« 基本はM1+マユラで | トップページ | ジオン章がグリコのランナーのマークになってたりはしません »

2006.12.10

現金があれば何でもできる(違

行けばわかるさ。迷わず行けよ。アントニオ猪木酒場
オープン直後は混んでて入れなかったので、ナミマおおさか氏と忘年会がてらリベンジ。
salty blogさんの記事を見て楽しみにしていたんですが、いやぁ、なかなかいいトコですね。店内のどこにいてもプロレス映像が見られる環境なので、1人で行っても大勢で行っても楽しい(ハズw)。
今回は開店直後を狙って行ったので、ガラガラでしたが、客が入るにつれて「酒場感」ができあがっていくというか、ちょっと独特の雰囲気が出てくるのが面白いところ。客の意識下の根底に「プロレス」という部分があるので、どっかで連帯感みたいなものが生まれてるのかもしれませんね。
店内中央はリングを模したカウンター席。世が世なら普通に賭け試合が行なわれているんだろうと思いながらモニターに映る北斗&ブルVS豊田&吉田の試合を眺めてました。
欠点はテーブルが小さいことと、メニューがわかりづらいこと。まぁメニューは見てるだけで楽しいし、何が出てこようと多分楽しいのでOKなんですけどね(笑)

いつもの、飲み会前の映画鑑賞は『手紙』。
ベタ男くんやベタ子さんが出てくるんじゃないかと思うくらい先の読める展開には閉口しましたが、逆にそこは鉄板。感動ポイントは素直に感動します。残念ながら山田孝之には感動しませんでしたけどね。周りのベテラン陣が良かった・・・って邦画はいつもこんな評価ばっかりしてますね(w
ベテランは上手くて当然なので、若手の光るところを見てやらないといけないんですけど・・・まぁ少なくとも今回は見るべきところはなかったかな。
一方、玉鉄は手紙を読むところ以外は殆ど台詞はありませんでしたが、頑張ってたなぁと思います。もっと存在感というか貫禄が出てくると単純な「イケメン俳優」から脱却できそうですね。

ちなみに、今日は「ガンダムウォーツアー2006」の最終日。ナミマおおさか氏の協力により「アカツキ(シラヌイ装備)」2枚ゲットです。太謝謝了!

|

« 基本はM1+マユラで | トップページ | ジオン章がグリコのランナーのマークになってたりはしません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51930/13019283

この記事へのトラックバック一覧です: 現金があれば何でもできる(違:

« 基本はM1+マユラで | トップページ | ジオン章がグリコのランナーのマークになってたりはしません »