« 「レイ」 | トップページ | ゲームやるとプラモが溜まる »

2006.03.10

肉襦袢?

Mesia 最終回に向けて物語も佳境に突入した『GARO』。いわゆる「ラスボス」らしきものもおぼろげに見えてきました。鋼牙はいろいろ奔走するんでしょうけど、お約束として呼び出されてしまうんでしょうねぇ・・・メシア。

放送開始前はこんなに面白い番組になるとは思わなかったです。全身金ピカなうえに「ガロ」って名前もちょっとダサいし。夏のイベントでお披露目されてたときは周囲の注目度もそれほど高くはなかったはずです。知名度が上がってきたのは暮れくらいからかな。ウチも以前の記事の写真へのアクセス数が上がりました。不思議に思っていたら、Googleの画像検索だと意外と上位にくるんですよね、あの写真。顔が光沢で潰れちゃってるからアクセスしてみてガッカリということになってるんじゃないでしょうか。

作品が面白いのは、やはり丁寧に作ってるからですね。立ち回りが売りなので殺陣中心ではありますが、個性的なゲストを招くことで地味なストーリーに色をつけているところが上手いですね。従来の特撮のようにゲストキャラクターに金をかけないでいると個々のエピソードの印象は薄くなっていたはずです。当然立ち回りも見事。武器格闘は今期の特撮作品の中でピカイチです。
全体的に画面が暗いのも良いですね。薄暗いと不気味さがいっそう引き立ちます。特撮モノはビデオ撮りになってから画面の雰囲気では敵を怖く見せられなくなってしまっていますからねぇ・・・画面が明るすぎて。ハイビジョンなんかでは尚更。怪人が突飛な格好だと寧ろ滑稽に見えるくらいですから。

惜しむらくは零の役者が下手過ぎること。凄くいいポジションにいるのに台詞が全部棒。あそこまでヘタだと美形でも許されないんじゃないかなぁ・・・。最近はモデルからドラマへ、という人増えてますが、やっぱ顔やスタイルだけではダメですよ。

PS2のゲームは未だ悩み中。そろそろ予約しないとザルバ付きの限定版はなくなってしまいそうな感じだし、でもザルバ如きでいかにもダメっぽいゲームに手を出すのも嫌だし・・・。ザルバが喋ってくれるなら間違いなく手をだすところなんですけど。

ともあれ、残す話数はあと4回。どういう結末を迎えるのか・・・楽しみです。



|

« 「レイ」 | トップページ | ゲームやるとプラモが溜まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51930/9031439

この記事へのトラックバック一覧です: 肉襦袢?:

« 「レイ」 | トップページ | ゲームやるとプラモが溜まる »