« ピー助役は神木隆之介くんだそうですね | トップページ | 長期のインターバルを挟むと忘れそう »

2005.12.03

コトブキヤのキット初体験

HUCKE3_ST01コトブキヤのプラモ『ヒュッケバインMk-III』を組み立てました。コトブキヤのプラモを作るのは初めてですが、ストレスなく組み立てることができました。
塗装しなくてもほぼ設定どおりの色に仕上がるのもイイですね。目立つところではミサイルコンテナの黄色部分と頭部の白いラインくらいでしょうか。とはいえ、頭部は正面からのショットでは全然気になりません。
バンダイもこの辺見倣って・・・って、\3,150だせばマスターグレードが買えちゃうんですよね。そう考えるとヒュッケバインも見劣りするような。やはりまだガンプラに一日の長があるようです。

キットはプロポーションも良く可動もナカナカ。背部のマルチトレースミサイルのコンテナは差替え無しで開閉します。
ファングスラッシャーも展開ギミックを再現してはいますが、パーツの精度が今一つで、畳んだ状態ではハの字になってしまうのが欠点。持ち手がないのも痛いですね(武器は全て手首と一体成型)。

HUCKE3_ST03最近のフィギュアでは徐々に標準になりつつある平手も付属していますが、表情が中途半端でポーズを取らせづらいのが残念。平手がついているものは大抵平手を利用していはいても、これにだけはつける気になりませんでした。ファングスラッシャーの持ち手にもならないし、取り回しに困るパーツになってしまいました。

いくつか欠点はあるものの、極端に悪い部分ではなく、良くできたキットだと思います。ガンプラにはないシャープなエッジも魅力。メカによっては今後も買ってもいいかな。
バンプレストのオリジナルメカは興味をそそられるものが少ないのと、それらはボークスのアクションフィギュアで間に合ってしまうのが致命的ですけどね(苦笑)

|

« ピー助役は神木隆之介くんだそうですね | トップページ | 長期のインターバルを挟むと忘れそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コトブキヤのキット初体験:

« ピー助役は神木隆之介くんだそうですね | トップページ | 長期のインターバルを挟むと忘れそう »