« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.31

Hello, VIFAM

「メカアクション」シリーズのバイファムと「Pinky」のさくらを購入。ギリギリ5月発売に間に合いましたね。てっきり延びるかと思ってました。最近は延期になる商品多いですから。

CM'sの「メカアクション」シリーズはクオリティ的にはイマイチ(というか、値段が不相応)なので、バイファムはちょっと迷ってたんですけど、ウチにラウンドバーニアンは1体もないので手を出してみました。実は子供の頃『プラモ狂四郎』で見て以来、立体物が欲しいと思ってたんですよね。でもなかなか見映えの良いのがなくって今までスルーしてた次第で。何せ当時のプラモは塗らないといけないですから。
まだ未開封ですが、元々期待していないので、どんなのが出てきても多分許容できるハズです。週末にでも開けます。

ピンキーのほうは良くも悪くもいつも通り。WAVEの光武のプラモでも買ってきて並べたいところです。さくら機は買っておいたような気もするのですが見当たらないんですよねぇ・・・エリカの光武Fは毎日目にするところにおいてあるのに。WAVEのプラモは高い上に光武なんて何体も要らないのでダブって買うのは避けたいところです。

これらを買うついでに、ガシャポンの『HMSセレクション6』(可動タイプのシリーズ)のガンダムMk-IIでも買っていこうかとショップへ行ったところ、あまりの造型の悪さに驚愕。他のMSも酷過ぎでした。ここ数年のガシャポンMSの中で最低の出来と言ってもいいくらい。当然スルーです。
次の第7弾にはキュベレイとか百式とか入ってくるので買おうと思っていたのですが、このクオリティだとしたら到底金を出そうとは思いませんねぇ・・・頼むよ、磐梯山。

20060531bought



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.30

ルナがきた

Rahdx_ga3_luna_03 「ヘルメットがなければ即死だった」  帰宅すると『RAH.DX ガンダム・アーカイブ Side3』のルナマリアが届いていました(本館のコラムに掲載)。かつて一目見て即予約したヤツです。
当時は予約しておかないと手に入らないかと危惧していましたが、実際に発売日を迎えてしまうと全然そんなことはなく、どこの店でも普通に入手可能でした。まぁ世の中そんなモンです。

さすがに商品見本写真ほどのクオリティではありませんでしたが、出来としては充分。普通の頭身での市販ルナフィギュアとしてはピカイチではないでしょうか(SDだったら『プチスタジオ4』ですね)。素晴らしい。
同時発売のミーアはどうでもいい感じですね。水着にしたせいでミーアらしさがなくなっちゃいました。おっぱい星人の方はどうぞお買い求めください、というところでしょうか。・・・いやまぁ出来が悪いわけではないんですけどね。ミーアは過去にもっと良いのがあるわけですし。

それにしても、ザフトのパイロットスーツは妙にパツンパツンですよね。防御力とか緩衝力とかなさそう・・・っていうか、モビルファイターのコクピットスーツみたい。ここでもまた持論の「種ガンダム = モビルファイター」説が強化されました・・・なんちゃって(笑)<操縦方法からして全然違います


実は今日はコトブキヤの南さん(こみパ)フィギュアが\1,800で売ってたので買っちゃったんですよね。大きいサイズのフィギュアが2体も増えちゃうと飾る場所の確保が難しいです。箱のまま積んでおく場所もなくなってきてるし・・・。ちょっとずつ処分してたりはするんですが、増えるスピードのほうが速いので全然追いつかない(苦笑)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.29

HERE TO STAY

Eurekanovel04 小説版『交響詩篇 エウレカセブン』第4巻、「HERE TO STAY」を買ってきました。小説版にアレンジされたキャラもやっと定着してきた感じですが、これで完結です。

内容的にはアニメ第3クール後半~最終回が凝縮されて詰まってる感じです。エキスが濃縮されてるので、電車の中で読んでて目頭が熱くなりました。面白かったです。
ラストはアニメ版とは若干違うのですが・・・以前私がアニメのラストとして予想していたものとイメージが似ていたのに驚きました。たしか「salty blog」さんにコメントとしてちょっと書いたような覚えがあるのですが、自分のブログに書いたかどうかは忘れました(苦笑)
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、キーワードは草原と風。第1期のオープニングがすごく好きで、そのイメージが強かったんですよ。・・・と、書いてみて気づきましたが凄いカットがありました。うわぁ、そういうことか!?<勝手に納得



さて、昨晩の更新で銀しゃりさんのサイト「Change the Worldさん」と相互リンクしました。銀しゃりさんは以前相互リンク戴いたナー総帥さんのお友達だそうで、まだ中学生。
以前にも書きましたが、若い子が旧作に興味を持ってくれるのは嬉しいことです。時の流れの上では仕方ないことではあっても、自分の好きなものが消えていってしまうのは寂しいですからね。火種は絶やすことのないように、と。
・・・ただ、限定品を争うライバルになるのは勘弁してください(笑)<コラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.28

前作と比べちゃいけないのはわかってますが・・・

Hgif_top2_00買ったままで放置していた『トップをねらえ!2』3~5巻を鑑賞。・・・あまり話題にならないのもわかる気がします。
私としては、
----------------------
第1巻:心配
第2巻:静観
第3巻:期待
第4巻:疑惑
第5巻:落胆
----------------------
こんな感じの推移でした。

最終話(第6話)直前にしてあまり盛り上がってませんねぇ。逆に5巻が一番つまらなかったんですが。ラストで一気にハネ上げるための布石?・・・ってコトはないでしょうね、多分。
前作も1、2巻では面白さはイマイチ伝わりませんでしたし、今作も3巻がなかなかイイ話だったのでちょっと期待したんですが、期待はずれだったかも?

メカもキャラも中途半端。「燃え」でも「萌え」にもボルテージは不十分。ではストーリーが面白いかというと・・・詰め込みすぎて芯がぼやけてる感じ。
良い点は「宇宙怪獣」(と呼んでいる物)の編隊行動が気持ち悪いことくらい?(苦笑)

とはいえ、今期の深夜アニメよりは面白いです。もっとも、深夜枠全てを見ているわけではないので、面白い作品もあるのかもしれませんがね。

ノノがもうちょっと上手ければもう少し盛り上がるはずなんですけどねぇ・・・。滑舌は悪いしドスの利いた声は出せないし・・・。若手とはいえ、もう新人というキャリアじゃないんだから、最後まで光るところなしで終わってしまうのは如何なものかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.27

白いZ到着

病躯を押して『MOVIE REALIZATION 仮面ライダー THE FIRST』を買いに出かけたものの、店頭で目にすることはありませんでした。このシリーズは売れ行きが良くないので生産数が少なかったんでしょうね。まがりなりにも「仮面ライダー」ブランドなんだから、もう少し考えて欲しかったところではあります。
当然プレミア価格を払えば手に入れることはできますが、このアイテムには定価以上は出せません。定価でも抵抗あるのに。・・・そもそも『THE FIRST』はまだ見てないんですよね(苦笑)<買ってる人の大半は見てないと思うのは偏見?
再生産されることを願って今回は諦めます。残念。

Hcm_z_gd_00帰宅後、予約注文していた『HCM-Pro Zガンダム(グリーンダイバーズVer.)』が届きました。アッシマーのときは高をくくって痛い目を見ましたからね。今回は予約。ギリギリでしたけど。

通販をあまり利用したくないのは、割引率が少なかったり送料がかかったりするのはもちろん、品質を見てから買うことができないからです。特に最近のバンダイのガンダム商品は酷いですからね。
このZも塗料のハミ出しとかハネとか、結構ありました。それにプラ製のブレードアンテナがランナーの状態で折れ曲がっていて、何のための硬質パーツなんだかわからない状態だったり・・・。
致命的だったのは、白の塗料が右のカメラアイにベットリと付着していて隻眼のZガンダムになっていたこと。幸いにも剥がすことはできましたが、ガッカリです。

・・・まぁいいか、こんなこともあろうかと2つ注文しておいたし(爆)
もう1つのほうは比較的出来の良い個体でした。

Zガンダムは普通のトリコロールカラーも良いですが、白ベースの機体もカッコイイですね。HCM-Proシリーズ独特のモールドも3号機のマーキングに良く合っています。

今日は多少無理して外出しましたが、全くの無収穫ということはなく、MIAのミゲルジン(新古品)を\315で入手できました。
ジンは意外と好きなMSなんですよ。ザク(MS-06)のテイストを残しつつSEED世界の量産機体としてブラッシュアップした感じが良いですね。なのに何でザクとかグフとか出しちゃったんだか・・・。
その他にも、折角SEEDで良い雰囲気を作っていたものがDESTINYになってから色々と台無しになった気がします。無印で止めときゃ良かったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.05.26

アルベリヒの呪い?

発売日まで約1ヶ月となった『ヴァルキリープロファイル2』。限定版を手に入れるべく当日は会社休んで買いに行く予定だったのですが・・・見事に「午前中だけ」外せない仕事が入っちゃいました。ぽっくり。
しかもPCの画面ちょこっと見て、何も問題なければそれで終了という作業だから泣けてきます。こうなったら当日病気になるしかありませんな。・・・などと、思っていたら、気落ちしたせいか見事に風邪をひきました(<半袖短パンで布団かけずに窓全開で寝てれば風邪もひきますw)。熱と咳と関節痛。このタイミングで病気になっても意味ないのにぃ~!

で、『VP2』ですが、通常版は無駄に高いんですよねぇ・・・。半端なオマケ要らないので\1,000安くして欲しいんですが。つぅか、ブックレットくらいサービスでつけてくれー!
7/13には『P3』が控えてますので1円でも出費は抑えておきたいところ。そんな『ペルソナ』は、コナミスタイルで販売する特別版パッケージが気になってます。\12,000超えちゃうんですが、ミニ学生鞄が欲しいのですよ。下手にフィギュアなんかつけるより、よっぽどセンス良いと思います。

出費を抑えるならフィギュア買うのやめればいいだろうって?
・・・その通り(<児玉清のマネをする博多華丸調でw)。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

ユニットは軒並み強力でした

ガンダムウォー』の新タクティカルスターター「爆炎の決闘場」と新ドラマチックブースター「ガンダム・ザ・ガンダム」が発売となりました。
今回はそれほど注目のカードがあるわけでもなく(使えないカードばかりというわけでもない)、タイトルどおりガンダム特集といった風です。ブースターのタイトルだとGガンメインっぽく見えますが、実際には構築済みスターターに封入されている都合上、カードはコモンだったりしますからオマケみたいなもの。
「ガンダム」という性質上、やはり青が優遇されてるような感じはしますね。帰還ステップに「ガンダム」をロールを防ぐオペがあったり、使っても手札に戻る回復カードがあったり、RX-78は2国力で場に出せたり・・・等々。νやZZも普通に強力ですしね。

ブースター恒例となっているシークレットレアは「パーフェクトガンダム」。ついにプラモ狂四郎まで入ってきちゃいました。デビルガンダムもプラモ狂四郎に登場したヤツが出たりして(苦笑)
スペックとしては並。紫の4国力のユニットで戦闘力は3/1/3。他のガンダム1枚につき+1/+1/+1。青や白のガンダムデッキとかMFデッキ、クロスボーンデッキとは相性が良いものの、4国力ならもうちょっと使いやすいテキストのカードを入れたほうがいいとは思います。
ちなみに、今回から封入率は2倍になったようで、1BOXに1枚入ってます。

さしあたってパック開け終了した時点の感想なんで、今後評価は変わるかもしれません。
まぁでも「ガンダム・ザ・ガンダム」という御大層なタイトルの割には全体的に地味な感じはしますね。もっと極端にイロモノでも出しても良かったような気もしますが・・・。他のシリーズ買わなくても遊べるようにバランス取らないといけないから仕方ないところなんですけどね。

8月発売の第17弾はその名も「不敗の流派」!東方先生の登場です。やはり素手でMSを殴れるキャラなんでしょうか・・・?今から凄く楽しみです。

Bb_shinesp



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.24

スケルトンも悪くない

今日は『フィギュア王』を買ってきました。100号記念ということで海洋堂のアクションフィギュア「リボルテック」が付属しています。要はコレがお目当てです。

Eva00_cl01 付いてくるのは『エヴァンゲリオン零号機 クリアイエロー「光の巨人」Ver.』。6月発売のEVA零号機の成形色変更バージョン。クリアパーツなので関節の構造が良くわかって面白いです。

それにしてもEVAはパキパキとあちこち動いて楽しいですな。手首の絞りや足刀が綺麗に決まるフィギュアなんてなかなかありません。何と言っても動きが綺麗。余計な装飾パーツがないからボディラインがすっきりして見えるせいもあるんでしょうね。
今回の写真は他所様ではやりそうもないポーズで撮ってみました。見映えとしてはソバットのほうがカッコイイんですけどね。迫力あるポーズもいいですが、地味なポーズをきちんとこなしてくれるのも嬉しいところです。脇が締まらないものは多いですからね。

付録には交換用の武器の持ち手も付属してるんですが、手近に適当な得物がないので今日のところはあまり意味がなかったり。平手を付けてくれた方が有難かったですね。・・・まぁその辺は「製品版を買え」というところなんでしょうけど。

本誌のほうでは「100人の100展」という企画が。100人がそれぞれのベストフィギュアを紹介しています。100者100様(かぶってるのもありますがw)で楽しいです。

どの店でも店頭に並んでいる数はあまり多くありませんでした(置いてない店もありました)が、かなり売れているのか出荷数が少ないのか・・・やはり前者かな?付録の割には安いし。



| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.05.23

\18,900取っておかないと

月末近くになりましたので『電撃ホビーマガジン』を買って来ました。

やはり気になるのは『超合金魂ガンバスター』。今月号(7月号)にはバスターマシンの試作モデルが掲載されています。形状のアレンジはありますが、悪くはありません。外観から変形プロセスが見て取れますね。拳がそのまま見えちゃうのはちょっと興ざめではありますけど。
オプションもなかなか充実している模様。バスタートマホーク、バスターホームランの他、5話で宇宙怪獣の攻撃をを弾いた平手やバスターシールドの収納ギミックまで。当然コレダーも展開可能。同スケールのジゼルや縮退炉まで付いてくるとは至れり尽くせりな感じです。もっと他にも期待できそうですね。
続報が待たれます。

今後の『超合金魂』のラインナップとしてはイデオンの発表が。ガンバスターからイデオンにいくのならそろそろジャイアントロボも・・・?というのは考えすぎでしょうか。かつて発売されたやまと製のロボはあまりカッコ良くなかったですから、ロボファンとしてはプロポーションと可動を両立したヤツが1つ欲しいところなんですが・・・。

以下、今月の物欲。
----------------------------------------------
【MG ガンダムF91】
SNRIの技術力によって小型化したガンダムは15.2m。MGは1/100なのに1/144のHGUCほどの大きさです。値段は当然MG価格なので割高感がなきにしもあらずですが・・・。クオリティは高そうなので期待したいトコロ。

【HGUC GP-02A】
MGがリリースされて以降、スマートなデザインのものが多くなった中、どっしりとした重厚間のあるプロポーションでの立体化。サイサリス大好き人間としてはよっぽどの出来でない限りは買うんですけどね。家には一体何機(何十機)のサイサリスがあるんだろう・・・?
まぁMk-IIとGP02は何機あってもOKってコトで(笑)

【GUNDAM ADAPT】
重機っぽくアレンジされたメタスが妙にカッコイイので単品買い決定。・・・これ、ブラインドボックスなのかな?

【リボルテック キングゲイナー】
これは元々2つ買うつもりだったんですが、OPのモンキーダンスのポーズの写真が掲載されているのを見て、もう1つ欲しくなりました(笑)

【コトブキヤ 1/8 イルファ】
ついにイルファさんフィギュア発売決定!待ってました。ちょっと頭が大きすぎる気がしないでもありませんが、許容範囲かな。

【トランスフォーマー キスぷれ コンボイ】
実は海外版バイナルテック(オルタネイター)のオプティマス。国内ではプレミア価格がついちゃってるんですが、別シリーズとはいえ見事にリリースされることに。コンボイなら日本でも出るだろうと踏んでスルーした読みが当たりました。
----------------------------------------------



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.22

選択の自由はあれど選択肢なし

「転職、転職」言いながら現職をズルズル引きずってる毎日。実際のところ、次の仕事が決まらないというよりは、次にどんな職に就こうか決まらない状態です。
私ももういい歳なんでね、これ以上の転職歴を増やさないためにも適職診断でもやってみるかと、試しにちょっとやってみました。
-----------------------------------------------------
強く顕れた一面は・・・
『平和を求める』
気質です。

良い精神状態の時
愛想がいい・心が広い・辛抱強い・偏見がない

悪い精神状態の時
無頓着・片意地・無神経・攻撃的・弱気

性格
調和と平和を愛する平和主義タイプ。広く寛大な心を持ち、誰とでも親しく接することができる。他人を批判したりすることは無く、周囲に安らぎを与える。

注意
摩擦や葛藤をさけ、面倒なことからできるだけ逃げようとする傾向がある。常に受け身で、自発性や決断力に欠ける。他人の評価が気になる。

仕事
人の話を聞き、客観的に判断する仕事、アドバイザー、調停者、外交官、公務員などが向いています。
-----------------------------------------------------
こういうのって、不思議と合ってるんですよね。少なくとも当たってるように見えます。まさに今「悪い精神状態のとき」そのものです(苦笑)

それでは、この診断結果で出てきた職業に転職・・・って、簡単に転職できない職業ばかりでは?あらら。
結局転職しても待ち受けてるのは茨の道なんでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

ゲームのファン層には受けない気もする

『おいでよ どうぶつの森』が映画化されるとか。ごくごく平凡な日常の生活を送るゲームなだけに、一体どんな作品になるのか気になります。このテの題材って、戯曲化はかなり難しいですが、きちんと作れば面白くなる要素は十分にあります。
単純にゲームの紹介VTRみたいなのにはしないでほしいですね。

ゲームのほうは順調に進んでいたものの、月初に通信したおかげで迷子イベントが発生。ところが、同じ人と通信しないと帰してあげることができないので、以降1週間半くらい止まってます。放っておくの可哀相なので。
でも、次に会うのは数ヶ月後なんですよねぇ・・・どうしよう。


さてさて兎角チャングム三昧だったここ2週間ですが(NHK出版のムックも買いましたw)、来月13日にコミック版が出るという情報を目にしました。何に連載されていたものだろうと調べてみると・・・レディコミの『BE LOVE』でした。
レディースコミックとなると内容と絵が心配。読むのがチト怖いですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

チャングム見終わりました

チャングムマラソンを敢行。DVD13巻以降を一気に鑑賞です。一気に見ないと続きが気になって気になって・・・(笑)

さすがに18時間一気に見るのはツライので土日2日間を使ってカバー(この記事の日付は土曜ですが、実際には日曜日に全部見終わってから書いてます)。長時間でしたが苦痛に感じることもなく、物凄く濃い時間を過ごしました。最終回はちょっと好みではありませんでしたが、全体としては実に面白かったです。
茶話別館さんで紹介されていて、時代劇だからと見てみたものの、こんなにハマるとは思いませんでした。ノーカット版で見てみたいですね。

全編通してチェ尚宮はやはり圧巻でした。その壮烈な生き様を見事に演じたキョン・ミリ氏は素晴らしいの一言に尽きます。もちろん他の人も良い芝居してましたけどね、存在感が違います。

例によって長時間TVを見るときはガンプラ消化と決まっているので、今回は「1/100 HG ガンダムX」を組んでます(最終的にはBB戦士のシャイニングガンダムも)。目頭を熱くしながらガンプラ作りしてる人なんてそう多くはないでしょうね(笑)

Changum_x

アニメ(『少女チャングムの夢』)のほうは既に3話で断念。あの作りはひどすぎます。未就学児童向けだそうですが・・・子供番組をナメちゃいけませんよ。あんなヘンな作品にするなら『チャングム』じゃなくても良かったのではないでしょうか。
柳の下で暴れてたら泥鰌も逃げ出すってモンです。



| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.05.19

バクゥ空間に引きずり込め!

Bucue_doggy
週末に残業してても精神衛生上良くないので、早々に切り上げて『MIAバクゥ(後期型)』を買いに出動。・・・が、会社を出てから作業報告書を提出するのを忘れたことに気づきました。でも私の入館証は夜間の通用口からは入れないのでした。夜は出たらそれっきり。月曜の小言確定ですね・・・ふぅ。まぁこれは自分が悪いので仕方なし。

さて、売り切れる心配はない商品なので余裕こいて買いに行ったものの、発売翌日の閉店間際まで山積みだと悲しくなりますね。投売り価格で買うのが正解だったんでしょうか。
パッケージには伏せた状態で入っていることを予想してたのですが、実際には横向きに入っていてビックリ。塗りのチェックしづらいです。人型のMSなら見えない部分は殆ど背面ですから、開けてみて多少ダメでも我慢できるのですが・・・このわんこは右半面丸々。ちょっとキビシイです。塗り分けの少ない機体なのがせめてもの救い。でもせめて顔くらいは吟味できるようなパッケージングをしてほしかったところです。

正直、コレクションシリーズのプラモ持ってればMIAは要らない子という気がしないでもありませんが、レールガンの独立可動とか 無限軌道SSX 無限軌道走破形態への変形(「無限軌道」ってのは単純に日本語の「キャタピラ」なんですがねw)、ビームサーベルパーツの付属とかを考えると、バクゥが好きなら買ってもいいのかな、と。

今後はラゴゥも出るようですし、ザフトのキワモノMSもどんどん発売されるんでしょうか・・・。ゾノあたりは買ってもいいかな。デザイン上、あまり動きそうにありませんが。SEED系はガンダムタイプばかりでいささか面白味に欠けますから、たまにはこういうのも良いアクセントになりますよね。売れ行きの程は関知するところではありませんが。

1/100隠者にもお目にかかれました。プロポーションは凄く綺麗ですね。オプションも充実してますし。・・・でも大きさと値段を考えて今回はスルーしました。次の種プラモはヴェルデバスター(8月)とブルデュエル(9月)までスルーです。




横に置くのはドギーじゃなくてなつきにしとけばよかったか・・・?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.18

文さん逝く

田村高廣氏が逝去されました。享年77歳。御冥福をお祈りします。

『必殺!』シリーズのファンとしては、田村高廣といえば『助け人走る』の中村文十郎。『仕掛人・藤枝梅安』では彦次郎を演じたこともありましたが、やはり文さんのイメージは鮮烈でした。睨みをきかせて凄んだ相貌と愛嬌のある笑顔のギャップが素敵でしたね。
同じ助け人の平内さんを演じた中谷一郎氏が亡くなってから2年。元締めもとうに亡くなっているので、残る助け人は宮内洋御大のみとなってしまいました(密偵の方々は御存命です)。・・・寂しくなりましたなぁ。

週末は『チャングムの誓い』をラストまで観る予定でしたが、時間を作って『助け人走る』でもちょっと観ましょうかねぇ。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.17

仏頂面で勤務中

巷では1/100隠者なども発売されているようですが、買いに行く暇もあらばこそ。初回版には台座が付くようですがお目にかかることはあるのでしょうか。まぁ「HCM-Pro」シリーズで台座つきで出してくれれば良いかな。作るのめんどいし<コラ

精神が荒んでくると始終イライラしっ放し。最近は忙しいので更に拍車がかかってます。
ただでさえ遅延してるプロジェクトなのに、別件の余計な仕事を差し込んできた上司がニコニコしながら「送れは挽回できた?」などと聞いてきたときには顔の中心に拳をめり込ませたくなりましたよ。暴力沙汰でクビ、ってのも面白いと考えた時期もありましたが・・・もうそんな歳でもないんですよねぇ。ボーナスと退職金もらって円満退社・・・って、退職が前提になってる!?
実際、気が滅入るとネガティブな方向にしか思考が向かないので「頑張ろう」なんて気にはなりもしません。それに普段仕事を頑張ることなんてないしネ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

ボーナス出ても買うのは難しい

「E3 2006」が終了して、各方面でPS3の情報が取り上げられてますね。
デザインは良いと思うんですが、価格が高すぎます。いくらスペックが高くても、買えないのでは如何ともしようがありません。複合機が嫌いな身としてはゲーム機は3万円台が上限ですね。6万超える金額を出すならPC買ったほうがいいです。
ゲーム機はゲームができれば十分。他の機能は要りません。あっても使わないだろうし。
売れても売れなくても安くなるでしょうから、普及して安くなったときに購入は考えます。S○NYの初期ロットは危険なので少なくとも発売直後に買うことはないと思います。
それにしても、子供が持つ値段ではないですよね、コレ。

『FF13』は・・・どうでもいいです。もう旧作とは雰囲気が違うんだから別の作品としてリリースしてほしいんですけどねぇ・・・売れ行きに関わるから「FF」の名は外せないんでしょうが。『FF12』も想定してたほど売れなかったようですし。「FF」じゃなくなったら採算合わないんだろうなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.15

遅れだすと止まらない

相変わらず日付が変わる頃になるとココログはまともに更新できなくなりますな。まぁ混んでる時間を避ければいいんでしょうけど。とはいえ、忙しくて会社と自宅の往復だけ、という生活だと、帰宅して更新かけてもエラー続きという状況ではストレス溜まります。
3月のメンテナンスからそろそろ2ヶ月が経とうとしていますが、アクセス解析は続報がないし、ココフラッシュも不具合と、何だかどんどんドツボにハマっていってるような・・・?大丈夫かな、Nifty。

さてさて今日も仕事に追われてました。仕事大好き人間でもなければ、やりがいのある仕事でもないので、仕事をすればするほど気分が滅入ってきます。ホント、口から出るのは溜息と愚痴ばかり。
かなり自分のワガママは入っているのは重々承知ですが、この環境はイカンです。とある人は「ここに居たらダメになる」と直言して異動してもらったという話も聞きますから、殊更私の忍耐力が少ないというわけでもなかったり。
それにしても、忙しくなればなる程やる気が減退していくのは、性格とはいえ困ります。ちょっと遅れ始めるとジワジワと首が絞まっていくんですよねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

チャングム三昧

朝から1日中『チャングムの誓い』を見てました。
・・・というのは、親が知人からDVD-BOXを借りてきたので。普段ならNHK総合の放送を見るだけなんですけどね。折角家にあるんだから見ておこうかな、と。
ホントはちょっと見てやめておくつもりが、続きが気になって結局10~12巻まで一気に見ちゃいました(丁度10巻の初回が5/13放送分と一緒)。途中『笑点』スペシャルでちょいと中断したものの、朝の特撮&アニメ終了後はずっと『チャングム』だった感じですね。もうお腹一杯・・・と言いたいところですが、最終回まで見ないうちはやっぱり気になります。
話がベタなだけに、きちんと作ってあれば面白いのです。はい。
韓流ドラマは記憶喪失か交通事故、みたいなところがあるので(<凄い偏見)あまり好きではないのですが、『チャングム』ではそのようなことはなさそうなので安心して見られるのは良いですね。

ともあれ、これで暫くは土曜夜の拘束からは解放されます。・・・逆に空いている時間は今後親が借りてくるであろう続きの巻を観ることになるのですが(苦笑)
さっさと観て、心おきなく関連書籍に手を出すことにしましょうかねぇ。さしあたってはNHK出版のムックかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.05.13

リボルテックを買いに、海洋堂へ

Rev_dougram_00 我が家にダグラムがやってきましたw
海洋堂の『リボルテック』シリーズ第1弾のダグラムです。ダグラムの立体物を買うのはこれが初めてかも。

『リボルテック』は新機構の関節を採用し、廉価で高クオリティ、そして月次リリースを打ち出した、海洋堂の新シリーズ。新商品の第1弾にダグラムを持ってくるあたりは、海洋堂の攻めの姿勢を感じます。
関節の軸が細めなのはちょっと心配(多分折れないとは思っても、最初なので加減がわからんのです)ですが、ガシガシ動かして遊べるので、今後のアイテムも楽しみです。

実は商品自体は昨日から店頭に出している店もあったのですが、海洋堂ホビーロビーで購入すると特典がつくということだったので、今日はアキバまで行ってきました。定価購入はちょっと抵抗があったのですが、リボルテックポイントで交換できる特典アイテムを考えると仕方ないのかな、と。プレミア価格で購入することになるのも癪ですからね。

小雨の降るアキバでは、そこかしこでメイドさんが傘をさしてチラシを配っていました。肌寒い中、メイド服では大変でしょうに。
一方では、メイドさんに案内されながら楽しそうに歩く若者の姿も。
たまにしか行かないせいか、行く度にメイドさんの姿が増えていっているような気がします。
今となってはメイドさんのいる光景は普通のことになりましたが、ブームが過ぎたら何が取って代わるんでしょうね・・・?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

嬰児星

仕事帰りにセブンイレブンに寄ったらワールドカップ仕様のベビースターラーメンが並んでました。ベビースターは大好きなので迷わず全種購入。このところ「ご当地」料理をはじめとした、様々な味のベビースターラーメンが入れ代わり立ち代わり発売されてますね。いろんな味が楽しめるのはファンにとっては喜ばしいことです。
おやつカンパニー公式サイト

今回リリースされたのは
--------------------------------------
ブラジル シュラスコ味
オーストラリア ペッパーステーキ味
イタリア イタリアンピザ味
クロアチア サルマ味
ドイツ ジャーマンソーセージ味
日本 てりやきチキン味
--------------------------------------
焼肉系料理はなんとなく味の想像がつきますが、「サルマ味」はちょっと楽しみ。クロアチア風ロールキャベツ・・・一体どんな味なんでしょうか。

Babystarwc2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.11

職場のPCは融通が利かない

どうも今週から急に忙しくなってしまって、もうてんやわんやです。GWに長期休暇を申請したせいで「ヤツは暇だぞ」と思われたらしくって、多忙な部署複数から仕事が舞い込んできちゃいました。
お蔭で仕事を回してきた部署の人々よりも忙しくなるという始末。もう少し仕事の振り方を考えて欲しいものです。・・・まぁ土日が休めるだけ良しとしますか。来週はどうなるかわかりませんが。
そんなわけでブログ更新遅滞中。

さて、忙しくなった途端、会社のPCが絶不調。数回に1回しか起動してくれなくなってしまいました(何故か「Home」キーを押してると立ち上がる)。さりとてOSを入れ替えている暇もないし・・・だましだまし使ってますがヒヤヒヤものです。借り物のPCでドライブが1個しか切ってないからデータの退避もできないので非常に危険。果たして来週は起動してくれるだろうか・・・。
職場のPCってWindowsが起動するまでは画面が一切映らないからホントに性質が悪いです。BIOSの設定とかどうやってやるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

岸谷梅安はちょっと楽しみ

『時代劇マガジン vol.14』を買ってきました。この雑誌はいつのまにやら出ている感じですね。行動圏には取り扱っている店はそう多くないので、出そうな時期を見計らって買いに行ってます。</p>

今回の特集は『仕掛人 藤枝梅安』。30ページ以上に渡って関連記事が掲載されています。今度フジテレビでドラマ化するにあたっての記事です。当然過去の梅安先生のデータもバッチリです。
比べてみると役者や演出の違いで別人のようになってしまうものなんですね。まぁそれが芝居の妙なのですが。

新しい藤枝梅安は岸谷五朗。イメージとしては悪くないです。喋ったときの雰囲気がどうなるかがちょっと心配ではありますが、頑張ってほしいところです。
期待したいのは彦治郎役の小日向文世ですね。表と裏の豹変振りは面白そうです。笑い面の人は上手に演じればギャップが激しくなりますからね。過去には笑福亭鶴瓶なんかもいい味出してましたし。
音羽の元締めには藤田まことがキャスティング。主水死亡後もちょくちょく顔を出していますが「『必殺!』には藤田まことを出しておけばOK」みたいな、変な慣習として定着しないことを願います。
ファンとしては出演してくれれば嬉しいんですけどね。


他の記事で気になったのは次の大河に上杉謙信役でGacktが出演すること。『戦国BASARA』?(笑)
Gacktはドラマ初出演だとか。一体どんな演技を見せてくれることやら。・・・カイ・シデンのモノマネは上手いと思います。
とりあえずボソボソと喋る謙信は勘弁してほしいです。
こういうことやられると大河(少なくとも1話は)見たくなりますね。話題作りで終わらなければ良いんですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.09

渇いてるな・・・

ニュースを見ていたら「恋愛詐欺師逮捕」という見出しが。椎名桔平が逮捕されたのかと思いきや、普通の詐欺師でした。女性に近づいては金を巻き上げていたとか。
「恋愛詐欺」という言葉自体あまりお目にかからないので、どうしてもドラマのイメージが強いんですよね・・・って、もう10年近く前の作品ですけど(苦笑)あまり連ドラは見ないほうなんですけど、『恋愛詐欺師』は面白かったのでずっと見てました。見たきっかけは・・・「たまたま」(笑)当時あんなにハマるとは思わなかったです。

逮捕された2人はドラマのようにはいかなかったようですが、結構な金額をせしめていたようで。相手がためらいもなくお金を差し出してくるくらい仲良くなる方法を教えて欲しい(えー
・・・まぁ冗談はともかく、話術はセンスによる部分が大きいですから身につけたいと思ってもなかなか難しいんですよね。下手な資格を取得するより、学べるならこちらを学びたいとは思います。もっとも、異性相手の場合にはルックスが大きく物を言う場合が多いですけどネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

噂のNT6月号

SEED映画化決定ということで、イベント告知時はNewtype6月号に記事が載るようなことを匂わせていたようですが・・・確かに記事はあります。でも映画の内容は載ってません。フライングでゲットしてきたのですが、「映画化決定」ということが書いてあるだけで、詳細は一切不明。内容予想の記事はあるものの、情報規制がかかってる状態での予想にどれだけの価値があるのかは言わずもがな。

K書店に騙されてNTを買ってしまう人、結構いるんでしょうね。実際は表紙に書いてあることが全てです(苦笑)
・・・あ、嘘、嘘!表紙には「真相にNTが迫る」って書いてありますが、迫ってません。それどころかアンケートとして「皆さんも予想してみよう!」だそうで・・・何だかなぁ。

結局、今月号で気になった記事は『パワーパフガールズZ』と「すえぞうストラップ」先行通販くらいでした。
『パワーパフガールズ』は傍若無人で何事も力で解決するあたりが大好きで、ボイスキーホルダーやら缶バッジやら持ってたりするんですが・・・「Z」になったらキャラデザが変わって魅力がなくなっちゃいました。ぽっくり。
一方、すえのストラップはなかなか良くできているので欲しいとは思うのですが、\1,800は高すぎ。しかも送料が別途\500取られます。キビシイです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.07

SEED映画化

連休も本日で終了。明日からまた会社に行かねばならないと思うと気が滅入ります。一旦「嫌だ」と思ってしまうともうダメですね。モチベーションが回復しません。何を考えても挫けるばかり。

そんな五月病になりそうな心を誤魔化すべく、サイト巡回を開始。するとLIVさんのサイト「LIV-徒然なるままに」さんにてSEED映画化の記事が。『SEED DESTINY』の「スペシャルエディション」では飽き足らず、劇場映画まで作ってしまうとは・・・収益の上がる作品を骨の髄までしゃぶりつくすかのようです。バンダイ恐るべし。不買運動でも起きないとガン種依存の体制は変わらないんでしょうなぁ。
まぁよっぽどのことがない限りは期待するほどの動員数は見込めないでしょうけど。

公式サイトにも既に告知がありました。「F91以来の完全新作映画」とありますので、少なくともTVシリーズの再編集ということはなさそうですが・・・福田監督が続投ということなので脚本が「嫁」になりそうなところは怖いですね。もっとも、「SEED」の名を冠するだけでは動員数が減りこそすれ、増えることはないでしょうから、集客数を上げるにはTV版のキャラクターを使うしかないわけで。そうすると自ずと脚本家は決まってくるんですけどね・・・。

でも「完全新作」というくらいならSEEDと関係のない新ガンダムにして欲しかったです。「SEED」っていう時点で観る気が失せてしまいますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.06

HBペンギンの声は脳内補完で

残す連休もあと2日。いつものことながら、外出が多かったので部屋の片付けも進んでません。当然、遊ぶ余裕もナシ。
何だか損した気分になって、先月買ってきた『GPO 白の章』を再プレイすることにしました。

キャラとメカのデザインが一新されてはいますが、日常パートの雰囲気はちゃんと『GPM』してました。でも戦闘システムがリアルタイムアクションになってしまったのが痛恨です。絢爛舞踏か否かはともかく、主人公機の強さは先読み攻撃や流れるようなコンボ攻撃だったわけですが、単純にプレイヤーのシューティング技量になってしまいました。
本来ならば部隊の各員に指示を出して(または操作を切り替えて)集団戦闘をシミュレーションするゲームになっていたのでしょうが、部下が言うこと聞かないわ操作性悪いわで、「頼りになるのは自分だけ」みたいな感じになっちゃってます。・・・せめて手持ちの武器をチェンジするくらい自動でやってくれたらいいのに(複数の武器を持っていても、デフォルト武器の弾薬が尽きると攻撃しなくなってしまうのです)。
そんなわけで戦闘の醍醐味はかなり薄くなってます。ジャンプができないので、敵中に飛び込んでなで斬り/ミサイル一斉射とかっていう芸当もできず、達成感も薄い、と。設定コンセプト的には「辺境で安穏としていた自警団がゲリラ戦を展開する」作品ですから、あながち間違ってもいないんですけどね。

TVアニメ版ほど人間関係がギスギスしていない(八方美人プレイをすれば、あっという間に険悪な小隊関係を作り出すことはできそうですが)のでストレスはそれほど溜まりません。とりあえずクリアはしてみるつもりです。
『緑の章』も既に\3,980。まだ『青の章』は出ていないというのに値崩れしまくってます。・・・多分キャラが変わるだけで、やることは一緒なんでしょうなぁ。3部作にする意味あったんでしょうか。というか、3部作なのはいいとしても、分売する必要はなかったように思います。売るほうとしてみれば3本それぞれ売れてくれれば御の字だったんでしょうが・・・。


夜、一緒に帰って自宅に招き入れると、朝、先に起きて弁当を作ってくれてるってのはチョット嬉しいシチュエーションだったり(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

僕の象はどこだ!?

ナミマおおさか氏が帰省したので、今日はH氏と3人で飲み会でした。連休の恒例行事になってますね。やはり学生時代の友人と話すのは楽しいものです。

飲み会の前に『トム・ヤム・クン!』を鑑賞。トニー・ジャーの映画は『マッハ!!!!!!!』のときから興味あったんですが、観に行く機会を逃してしまっていたので、今回の『トム・ヤム・クン!』が初となります。過度の期待はせずに観に行ったのですが・・・なかなか面白い作品でした。『マッハ!!!!!!!』と『7人のマッハ!!!!!!!』も観たくなりました。
若かりし頃のジャッキー・チェンの映画からコメディ色を廃した感じ。格闘技・・・というか、格闘ゲームが好きな人にはオススメです(逆にドラマ重視の人にとってはダメ映画に映ることでしょう)。

ストーリーは一本道なので、単純明快。小難しいことは考えずにアクションを楽しむ映画です。女性は出てくるものの、お色気は殆どナシ。こんなにヒロインの扱いが悪い映画もそうそうないのでは?
寧ろ象がヒロインです(笑)・・・いや、でも象はかわいいですよ。

印象に残ったのはカポエラ(カポエイラ)使いとのバトル。美容運動としてのカポエラは見たことはありましたが、立ち回りを見るのは初めてだったので、非常に新鮮でした。スピーディー且つリズミカルに繰り出される足技に魅了されまくりです。
ムエタイの肘や膝も奇麗でした。力強く、鋭くしなやかに。足技のキレも素晴らしい。「ムエタイは最強」というだけのことはあります。もっとも、ストーリー上ではプロレスが最強っぽい印象でしたがね。

他に特筆すべきはワンカットで長尺の立ち回りを撮ってる部分ですかねぇ。シンのトニーもすごいですが、カラミのエキストラ陣やスタッフもすごいです。ワンカットである以上、演出効果は控えめではありますが、切れ目のない立ち回りは見応えがあります・・・カメラを避けて動くのは御愛嬌(苦笑)
売りにしている「49人連続関節極め」も面白かったです。極められた後、後ろででピクピク動いている人々が(笑)ムエタイで関節技というのも余りお目にかかる機会もないのでね。そして骨が折れる音の痛々しいこと。見てるほうが痛いです。それにしても、ホントに折ってるわけではないでしょうけど、折れてるように見えるのが驚きです。どうやっているんでしょう?

鈴を腕につけて闘うシーンで、鈴の甘寧を思い浮かべたのは私だけでしょうか・・・?



--------------------------------------------------
ナミマおおさか氏に大阪みやげを貰いました。
Fu01 Fu02
『レイザーラモンのFuuu菓子』。ベタながら笑わせてもらいました。Thanks!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.04

スカッドガンダムが地味にウザかった

K氏宅にて猫と遊びながら一夜を明かし、今日は『ガンダムウォー』三昧。
コレクションしている私と違って、K氏はカードには資金投下をあまりしていないのですが、それでもきちんとゲームができるあたりはトレーディングカードゲームの良いところ。

今回はGガンダムが参戦して初のプレイ。モビルファイターの使い勝手は如何なものかと探るような形でしたが・・・手札破壊能力は侮れないですね。序盤にモビルファイター+ガンダムファイターの組み合わせができてしまうと、重いデッキはキーカードが集まらなくて苦戦します。ハンガーに退避させるなどしておかないと、G事故とか起こしたらほぼアウトな感じです。
軽量ユニット入れずに中盤まで耐えて、Gが揃った段階で一気にカードを展開して攻める、という戦術が難しくなってます。当然、場(またはリングエリア)に出させないとか、配備エリアにいる間に破壊してしまえばいいわけですが、少なくとも野放しにしておくのは危険なので何某かの対策は必須でしょうね。
シャイニング+ドモンという組み合わせだと、配備エリアでは破壊されずロールもされず、9/3/9という脅威の戦闘力になりますから、プレイの段階で何とかしないと厳しいです。今後、リングエリアに影響を与えるカードが増えるでしょうから状況はだいぶ変わるとは思いますが。

K氏も私もGガンフリークなので、今後の対戦はモビルファイター同士のバトルがメインになるんだろうな、と思いつつ撤収。単純な殴り合いだと面白くないので、多色にしようかとは思いますが・・・相性の良い色ってどれだろう?
黒か赤が妥当な線ですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

珍しく高得点

本日はK氏夫妻と飲み会。
K氏はかつてコンビニでバイトしてた頃のバイト仲間ですが、縁あって今も付き合いが続いています。数少ない私の友人の1人。飲み会の際は毎度毎度泊まり掛けになちゃうので、奥さんにはだいぶ迷惑をかけちゃってます。いつも有難うございます。また『どうぶつのもり』やりましょう。

飲み会の後はいつも通りカラオケへ。近年、カラオケも年に数回しか行かないので、「同じ人の前では同じ歌は歌わない」に近い状態が続いています。まぁ歌いたい歌を歌ってるだけですので、何の問題もないんですけどね。上達しないのが難点。
今回入った部屋のマシンには、採点機能がついていました。昔は歌い終わってから採点結果が出るまでに暫しの時間がありましたが、最近のは曲が終わったときには結果が出てるんですね。技術の進歩なのか単に演出をカットしただけなのか・・・いずれにせよ、余計な時間を取られずに済むようになったのは良いことです。
ベスト成績は94点でした。・・・尤も、カラオケの採点なんて、純粋に歌の上手下手を数値で表したものではないんですけどね。

どうも今日は数字に恵まれた日だったようで、半年以上プレイしていなかった『大人のDSトレーニング』では脳年齢21歳をマークしました。残ってた最終データは32歳。トレーニングしてないのに若返るって、一体・・・?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.02

エウレカ主題歌集

『交響詩篇エウレカセブン COMPLETE BEST』を買ってきました。・・・っていうか、買っちゃいました。
元々スルーする予定だったんですが、レントンとエウレカの笑顔にほだされて、つい。ブックレットとスペシャル映像、そして「限定生産」という文句につられたわけではありませんぞ。絶対・・・いや、多分・・・えっと・・・ごめんなさい、つられました(笑)

収録曲は第1~4期のOP・EDに加えて、ゲームの主題歌と最終回の挿入歌。
-----------------------------------------------
01. DAYS / FLOW
02. 秘密基地 / 高田梢枝
03. 少年ハート / HOME MADE 家族
04. Fly Away / 伊沢麻未
05. 太陽の真ん中へ / Bivattchee
06. Tip Taps Tip / HALCALI
07. sakura / NIRGILIS
08. Canvas / COOLON
09. Realize / FLOW
10. 虹 / 電気グルーヴ
-----------------------------------------------
CDとDVDの2枚組で、DVDにはそれぞれのノンクレジット版映像が収録されています。
「虹」は挿入歌なので映像はオリジナルのものです。本編映像を編集したもので、新規作画はないのですが、なかなか見応えがあります。最終回まで見た後だと走馬灯のような感じですね。

特典・・・というか、付属物は以下の通り。
-----------------------------------------------
・吉田健一描き下ろし「レントン×エウレカ」イラストBOX
・コンパクドライブ型CD+DVD収納ケース
・ストーリーガイド、用語集を掲載したブックレット
・イラストポストカード8枚
-----------------------------------------------
BOXとディスクケースは下の写真の通りです。緑のケースってのは・・・ちょっと微妙。コンパクドライブを模したものかと思っていたんですが、色がクリアグリーンなだけで普通のジュエルケースでした・・・って、よく見たら緑のシートが入ってるだけで、ごく普通の2枚入りケースですね、コレ。
ブックレットはストーリーのダイジェストと用語集。「エウレカセブン大辞典」のようなものですね。ガイド、用語集どちらもそれぞれ20ページ前後あるので読み甲斐があります。
ポストカードはシングルリリースされた主題歌のジャケットです。

Eurekacompcd

\4,725という値段は若干高い気もしますが、オマケを考えると悪い値段でもありません。・・・が、シングルで揃えた人にはチト辛いですね。もっとも、それは他の作品の商品においても言えることですが(種デスの「COMPLETE BEST」のチラシもしっかり折り込んでありましたw)。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.01

久々の種デス

Saviorathrun 『ガンダムSEED DESTINY』スペシャルエディション「砕かれた世界」、見てみました(タイムスタンプと放送時間が前後していますが、一応5/1の放送枠ということで、5/1の日記です)。

謳い文句には「気づかなかった新たな真実が」云々と書かれていましたが・・・もう当時のカット割りだとか演出だとかは憶えてません。しかも眠いし・・・。
そんな目のせいかTVのせいか、やたらとキャラクターが強調されて見えたんですが、作画レベルでいじってあったんでしょうか。何ていうか、CG処理されているというか、ポリゴンにレンダリングしたかのように輪郭が浮き上がっていて、違和感を感じました。当時もこんな感じでしたっけ?

アスラン視点ということでシンの出番は大幅カット(笑)・・・あ、「気づかなかった真実」って、「シンは最初から主人公じゃなかった」ってコトか(爆)
まぁでも「アスラン視点」って言うほどアスラン視点でもなかったような気もします。元々そんな風に作ってなかったですしね。素直に『THE EDGE』を読むのが正解かも?

明日の放送は・・・どうするかなぁ。2クール目からは露骨につまらなくなるし、総集編なんて何度も見るもんじゃないですからね・・・。
っていうか、スペシャルエディションやるんだったら「FINAL-PLUS」って要らなかったんじゃ・・・?どうせラストはカットしないんだろうし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »