« 無事終わったようで | トップページ | れっつら・ごー! »

2006.07.13

召喚器はGUNPへのオマージュかな

予定通り『ペルソナ3』を買ってきました。
メーカー特典のデスクトップアクセサリは、予約しないで夜買いに行っても貰えました。生産数が多かったのかソフト自体が売れてないのかはちょっと不明。

帰宅後早速プレイしましたが、導入部が長くて、やっとのこと自由に動けるようになったと思ったら就寝時間。23:30過ぎて始めてるから仕方のないことなんですがね。

平時に流れてるBGMがポップな感じなのと、キャラのステータス育成パート(能力値パラメータではなく)と戦闘パートとが昼と夜ではっきりわかれてるので、ゲーム感覚としては『ペルソナ』シリーズというよりは、『ガンパレ』シリーズっぽい感じ。
でも根底にたゆたう気だるさを含んだ不気味感は『ペルソナ』シリーズを踏襲してます。どことなく退廃的な感じは京極小説読んでるときの感覚に似てるかも?

カットインだとか視覚情報としてポップアップする効果音だとかの漫画的な演出を考慮すると、総合的な雰囲気は『ジョジョ』第4部かなぁ。

ストーリーに関しては始まったばかりなのでまだ何とも。『VP2』みたいにチープにならないといいんですが・・・。こればっかりはもう少し経ってみないとわかりません。

気になるのはプレイ可能時間。
導入部のコメントから推測すると、ゲーム内時間で1年間が区切りっぽい感じですが・・・?

今のところ雰囲気も演出も好きです。演出はワンパターンになりそうでちょっと怖いですが、ある意味そこはRPGの宿命みたいな部分なので仕方ないところではあります。もっともワンパターンでも最後まで飽きなければ無問題なんですがね。

とりあえず連休は『ペルソナ』三昧。

|

« 無事終わったようで | トップページ | れっつら・ごー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 召喚器はGUNPへのオマージュかな:

« 無事終わったようで | トップページ | れっつら・ごー! »