« 未だ梅雨は明けず | トップページ | 並ぶまでもなかった »

2006.07.21

ハウルにも感動せず

会社にいてもロクなことがないので今日はさっさと帰宅。もちろん新発売のHGUCサイサリスをゲットすることも忘れてませんよ。『ペルソナ3』が一段落したら作ります。

定時にあがったので9時ちょい過ぎには自宅に着きました(夕飯食べて帰ったとはいえ、通勤3時間はやはり無駄ですな・・・)。自室に戻ってTVをつけると、丁度『ハウルの動く城』が放送中。見たことなかったんで、着替えながら何となく見ているうちに、結局そのまま最後まで見ちゃいました。平日の9時台に家にいることなんて滅多にないのに、貴重な時間を浪費してしまった感じです。中盤まではそこそこ面白かったんですけどね・・・。

ハウル役のキムタクは・・・序盤は「なかなかいけるか?」と思いましたが、感情が出てくると途端にダメになりましたね。それはリアルの芝居でも同じなんですが。
ハウルのヘタレっぷりはゲキガスキーとかドンファンファン伯爵といった、タイムボカンシリーズで山本正之氏が演じた二枚目半のキャラを思い出しました。

ソフィーは終始オバサン臭くてヒロインとしては魅力不足気味。倍賞千恵子氏は芝居は上手いんですが、どうも古臭い感じがしてしまうんですよ。『男はつらいよ』のイメージのせい?
たしか当時は「溌溂としたお婆さん」みたいな謳い文句だったと思いますが、お婆さんとして立ち回る部分はあまり多くなかったように思います。若ければ溌溂とした動きもできるわけで。
ヒロイン不在では神木隆之介クンに萌えるしかないのか・・・(えー

美輪明宏氏は良い芝居しますね。あの存在感と後半のON/OFFのギャップは見事でした。

・・・まぁ絵は綺麗だし城は面白い動きを見せてくれるしで、見るべきところはあるんですけど、肝心なのはストーリーでしょ。ホント、前半は良かったんですけどねぇ・・・。特にラストの展開は「ええええーっ!」というくらい陳腐でしたから・・・。子供向け作品と考えれば「あり」なんでしょうけど。やっぱり心の汚れた人は見ちゃいけないのかな?

|

« 未だ梅雨は明けず | トップページ | 並ぶまでもなかった »

コメント

どうもお久しぶり、青の零号です。
私のように性根の捻じ曲がったSF・ファンタジー読みにとっては、
『ハウル』はイジりどころがたくさんあって面白いんですけどね。
でも確かに感動はそれほどでもないかなぁ。結局は同じ話を何回も
反復してるわけですから。
だから私にとって、今でも最高なのは『ナウシカ』なのです。
ただし、テーマの扱いが作品ごとに微妙に違うのは面白いですね。
その時々の監督の考え方や視点の変化が見える気がします。

美輪さんは良かったですね。特にボケ気味になってからの演技は
一発一発が強烈でした。
ヒン役の原田大二郎の熱演も捨てがたいです(笑)。

投稿: 青の零号 | 2006.07.22 19:16

姫鷲さん、こんばんは。
「ハウル」初ですか?
私は当然のように劇場で観ていますが、いくら木村拓哉のドラマ好きな私でも、ハウルは当時からダメダメ評価です。もちろん感動も薄く。

私も「ナウシカ」が一番。
コレを超える作品には未だに出会えていません。
主要登場人物にタレントや俳優を声優に起用することが好きじゃないですしね。
美輪さんのような方ばかりなら、文句はありませんが。

今度の「ゲド戦記」。
もちろん観に行きますが、「ゲド」役の菅原文太。演技はうまいのだけど、若さがねぇ・・・
本職のアニメの声優さんのスゴさを感じる今日この頃です。
ああっ、そういえば初日に観に行けないんだ・・・・(笑)

投稿: たいむ | 2006.07.22 21:08

青の零号さん、こんにちは。
相変わらずお忙しいようですが、チェックすべきところはちゃんと押さえていらっしゃるようで。生活が充実しているんじゃないですか?羨ましいです。

>最高なのは『ナウシカ』
『ナウシカ』は何度見てもイイですよねぇ~。でも私はジャンルとして「ジュヴナイルな冒険活劇」を好む傾向にあるので、底上げの結果『ラピュタ』が1位になってしまうのです。

>美輪明宏
存在感は圧倒的でした。直接ハウルやカルシファーと絡むシーンは殆どありませんでしたが、掛け合いとかあったら完全に喰っちゃってたでしょうね。

投稿: 姫鷲 | 2006.07.23 12:21

たいむさん、こんにちは。
今回「初ハウル」です。そして多分最後(笑)
『ハウル』は母親が友人と観に行って「つまらなかった」って言ってたので全然興味なかったんですよ。母の評価基準は低くて、行った映画はたいてい「面白かった」って言うのに、言わなかったということはよっぽどなんだろう、と。
今回もたまたまTV点けたらやってたので見ただけで、「宮崎アニメだから見る」ってのもないですね。『千と千尋』も見てませんし。
私が見る作品はかなり偏ってるんですよね・・・。

>タレントや俳優を声優に起用することが好きじゃない
同感です。きちんとできる人を使うのは問題ないのですが、客寄せパンダ的な起用が多いのも事実ですからね。適役かどうかではなくて、声に違和感がある時点で作品に集中できなくなるので困ります。

>初日に観に行けない
『ゲド』って29日でしたっけ。キャスト発表の時点で興味が薄れてたので意識してませんでした。初日逃してしまって申し訳ないです。

投稿: 姫鷲 | 2006.07.23 12:59

今日は、りおっとです。

ハウル。

私、原作ファンなのであすこ迄変えられてしまってたのがショックでしたよー!
世界設定からして全然別物なので驚いたし、何故ソフィーがああも地味なのかとかも触れられてなかったし。

原作は結構面白いし、荒地の魔女も頑張ってます。

そんな私はジブリだと「ラピュタ」が好きだったり。

投稿: りおっと | 2006.07.25 12:16

りおっとさん、こんにちは。
『ラピュタ』、良いですよね。何回も見てます。DVDも持ってるんですけど・・・何故か未開封(笑)

『ハウル』は原作面白いんですか。機会があれば読んでみます。コレ、単行本でしか出てないですよね?文庫に落ちてれば買ってしまうところなんですが・・・。

投稿: 姫鷲 | 2006.07.25 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウルにも感動せず:

« 未だ梅雨は明けず | トップページ | 並ぶまでもなかった »