« エウレカマラソン 前編 | トップページ | 田村正和はもう時代劇やらないんだろうか »

2006.01.03

エウレカマラソン 後編

昨日に引き続き一日中『エウレカセブン』鑑賞。今日は第23話〜36話を消化です。やっと本放送に追いつきました。

第2クールは沈んだ話ばかりでしたが、3クール目に突入して俄然盛り上がってきた感じ。とはいえ、単発のエピソードでは弱いというのが正直なところですね。元々2クールのところを倍に引き延ばしているわけだから、仕方のないこといえばそれまでなんですが・・・。
実は『エウレカ』は長編アニメとしてぶっ通しで観たほうがいいのかもしれません。かなり疲れますけどネ。

盛り上がってきているといえばレントンとエウレカ。エウレカがどんどん可愛くなってきてますね。ベタではありますがエウレカのキャラ設定なら「アリ」なんですよねぇ・・・。ズルイです、姉さん。

そんなダイアンもやっと顔出しで登場・・・なのですが・・・キャラクターデザインが他のキャラとは全然違うように見えるんですケド。言うなれば他のアニメのキャラが登場しているような雰囲気。目がイッちゃってるせいかな?

本編はともかく、いただけないのは第3期のオープニング。曲もさることながら、あの画は一体何のマネなんでしょうか。確かに服のはためきとか体の動きとかは面白いと思います。でも、オープニングに求められるものって、デザイン性やけれん味、ハッタリとかの類だと思うんですよ。オープニングは番組の顔ですからね。「この作品を見たい」って思わせないといけないわけで。
そもそも歌に合ってないのがいけません。曲に当てられる画が思いつかなかったから苦肉の策として全然違う画を当ててるんでしょうかねぇ・・・。それって選曲ミスなんじゃ?
いずれにせよ、「第3期」という甘えが見える(「新しい試みに失敗した」とは思えない)のは事実です。折角面白い作品になっているのだから最終クールは妥協せずに作って欲しいですね。

>

|

« エウレカマラソン 前編 | トップページ | 田村正和はもう時代劇やらないんだろうか »

コメント

こんにちわ、青の零号です。
エウレカマラソンお疲れ様でした。
今週分で残り15話を切ったのかな?
デューイとアネモネの行動も活発化して
そろそろ本当の山場へと差し掛かった感じ。
終わり方を失敗するとこれまでが全部パーに
なってしまいそうなので、ラストへ向けて
さらに丁寧かつ慎重な作品づくりを期待したいです。

2クールは見ていてホントに辛かったですよ。
トータルで見れば後半への布石な訳ですが
毎回ダウナー系の流れで迎える日曜日の朝は
ちょっと血を吐きながら続けるマラソン風味。
一時期は本気で投げようかと思ったこともありました。
やっぱり14歳の少年に自分を重ね合わせるのは
もう無理なんだな~ということを実感。

ハルカリがもともと好きでなかったので
EDにはピンと来ませんでしたが、なれると
これもいいかなと思えるようになりました。
OPは・・・絵も歌もいまだにダメですね。
早く新しいのに変わらないものでしょうか。

投稿: 青の零号 | 2006.01.09 15:03

青の零号さん、またしてもコメントありがとうございます~。

ようやく大局が動き始めた『エウレカ』、36話のタネ明かしで、ラストのイメージもだいぶ見えてきました。ストーリーは徐々に上り調子になってきてますから、あとはラストがきれいにまとまることを願うばかりです。

>ダウナー系の流れで迎える日曜日の朝

気分を一日引きずることになるからツラいですよね。しかも毎週日曜日ってのはいけません。やはり第2クールは鑑賞の方法を考えないとダメですね。内容上飛ばすわけにもいかないですしね。

>ED

私の場合は元々HALCALIは好みだったので、すんなり入れました。ただ、最終クールのエンディングには向きませんよね。2月あたりから新曲になる・・・のかな?

投稿: 姫鷲 | 2006.01.10 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エウレカマラソン 後編:

« エウレカマラソン 前編 | トップページ | 田村正和はもう時代劇やらないんだろうか »