« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.31

暗黒魔戒騎士篇なんて聞いてないよ?!

Horrorhunter輝く鎧を身に纏い、ホラーと闘う戦士の物語もついに最終回。
先週からの魔空空間での決戦にもついに決着が着きました・・・って、あれ?何か違う?

先週、魔女キバの息子サン・ドルバを倒し、現在アランがキバと交戦中、ハンターキラーが暗黒空間へと放り込まれて、ギャバンがマクー空間でドン・ホラーと決戦・・・。

・・・・・・。
・・・ギャバン?
・・・あ!

m(_ _)m
すいません。ネタです。
・・・いや、だってなんか似てたし・・・(笑)

えっと、気を取り直して『GARO -牙狼-』最終回。
ストーリー自体は先週までで全て語られているので今週は終始立ち回りでした。
延々と続く殺陣のシーンは若かりし頃のジャッキー・チェンの映画のようで、ちょっと長すぎる感もありましたが、戦闘フィールドの演出は面白かったです。

Coatkohga放送開始前は、趣味の悪い金の鎧にちょっと引き気味でしたが、終わってみれば全然気にならなくなってました。
ガロは明るいところで闘うことはありませんでしたから、あれくらい派手でないと立ち回りが活きないんですよね(鋼牙の白いコートも同様)。最終回の暗黒騎士キバはともすると背景に溶けちゃいますからね。

あくまでも闇の世界に生きる人間というスタンスを最後まで貫いたのは良いラストでした。閉ざしていた心を開いた主人公が(きっかけとなった人物と一緒に)いきなり陽の当たる世界へ、ってのは下手すると築いてきたものを台無しにする可能性もありますから。

それにしても、カオルの精神世界のキャンバスがドリームノートだったとは。あんな羽が生えちゃうんだったら『聖闘士聖衣神話』の射手座の黄金聖衣でも買っておくべきだったかな(笑)E&Pガロにつけてみたいですね。

ストーリーは傑作というほどではないにせよ、立ち回り、演出など『GARO』は近年稀に見る佳作でした。往年の特撮の持つ「不気味さ」があったのが良かったですね。
内容的に深夜枠でしか放送できないのが非常に残念です。

あとは零の役者がもう少しマシだったらなぁ・・・。1人で雰囲気ブチ壊してましたからねぇ。これ以上伸びないようならモデル業に専念するのがいいですよ。ドラマに出ても評価悪くなるだけだし。
ここ数年の特撮に出てる若手の中ではワースト1。少なくとも準レギュラーになれるレベルではありません。
・・・コネってことはないですよね?

続編ができてもおかしくないような終わり方でしたけど、企画とかって挙がってるんでしょうか。私としては単発で終わりでいいと思います。やるなら別の代のガロ(または別の魔戒騎士)でお願いしたいですね。



Ep_garo_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.30

最後の最後までミコトは天地に見えました

『舞-乙HiME』最終回だったんですねぇ・・・。来週だと思ってたら1時間SPだったとは。
最終回だけあって作画クオリティが凄いですな。最終話のタイトルバックは映画みたいでカッコ良かったです(東映まんが祭り系ですがねw)。
テンポも良くて見応えもありました。内容的には視聴者の脳内補完任せの部分が多かったですけど、充分に面白かったです。
作品としても良質でした。終わってしまうのがホントに残念です。

最終決戦ということもあって、戦闘も派手でした。これまで活躍が今一つだったナツキもバスターランチャーとか使ってましたし(形状的にはポジトロンライフルかな?まぁ、つまるところはデュランが背負ってたヤツですけど)。前作同様オールスター勢ぞろい。それぞれの見せ場もありましたね。
もっとも、チャイルドがいない分、けれん味に欠けてしまうのは仕方のないトコロ。どのみち『舞Z』の場合はバトルがメインではありませんから、主要キャラがそれぞれ見得を切れればOK。下手にダラダラ殴り合いされても逆に困ります。
アカネちんも帰ってきましたー!ネコミミモード。しかもエロ担当(笑)

冒頭で強さの片鱗・・・しなやかな鉄山靠は見事でした・・・を見せ付けたミス・マリアは実は天秤座の聖闘士だったというオチ(笑)さすがにコレは予想できませんでしたよ。何かやってくれることは期待はしていましたが、ちょっと反則気味です。
でも最後は元の老婆に戻っていたということは・・・CYBORGじーちゃんG?(笑)
きっと他のオトメも歳をとっても同じように若返るんでしょうね。まさに「乙女」システム。ナノマシン恐るべし。

シマシマ団やら巻き巻きも役に立ってましたね。あんなに効果のあるものだとは思いませんでした。ナオにも突っ込まれてましたけど、シホはローブ要らないですね。つぅか、スゴいデザインだな・・・(汗)
シマシマ団の服は囚人服みたいだと思ってたらホントに囚人服でした。・・・と、いうことはナギも仲間入り?

舞衣に見せ場を作らなかったのは好評価です。誰かさんのように、おいしいところを全部持っていってしまう旧主人公にならなくて良かった。・・・ん?誰かさんは結局「旧」がとれて「主人公」になったんだっけか(笑)
ただ、やっぱり主人公としては舞衣の声の方が落ち着いて聞けますね。頑張れ、菊池美香!(このコは実写版のアリカ役もできるくらい「まんま」アリカなんですが・・・当て書きかな?)・・・って、もう番組終わっちゃいましたケド。

このところあちこちの番組で裸祭り。最終回ってのはそんなモンなんでしょうか。
とりあえず「みんな生き返りました。めでたし、めでたし」にならなかったのは良いことです。前作はそれだけでラストが興ざめでしたから(作品としては面白かったですけどね)。

それにしても・・・「対オトメ閃光防御」って何だよ(笑)


Haruka_a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.29

コスト削減は別の点でしてほしい

『MSセレクションDX4』が発売されました。今回のラインナップでは欲しいものは何一つなかったのですが、THE-Oの造型だけ気になったので抜いてきました。
と、いうのは・・・・・。
Dx4_the_o 過去に発売された『ガシャポンEX ガンダム メカセレクション4』にラインナップされたジ・Oに酷似していましたので。

結果、同じ金型でした。隠し腕のパーツとビームサーベルは新造ですが、スミ入れとウェザリングが省略されていて価格は\100増し(さらに言うと、DX4は未組み立てでバラバラの状態で箱に入ってます)。
正直、メカセレクション版のスミ入れとウェザリングは汚いので、寧ろ不要なんですけどね。そうは言ってもリペイントして別商品として出すのは『シードヒロインズ』くらいにして欲しいものです。ただでさえ、ガシャポンでカラバリの1/2アソートとかやってるわけだし。

何ていうか、ラインナップされてない機体だってあるわけですから、そっちを優先して出すべきです。同じ機体ならせめてポーズを変えるとか、ね。隠し腕なんて子供だましにもなりませんよ。

ましてやDX4にラインナップされてるデスティニーは武装バリエーションの1/2アソート。阿漕過ぎます。そろそろ消費者も怒りのスーパーモードにチェンジすることでしょう。・・・っていうか、『MSセレクション』シリーズは「40」で終了なので『MSセレクションDX』シリーズも必然的に終了ということでは?・・・やり逃げ?コージー?

まぁ文句ばかり言ってても仕方ないんで『超造形魂 スーパー戦隊ロボアーカイブ1』のアソートを載せておきます。1BOXで全部揃うとは思いますが、配置を見る限り特に決まりはないっぽい感じです。どうせダブるならオーレンジャーロボがベターですね。頭部バリエーションが5種ありますから、5体手に入ればそれぞれで飾れます。
----------------------------------[後]----
(05)(01)(02)(09)
(03)(06)(10)(07)
(07)(08)(04)(05)
----------------------------------[前]----
01:バトルフィーバーロボ
02:ダイナロボ
03:グレートファイブ
04:オーレンジャーロボ(キャノンH/ホーンH)
05:オーレンジャーロボ(バルカンH/グラビトンH)
06:ダイボウケン
07:マジキング
08:デカレンジャーロボ
09:アバレンオー
10:アナザーアバレンオー
------------------------------------------
出来はダイナロボがピカイチです。続いてグレートファイブ、バトルフィーバーロボといった具合。この時期一番プッシュしないといけないダイボウケンがワーストですかね。でも敢えてランク付けしてるだけなんで、特にハズレはないです(作品を知ってることが前提ですよ)。
クオリティは高いので(値段もそれなりに高いですが)今後にも期待が持てますね。次はバイオロボ、タイムロボ、大連王、無敵将軍あたりをヨロシク。

こうして見ても同じ会社の製品なのに賛辞ばかり出ないものと愚痴しか出ないものと。偏に担当者の采配次第ってトコなんでしょうかねぇ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.03.28

いっそのこと竜宮島でいいよ

『ガンパレード・オーケストラ』最終章、「青の章」のサイトがオープンしました。・・・と、言ってもまだトップページだけですけど。

「青」の名を冠し、3部作の本命となるであろう作品ではありますが・・・公開されているイラストとサブタイトルを見る限り、どうにも期待してはいけない気持ちになるのは何故でしょう。アニメのほうは「白」の数話であまりのつまらなさに挫折しちゃいましたが、もう終わってるんですよね。あ、今日で終わりか。
緑、青と続いて少しはマシになったんですかねぇ。人型戦車とかを使った海上戦闘でもあったのかな?まぁ戦車はソッコー沈んで終わりでしょうから海上戦力と航空戦力での対処になるんでしょうけどね。希望号が出てくるわけでもなし。

「青の章」はシリーズ中一番キャラクターに魅力がないような・・・。にもかかわらずゲームの特典は相変わらず部隊章ワッペン。どうせまた楯も付属するんでしょう。企画担当はアホですね。このド低脳がァーッ!

「白の章」は早々に投売り価格になりましたが、なったらなったですぐに売り切れ。いかに様子見してた人が多いかが知れます。いくら前作が人気だったからって、続編というだけでは飛びつかないわけで。その辺をわかってプロモーションしないとダメですよ。そもそも3部作にした理由って何だったんでしょう。キャラもメカも改悪してまで。

結局ハードボイルドペンギンだけでは「白の章」にも手を出せず、当然「緑の章」も見送り。心の片隅にプレイしておきたいという気持ちはあれど、プレイすると何かが崩れてしまうような気もしています。
ちょっとでも気になってるならプレイすればいいんですけどね。良きにしろ悪しきにしろ結論は出るわけですから。暫くは欲しいゲームも出ないし。・・・っていうか、次はDSの『FF3』まで何もなし?発売日未定なんですケド(笑)
もうそろそろゲームは卒業ということでしょうか。あ、『宇宙刑事魂』があった!危ない危ない。<何がだ

実際は『ペルソナ3』も楽しみにしてるんで、TVゲームからは足を洗うことなどできないんですけどネ。昨日記事にした『ヴァルキリープロファイル2』もあることですし。

・・・・・・。
・・・。
アトラスはタカラ(現:タカラトミー)の子会社になっちゃって「メガテン」シリーズは何だかあらぬ方向に向かってしまってるような気がします。『葛葉ライドウVS超力兵団』はスルーしちゃってますが、実際のところ、デキはどうなんでしょう?続編も出るらしいので値崩れしたら買っておきましょうかねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

アーティファクトボックス

発売日が6月22日と決まった『ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-』ですが、限定版「ARTIFACT BOX」の内容がついに発表になりました。正確に言うと、内容自体は少し前に発表されていましたので、「アイテムの写真があがってきました」ですね。

落ち着いたデザインの収納ケースは実にいい感じ。サントラCDも嬉しいですね(透明感と寂寥感のある楽曲は好き)。シルメリアのフィギュアは、大きさが判別できないので断言できませんが、夏に発売される『ヴァルキリープロファイル トレーディングアーツ』のクオリティでしょうか。『トレーディングアーツ』シリーズは造型的にはあまり良いとは言えないんですけどね・・・ネットショップの写真ではイマイチっぽい感じです。限定版付属のシルメリアは悪くはなさそうですが・・・。
パーティングラインからして肘と手首、首が可動(多分肩も)というところでしょうか。とりあえずあまり良いポーズにはなりそうもないですね。

ブックレットも付くようですし、内容的には充実しています。でも・・・\14,910って何よ!高すぎです。ゲーム2本買えちゃいますって。通常版も\8,190と、なかなかお高い仕様。・・・挫けそうです。貧乏人は廉価版が出るまで待て、と、そういうことなのかもしれませんね。・・・はぁ。

これまで情報が出ていたにも関わらず全然気にしていませんでしたが、ゲーム中のキャラってドルフィーみたいな顔してるんですね(姫とレザードが顕著)。これはちょっと好みが分かれそう。この手の描き方は一歩間違えると人によっては「気持ち悪い」になってしまいますから。
まぁ裏を返せばスーパードルフィー等で再現するのは比較的容易ということです。いくらかかるか想像したくもないんで、やりませんけどね。

限定版、欲しいけどどうしようかなぁ・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.26

真面目モードでは気が滅入る

今日は昼過ぎから夕方まで爆睡してしまいました。アイテム界潜るのもそろそろ飽きてきたな・・・。
まぁお陰で花粉症の症状になや悩まされる時間も減ったわけですが・・・時間を無駄にしてしまったように思えて、ちょっと自己嫌悪に。どうも睡眠時間って勿体無く感じてしまうんですよねぇ。つくづく損な性格です。
実際、平日の自宅での睡眠時間は2.5〜3時間くらい、休日は5時間程度ですから勿体無いというほど寝てはいないのですがね。ここ数年は相変わらず。

近場で働いていた頃はもっと生活は楽だったんですが・・・給料は若干安かったものの、本や雑誌以外の買い物をあまりしなかったので資金に不自由はしなかったし。周りに女の子もたくさんいたしなぁ・・・。今にして思えば労働内容がキツいこと以外はそれなりに楽しく生活していたわけで。とはいえ、それで体壊してれば世話がありませんがね(苦笑)労働内容は重要。
今は仕事は楽ですが環境がいけません。精神壊しそうです。

こうしてネットに逃げいられるうちはまだ大丈夫ですけど、来月からまた職場変わるし、どうなることやら。最近は情報保護の観点から色々規制が厳しくなってきていますから(IT業界なもんでモロにあおりを受けてます)、がんじがらめにされているようで息が詰まりそうです。別に悪いことしているわけではないにせよ、したいことができなかったり常に監視されているような環境ではストレスが溜まる一方です。

天職を見つける方法って無いモンですかねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

財布が悲鳴をあげてるぜ

BF_Robo_02 買ってきました。BF団の怪ロボット!・・・ではなくてバトルフィーバーロボ。
戦隊シリーズ史上初の巨大ロボットが『超合金魂』シリーズで発売されました。チョイ悪の面相がイカしてます。こんな良い物が発売されようとは、当時は予想だにしませんでした・・・って、予想できるような年齢でもありませんでしたケド(笑)

昨今の戦隊ヒーローは玩具展開をするため、変形合体ロボが基本。2号ロボ、3号ロボが出てきても1号ロボと合体する仕様だったりしますから、こんなデザインはもう出てこないでしょうねぇ。獣将ファイターとかニンジャマン(サムライマン)、ガンマジンあたりが復活の兆しだったんですけど・・・以降はまったく無し。もっとも、デカレンジャーロボのようにゴツい合体ロボに跳んだり転がったりというアクションをやられてしまうと、アクション向けの単体ロボの需要もなくなってしまうんですけどね。

デザイン的には旧いものの、今見ても十分にカッコイイです。それでいて全身のあちこちが動いてポーズも思いのままですから(この商品の取れないポーズは、劇中の着ぐるみでも取れないと思う)、大満足です。武器も全て付属してますしね。強いて言えば戦わせる相手がいないくらい(笑)

『超合金魂』シリーズを買うのはこれで3つ目(他はザンボット3とザブングル)ですが、高額商品だけあってクオリティ高いですね。満足度も高いです。同社の廉価商品はボッタクリ感が日に日に高まっていくのを抑えられないのに・・・。金を出さない消費者に対して優しくないってのはS●NYなんかもそうですね。「業界最大手」みたいな地位に着いちゃうと、顧客獲得よりは利益追求を優先するばかりになっちゃうんですかねぇ。寂しいなぁ。

BF_Robo_01 さて、『バトルフィーバーJ』といえば、日高のり子(当時は伊藤範子)さんがレギュラー出演していたわけですが、当時はそんなことは全然意識せずに観ていたので、改めてもう1度観たいと思っているのですが、DVDリリースの予定はないらしいです。CATVとかスカパー等の有料放送を録っていくしかないのはツラいところ。何とかして欲しいものですが・・・。マーベル社のライセンスの問題?スパイディがOK出たんだから楽に許可下りそうだと思うのは素人考えなんですかね。

まぁとりあえず戦隊シリーズのロボットも『超合金魂』にラインナップ可能なことが判明したわけで。次はバイオロボあたりをお願いしたいですな。最近のヤツは放送中にリリースされる玩具が十分なクオリティなので、昔のカッコ良いヤツを優先的に、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.24

我が家には何人の司令官がいるんだろう

連日新作新作で火の車です。給料は入ったそばから消えていきます...orz
中旬は息継ぎできるかと思ったんですがねぇ・・・フィギュア付き限定版コミックという思わぬ伏兵が。
まぁいくら兵が伏せていようと、相手ができるうちは蹴散らすのみですが。<無視しろよ(笑)

Stella_Convoy

『北斗の拳 200X』シリーズの『ラオウ&黒王』が店頭に並んでいるのを横目で見ながら、買ってきたのは『ハイブリッドスタイル 初代総司令官コンボイ』。ラオウは欲しいんですけど、デカ過ぎて置く場所がありません(玄関口に飾れればいいんですが、さすがにそれは家人が許してくれませぬ)。逆に、小さなコンボイ司令官は置き場所には困りません。ギミックも満載で遊び甲斐もあるし、良いアイテムです。ちょっと高いですけど、相応の価値はあります。

『マスターピース』のコンボイも良かったですが、『HBS』のコンボイはアクションも優秀、オプションパーツも豊富、ディスプレイスタンドまで付いているという至れり尽くせりの仕様。ファンにはたまりませんな。私は顔やプロポーションはマスターピース版のほうが好みですが・・・そんなことは些細な問題でしかありません。今後のシリーズ展開に期待したいです。

もう1つ期待しているのは『マスターピース』の新作、スタースクリーム。
シリーズのクオリティは他の商品で証明されていますから、否が応にも期待は高まります。あとは、ボーナスの時期に合わせて発売してくれると非常に助かるんですがw



コレを書いている横では『GARO』が放送されています。今回の零は文字通り踏んだり蹴ったり。ボロ雑巾のよう。
いろんな形でダメージを受けていましたが、中でもハイヒールで手を踏まれたのが一番痛そうでした。リアルに痛みが想像できるからかな?(苦笑)
ケチョンケチョンにされた零はともかく、今回はアクション気合入っていて見応え抜群でした。

やはり案の定メシアは降臨(まだ現世に出てきてはいませんが)。巨大化した裸の人間に乗り移った悪の権化、って日曜の某番組で最近見てますので新鮮味はありません。まぁ向こうは男、こっちは女っていう違いはありますがね。

次週は『おねがいマイガロディ』「メシアを倒せたらイイナ!」「英霊」。何やらサブタイが思わせぶりです(魔戒騎士の鎧は実は強化外骨格ってことはないでしょうけどw)が、ついに最終回。刮目して見ます。覚悟完了!
DVDはどうしようかなぁ・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.23

そういえばキャトフヴァンディス見かけないな・・・

本日は『電撃ホビーマガジン』をフライングです。1度値上げしたら調子に乗ったらしく、今回も付録付きで\1,000。来月は付録がないので\830になりますけど・・・今後はこれがスタンダードな価格になるのでしょう。地味に\50程上がってます。

今月の『A.O.Z.』はTR-5ギャプランのMS形態が登場。巨大な複合防御バインダーが迫力あります。ジオンの魂が形になったかのよう・・・って、あれ?(笑)

さてさて、ホビー誌を買ったということは、昨日に引き続き新作アイテムの物欲が追加されるわけで・・・。

【HCM Pro ヤクト・ドーガ】 未定
ギュネイ機のみの発表ですが、クェス機は・・・もしやイベント限定リリースとか?

【アルティメットオペレーションPlus4】 6月
サザビーがカッコイイのは当然として、今回はGMIIIがイイ!2個買い決定。

【1/144 レッド・ミラージュ Ver.3】 4月
たまにはMHも作ってみたいかなー、なんて。プラモやガレキではなく廉価フィギュア化してくれないものですかねぇ・・・。

【1/100 アファームドT タイプF】 4月中旬
ハッターは大嫌いだから手を出しませんでしたが、普通のアファームドは大歓迎です。

【フィギュアマイスター アージュコレクションfromアカネマニアックス】 7月
バンダイも心を入れ替えたのか、サンプルを見る限りは高クオリティです。

【舞-HiME&舞-乙HiME コレクションフィギュア Part3】 5月中旬
パート3は造形的にハズレなしのラインナップですが、アリカ、ニナ、マシロ(withミコト)の3人が特に良いですね。組み合わせて飾れるようだし、この3人だけ購入決定。
それにしてもCM'sのアリカはどれも良い表情してますねぇ。

【HGIF ガイナックスヒロインコレクション3】 6月
ノノが良くできてます。さすがにバンダイはメカに強い(笑)

【超合金魂 レオパルドン】 未定
スパイディのファンとしては買うしかないでしょう!

【超合金魂 ゴールドライタン】 未定
子供の頃は超合金のライタンを持ってる友人が羨ましかったものです。不思議と持ってる奴多かったんですよねぇ。
「ゴールドライたん」とかでSD展開してくれないかな、なんて思ってみたりw
ちなみに、超合金魂の記事の次号予告には「努力+根性=合体!?」と書いてあるんですが、まさか、まさか・・・!!

【1/15 完全変形ガーランド】 5月
\17,640という価格が曲者。マイナーだから高いのはわかるんですが、この価格だと買えましぇん(泣)
財布の中から 福沢諭吉が Fly Away 飛んでく〜♪

【ワンコイングランデ エスカフローネ】 夏
エスカもやっと廉価で立体化。固定モデルですけどデキはなかなか良さそうに見えます。

【舞-乙HiME 1/10スケール 彩色済みアクションフィギュア 】 6月、7月
顔はエルス以外あまり似てないんですけど、結構動きそうなので興味あります。定価の\5,250は出せませんが、安かったら買ってもいいですね。

【キン肉マン キャラクターマスク】 4月中旬
プライズなんですが、1/1サイズで実際に被れるらしいです。ちょっと欲しい。ドブ川はきれいにならないでしょうけどw

先のことはともかく、今月は25日と30日という山がまだ残ってます。25日は『超合金魂 バトルフィーバーロボ』を買いに朝から奔る予定。次の日くしゃみがひどかろうが目が痒かろうが「問題なし」。不退転。好きな食べ物はアンパンだ!

それにしても、謎の「超合金魂」の新作は気になりますねぇ。予想通りなら小躍りするところですが・・・果たして?リリースは年末か来年になるでしょうけどね。


余談になりますが、本日、『デュアルモデルツヴァイ』のスコタコが店頭に並んでました。・・・が、ウェザリングが汚いのでスルー。塗料がはねたみたいな適当な塗りで汚く見えるんですよ。まぁ最低野郎が最後に信じるものは己の肉体ということで、ミクロマンのキリコだけで我慢するとします。浮いた分は『アクティックギア』のターボカスタムへ回そうかな、っと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.22

ガンダムAはネタバレ酷すぎ

WBC優勝で日本の野球熱に更に拍車がかかりました。野球関係者の中には妙なプライドを持った人々も出始めるでしょうし、困ったものです。鼻につくコメントはイチローだけで十分。
そんな野球嫌いの私は「祝!王ジャパン」というよりは「祝!米米CLUB再結成!!」。10月末までの短い期間ではありますが素直に嬉しいです。もうみんないい歳になっちゃいましたけど、今回はどんな形で魅せてくれるのか、楽しみです。

さて、『ガンダムエース』をフライングで買ってきました。
巻頭特集は劇場版ZガンダムIII。なんかもう最後まで全部バラしちゃってます(画と台詞のダイジェスト)。まだ1ヶ月経ってないのに・・・。月曜日に観て来て正解でした。危なかった。

種デススペシャルエディションの情報も。放送日はまだ決定していないようですが、DVDの発売は5月から3ヶ月おきだそうですから近々放送されるんでしょう。
「新作カットや新アフレコにも注目!!」などと煽っていますが、それがなければ見る価値ないんですケド・・・(苦笑)
数カット追加で新アフレコは全編にわたるアスランのナレーションとかだったら嫌だなぁ(笑)まぁそんなコトやったらあちこちで祭りが起きるでしょうけどね。・・・それにしても、こんなにやり直しさせてもらえるなんて、ホント優遇されてますね。不買運動でもしないと磐梯山はファンをカモにしつづける気なんじゃ・・・?

SEED外伝の「 星をみるひと STARGAZER」には新MSが発表。バスター改(仮)とデュエル改(仮)。ストライクノワールはヒゲがカッコ悪くて好きになれませんけど、新発表の2機はやたらとカッコイイです!早くプラモ出ないかな・・・。

『SUIT CD 10』は4/21発売予定。

立体物の商品情報は5月のMG新作、ギャンとHGUCの新作、ザクI。新作なのに「旧ザク」ってのがニクいですねw
ギャンはスルーしますがザクは買いたいです。旧ザクに\1,050も出すのには抵抗がありますけど。
その他、HGUCガザC(2種)、HGストライクノワール、1/100無限正義、SDデスティニー等。

MIAの新作はExMIAにジャスティス、MIAにグフイグナイテッド(量産機)。グフはなかなか良さそう。バクゥのテストショットもあがってました。

G.F.F.は4月のニューアイテムであるゴッドガンダムとセーラーガンダムーンの商品写真が。G.F.F.なのに脚が開き腕が曲がるという驚きの仕様(笑)掲載されている写真くらい動くなら2つ買ってもいいかも。
この調子でシャイニングとライジングも出して欲しいものです。コンパチでいいので。
G.F.F.亜種のCRは3月の新商品、デスティニーの商品写真が掲載されてます。写真を見る限りではあまり良くないですね。1/144HG版を買ってた方がいいかも。デスティニーの次は無限正義だそうですが・・・このシリーズはあまり期待しないほうがいいのかもしれませんね。

チャチな造型で投売り状態の「Voice-I-Doll」にも新展開があるようです。「Superior」と題した新シリーズが6月に予定されています。ルナとラクスの2種の」リリースですが、顔の造型が大幅にパワーアップして可愛らしくなっています。・・・あまり似ていないのは相変わらずですが(苦笑)ルナはどちらかというと『奇面組』の唯ちゃんに似てます。
磐梯山も心を入れ替えたのかと思いきや・・・お値段もパワーアップしてました。\3,990。・・・倍以上。ダメじゃん。

先日配布条件が不明だと憤慨した『ガンダムウォー』のプロモカード「星の鼓動は愛」も配布条件が載ってました。4月からのブースタードラフト大会の参加賞だそうで。・・・って、4月のカードをもう配布するなよ!いい加減ですなぁ。
新作の情報としては5月に発売されるブースターパックからインパルスのイラストが掲載されてました。なよなよしているところを見るとルナマリア機っぽいです。ルナの機体はイマイチな能力ばかりですからインパルスも使い勝手は微妙になりそうな予感。「インパルスガンダム(エクスカリバー装備)」でも出ればまた違うんでしょうけど・・・。
ブースターのタイトルは「ガンダム・ザ・ガンダム」ということなので、全カードがガンダムになるかもしれませんね。

来月の付録は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』収納ケースだそうですが・・・今月の『少年エース』の付録が『新世紀エヴァンゲリオン』収納ケース。おいおい、頼むよ、角川サン(哀)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.03.21

鼻をかみすぎて・・・アッガイに乗れそう

昨日の日中出張ったせいでくしゃみが止まりません。普段は早朝と夜にしか外を歩かないので花粉の影響も少ないんですけど・・・。これからの時期、休みの日に出歩くのは憂鬱です。そろそろ花粉症とも縁を切りたいんですけどねぇ(涙)

そんなわけで、くしゃみと鼻水に苛まれながら今日は1日引き篭もりです。
半日は『クライマックスU.C.』のプログレスモードをプレイ。集中力がないのでボロボロです。
それを差し引いてもやはり余り面白くありません。クロニクルモードをオリキャラでプレイするだけに近い状態なのに、キャラクターが立ってないからイマイチ入り込めないんですよねぇ・・・。
その上、「世代交代」を売りにしてるくせに、シナリオ間に相手キャラクターとコミュニケーションが取れるわけでもなく、時期が来たら選択するだけというお粗末なシステムがダメ過ぎです。子供の代はすぐに終わっちゃうし。

積みプラ消化は・・・時間がないのでパーツ数の少ないBB戦士をチョイス。AegisAthrun
暮れにパッケージ写真を見て、無性に欲しくなって買ってしまったイージスです。・・・あ!シールドの先端塗るの忘れた!

BB戦士は簡単に組めるんですが色が足りな過ぎるのがネックですね。あちこち色を足そうとすると結構時間を食ってしまうから侮れません。私のような「素組み+ガンダムマーカー」派は、買うときもちゃんと調べてからでないと、塗れない色とか入っていたときに嘆くことになりますので注意が必要です。

もう1点、BB戦士には肉抜き穴が多く腕や脚の内側(または裏側)はスカスカという欠点もあります。イージスに関しては変形機構のお陰で、抜いてある部分は少ないんですけどネ。逆にグレーを塗らないとシールだけではピンクの塊になっちゃいますから困ったものです。
プロポーションが良いのでオススメではあるんですけどね。きちんと変形もしますし。まぁ購入の際はガンダムマーカーのガンダムグレーもご一緒に、というところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

星の鼓動は愛

Z3Movie休暇を取って、劇場版『機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛』を観に行ってきました。タイトルの語呂の悪さとは裏腹に内容は面白かったです。
MS戦主体の作りになったお陰で、小難しいことを考えずに楽しめました。わかりやすいのはいいことです。
TV版と違って主人公はカミーユではなくハマーン(とシャア)に変わっていましたが(苦笑)

今回の焦点となるラストは・・・あまり好きではありません。ストーリーが、というよりも、くどいくらい「カミーユ生存」をやたらと強調する台詞回しに閉口した、というほうが正しいです。
〆としては、あれはあれでアリだとは思います。但しTV版の意外性と余韻には遠く及びませんが。・・・刻は涙を流さず。

鑑賞後は無性にアクションフィギュアで遊びたくなりました。スクリーンを縦横無尽に動き回るMS群を見ていたせいでしょうね。バンクじゃないって素晴らしい(爆)
新規描き起こしの戦闘シーンは、MSも当然良かったですが、今回はラビアンローズやジュピトリスといった巨大戦艦が迫力があって見応えがありました。

とはいえ、MSよりもキャラクターのほうが印象に残るのはガンダムがただのロボットアニメでない所以です。キャラクター間の台詞の掛け合いは秀逸です。その最たるものがヘンケン艦長とエマ中尉。
たいむさんも記事中で取り上げられていましたが、ティータイムのシーンや、アーガマでハマーンと会見するシーンなど2人の関係の見せ方が非常に上手い。微妙な距離のTV版も面白かったですが、カップル成立している劇場版もまた面白い。う〜ん、私も世話焼いて欲しい(笑)

人物のちょっとした描写では、ブリーフィングルームで疲れてウトウトしながらマニュアル(作戦資料ではないと思う)を読むファが可愛いかったです。細かいところで人物描写とか背景描写等がしっかりフォローされているのも良いところ。バスクが常時ドリンクを携帯していたり、レコアのヘルメットにハンブラビのモノアイが映りこんでいたり、ミネバの椅子の裏には体調をモニタリングするシステムが付いていたり・・・等々。
エピソードが大幅にカットされているせいでファが優秀なパイロットに見えるのはご愛嬌(苦笑)

同様に、エピソードカットのお陰で優秀に見えるのはウォンさん。アーガマのクルーたちと衝突する描写がザックリとなくなっているので、実にいい人になっちゃってます。金を出している上にあれだけ役に立つとあっては、口やかましいことなど些細な問題に過ぎません。

逆に格が下がってしまったのはシロッコとジェリド。シロッコは野心ばかりの俗物に、ジェリドに至っては「劇場版には登場する必要ないんじゃないの?」ってくらいどうでもいいキャラに成り下がってしまいました。この辺は青の零号さんが詳しく書かれてます。ハマーンとのサイキック合戦がなかったらシロッコもラスボス級にはなれなかったかも?あっても物足りなかったですからね。ヤザンとの絡みが少なかったのも悪役要素が不足した原因でしょう。
パンフに名前が載ってるにも関わらず一瞬で消えたガディも可哀相ではありますね。

意外にも健闘したのはサラ。第2部ではガッカリでしたが、キャストが変わって俄然活き活きとしました。15歳だったらあんな感じでしょう。名演技というわけではないにせよ、良かったと思います。演じた3人の中では声質的に1番好きです。
残念ながら池脇千鶴ではラストのサラのくだりは難しかったでしょうね。ドラマでは結構いい芝居するんですけどねぇ・・・。

そのラストのくだりといえば、バイオセンサー発動時にはしっかりロザミアが登場してましたね。カミーユとの関係性は希薄なのに。「Zガンダムにね♪」はカットされてたので、まだよかったですけど。その点『クライマックスU.C.』は酷い。同じ切り貼り作品でもえらい違いです。

そんな女性たちに護られてシロッコを倒したカミーユですが、フォウとロザミィのエピソードがなくなってしまったせいで主人公の座を追われる羽目に。劇場版でもいい台詞は喋っているのですが、その横には大抵ハマーンやクワトロが。背負ってるものが違うので完全に食われてしまってます。特に劇場版の榊原さんは凄い。あれでは下手な若手は絡めませんよ。ミネバを子役にして、きっちり壁を作ってしまったのはある意味正解です。
ストーリーを動かして動かしているのもハマーンだし、カミーユはTV版ほどのジゴロっぷりも発揮できず、エースパイロットとして使い倒されただけで終わってしまったような感じですね。

総じて好評価な今作のうち、不必要に目立ったのはラーディッシュのブリッジクルー。五分刈刑事みたいな人(笑)ハヤトと同じく檜山さんなのでヒーローみたいで違和感バリバリ。ガンダムシリーズで言うと、武者頑駄無が喋っている感じ。まぁアズラエルみたいなのがいても困りますけど。あれは上手下手とかではなくミスキャストだと思うなぁ・・・。ただでさえ目立つ風貌なのに。

・・・とまぁこんな感じですかね。1回書いて全部消えちゃったのでモチベーションもだいぶ低くなってます(疲)書き漏らしもあるかもしれませんが、忘れちゃうってことはその程度のものですから書く必要もないでしょう、多分。

新規作画部分は画も綺麗だし描写もしっかりしていてホント素晴らしいです(3部作のストーリーの整合性については微妙な部分もありますが)。前編新規作画で作る途はなかったんですかねぇ・・・。



さて、ここから蛇足。
帰宅途中でホビーショップに寄ったら『RAHDX』のステラ(Ver.2)が\2,000で売ってました。およそ半額。SEED関連のデカ物フィギュアは先日注文したルナマリアで最後にしようと思ったのですが、デキが良い上に半額とあっては・・・
SD_Athrun 「なら買うしかないじゃないか!」
√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・・・と、いうことで買っちゃいましたw

そして『ガンダムウォー』のプロモーションカード「星の鼓動は愛」というのがいつの間にやら店頭に並んでいました。カード名称からして何かの付録っぽい感じなのですが、オフィシャルには何の告知も無し。
こういうことはやめて欲しいんですけどね。大会とかで入賞しないと貰えないものなら諦めもつきますが、普通に手に入る機会のあるものは入手可能なうちにアナウンスしてくれないと。かつて『Gジェネレーション』や『1/144フリーダム』で痛い目を見てるのであちこち目を光らせてはいるのですが・・・。
「私の知らない新カードが配布されていたのか!」
もう憤死しそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006.03.19

メタスできました

YellowSub 『HGUC メタス』完成〜♪

HGUCはパーツ数少ないのでお手軽でいいですね。安いから買いやすいし。技術もヒマもお金もないヒラリーマンにはこれで充分(笑)
昔は適当に作るとあちこちに接着剤が付着して、出来上がっても薄汚れた感じになってしまったものですが、今では接着剤は要らないわ最初から色が付いてるわで至れり尽くせりです。スナップフィット万歳、いろプラ(<古っ!)万歳!
阿漕阿漕と普段散々こきおろしているバンダイですが、やはりプラモには一日の長があります。高クオリティで低価格。これは他社の追随を許しません。

メタスの箱には「一部パーツの差し替えで変形機構を再現」と書いてありますが、実際には手首を外すだけ。こんなの差し替えのうちに入りません。プロポーションもいいし変形もするしで、満足満足。

昔はメタスなんて眼中になかったんですけどねぇ・・・劇場版でのMA形態のカッコ良さに惹かれました。逆に子供の頃と違ってZガンダムにはあまり興味がなくなっています。本館にZガンダムが登場していないのもそのせいです。商品はいくつも買ってはいるんですがね・・・。

最近のTMSの例に漏れず、メタスもマトリクスディスプレイに対応しています・・・が、肝心のディスプレイスタンドが付属していません!アッシマーもガブスレイもMIAを先に買ってしまったせいでスルーしてきましたが、仮に買っていてもそれぞれの飾り台として使っているはずですから、コレにも付けてくれないと困ります。ホント、詰めが甘いというか、コンシューマーに優しくないというか・・・。冒頭で褒めて損しちゃった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.18

メタス作ってます

MethussBuild 先日買ってきた『HGUC メタス』を組みはじめました。実は今年初プラモ。元旦の更新用に昨年末にバクゥを作って以来です。

組み上がっているのはまだ上半身だけ。変形機構があるせいか、腕のパーツ構成が他のMSと違っていてちょっと面白いです。拳は武器の持ち手1種類しかついていないのが残念。ハイディティールマニュピレーターを買うほどの機体でもないですから、我慢するとします。

16日にはメタス、キュベレイ、グリプス戦役セットの3種が発売されましたが、メタスだけ買ってきました。キュベレイはパール塗装よりノーマルカラーの方がいいし、グリプス戦役セットは高くて予算オーバー。ただ、グレーがかったMk-IIだけは欲しいので、同じカラーで単品でリリースしてもらいたいものです。
バンダイはメッキだとかクリアだとか、そういったものでプレミア感を煽る傾向にありますが、どちらもそれほど魅力を感じないんですよねぇ・・・。特に後者。全部が全部悪いわけではないし、中には良いものもあるんですけどね。

今日から4連休。さりとて劇場版Zを見に行くこと以外特に予定もない寂しい人間なもので、メタスのほかにもう1体くらいは積みプラを消化しておきたいところ。さて、何を作りましょうかねぇ・・・。



コレを書いている横で、今週の『私的チャイナビ』にて無錫の三国志テーマパークが紹介されてました。蘇州は庭園というイメージしかありませんでしたが、こんなのもあるんですねぇ。是非行ってみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.17

CGでもシャリバンはカッコイイなぁ

チャングムの誓い』を見るために夕食も摂らずに急いで帰ってきたのに、今日の放送はお休み。う〜ん、そういえば先週テロップが出ていたような・・・?無念。
4月からまた放送時間変わるみたいですね、慌しいことで。

さてさて、『宇宙刑事魂』の発売日が決まったようで、バンダイから「予約せぇや」とメールが来ました。発売日は5月25日。意外とすぐですね。・・・最近ホント月日の経つのが早くって早くって(涙)お願いします、MISOPETHA-MENOSをかけてください、アテナ。

公式サイトもできたことだし、気になる内容をチェック・・・と思いきや、トップページしかありません。がっくり。
トークライブの案内が出ていたのでクリックしてみると・・・前売り完売。さらに前売り券持ってても整理券順の入場とか。そもそも開催日が18日って!メール来たの16日なのに。ぽっくり。

ゲーム誌を見ても大した情報はないので、「情報公開日≒発売日」になりそうな予感。そういうゲームは往々にしてクソゲーです、はい。そしてバンダイのヒーローゲームにはどれ1つとして当たりはナシ。・・・非常に心配です。購入は決定してるんですけどね(笑)ギャバンガ、チュキダカラー。

何となくギャバンがメインでシャリバン、シャイダーはオマケ程度で終わってしまいそうな気がします。シャイダー役の円谷浩氏は既に亡くなってますし。
シャイダーはゲーム中ではどうなるんでしょう・・・代役か過去のフィルムからの流用か・・・喋らないってのはナシで。その辺が知りたくて情報待ってるのに全然公開されないから困ったものです。シャイダーがダメならアニーを前面に押し出せば売り上げ伸びたりするかも?その代わり「CERO15」とかになりそうですが(笑)

予約特典はオリジナル宇宙刑事手帳だそうで。宇宙刑事なんだから電子手帳じゃないと釣り合いませんが、平気で紙の手帳を付けてきそうですな。作品の性質上、どう考えてもターゲットの年齢層は高いわけだから子供だましなんか用意しても仕方ないんですけどねぇ。テレビマガジンが協力しているらしいので、内容的にはそれなりにはなるんでしょうけど・・・。

それにしてもバンダイの商品には「○○魂」ってのが多いですね。投売り状態。最初の頃はクオリティの高さを感じさせるネーミングでしたが、ここまで多いと逆にチープに見えてきます。何かもっと別のネーミングを考えてほしいものです。例えば、えーっと・・・「だまじー」とか(笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.16

あるときは未来デパート、またあるときは・・・

移転して新しくなったガンプラ工場、バンダイホビーセンタープレスプレビューが行われたそうです。
紹介記事を見るだけで「オラ、ワクワクしてきたぞ!」ってな感じ。コンセプトはアナハイム・エレクトロニクのようですが・・・ジオニックにしなかったのは泥臭いというか、軍需産業的なイメージが強すぎるからですかねぇ。
静岡は何とか日帰りできる距離ですので、ちょっと行ってみたいです。5月下旬から一般の見学も受け付けるとのことですが・・・最初は結構混むでしょうね。休みが取れれば平日に、かな。

どうせならテーマパークでも併設してしまえばいいんですよ。今となってはGAINAXはアテにできないんで、バンダイ版の「オタクランド」を。ディズニーランドやユニバーサルスタジオは言うなれば海外のオタクランドですからね。日本ではアニメや漫画は低俗とする傾向があるくせに外国のものは迎合するんですよねぇ・・・。日本のキャラに置き換えてみればそれがドラえもんでありガンダムであり、旧くは鉄人やら月光仮面やらってことになるわけで。「偉い人にはそれがわからんのですよ」
いまやオタク文化も海外に浸透しつつありますからね。意外と集客は見込めると思うんですけどねぇ・・・。ヒーローショーとかメイドカフェとか取り込んでやればアキバ以上の聖地になるかも?
・・・・・・。
・・・バンダイだけじゃ無理か。


さてさて、今日は『FF12』の発売日でした。営業時間外の早朝から販売する店もあったようです。朝から並んだ人もだいぶ多かったんでしょうか。
今まで全然気づきませんでしたが、朝早くから並ぶのって、「早く行かないと売切れてしまうから」ではなくて「1分1秒でも早くプレイ(クリア)したいから」なんですね。そういう心境はわかりませんなぁ。まだまだ私も一般人に戻る余地があるということでしょうか<違います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.15

アッシマーが!(T_T)

ついに明日発売です。『HGUC メタス』(笑)

巷では『FF12』一色という感じですね・・・と、言いたいところですが、正直それほど盛り上がっていないような?ポーションはだいぶ売れたみたいですけどね(それでも2次出荷分はダブつき気味)。
尤も、厳しい情報規制のおかげでCGが綺麗なこと、音楽が良い事くらいしか期待できるところはありませんからね。戦闘システムにしたって、フィールド上のエンカウントは『ロマサガ』でやってるし、シームレスに戦闘に突入することについては3Dアクションゲームを考えると別に何でもないことですし。
公開されているあらすじが『FF9』の焼き直しっぽい上に、魅力的なキャラクターがいない(美男/美女とは別)のも食指が動かない理由です。以前も書きましたが、当初の予定通り暫くは様子見。

そんなわけで、明日はメタスを買いに行きます。会議があるので休めませんが一般販売のプラモだし、夜でもたくさん残っていることでしょう。むしろ『グリプス戦役セット』のほうが心配。初回限定生産でなければ問題ないのですが。

・・・と思っていたら先刻メールがきました。会議は22日になったとのこと。22日?・・・22日は『HCM Pro アッシマー(グリーンダイバーズVer.)』の発売日ではありませんか!初回限定生産だから朝から行かないと売り切れるでしょう。当日行く気満々だったから予約なんか入れてませんよ(涙)
慌ててネットショップを探したものの、どこも予約終了。「なぁんてこった!」20日に休暇入れちゃったんで22日まで休むわけにもいかないのですよ(泣)

ちゃんちゃかちゃんちゃん ちゃちゃんちゃちゃんちゃん♪×2
ハイコンのアッシマーを買おうとしていたら〜♪
会議がは〜いってダメ〜になりました〜♪
チクショー!!


今月は『S.I.C. 仮面ライダー響鬼』も平日の30日発売なんですよね・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

匠魂が欲しいのです

S.I.C.匠魂 vol.7』が発売されました。・・・と言ってもコンビニ先行っぽい感じです。昨日ローソンで見て、今日サンクスで確認してという具合なんですが、ホビーショップには影も形もなし。

最近は新作ラッシュのため資金繰りが厳しいので、欲しいものだけ単品購入しようと、仕事してるフリして某ネットショップの更新を待っていたのですが・・・アップされたと思ったらログインしてなくて(会員はポイントが溜まる)、慌ててログインするも、目当てのものは売り切れてました。ぽっくり。
相変わらずS.I.C.は人気あるんですねぇ。1番欲しいのはBLACK&バトルホッパーなので、それだけ買って満足してればいいんですが滾滾と湧き出る物欲がそれを許さない(笑)
「シングル数点+送料 = 高割引店でのBOX」となると箱で買ってしまいたくなるのですよ。ダブりを売れば大分安く上がるはずなんですが実現したためしがありません。人にあげたり積んであったり。

「送料 > 交通費」なのでアキバに行く方法もあるんですけどねぇ・・・確実に余計なものを買うので高くつきます(爆)素直にBOX購入するのが一番安いというオチ。箱で買っちゃえば全部揃いますしね。

さて、どうしよう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.13

その付録にだけ用がある

DHM_Ex02 『電撃HOBBYマガジンEX vol.2』をフライングゲット。今回の表紙はAヘイズルです。アップすぎて今一つカッコ良くないですね。カッコ良い/悪いというよりは、レイアウト的に何だかわかりません。

誌面のほうは前回に輪をかけて面白くないです。『A.O.Z.』立体化企画の今回のターゲットは「MobileSuit in Action!!」。ページ数も少なく、読むべきところはナシ。
もう1つの柱は、付録のヘイズル改高機動型を中心に据えた『MSセレクション』シリーズなんですが・・・シリーズ全種のカタログくらいです。見るところは(本誌の過去の付録に冊子が付いてましたけどね)。

『HGUC Aヘイズル改』の作例として、ホワイトでスミ入れを行なったものが掲載されていましたが、これはなかなか良かったです。白いモールドが紺の機体に映えてカッコイイです。
ガンダムマーカーのホワイトの乗りがもう少し良ければ挑戦しようかとも思いますが・・・実は、最近は白い部分はポスカとか修正液とか使ってます。

『MSセレクション』の後継シリーズとしてリリースされる『STRATEGY OF GUNDAM』についても触れられていました。サイズは1/300ということなので、『ガンダムコレクション』と『HCM Pro』との丁度中間の大きさですね。
写真を見る限りでは造型は悪くありません。ただ、オリジナル解釈のモールドが全身にわたって入れられています。私はコレがダメでした。好みの問題なんですが、モールドがキツ過ぎる上に、デザインがカッコ良く見えないのです。このシリーズには手を出さずに終わりそうです。

何だかんだ文句を言ってますが、近日中にもう1冊購入予定。もちろん付録が目当てです(笑)
オードリーはそのまま飾るだけなので1冊でよかったのですが、ヘイズルはちょっとイジるんでね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.12

ウェファー中毒

あちこちでちょっとずつ買い漁ってきた『ガンダムヒロインズウェファーチョコ』も昨日でやっと消費完了。結局大本命のソシエお嬢さんとファは出ませんでした。ぽっくり。
まぁそれはおいておいて、毎日2枚ずつくらいコンスタントに食べていたせいか、無くなってしまうと何だかちょっと寂しい気分に。我慢できなくて外出したついでに買い足してきちゃいました(笑)
コレのお陰でこのところ食生活に影響が出ていたのに全然懲りてません。イカンですなぁ。

もっとも、普段からお菓子の新商品はすぐに買うほうで、妹からは「女子高生かよ!」って言われてるんですけどね(苦笑)最近はその予算も全部ウェファーに回ってた次第で。そろそろ春の新作も出てきましたから、そっちにシフトしてもいいんですけどね。カードを全部集める気もないし。・・・っていうか、ちょっと買ってみようかと軽い気持ちで買っただけのはずなんですがねぇ・・・おかしいなぁ。
経緯だけ見ると怪しいクスリみたい(笑)

さて、今回改めてリンクを貼るために商品の紹介ページを見てみると、商品紹介コメントの最後には「もう買うしかない!」と書いてあるではないですか。もしかしてこのコメントを書いた人って・・・アスラン?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.11

ゲームやるとプラモが溜まる

週末なので『魔界戦記ディスガイア2』をやってます。序盤のイベントエンディングは一通り見たので、ストーリーを進めてます。実際問題として序盤でキャラを育てちゃうと、メインストーリーはメチャメチャ楽なので純粋にストーリーを楽しむくらいしかなくなっちゃうのがツライところですが。

現在第10話。エトナも仲間になって、主要キャラは殆ど揃った感じ?ラハールとフロンも仲間になるようではありますが・・・。仲間にしてからアイテム界に潜ろうかな・・・。
キャラとしてはティンクが面白いですね。戦闘用ユニットとしてはイマイチですけど。大きなリボンが特徴的な姫に、口だけ達者な小さな従者ティンク、やはり元ネタはアレですか・・・(あちらは「チンク」ですが)。タラリラッタリッタラッタラッタッタ〜♪

今回面倒くさいのは、一般キャラの上位職の出現条件。これまでは基本キャラのレベルが一定値以上超えれば、同系統職の上位キャラが作れるようになったのですが、今回は段階を踏んで転職させていかないといけなくなりました。ちょっと育てて別の職業、またちょっと育てて転職・・・と、実に骨が折れます。それがやりこみと言われればそれまでなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

肉襦袢?

Mesia 最終回に向けて物語も佳境に突入した『GARO』。いわゆる「ラスボス」らしきものもおぼろげに見えてきました。鋼牙はいろいろ奔走するんでしょうけど、お約束として呼び出されてしまうんでしょうねぇ・・・メシア。

放送開始前はこんなに面白い番組になるとは思わなかったです。全身金ピカなうえに「ガロ」って名前もちょっとダサいし。夏のイベントでお披露目されてたときは周囲の注目度もそれほど高くはなかったはずです。知名度が上がってきたのは暮れくらいからかな。ウチも以前の記事の写真へのアクセス数が上がりました。不思議に思っていたら、Googleの画像検索だと意外と上位にくるんですよね、あの写真。顔が光沢で潰れちゃってるからアクセスしてみてガッカリということになってるんじゃないでしょうか。

作品が面白いのは、やはり丁寧に作ってるからですね。立ち回りが売りなので殺陣中心ではありますが、個性的なゲストを招くことで地味なストーリーに色をつけているところが上手いですね。従来の特撮のようにゲストキャラクターに金をかけないでいると個々のエピソードの印象は薄くなっていたはずです。当然立ち回りも見事。武器格闘は今期の特撮作品の中でピカイチです。
全体的に画面が暗いのも良いですね。薄暗いと不気味さがいっそう引き立ちます。特撮モノはビデオ撮りになってから画面の雰囲気では敵を怖く見せられなくなってしまっていますからねぇ・・・画面が明るすぎて。ハイビジョンなんかでは尚更。怪人が突飛な格好だと寧ろ滑稽に見えるくらいですから。

惜しむらくは零の役者が下手過ぎること。凄くいいポジションにいるのに台詞が全部棒。あそこまでヘタだと美形でも許されないんじゃないかなぁ・・・。最近はモデルからドラマへ、という人増えてますが、やっぱ顔やスタイルだけではダメですよ。

PS2のゲームは未だ悩み中。そろそろ予約しないとザルバ付きの限定版はなくなってしまいそうな感じだし、でもザルバ如きでいかにもダメっぽいゲームに手を出すのも嫌だし・・・。ザルバが喋ってくれるなら間違いなく手をだすところなんですけど。

ともあれ、残す話数はあと4回。どういう結末を迎えるのか・・・楽しみです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.09

「レイ」

今日はココログがメンテで死んでました。一応日記なので「今日」と書いていますが、日付変わってます。

メンテは終わったというアナウンスはあったものの、アクセスができず、王蛇に変身しそうな程イライラしてきたので諦めて他所様へお邪魔です。丁度たいむさんと瀬無さんがアニメ汚染度チェックをされていたので私もやってみることにしました。
・・・まぁ結果は言わずもがな。汚染度云々というよりも自分が汚染源です、って感じですか(笑)
----------------------------------------
もうかなり駄目なレベルに来ています。
アニメ依存症と言っても過言ではないでしょう。
立ち直ることはまず無理です。
アニメが無くなったら、そわそわして何も出来なくなるでしょう。
また旅行などに行っても、アニメが見たいと思う状態になり耐えられませんね。
----------------------------------------
まぁ実際、一時期は学校行事とかでも旅行に行くのは非常に心苦しかったですね。
今は旅行に行くのも独りぼっちなので寂しくて行けません(苦笑)
要らんモンばっか買って旅行に行く金がないだろって?・・・いやまぁその通りなんですがw

さてさて、お2人のレポートはコチラ。汚染度チェックにはたいむさんのトコから飛んでください。
たいむさん:たいむのひとりごと
瀬無さん:こよみ2文

チェックの質問の中に、「"レイ"といえば?」というものがあるのですが、三者三様の答えがあってちょっと面白かったです。やはり同じ問いでも人によって違うモンなんですねぇ・・・。
質問に対する選択肢としては『うる星』『ガンダム』『エヴァ』とあるんですが、私としてはどうもピンとこなくって。やはりレイといえば水鳥拳なんですよ。高橋留美子作品は嫌いなので見てないし、『機動戦士ガンダム』と書いてあったらファーストガンダムのこと(多分ガンヲタはこう思う人多いはず)ですから、劇中で「レイ」って呼ばれている人はいないし・・・レイ・ザ・バレルは「SEED」ってフレーズが入ってないと連想できないですね。何故だろう<坊やだからさ
ちなみに、ファーストガンダムで真っ先に上がる「レイ」はソーラ・レイ(笑)

興味を持ったついでに思いつくままオタク関係の「レイ」を挙げてみました。
---------------------------
レイ
綾波レイ
火野レイ
一堂零
レイ・ビームス
朝霞れい
佐久間レイ
青木麗
支倉令
伊集院レイ
---------------------------
この辺がトップ10。やはり劇中・作中で「レイ」って呼ばれてないと上位には入ってこないですね。1人を除いて有名どころばかりですから出典はあえて書かずにおきます。

「レイ○○」となればまた違ってくるんですけどねぇ・・・レイストリンとかレイリアとかレイザー・・・ゲフンゲフン。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006.03.08

チャングムアニメ化

昨日買ってきたNewtypeを読んでいたら、気になる記事を発見。
なんでも『チャングムの誓い』がアニメ化されるそうで。そのタイトルは『少女チャングムの夢』。去年暮れから総合テレビで放送されていたドラマ版は今年に入って金曜日に放送枠が変更になりましたが、アニメ版は土曜日だそうです(同じくNHK総合)。同じ曜日に流すのを嫌ったんですかねぇ。

ちょっと調べると朝鮮日報の記事がありました(上のリンクから行けます)。結構前に決定していたんですねぇ。4月から放送なので当たり前ですが。しかしこのいかにも「ねらってます」と言わんばかりのロリキャラは何のマネなんだか。

同記事によれば、「今後、アニメ化でさらに発展させ、出版、CD、DVD、玩具なども展開する計画」だそうで。最初の4つはわかりますが「玩具」って一体・・・?「水刺間お料理セット」とか「尚宮様なりきりセット」とか・・・?はたまた「1/8アクションフィギュア チョン尚宮」、「カン・ドック夫人ボイスクロック」、「チョンホ様専用テコンV」・・・おぉ、ちょっと欲しい!(笑)

さて、気になるキャストは
----------------------------
チャングム : 伊藤美紀
ヨンセン : 吉田小南美
クミョン : 佐古真弓
ジョンホ : 土田大
----------------------------
となってました。
やっぱりキャストもチャングムとヨンセンはロリキャラ要員ですな。伊藤美紀さんといえば最近は某「百合なのに薔薇」(笑)なキャラのせいでお姉さま系が定着しつつありますが、ガンダムファンの中ではいわずと知れたルペ・シノさんミネバ様ですからね。

些細なことですが、チョンホ様の名前がジョンホとなってます。しかしチャングムとクミョンはジャングムでもなければグミョンでもなし。いったいどっち準拠なんでしょう。・・・まぁどっちでもいいといえばいいんですけど。

ドラマ版は楽しんで観てますけど・・・アニメ版はどうなんでしょうね。見る前からダメダメ感がプンプン漂ってきていますが・・・はてさて。



追記:名前の表記については後日りおっとさんに御指導いただきました。どうやら「どっちに統一」とかいうのは私の勘違いだった(以前どこぞでハングルの発音の表記ではなく、日本向けの名前にしてある、みたいなことを聞いた覚えがあった)ようです。韓国語の表記は難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.07

清涼飲料では回復は望めず

今日は『アルティメットオペレーションプラス3』の発売日。
事前にシローさんのHP(「第08MS収集小隊」さん)にて情報は入れていたので、昨日の晩に買いに行ったんですけど・・・運悪く入荷しておらず、今朝再度出撃する羽目に。売れ筋の商品で、コンビニで扱うものは夜の便の入荷直後を狙うのが鉄則。でなければ朝のうちに確保しないとなくなってしまいますのでね。

『アルティメットオペレーション』シリーズはブリスターパックなので好きなものを選んで買えるのはいいのですが、人気が出るであろう機体(カラーバリエーションがあるヤツ)の入り数が少ないのですよ。今回のアソートでは目玉はギラ・ドーガ2種(ノーマルカラー/迷彩カラー)。ところが、全5種、1BOX8個入りで、ギラ・ドーガは1個ずつしか入っていません。普通コンビニは1BOXしか仕入れませんから大抵の店舗では当日中になくなってしまいます。
案の定、帰りに寄った某量販店ではνガンダム、百式、パラス・アテネの3種だけがダブついている状態でした。たくさん仕入れるといつまでたっても店頭に残っちゃうんですよねぇ・・・。消費者にも販売店にも優しくないアソート。喜ぶのはバンダイとボークスだけという仕組みです。

朝のうちにギラ・ドーガだけは確保しておいたので、帰りに5種セットで買ってギラ・ドーガを2個にしようという目論見だった(ちなみに、今回はたまたまカラバリを2つ買ってますが、カラバリだから2つ買っているわけではありません。気に入ったものだけを買ってるのでまったく手を出さないこともあります)のですが、ないものは仕方ないので残りの3種だけを買って帰ろうとしたところ、店員さんが厚意で5種セットを奥から出してきてくれました。何かのためにとっておいたもののようでしたが・・・折角なので有難くいただきました。ホント、良い店です。
量販店で従業員は何人もいるんですが、皆さん親切にしてくれるので凄く助かります。「HCM Pro」のキャンペーンで赤鼻フィギュアが当たったのもここの人のお陰。他で買い物したくなくなるってもんです。実際、給料の半分くらいは家に入れて、残った分の更に半分くらいはこの店に落としてますからねぇ・・・それだけ金使ってんだからサービスされるのは当然という意見もあります。・・・もっともですな。裏を返せば踊らされてるという見方も<ここでも踊ってる?!

・・・と、まぁ斯くの如く『アルティメットオペレーションプラス3』は無事入手。が、しかし!もう1つ忘れていたものが。今日は『FF12』とのタイアップ商品、『ポーション』の発売日だったのです。すっかり忘れてました。
会社でネットを見ていてりおっとさんのブログ(「茶話別館」さん)の記事で気づきました。でも時すでに遅しで、帰りに寄ったセブンでは通常ボトルはあるものの、限定ボトルは影も形もなし。当然ですな。待っていても奥から限定ボトルのセットを出してくれるべくもなし。仕方ないので普通のを1本買いました。

味は・・・スッキリ爽やか系の味を想像していたのですが・・・意外にも俗っぽい味でした。「 もう少し甘さ控えめだと回復量「大」だった気がしますが、私の味覚では回復量「小」で正しくポーション 」とはりおっとさんの評。確かにちょっと回復したような気になります。というのは栄養ドリンク風の味なんですよ。栄養ドリンクをスポーツドリンクで割ったというか、とにかく薬っぽい感じ。クセがあるので人を選びます。

限定商品だそうですから、すぐに店頭からは消え去ってしまうでしょうけど、\200は高すぎです。ライセンス料なんでしょうね、やっぱり。買うからにはプレミアムボックス版を買わないとダメです。ポーションの雰囲気が違います。

今日の購入物はもう2つ。Newtype4月号と『エコール・デュ・シエル』8巻限定版。フライングで買ってきました。
Newtypeには『ガンダムSEED DESTINY』の新作情報が。「STAR GAZER」だそうです。一瞬『宇宙戦艦ヤマト』かと思いましたがあっちは「STARBLAZER」でした。まぁ続編だろうが外伝だろうが「SEED」を冠するものにはもう期待しないので冷ややかに見守ることにします。
『エコール』は付属フィギュアが凄く良く出来ていますのでファンにはオススメ。\1,785はチト高いですが、悪い値段ではないと思います。2つ欲しいくらい。\1,500くらいだったら考えたんですけど・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.06

敵の補給艦に返り討ち!

GademWin 「素人め、間合いが遠いわ!」

ガシャポンシリーズの『MSセレクション』もついにシリーズ40作目。ついにガンダムも最期の時を迎えました(笑)

ホントはガンダムの合体シーンを再現したフィギュアなのですが・・・エフェクトが派手すぎて、どう見ても「ガンダム大破」にしか見えません。
AパーツとBパーツの間にはクリア成型のコア・ファイター(変形途中)が挟まっている芸の細かさも空回りしている感じです。
『MSセレクション』はこのところ素立ちポーズばかりが立体化されていてちょっとつまらないと思っていましたので、こういう新しい試みは大歓迎なんですがね。

一緒に写ってるのは『HMSセレクション5』のザクI。実はこのシリーズは初めて買ったのですが、意外と動くものなんですね。侮ってました。過去弾も良さそうなものを買ってみようかな。

さて今回のネタは『機動戦士ガンダム』第3話「敵の補給艦を叩け!」です(間違ってヒートホーク持たせちゃいましたw)。ガンダムを倒してガデム曹長も2階級特進&ジオン十時勲章授与・・・でもシャアには全然届きません。叩き上げのツラいところですな。

劇中では「このザクで百戦錬磨・・・」みたいなことを言ってましたが、実は連邦とのMS戦ってこれが初めてだったはず。MSに乗ってるのに戦闘機や戦車相手の戦績は自慢にならないと思うんですけどねぇ・・・。MS戦はシミュレータか模擬戦だけでしょうし。それなら尚更自慢になりません。ゲームセンターのレースゲームチャンプが実車に乗って「俺って速いんだぜ!」って言ってる感じ?

今日は久しぶりにベンダーを回しました。いつもは単品かセットで買ってますが、たまにはガシャポンを回すのもいいですね。最近ではバンダイのカプセル商品は徐々に\300にシフトしつつありますから『MSセレクション』も次第に『HMSセレクション』に移行していくんですかねぇ・・・。いくら可動モデルとはいえ、\300になっちゃうと気軽に買えないので\200という価格は維持して欲しいところです。『M.I.A.』も『Ex-M.I.A.』へと移行していきつつありますし。
クオリティが高くなるのは非常に結構なのですが、価格帯まで上がってしまうのは歓迎できません。高くて質が良いものを実現するのは簡単ですから、業界最大手としては安くて高品質のものをリリースして欲しいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.05

微妙どころか実はダメなんじゃ・・・?

昨夜はガムを噛みながら力尽きてしまったせいで、朝起きたら大惨事になってました。吐いたり飲み込んだり、やっとの思いで口の中を整理しましたが、これがキシリトール2粒でなく、フーセンガムのような粘性・展性の高いガムだったら永遠にブログを更新できなくなってたかもしれません。危なかった(滝汗)

昨日から劇場版のZガンダムの公開が始まっていますね。前売り券は数日前に買ってきてあるのですが、まだ観ていません。20日に休暇を取って連休にするので、その辺りで行こうかと思ってます。
混雑した劇場で映画は観たくないんですよ。なので初日/二日目とかは絶対にパスです。以前も書きましたが、私は限定プラモには価値を見出せない人なので無理に行く必要もありませんし。

そんなわけで『機動戦士ガンダム クライマックス U.C.』の続きをプレイ。・・・やはり微妙。というか、Zガンダム以降は空中/宇宙での戦闘ばかりになるのですが、自機の上下から攻撃されると逃げ回るしかないというふざけたシステムに閉口しました。
平面軸を合わせないとロックオンできないのですが、上下移動や上下方向への視点移動が全くできないので、ダッシュして遠くまで逃げて、振り向きつつロックするしかありません。エース級だとこちらの動きに合わせて追いすがってきたりしますからキツ過ぎます。
「一方的に殴られる、痛さと恐さを教えてやろうか!」ってなモンです。

プレイヤーが怒りのスーパーモードになったところでシステムが変わるべくもなく、早々に断念。暫くはこれで遊んで、情報が出揃ってきたところで『ディスガイア2』にシフトしようと思っていたんですが予定が狂いました。『ディスガイア2』アイテム界探索モード突入。
アイテムをパワーアップするよりはキャラクターに前科をつけていったほうが良いのかもしれませんが、その辺まだよくわかってないので、とりあえず前作と同じことをしてます。

この分だと暫くは『ディスガイア2』ですかね。『FF12』はちょっと様子見。少なくとも発売日に新品は買いません。
先日『ガンパレード・オーケストラ 白の章』の新品が半額になってたのを見かけたので、そろそろ中古で手を出してもいいかな、とは思ってます。それにしても、こう続編が出る前に値崩れしてしまっては「緑の章」「青の章」の売れ行きが思いやられます。発売中止にはならないでしょうけど・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.04

案の定微妙なゲームでした

ガンダムゲームの新作『機動戦士ガンダム クライマックス U.C.』をプレイしました。
まだクロニクルモード(いわゆるストーリーモード)をZ編までやった程度ですが・・・イマイチ面白くありません(簡単とか難しいとかは別)。元々ゲーム自体には期待していなかったので「こんなモンかな」と思いながらやっています。早々に\3,980コースですかねぇ・・・。

面白くない理由としては、各作品のステージ数が少ないせいであっという間に終わってしまうことが最たるものですね。機体にもキャラクターにも愛着がわかないのです。これはオリジナル主人公を作って成長させるプログレスモードをプレイすれば解消されるのかもしれませんが、はっきり言ってオリジナル主人公には全然興味がわきません。あ、そこ!「男だから?」とかいうツッコミはしない!(笑)

結局のところ詰め込みすぎなんですよねぇ・・・。そのせいで個々が薄っぺらくなってしまったからストーリーモードなのにストーリーが追えていない。せめて元の作品を知らない人でもストーリーがわかるくらいのボリュームは欲しかったところです。ムービーがなかったらホントつまらないゲームです。・・・といってもムービーも少ないですけどね。

カードをコレクションする要素もあるのですが、カードの入手条件は敵を倒すことのようで(いつもの如く説明書読んでません)、倒した敵からピョコっと飛び出してくるんですよ。最初はそれが何だかわかりませんでしたが、カードだということがわかると非常に萎えます。ゲーム自体がリアルっぽい作りをしているせいで、非常に邪魔な演出となってます。

楽しかった(「面白かった」ではありませんよ)のはZガンダム編。先ず、凄いスピードでキリマンジャロ上空を飛ぶMS形態のサイコ・ガンダムに大爆笑。Mk-IIや百式もビュンビュン飛びます。『ガンダムSEED DESTINY』ばりの空中戦。「ゲームの嘘」というにはあまりにもお粗末なのは、敵はしっかりド・ダイに乗ってるから。感覚としては『ガンダムSEED』でオーブへ逃げ込む直前のキラVSザラ隊ですかね。SEEDの影響力はすごいなぁ(笑)

そしてロザミアはカミーユのストーリーにはまったく登場しないくせに、「Zガンダムにね♪」という台詞だけが空々しく響く始末。ストーリーを知らない人にとってみれば「お前誰だよ!」状態。シロッコの「女の・・・声?」という台詞をリアルに体験できます・・・あ、なんだ。シロッコ編か(えー

妙な光沢で汚く見える百式もどうにかして欲しかったですね。数あるガンダムゲームの中で一番小汚い色です。黄金聖衣の真似して失敗した感じ?

・・・と。こき下ろしてきましたが、良い点もありました。それは「ホンコン・シティ」。夜景が凄く綺麗で、市街地にそびえ立つサイコがカッコイイんですよ。
それだけ。
・・・うん、それだけ。あ、ムービーはなかなか良く出来てました。でもそれくらい。

まだほんの一部しかプレイしていないので断定するのは早計かとは思いますが、劇的に評価が変わることはないでしょうなぁ・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.03

遼来来

今朝は血痰吐いてチト焦りましたが、仕事もせずにダラダラしつつ栄養のある食事を摂っていたら何とか回復(した感じ)。最近は新作ラッシュで、日常の食事2食のうちの1食を立ち喰い蕎麦にして金を浮かせていたせいで体力が落ちてたんですかねぇ・・・。浮いたお金はガンダムウェファーに回ってたわけですから、命削ってガンダムウェファー食ってたようなものです(苦笑)やっと最近になって行動圏でも置くようになってきたので、あちこち回ってちょっとずつ買ってたんですけど、いろんな意味で自殺行為だったみたいですね。

Ro3Kingdom_03 さて、エンターブレインから『三国志大戦』の攻略本、『三国志大戦 乱世の群狼 竜驤虎視の書』が発売されました。『三国志大戦』をやってない私としては、先に出ている講談社の攻略本だけで十分かとも思ったのですが、何と付属のプロモーションカードが魏の征東将軍、張文遠というではありませんか!それならもう「買うしかないじゃないか!」ってコトで買ってきましたw

価格は\1,800。最近の攻略本としては珍しい価格ではないものの、ちょっと高め。ですが内容は充実しています。
カード情報は表裏両面を網羅(講談社版は表のみ)。そしてデッキの組み方と動かし方、全国上位者の対戦リプレイ(ムービーもサイトからダウンロードできます)と、読み応え抜群。講談社の本がかすんで見えます。さすがエンターブレイン。\1,200〜\2,000という価格帯の攻略本に関しては強いですね。他には、ソロプレイ時のCPUデッキリストが付いていたり、まさに「攻略本」に恥じない内容です。

カードゲームのように必ずしもパターン通りにはいかないものを攻略本通りに行なうのはナンセンスですが、それがわかっていれば十分役に立つ内容だと思いますよ。ゲームやってない人間が言うこと自体ナンセンスですがね(苦笑)

先日「2」の発表もありましたし、益々盛り上がる・・・かのように見えて、『機動戦士ガンダム 0079 カードビルダー』に客が取られているようにも思えます。大丈夫かな。

ガンダムのほうは、私も職場の人にやろうやろうと散々誘われている(「やらないか?」ではありませんぞ)のですが、手を出してません。シャアのカードがオクで\200,000とかいう値段が付いていた(ロケテ版だと思う)のを見て萎えました。最近は『アヴァロンの鍵』シリーズも下火になっているようですし・・・大型筐体はどんどんガンダムに喰われていくんですかねぇ・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.02

タマ姉きた。

Tamaki01 風邪が治ったと思ったらまたぶり返し。今朝はあまりの気分の悪さに死にそうになりながら電車に乗ってました。人身事故とかで電車が止まっていたらエライことになっていたことでしょう。

ヘロヘロになりながらも帰宅すると、コトブキヤのタマ姉フィギュアが届いてました。『ドリマガ』の誌上限定通販・・・のはずだったんですがコトブキヤ自体が一般販売してしまったという困った一品です。わざわざドリマガ買った人は雑誌分の代金を損していることになります。その辺ちゃんと専売契約しておかないとイカンでしょ。ソフトバンクは一体何をやっているのやら。

私としてはこのフィギュアの評価はそれほど高くないのですが、限定品ということで購入。・・・が、先に書いたように一般販売してしまったので非常にやるせない感じです。何か凄い無駄遣いをした気分。

商品にミニ下敷きとCMペーパーがついていました。CMの内容はというと、「いいんちょ(&妹)フィギュアがでます」という内容。『ドリマガ』最新号に掲載されていた記事とほぼ同じ内容です。
またしても誌上通販らしいのですが、こういう前例があると雑誌を買う人も少ないでしょうなぁ。薄っぺらくて高いですからね、『ドリマガ』は。記事見るだけなら立ち読みすればいいわけだし。後の売り上げに続かない企画なんか立てても仕方ないでしょうに。コトブキヤだけが丸儲け。
その儲けたお金で質の良いアイテムをどんどんリリースしてくださいな。>コトブキヤさん。

いいんちょフィギュアはどうしようかなぁ・・・とらのあなのヤツなんかもデキは良さそうですから、それを超えるクオリティでないと、ね。コトブキヤの『ToHeart2』完成品フィギュアはこのみ、珊瑚、るーこはイイ感じなんですが・・・。全部良いとは言い切れんのですよ。やはり原型を見てからかな・・・。

とりあえずイルファさんを出して〜!



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.01

いろいろ転機かも

明日はついに「NintendoDS Lite」の発売日。・・・白だけですが(苦笑)
ともかく、前人気は高いですから、午前中会社や学校を休んで買いに行く人が続出することでしょう(さすがに学校はないかw)。残りの2色の発売日、11日にも長蛇の列ができるんですかねぇ。私は予算が捻出できないんで今回は見送りです。旧DSで我慢。夏のボーナス出る頃には安定供給されてるといいなぁ。

とはいえ、夏のボーナスにしても、もらえるかどうかは微妙なトコロ。会社の業績が悪くて出ないということはないとは思いますが、私が会社にいない可能性も。今日体制変更があって、嫌な上司のところに配属になってしまったんですよねぇ・・・。そんな矢先、とある会社から声を掛けられまして。今の会社より大きいトコだし業績も伸びてますから魅力的ではあるんですが、最大のネックは勤務地が遠いということ。どうしようかなぁ・・・思案のしどころです。

さて、今日からmixiはじめました。以前からちょっと興味があったんですが招待してもらえる人がいなくって。やっと友人の伝で登録できました。ありがとう○○○××××氏(ブログのほうに名前出していいものかわからないので、一応伏せときますw)。・・・あ、mixiのハンドル使えばいいのか。有難うブリキトース氏。

いざ参加してみましたが、実際何をしてよいやら模索状態。というのも、いい歳こいて人見知りするからなんですよね。普通は趣味や好みの似たような人を探してコンタクトとったりとかコミュニティに参加したりとかするんでしょうけど、そういうことやらないと何にもすることがないのです。日記を書くにしても、このブログと両立させることは難しいのでmixiの日記は使用せず、ココログをそのまま利用していますから、ホント、やることがない。・・・mixiやる意味ない?ごめんよ、ブリキトース氏。

ただ、今までは待ちの姿勢でしたが、今年は本館の掲載アイテム数が100を超えたこともあって、ちょっと攻勢に出てみようかという気にもなっています。やっぱり何か細々とやっているよりは何らかの交流があったほうがいいですからね。自分のキャパの範囲で蠢動している次第です。急ぐことでもないんでね、ちょっとずつ。
mixiもそのきっかけとなってくれたらいいと思ってはじめたのですが・・・はてさて、どうなることやら。


ところで、mixiには怖くて本名登録していないんですけど、皆さんその辺は気にならないんですかねぇ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »