« ONLINE版ってどうなんだろう | トップページ | 意志薄弱です »

2006.01.15

製作側の本命は「青の章」なんだろうか

先週「白の章」が発売された『ガンパレード・オーケストラ』。前作からのゲストキャラは予想に反して壬生屋でした。瀬戸口を追って青森へ、という設定らしいので瀬戸口も出るのかな?つぅか、5121小隊の他の面々って現在どうしてるの?

まぁそれは置いといて、次回作「緑の章」の発表がありました。限定版はまた楯とワッペンのセットらしいです。企画者のセンスを疑います・・・っていうかマーケティング能力ないんじゃ?「白の章」だって発売翌日は通常版は完売しているものの限定版だけ残っている店もちらほらありましたよ?消費者の欲しくないオマケなんかつけても意味ないのに。抱き合わせ販売より酷い。

ゲーム内容は買ってないのでわかりませんが、実際どうなんでしょうね。ゲーム誌の評価だと大して面白くなさそうです。点数は高くても紹介文を見ると褒めてなかったりしますし。スルーしておいて正解だったのかも。

今後「緑の章」「青の章」と発売されますが、スパンが短い以上、ゲームシステムにそれ程違いが出るとは思えませんので、このシリーズは(少なくとも新品は)全てスルーということになりそうです。キャラの差し替えだけではねぇ(「緑の章」ではキメラみたいなものに乗れるようですが)・・・。
そもそも3部作にしたコンセプトがわかりません。同じ金型で成型色変えて「○○専用機」とか「××仕様」とかで玩具を発売する某社と変わらないような・・・(苦笑)
ゲームをプレイすればわかるのかもしれませんが、「プレイしたい」と思わせない時点で失敗してますから、微妙なトコですね。

|

« ONLINE版ってどうなんだろう | トップページ | 意志薄弱です »

コメント

こんばんわ、青の零号です。
『GPO』、結局私も買いませんでした。
『GPM』の時は、なんだかセンサーに引っかかるものを
感じたのですが、今回はどうしてもそれが感じられず。
まあ連日のニュースを見ている限り、青森最大の敵は
幻獣よりも豪雪としか思えません。

今後の展開ですが、ガンパレである以上はやはり
「青」の付く章が本命になるのでしょう。
「緑」の田舎ライフを思わせる舞台には、ちょっぴり興味を引かれますが。
でも山岳部隊の生き残りという設定らしいですから、
やはりのどかな暮らしとは縁遠いものなんでしょうね。

投稿: 青の零号 | 2006.01.17 23:40

青の零号さん、コメントどうもです。

>青森最大の敵は幻獣よりも豪雪

上手い、座布団1枚!
・・・もっとも、現地の人々には笑い事じゃ済まないことになっていますが。今年の雪はひどいですね。

>山岳部隊の生き残り

ほう、こんな設定でしたか。そういえば山岳騎兵とか書いてあったような・・・。
その割にはみんな華奢ですよね。女子の制服がスカートってのもありえないし。

形状はともかくとしても、「動物兵器」を運用するのはリアルですが・・・現代の日本人の倫理観に沿ったものであるかは微妙なところです。・・・もしかして緑には士魂号は出てこないんでしょうか。
軽騎+歩兵+戦車(車輌型)という組み合わせも悪くはないと思いますけどね。総合火力の面からするとゲームとしてプレイするには戦闘に時間が掛かりすぎる気もします。大型幻獣を出さないと演出的にも面白くないでしょうし。

投稿: 姫鷲 | 2006.01.18 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製作側の本命は「青の章」なんだろうか:

« ONLINE版ってどうなんだろう | トップページ | 意志薄弱です »