャメチャ疲れるんだろうな・・・と思いながらも、全巻刊行されたら挑戦してみたい気もします。1冊2時間、19冊で38時間。土日潰して読む感じですか。読後は燃え尽きて白くなっちゃいそうです。
似たような理由でアニメ版『銀英伝』マラソンもやってみたいとは思っているものの、いまだ実現せず。文字通り2日間かかってしまうのでね、なかなか難しいです。



|

« アニメ版も見所は虎眼先生でしょうか | トップページ | 神祖様はDVDのオマケフィギュアになるのかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 某ライダーを見てしまうと「あばれ天童」が「あばれ天道」に思える:

« アニメ版も見所は虎眼先生でしょうか | トップページ | 神祖様はDVDのオマケフィギュアになるのかな »