« 夏と冬は買うもの多くて大変 | トップページ | 必殺!HDDクラァーッシュ!! »

2006.07.24

空想科学10周年

書店に行くと、『空想科学読本』の5巻が発売されてました。
どうやら刊行開始10周年ということで、既刊の1~4巻も新装版になって一緒に並んでました。もう10年も経つんですね。1巻が発売された当時は塾講師のバイトをしていまして、生徒から本の情報を聞いて興味を覚え、買いに行ったことを思い出します。・・・教えてくれた子も、もう就職してるんでしょうねぇ・・・はぁ、歳を取るわけだ。

『こんなにヘンだぞ!空想科学読本』でもイロイロと突っ込まれているように、ツッコミどころは多々あれど、切り口は面白いと思うんですよ。何より科学的見地への興味を促すという点では大いに有効なわけで。
理屈はともかく、単純にネタとして面白いですからね。好きで買ってます。・・・所詮私は文系人間なんで、理数はさっぱり。検証にいちいち納得しながら読んでるわけでもありませんのでね。

展開がワンパターンなのは仕方ないとしても、回を重ねるにつれて。無理矢理オチにつなげようとして落ちずに終わる、という傾向が強くなってるように思います。ココは改善して欲しいですね。

ちなみに『こんなにヘンだぞ!空想科学読本』を買ったのは単純に山本弘作品が好きだからです。でも、と学会の本は立ち読みで済ませてます(汗)




|

« 夏と冬は買うもの多くて大変 | トップページ | 必殺!HDDクラァーッシュ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空想科学10周年:

« 夏と冬は買うもの多くて大変 | トップページ | 必殺!HDDクラァーッシュ!! »