« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.30

夜しか出歩かない村人

『おいでよ どうぶつの森』をちまちまとプレイ中。会社帰りの電車で毎日30〜90分くらいやってます。本日やっと1回目の借金を完済しました。・・・当然すぐにまた借金まみれになったわけですけど(苦笑)

何人か引っ越してきて、当初懸念していた住人の少なさも解消されました。何故か引っ越してくるのは女の子ばかりという妙な状態になってます。近いうちにハーレム村誕生?・・・と思っていた矢先、ゴリラのアランさんが引っ越してきました。無念orz
今後バランスが崩れてHG村になってしまわないことを願うばかりです。

ともあれ、借金を返済すべく発掘と釣りに明け暮れている(夜しかプレイしないのでずっと「暮れ」っぱなしですけどw)わけですが、DS版は最初からたぬきちの店の営業時間が長いので助かります。いちいちシステム日付を変更しないで済みますからね。持ちきれなくなったものをその辺に転がしておかずに済むし。
気になるのは買い物ポイント。店で買い物をするとポイントが貯まっていっているのですが、貯まると何か割引とかあるんでしょうかねぇ。

ちなみに今の格好は「へいたいのふく」と「サイクリングヘルメット」。某超人のようないでたちです(w

Wi-Fiについては・・・設定はしてあるし、ともだちコードも取得してはいるのですが・・・やっぱり自宅で携帯ゲーム機をプレイすることはなさそうなので、使わずに終わってしまいそうです。
・・・土日のどっちかだけでもやろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.29

疾風の砲火 / 戦乱の兇刃

『GUNDAM WAR』の新作構築済みスターター、「疾風の砲火」と「戦乱の兇刃」が発売されました。前者は青単ウイニー、後者は黒赤重デッキです。

オフィシャルで「ガンダムウォーにハマるなら今がチャンス!!」と謳っている通り、過去のシリーズの「使える」カードが収録されています。「構築済みデッキ」というよりは、持っていないカードを安価で入手するためのセットと考えたほうがいいかもしれません。裏を返せば、必要なカードを持っている人は買わなくてもいいくらい(特に黒赤のほう)。

青ウイニーは初心者には使いやすいデッキだと思います。手札にきたらポンポン出せるユニットばかりだし。
ただ、大きめのデンドロなんかも入っているとはいえ、ボール、連邦ザク、セイバーフィッシュといった小型且つ魅力の薄いユニットばかりなので物足りないかもしれません。入門用としてはぴったりなので、ルールを覚えたらちょっと入れ替えてみるとだいぶ変わるはずです。

黒赤はカウンターコンティオ(リグ・コンティオ)。これは入門用としても実戦用としてもイマイチのような・・・?ルール覚えたての頃だったら、いろいろできて楽しいかもしれませんが、最終的にはコンティオとゴトラタンというMS(カード能力ではなく)にどれだけ魅力があるかという点に尽きるのかな、と。
ゴトラたん・・・ゴトラタンはカテ公が乗ってナンボだと思います。なのにこのデッキにはゴッドワルドしか入ってないし・・・。

さしあたって新規カードでは特に魅力的なものは・・・ガンダムMk-IIくらいですかねぇ。
--------------------------------
ガンダムMk-II
コスト:青1/1/2 戦闘力:3/1/2 宇宙/地球
【1枚制限/自軍】
--------------------------------
防御力2はソッコーで焼かれそうですが、1国力で3パンチはやっぱり強力。各種「ガンダム」シナジーカードも使えるので使い勝手は良いです。プロトタイプガンダムとセットで序盤の展開力不足を補填する感じですね。各1〜2枚枚ずつ入れておけばOKかと。

他はあまりパッとしないですね。別のカードを使えばよかったり、カードの魅力が薄かったり。もう少し気の利いたカードが含まれていると良かったんですけどねぇ・・・。


-------------------------------------
【疾風の砲火】
[ユニット]
4弾 ボール改修型 ×3
4弾 ミデア輸送機 ×2
BB1 ディジェ ×1
DSGA セイバーフィッシュ ×3
10弾 陸戦型ガンダム(第08MS小隊機) ×2
10弾 ガンダムEz8 ×1
10弾 プロトタイプガンダム ×1
13弾 ガンダムEz8 HAC ×1
13弾 ガンダムEz8 HMC ×1
15弾 ザクII(テスト機) ×2
NEW ガンダムMk-II ×1
NEW ガンダム試作3号機ステイメン×2
NEW スーパーガンダム ×1
NEW ガンダム試作3号機 ×1

[キャラクター]
3弾 コウ・ウラキ ×1
4弾 カツ・コバヤシ ×1
5弾 ジュドー・アーシタ ×1
DB1W スレッガー・ロウ ×1
BB1 セイラ・マス ×1

[コマンド]
DB1W 急ごしらえ×1
7弾 ロンド・ベル ×1
NEW ハードポイント ×2
NEW 疾風の砲火 ×2
NEW Iフィールドジェネレーター ×1

[オペレーション]
9弾 予備機の出番 ×1

[G]
9弾 中立地区防衛部隊 ×1
      青基本G ×14
-------------------------------------
-------------------------------------
【戦乱の兇刃】
[ユニット(黒)]
DSGA ガンダム(ティターンズ仕様) ×2
14弾 ハイザック ×2
15弾 コンティオ×1
NEW ゴトラタン ×1
NEW リグ・コンティオ ×2

[ユニット(赤)]
7弾 ギラ・ドーガ ×2
NEW ベルガ・ギロス(黒の部隊仕様) ×1

[キャラクター(黒)]
BB3 ゴッドワルド・ハイン ×1

[コマンド(黒)]
1弾 核の衝撃 ×2
DSZT 黒い覇道 ×2
NEW 不可解な悪寒 ×2
NEW 愛は光の果てに ×2

[コマンド(赤)]
1弾 作戦の看破 ×2
1弾 密約 ×3
13弾 カリスマ ×1

[オペレーション(黒)]
DSZT 劇場にて ×1
13弾 災いの種 ×1
NEW 戦乱の兇刃 ×1

[オペレーション(赤)]
NEW シャアの帰還 ×1

[G]
      黒基本G ×12
      赤基本G ×8
-------------------------------------
※DGSA・・・ギレンの野望
 DSZT・・・黒い覇道
 DB1W・・・1年戦争編
 BB1 ・・・ベースドブースター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.28

迷惑というか、鬱陶しい

ここ数日、エロTBが頻繁に送られてきます。消しても拒否っても違うIPから次々と。本人の頭の中身はどうあれ、ブログは一応健全なはずなんですけどねぇ・・・(苦笑)

TB先の記事にしても特にエロワード(<黒太子みたいw)が入っているわけでもなく、目的が今ひとつわかりません。特に海外サイトなど、毛色が明らかに違うリンクを閲覧者がクリックすることなんて想定しづらいでしょうに。操作ミス狙い?
まぁ実際はサイトと記事を選んでどうこうとかではなく、選んでスクリプトかなんか流して適当にやってるんでしょうけどね。

これまではこういったTBやコメントは殆ど無かったんですけど、やっぱり運が良かっただけと見るべきなんでしょうね。被害を受けにくい秘訣みたいなのがあれば教えて欲しいものです。
訪問者のセッション情報とかから取ってるとすれば私にはお手上げです。ココログの無料コースはあまりいろいろ仕込めないし。「ウチを見た後でエロサイトを覗きに行かないでください。」って感じですか(苦笑)

コメントやTBの際にはPW入力を求めるようにでもすれば少しは違うかな?

まぁどっちかというと、ブログよりもメールのほうを何とかできるといいんですけどね・・・。ホント、スパムメール多すぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.27

悪いことは重なるもので・・・

今日は「MIA」の新作、ハンブラビを買いに外出。・・・が、売ってませんした。発売日は27日という情報もあり、25日発売のホビー誌にも「発売中」という表記になっていたので、すっかり信用してしまいましたが・・・。あくまでも「11月下旬」だったようです。

無いものは買えませんので、同日発売の「ExMIA」のシャアザクと「コズミックリージョン」のストライクフリーダムをチェック。
シャアザクは塗装が汚すぎる上に、パーツが曲がって接着されていたりするものばかりで、40個くらい見ましたが納得のいくものはありませんでした。酷すぎ。元々の造型がしっかりしているので、曲がってたり歪んでたりすると非常に目立つんですよね。「ちょっと手を入れればOK」というレベルを超えたものが多すぎます。
一方Sフリーダムは造型・塗装ともにバラつきは殆どなく、「コズミックリージョン」のくせに品質は悪くないのですが、致命的なのは「カッコ悪い」こと。BOXや雑誌の商品写真はそこそこなんですけどねぇ・・・。羊頭狗肉?尤も、Sフリーダム自体カッコ良いMSだとは思ってないんですけどネ(苦笑)少なくとも顔は「MIA」版のほうが好み。
結局シャアザクだけ良さそうなものを選んで購入。どっちかというと付属の武器が目当てです。

Sフリーダムをやめて浮いた分は、CM'sコーポレーションの「メカアクションシリーズ」ベルゼルガBTSに回しました。定価\3,990は高すぎるので、当初買う気はなかったのですが、\2,000で売ってたので手を出したら・・・・・・ゴミ商品でしたorz。
可動部分は少ないし(これはATなので仕方ない)、造型はコトブキヤの「ワンコインフィギュア」に劣るし・・・。「コクピットハッチ開閉」と「降着状態再現」というギミックに騙されました。イベントで見たときはもっと良さそうに見えたんですけどねぇ・・・。これなら「KTコレクション」のほうがマシです。悔しいのでHP更新時にトップページに使っちゃいました。もう2度と日の目を見ることはないでしょう。合掌。
この記事を書いているうちに、かつて「メカアクションシリーズ」のライジンオーとガリアンの新品が\500で売られていたことに気づきました(ベルゼルガは第3弾)。所詮その程度のアイテムなのね。ぽっくり。

更に悪いことに、部屋に飾ってあった「リアルポージングロボット」のレプラカーンと「ジオノグラフィ」のB3グフが落下して大破。部屋着の半纏で引っ掛けちゃいました(涙)この間は「GFF」のZZがお亡くなりになったし・・・1万円分近くのアイテムがひと月の間に消えてしまいました。フィギュアを飾らずに箱に入れたまま取っておく人の気持ちがちょっとわかったような気がします。

この不運を覆すような良いこと起きないもんですかねぇ・・・。
(-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.26

HGUCアドバンスド・ヘイズル完成

HGUC_A_Hazel_04『HGUCガンダムTR-1 アドバンスド・ヘイズル』が組み上がりました(本館のコラムに追加)。ボトムヘビーのプロポーションはボリューム感があります・・・って、基本的には『ヘイズル改』のカラーバリエーションなんですけどね。まぁいつもの通り「素組み+スミ入れ+α」です。

頭部に光学センサーユニットがくっついてるせいで、ガンダムとはまた違った印象を受けます。イングラム3号機みたいな感じ。尤も、私の頭の中では「イングラム3号機→星から来た女→イングラマン」と発展してしまうのでガンダムとは全然結びつかないんですがね(苦笑)
因みに光学センサーの下にはデュアルセンサーがついたマスクがあります。ガンダムタイプのアンテナと選択して取り付ける形です。ただ、普通のガンダム顔ならヘイズル改で間に合ってるので、付属のアンテナも使うことはありません、多分。

HGUC_A_Hazel_03予定外だったのはシールドブースター。『ヘイズル改』を高機動形態にするのに不足しているシールドブースター2枚は『アドバンスド・ヘイズル』を買えば供給されると思っていましたが、『アドバンスド・ヘイズル』に付属している2枚はどちらも『ヘイズル改』のものとは別物なんですよね・・・。結局3個買わないとダメみたいです。ガッカリ。

とは言っても、ベースとなっている『ヘイズル改』自体が好キットなので、『アドバンスド・ヘイズル』にしてもクオリティは高い部類に入ります。サブ・アームユニットも面白い動きをしてくれますし、オススメできる商品なんですが・・・残念ながら知名度が低い上に人を選ぶプロポーションなので万人に薦められるものではありませんね。

角川書店は気合入れてプロモーションしていますから、今後もこのシリーズには期待が持てます。これで終わりにしないで長く続けて欲しいものです。当然クオリティは落とさずに、ね。
次は変形合体ギミック付きのダンディライアンがいいな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.11.25

限定品をつければいいというものでもありません

PS2版『ガンパレード・オーケストラ 白の章』、やっと限定版の内容が公開されました。限定版は通常版の倍近い値段(通常版:\7,140 / 限定版:\13,440)しますので、一体何が付属するのかと興味津々でしたが、蓋を開けてみると何やら要らないアイテムが混ざっているではありませんか!
第108警護師団部隊章型金属プレート盾」??そんなつまらん物なんか入れずに\10,000以内におさめてくれたらいいのに・・・orz
ボタン押すとHBペンギンの声がするとでもいうのならこの値段でいいです。万難を排してでも買います、はい(笑)

ブックレットのほうは装丁や紙質も良さそうなので特典のレベルとしては悪くないと思います。しかしこのゲーム、キャラクターにも人型戦車にも魅力を感じないんですよねぇ・・・。ゲーム自体は面白そうですから、プレイしているうちに興味が出てくる可能性はあるとしても、現時点で読もうと思うのは世界設定(舞台背景)くらい。
やはり通常版を買うのが正解なんですかねぇ。もしHGHBペンギンが喋らないようなら中古でもいいか・・・。


Yukimaruゲーム誌のほうでは『ディスガイア2』の続報が。新キャラの雪丸がなかなか良いカンジ。声は最近人気の植田佳奈だそうで。いいトコロを突いてきますなぁ。
私はこの人が出てる作品は殆ど見てないんですが、『マシュマロ通信』のジャスミンはなかなか良かったと思います。作品自体が面白かったせいもありますけど。あと見たのは『マリみて』くらい。

システムとしてはジオエフェクトの復活も嬉しいですね。連鎖とかイロイロ考えるので遊びの幅が広がります。
新システムとしては「タワー攻撃」が面白そう。これまでの作品では積むの面倒くさくて、タワーなんか殆ど作らなかったんですが(カットインが燃える連携攻撃ばかりでしたw)、今回はちょっと頑張ってみようかなという気にさせられます。

『ファントム・キングダム』はいまだに限定版が店頭に並んでる店もあったりしますが、コイツは予約しておいたほうが無難ですかねぇ・・・。

ちなみに『ディスガイア2』の限定版は設定集とサントラがついて\9,240。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.24

流行っていても遠慮したい

風邪が流行ってますねぇ。今日は仕事場のプロパーさんが熱を出してフラフラかと思えば、打合せするはずだったユーザーさんもダウンしてお休み。
かく言う私も目が眩むことが多くて、座っているのにクラクラとしてました。明日は我が身?・・・って、夜TV見たりゲームしてる途中で布団もかけずに寝てしまえば体調も悪くなろうというものですがね(苦笑)ここ数年こんな感じです。

体は動くので帰りに「HGUC アドバンスド・ヘイズル」を購入。週末に組み立てる予定です。併せて『種デス』と『エウレカ』のDVD新刊も買ってきました。これで預金が2/3に減少。ここまで減ったのは職探ししていたとき以来。
明日が給料日でホント良かった。

家族は皆インフルエンザの予防接種をしたそうですが、私は資金に余裕が無いのでパス。種類が違うと効果がないっていいますし。罹ったら気合で治します。<でも一昨年は治らなかった(泣)
それにインフルエンザにはならなくても風邪はひくわけで。ウチの連中はその辺わかってないんじゃなかなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.23

今月はゲーム買い過ぎました

PS2『ソウルキャリバーIII』とDS『おいでよ どうぶつの森』を買ってきました。昨日預金残高見たら、ありえないほど減っていたので買うのをやめようかとも思ったのですが・・・。幸いなことにビックカメラのポイントが溜まっていたのでそれで購入。結果、懐は痛みませんでしたが先送りになっただけなんですよねぇ・・・12月の『新・必殺仕置人』のDVD-BOXにとっておいたポイントなので(苦笑)まぁこの冬のボーナスは極力使わないように心がけることにします。<難しいけど

ザサラメールが意外とカッコ良くてビックリな『ソウルキャリバーIII』はゲームモードが色々あって、長く遊べそうな感じではありますが、逆にエディットキャラ用のパーツを集めるのに苦労しそう。パーツやゲームモード、ギャラリーなど、ゲーム要素取得用のポイント(Gold)を貯めるために延々とプレイするかと思うと、ちょっと苦痛。

そのエディットモードはといえば、かつてデモを見たときに記事にした通り、パーツがたくさんあって様々なキャラが作れます・・・が、自分の思い通りのパーツというものはそうそうないもので・・・。前述の通りパーツ集めにも苦労しますしね。
体格もスタンダードなものしか選べないのもちょっと不満。まだ要素として出現していないだけだったらいいんでけど・・・巨漢とか作れないのかなぁ。とりあえずはロビン(BATMAN)を作って様子見。

今のところストーリーモードくらいしかやっていませんが、分岐があったり妙なキャラ(巨像とかw)と戦ったりとか結構楽しいです。盗賊系のキャラに負けると獲得していたGoldがゼロになってしまうのは面白いやら悲しいやら。
イベント(エンディング含む)の途中でレバーやボタン入力することで発生する分岐も。

久々の『ソウルキャリバー』ですが、気づくとジークしか使えなくなってる自分がいました。以前はタキとかも使えたんですけど・・・ストーリーモードをノーコンティニューでクリアできなくなっちゃってます。CPUは接敵しているとラッシュをかける傾向にあるせいかもしれません。
なので、距離をとってリーチのある技か突進系の技で転ばせて追撃、また距離をとって・・・という戦い方が楽です。当然タイムアタックや対人戦には使えない戦術ですがね。


『どうぶつの森』はといえば、GC版からあまり変わっていない雰囲気(引っ越し直後、悪徳タヌキによって借金まみれの人生にされるのも相変わらずw)。村の規模が小さいので、店や施設の固定キャラ以外は自分を含めて4人しか住んでいないのが寂しいところです。もう2人くらい増えてくれるといいんですけど。

こちらは基本的に電車の中でしかプレイしませんので、ネット対応(Wi-Fi)の機能が活かせないのが勿体無くはありますが・・・どうせ相手もいないので関係ないといえば関係ないですね。・・・・おさ〜びし〜やまよ〜♪

それにしても、無線LANアクセスポイントがあれば他の機材は必要なく、更に任天堂のソフトは接続料無料というのは凄いですね。低年齢層向けとしては良いサービス。S●NYには真似できない芸当です。
無線LANがない場合はUSBの接続ユニット(多分中身は「AirStation」)を買わないといけないのですが、ネットでしか買えないのは不便かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.22

来年はGガン商品多数出るといいなぁ

GG_Comic03かつてコミックボンボンで連載されていた『機動武闘伝Gガンダム』の3巻が復刊したので購入。これで完結です。
ときた洸一の漫画はとりたてて面白いわけではありませんが「Gガンダム」という理由だけで買ってます。氏の作品は手堅いコマ割で絵も下手ではないんですが、迫力がないんですよね。
まぁダイジェストとして楽しむ分には充分(漫画版のオリジナル部分もありますが)。

ともあれ、本編を見た身としてはページをめくるたびに感動が甦ってくるわけで。電車の中で読んでて涙が出そうになりました。「さらば師匠!マスターアジア、暁に死す」なんてもう、もう・・・!

帰宅後は愛用の「東方不敗 王者の湯呑み」でお茶を一服。
アニメ版『Gガンダム』が傑作であることを再確認しつつ回想に耽るのでした。

そういえばMIAのシリーズでミナレットガンダムとファラオガンダムのセットが3月に発売されるそうです。発売自体のアナウンスは数年前にあったにも関わらず全然出る気配がなかったので2ヶ月ほど前に大枚はたいて海外版を買ってしまいましたよ・・・orz
買ったのはミナレットガンダム(海外では「ガンダムシミター」)だけとはいえ、痛い出費です。どうしても欲しい機体だったので後悔はしてませんけどね。


因みに、ボンボン版のガンダムを復刊した「Gレジェンドコミックス」シリーズは発行部数が少ないのか、数冊しか入荷していない店が殆どです。欲しいものは早めにおさえておくのが吉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.21

大空魔竜伝説

昨日に引き続き今日は『ガイキング』第2話を観賞。作画と台詞回しは決して褒められたものではありませんが、作劇自体は好み。やはりスーパーロボットはジュヴナイルですよ。
往年の作品のリメイクものは、かつての視聴者層・・・大人向け・・・というかオタク向けに作っている作品が多い中、きちんと子供向けに作っているのには好感が持てます。

逆に、よくも悪くも子供向けなので、大人が誰しもハマれるという作品ではありません。そもそもガイキングのアクション以外は見るところありませんからね。キャラクターは旧作を踏襲している部分はありますが、ほぼ別モノになっているので「旧作を見ていたから」という理由だけで見るのはキツいです。
・・・まぁ佐藤元氏が関わっているからか「ガイキング占い」のコーナーは『どれみ』テイストに溢れているので、その辺に萌える人もいるのかもしれませんが。

ストーリーとエピソード構成は王道を踏んでいるので、大きくハズレることはありませんが、台詞だけはどうにかして欲しいところ。昨日も書いたとおり演技には不安はないので、本の悪さだけが目立ってしまいます。このままだとライバルキャラが登場しても今一つ燃えそうにありません。脚本の主担当替えてくれないかなぁ・・・。

とにかく、これでやっと追いつきました。今週からオンエア見ようっと。・・・いつまで続くかはわかりませんがね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.20

ムコ殿、すっかり忘れてました

いつの間にやら始まっていた『大工マリュー 菅井きん』『大空魔竜 ガイキング Legend Of Daiku-Maryu』。『アクエリオン』終了直後はロボット成分が不足してしまうのではないかと、『ガイキング』を心待ちにしていましたが、このところ『ガン×ソード』がロボットアニメしてくれるようになったので、忘却の彼方へ飛ばしちゃってました(苦笑)

とりあえず第1話だけ見ましたが、のめり込むようなレベルではないものの、なかなか面白かったです。ガイキングもカッコ良く動いてくれましたし。旧作放送時は物心ついていなかったので、先入観もないですしね。寧ろガイキング自体は嫌いなデザインだった程。どうもバッファローマンの角を生やしたプリンス・カメハメみたいな顔が受け入れづらくって。親戚に大空魔竜の玩具を貰って遊んだ思い出はあるので、大空魔竜のほうは結構好きなんですが(玩具は遥か昔に親に捨てられました・・・orz)。どちらかというと、ガイキング以外のメカは旧作のデザインのほうが好きですね。

主人公は田中真弓さん。少年の役としては定番過ぎますが、安心して見られるのは良いですね。他のキャストも中堅〜ベテラン陣が固めているので心配もありません。細部の設定なんかどうでもいいので迫力あるカッコ良いロボットアクションストーリーを展開してくれれば文句はないです。1話を見る限り、伏線もわかりやすそうだしストーリーも単純そうなので大丈夫だとは思います。足りないのはスピード感かな。今後に期待。

「ガイ、ガイ、ガイ」で始まる主題歌は一瞬『ガイスラッガー』かと思いました(w。凄くいい曲というわけでもないんですけど、旧作の歌よりは断然好みですね。旧作は『スーパーロボット大戦』でも曲を聞きたくなくて戦闘デモ飛ばしてしまうほどですから。
エンディングに徳永英明を配したのは意外でした。こちらはなかなかイイですね。番組主題歌となると『都会の森』とか『ドラゴンクエスト』を思い出します。バックのイメージイラストもカッコ良くて、ガイキングをちょっと見直しました。

『スーパーロボット大戦』もいずれはコッチにシフトするんでしょうねぇ。全国区で放送していないので当分先でしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.19

ミーアザクは釈ザクのパクり?

Meer_Zaku00買ってしまいました。『HG ザクウォーリア(ライブコンサートVer.)』。当初はこんな人を小馬鹿にしたような機体を買うつもりは全然なかったんですけどねぇ・・・。

意外にミーアがいいキャラだった(好きなキャラというわけではありませんが)ことと、このキットが全然再販されないということがあって(市場に出回ってないと欲しくなってしまうのです)、某古本チェーン店で見つけたので手を出しました。

ちなみに一緒に買ったのは『ガンダムSEED リアルフィギュア』のイージス。ディスプレイされてたのを見たら、なかなかカッコ良かったので。

で、折角買ったんだし、手にミーアを乗せたいな、ということで『ちまこれガンダム6』のミーアを捜索。先日アキバまで探しに行ったのは、この写真を撮りたかったからです。結局見つからなくて、通販サイトでセット販売されていたのを手に入れましたけど。

キットを実際に買ったのは月初です。先週はZの映画を見に行ったのでプラモ作りはパス。ということで組み上げたのは2週間経った今日になってしまいました。やはりHGはフォー!あっと言う間に組みあがるとはいえ、スミ入れだの写真だのといったら結構な時間喰ってしまいますのでね。

写真でも歌詞を取り入れている、ミーア死亡直後の総集編で流れた歌、「EMOTION」はミーアのことを歌ったものなんですよね。こんな内容の詩を議長はよく承認したものです。尤も、劇中でミーア本人が歌っていた描写はありませんので、あくまでも『SEED DESTINY』としての挿入歌だったのかもしれませんが。

さて、ミーアと一緒の写真と、最終決戦での出撃時っぽい写真とを撮って本館に掲載しようとしたら、丁度コラムで紹介しているアイテムの100番目でした。ミーアザクを100アイテム目にするのは気が引けるので、急遽『Ex-MIA』シリーズのザクIIを挿入。
100番目だから『G.F.F.』の百式にしようかとも思ったんですけどネ。あまり安直なのも何なので、やめちゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.18

お願い!薔薇子、戦ってぇ!

スタジオハーフアイより、『完全変形ガンバスター』が発売決定! すごいやダンプソン!
今まで極小変形だの完全変形だので様々なロボットがラインナップされてきましたが、ついに来ました、ガンバスター。処々にちりばめられた変形用のヒンジは若干気になるものの、プロポーションも悪くないです。何よりも海洋堂アクションフィギュア版ではオミットされていた、コレダー等の武装が展開できるのがステキ。通販申し込めば「武器セット」までついてくるとあれば、これは「もう買うしかないじゃないか」!

・・・しかし、問題なのがそのお値段。何と \62,790 。高いよ〜!あっちゃん高すぎるよォ〜・・・orz

そう、これまで私がハーフアイ商品をスルーしてきた理由は全てその価格。先日出た『最小変形 ダン・オブ・サーズデイをはじめとする「最小変形」シリーズは1万円程度で買えるとはいえ、「完全変形」シリーズは約3〜6万。ガレージキットという商品ジャンルとそのギミックを考えると決して高「すぎる」まではいかない(それでも充分「高い」けど)のですが、やっぱり\10,000を超えるものは手を出しづらいです。

12月の東映版『スパイダーマン』DVD-BOXと1月の『ガンダム0083』のDVD-BOXを諦めてもまだ足りず。誰か誕生日のプレゼントに買ってくれないかな・・・(爆)

次回、『ガンバスターをねらえ!』 第5話「お願い!!愛に資金を!」に、イナズマキーック!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.11.17

Zの郷愁

昨日は思いがけない発見があったのでそちらを優先してしまいましたが、今日はリクエストのあった『機動戦士Zガンダム ノスタルジア』について書いてみます。

基本的には全話エピソードガイドです。見開きカラー2ページで1話収録。あらすじの他には、メインとなるイベントが30点程度の劇中セルと印象的な台詞とでレイアウトされています。
少女漫画で言う「柱」には参考資料としてゲストキャラの設定画やキャラクターや事象の分析等、右側のページのサイドには次回予告がそれぞれ配置されていて、すっきりしたページ構成です。

エピソードガイドは客観的で、資料としては堅実なスタイルなですけど、私としては宝島社のムック『僕たちの好きなZガンダム』シリーズのような主観バリバリの文章のほうが好みですね。要はオーソドックス過ぎるという感じ。
尤も、『Zガンダム』の総合資料を持っていない人には丁度いいかもしれません。簡単ながら、MSもカラーとモノクロの両方で解説されてますし。

\2,940という値段は一見高そうですが、装丁とカラーページの量を考えるとそれほど高価というわけでもありません。もっと薄くてモノクロページ多いくせに\2,500とかいう本はゴロゴロしてますからね。\3,000という金額が出せるのならば買ってもいいんじゃないでしょうか。でもやっぱり何某かの資料を持っている人にとっては不要でしょうね。

資料として面白いのは「戦没者リスト」。カラーページなのにモノクロ設定画ばかり使っているのが残念。
他にはカミーユ、シャアそれぞれの行動ルート。途中で宇宙と地球に分かれるので全体の流れを把握するのには便利です。

収録意図がよくわからないのは、パラパラ漫画。エピソードガイド見開きの左ページ隅に、エンディングでファとハロが走ってるフィルムがパラパラ漫画になっているのです。安い紙を使ったムックならいざ知らず、固い紙なのと高額資料ということを考えると、いったい何人が遊ぶのか疑問です。発想としては悪くないんですけどねぇ・・・。

インタビューページには、禿爺と北爪宏幸、内田順久、三枝成彰といった人々が名を連ねています。御大の言はコロコロ変わるので今更見る気も起きず(実はこの本、購入後、今まで眠らせておくという愚挙をしてました)。他の人も大した内容ではありませんでした、ちょっとガッカリ。

そのほか、福井晴敏のロングインタビューや寺田貴信(スパロボ)&牛村憲彦(Gジェネ)というゲーム関係者の対談も収録されていますが、まだ読んでません。前者はじっくり読みたいと思いますが、後者はあまり興味ないというのが本音ですけど。

巻末のインデックスにはカテゴリ表記もあって、キャラにはそれぞれキャストがちゃんと記載されているのはポイント高いです。

・・・と、こんな感じですかね。
何と言っても一番のネックとなるのは価格でしょう。内容は充実しているとは言い難いレベルですし。エピソードガイドの合間に数点描き下ろし画もあるのですが、それだけでは決め手に欠けます。
これがTV本放送の終了直後だったら断然オススメなんですけどねぇ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.11.16

シュバルツ・ブルーダー

RomeoFanBook『ロミオと青い空』のファンブックが発売されました。ファンとしては嬉しい限りなのですが、イレギュラーに\2,000超の出費は痛すぎます。・・・買っちゃいましたけど。放送後10年も経って出るということはニーズがあるからでしょうし、意外なればこそ再販されないでしょうからね。

本の内容はスタッフとキャストのインタビューがメイン。ビジュアル的な資料はちょっと物足りないです。キャラクターの設定は各話のエピソードガイドに少しずつ挿入されている感じ。点数自体は多いのですが、もっとカラーページが欲しかったところです(カラーページは主に版権イラスト)。資料集ではなくファンブックだからそんなものなのかもしれませんね。
ただ、ソノーニョ村からミラノへの道、そしてミラノ市街のイラストMAPはカラーで劇中セルとともに紹介してくれたほうが良かったです。面白い記事だけに、残念。ビジュアル面はDVDで補え、ってコトなんでしょうか。

やっぱり「世界名作劇場」は素直に感動できる年代になってから見るべきですね。子供のときに見てもちょっといい話で終わってしまいがちですから。現に『ロミオ』はエピソードガイドを見るだけで涙が出そうです。『ナンとジョー先生』あたりも出してくれないかな。

『ロミオの青い空』はミラノの煙突掃除夫として働く少年達の友情と冒険の物語。人身売買から始まって貧困層の過酷な重労働と、児童文学といって馬鹿にできないほどの重い内容です。それでも沈まずに見られるのはロミオ、アルフレドを筆頭にみんな強く明るく生きているから。「名作劇場」の名に恥じない面白い作品です。
笠原弘子の歌う主題歌も良い曲でした。透きとおった空にしみ渡るような感じで。

原作はリザ・テツナーの『黒い兄弟』。『Gガンダム』の終盤近くになって『ロミオの青い空』の放送が始まったときは、何か狙ってチョイスしていたのかと勘繰ったものですが、何のことはなく「たまたま」だったようです。<当たり前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.15

欲しがるだけならタダですから

FMVの電車の吊り広告を見てたらセカンドマシンが欲しくなりました<お金もないのに。FMVは要りません。キムタクのCMを見てると何故かムカつくんで。岸部一徳が出ていたときだけはそうでもなかったんですが・・・。

とりあえず、TVチューナーは不要。TV番組はTVで見ます。録画する習慣もないし。そもそも移動しながらラップトップや携帯でTVを見る人ってどれくらいいるんでしょう?新幹線や飛行機、タクシーを頻繁にりようするのでなければ必要ないと思いますし、逆にそういう人こそTV機能を使うことも少ないような気が・・・。

ともかく、性能は悪くてもいいので軽くて小さいのがいいですね。外に出る時間が長くなっちゃうと、外出先で文章書けると便利かなって思います。
あとはスケジュール入れたり、買ったCDを帰りの電車で聞いたり(普段はMP3プレイヤーを使っているので)・・・。
タブレットPCは魅力的ですけど10万超えちゃうと手は出しづらいです。そんなに使い倒すとは思えないし。

ちょっと前はPDAを買おうと思っていたんですけど、CLIEが製造中止になったのでやめちゃいました。他は価格と性能がニーズと釣り合わないのでパス。

最近では携帯電話で結構何でもできるようになってきましたけど、文字入力のインターフェイスだけはどうにも面倒で困ります。それさえクリアすれば携帯でもいいんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.14

通販生活が便利なのは重々承知してます

家と会社の単純な往復、という生活だとブログに書くネタもなくなってきますね。契約終了の3月まではだいぶありますが大丈夫なんだろうか、このブログ。ちょっと心配。

さて、買い物を通販にシフトしようとしています。営業時間気にせずに買い物はできるし、重かったり嵩張ったりするものを運ばずにすんだりと、便利なことはわかってはいるんですけど・・・送料・手数料がバカにならなくって。せめて纏め発送ができればいいんですけど、私が買うようなものって個別に予約が必要なものばかりなので、なかなか難しいんですよねぇ・・・。普段割引率の高いところで買ってるから割高感もありますし。
逆になまじ安い店で買うと、支払い金額のうち送料・手数料の占める割合が高くなって物凄く複雑な気分です。
1番のネックは消費の殆どを占めるガンダム商品は品物を見てから買わないといけないクオリティであること。少なくともMIAとGFFのシリーズは通販では買えません。バンダイにもうちょっと・・・いや、かなり頑張ってもらわないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.13

職業病みたいなモンかな

ここ数日の肩こりは、どうやら眼精疲労が原因のようです。仕事の選び方間違ったのかもしれません。尤も、ストレスや運動不足もあるんでしょうけど・・・。あ、でもストレスは仕事か。
やっぱりちょくちょく現場の変わる仕事は性に合いません。就職する時は社内開発をしてそうだったから決めたんですけどねぇ・・・。入った直後くらいから皆外に出て行ってしまいました。たまたま一括受注案件が重なってた時期だったようです。
オフィスも電車1本で通えるところにあったのに移転しちゃうし・・・。こんなことなら最初から派遣会社に入っておくんでした。

書類の提出形態等で電子媒体を希望しない場合に「紙ベースで」っていうのを「カニベースで」って聞こえてしまうのも職業病なんだろうか。<違います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

恋人たち

劇場版『機動戦士ZガンダムII 恋人たち』を観てきました。あらかた予想通り・・・というか、新規作画は雑誌などで掲載されていましたし、内容については青の零号さんが記事にされていた通り。これは決して迎合しているわけではなく、あの作りでは似たり寄ったりの感想になってしまうと思いますよ。
とはいえ「Biting Angleさんの記事を御覧ください」ではさすがに芸がないので、重複前提で所感をば。過去記事読んでくださってる方はご存知かと思いますが、ウチではガンダムの記事だけはネタバレ気にせず書いてますので。その辺は御了承ください。

1番の感想は「ガザCカッコええなぁ」。TV版では雑魚MSという認識しかありませんでしたが、新規描き起こしであるのと、ハマーン専用機のお陰で妙に存在感のある機体に。ラストでアクシズのMS部隊が登場するシーンは涙が出そうでした。
他とは一線を画した異様な機体が生み出す違和感と、統率の取れた戦隊行動の緊張感がマッチした何とも言えない空気がたまりません。
そしてハマーンの台詞。声も勿論、シャアへの思いが垣間見える台詞が泣かせます。

ストーリーとしては見るべきところはありませんでした。サブタイトル「恋人たち」が表わすとおり、戦闘の合間にカップルのシーンを盛り込んでいるだけ。御大は「ガンダムで恋愛映画を作った」と言っていますが、あれではカップルの姿を何通りか描いただけで、「恋愛映画」とは違うんじゃないかなぁ。
副作用として、前作・今作と、徐々にシャアがお茶目になってきているのが一寸いただけません。ブライト&クワトロの「いいな。」「いいな。」には参りました(笑)「私だって独り身なんだぞ」くらいなら『逆シャア』に繋がりそうな感じで許容できたのですが。

前作でもそうでしたが、目まぐるしく変わる場面展開はTV版を知っていないとついていけないでしょうね。知っていてもツラいですから。とりあえず景が「引き」になったら時間経過と捉えると大体合ってるかな。
『ジオンの残光』のように語りを入れてくれるとわかりやすくていいんですけどね。ファの回顧録かブライトの戦闘報告書みたいな感じで。・・・まぁZでそれをやっちゃうと二番煎じになってしまいますから取り入れなくて正解ではあるんですけど。

新規部分では人物の細かい所作が描かれていたのが印象的でした。ダカールの警備兵が警棒を回してみたり、アポリーが体のあちこちを掻いていたり等。ちょっとしたことですけどキャラクターの人間味が格段にアップしますね。特に女性は色気が増してます。
MS戦については前作ほどのインパクトはありませんでした。テーマがテーマだけに仕方ないのかもしれませんね。次回に期待。

全体は以上です。あとは個別に感想。
-----------------------------------------
<<オープニング>>
ベルトーチカの複葉機がアウドムラに着艦するシーンはゾクッときました。一気に世界に引き込まれた感じです。複葉機が観客、アウドムラが『ZII』の世界というところでしょうか。

<<ベルトーチカ>>
風を受けているせいもあるんでしょうけど、冒頭の顔は別人。予備知識がないと誰だかわかりません。

<<エマ>>
他のキャラもやっているんですけど、ノーマルスーツの前をはだけている姿が印象的。ヘンケン艦長でなくとも胸元が気になる健康的な色気があります。やっぱ第3部では死んでしまうんですよね・・・(涙)

<<ステファニー>>
何かやたらと色っぽいです。TV版だと「キツいお姐さん」みたいな記憶があるんですが・・・DVD見直そうかな。
劇場版ではウォンさんの娘になってましたね。ちょっとビックリ。

<<フォウ>>
声優変更についてはファンの物議を醸しましたが、蓋を開けてみると、キャラとしてはアリ。多分当時からこれだったら文句は出ないでしょう。これが代役としての出演だったら逆に良い評価を受けたのではないでしょうか。
でもやっぱりスイッチのON/OFFの切り替えが弱い。一種狂気じみた感情の爆発の表現は旧作には及びもつきません。凄みを利かせた声を出すだけではダメです。強化人間の苦悩や悲哀といったものが感じられません。

第3部ではキリマンジャロ戦は丸々カットになるんでしょうか?となるとジェリドはラスト近くでバウンド・ドックに乗ることしか出番はなさそう。ゲーツに至ってはロザミアがいないので登場自体が怪しくなりましたね。

<<サラ>>
池脇千鶴には期待していたんですけどねぇ・・・ガッカリ。あれが許されるのは宮崎アニメだけ(といっても私は嫌いなので『魔女宅』以降は『もののけ』しか見てませんが)。なまじ出番が多いだけに気になって気になって。声の仕事はドラマや舞台と同じようにやってはいけませんよ。・・・第3部が思いやられます。

<<ジェリド&マウアー>>
出番がやたら少なくて影の薄いジェリド。逆に出番が少ないお陰でキャスト変更の違和感がないマウアー。果たして作品的にはメリットとデメリットのどちらが大きいんでしょうねぇ。
マウアーを登場させたからには第3部でジェリドVSカミーユをもうちょっと盛り上げてもらわないと。

<<ガブスレイ>>
出番が少ないせいでTV版での圧倒的な強さが目立ちませんね。Zガンダムへの主人公の交代劇もインパクトなし。劇場版はそこにスポットを当てる必要はないので問題はありませんけどね。だいぶ印象が変わりました。

<<アッシマー>>>
ガブスレイとは対照的に、劇場版編集の区切りのお陰で出番の増えたアッシマー。プラモや他のフィギュアのデキも総じて高いので人気の機体になっちゃいましたね。

<<メタス>>
ガザと同じく新作映像ばかりなのでカッコ良く見えます。MA形態はホントに良い感じ。
ただ、メガ・バズーカ・ランチャーへのエネルギー供給チューブを接続するポイントは間違っている気がします。胴を支える貴重な3本のフレームにジョイントなんてつけたら強度が落ちちゃいますからね。腰部ユニットとかにすればいいのに。
-----------------------------------------
・・・と、こんなところでしょうか。
興行成績はいいようですが、これは決して作品の出来ではなくて、全てガンダムファンがいればこそ。つまらない映画ではないですけどファン以外には受け入れられないでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.11.11

電車にGO?

『電車でGO!』の新作は中央線だそうです。学生時代に中央線を利用していた身としてはちょっとやって見たい気もします。・・・が、中央線といえば人身事故。しょっちゅう人が飛び込んできそうなのが怖いです。
シミュレータとわかっているとはいえ、スムーズに運行する中央線って何かリアルじゃない気がします。さすがに人身はヤバいので、信号機故障とか車両故障とかでしょっちゅう止まるモードを作るとか・・・。車で人を轢くゲームはありますけど、ノンフィクションでは笑えませんからね。

『電車でGO!』はPSで1番最初に出たヤツしかやったことありません。どうも繊細な操作は苦手で。ホームで人が待ってる前をトップスピードで乗車拒否!みたいなことをやってるほうが楽しくていいです(苦笑)
とはいえ、運転席から知ってる風景が見えるというのも面白いのかな、とも思います。身近な路線がゲーム化されたら購入を考えます。ウチは田舎だから四季で風景が変化するように作ってくれれば多分面白いはず。路線の構成上難しいところでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.10

ドラブー劇場版Z編、無事コンプ

GW_DB_Z
昨日はシークレットレアのみ確保しましたが、予約分が本日入荷したので早速取りに行ってきました。安く提供してくれるのはいいんですが、この店、入荷の連絡が来たためしがありません。そのくせ1週間以内に引取りに来い、って言われても・・・まぁ早く帰れる日は毎日のように店の前通るからいいんですがね。
ともかく、『GUNDAM WAR ドラマチックブースター 「機動戦士ZガンダムThe Movie」』ゲット。

種デスのドラブーの時と同様に1BOXでコンプリートできました。シークレットレアも入っていたので結果的にはシングル買いすることもなかったんですけど、保存用とプレイ用にすればいいわけで。もーまーんたーい(byテリアモン)。
ドラマチックブースターはカードの種類が少ないので1BOXでコンプできるアソートになっているのかな?尤もシークレット入れてもレアは13種しかないので、15パック入ってるBOXで揃ってくれないと困りますけど。

では軽く何枚か紹介。
--------------------------------------
【サイコ・ガンダム】
プレイ時、及びNT女性のセットで全ユニットに-4/-4/-4/修正。ウイニーはこれで一掃できますが、このカードが場に出る頃(6国力)には敵軍ユニットもそれなりの大きさで、キャラが乗っているでしょうから、破壊できなかった際は自分がピンチ(戦闘力4/3/7 → 0/-1/3)。
早出しするか、自身への戦闘修正を無効にするか・・・。

【百式】
自軍本国の一番上のカードを廃棄することで、そのカードの合計国力分の値を戦闘ダメージ化。クイン・マンサとかフリーダムでも出れば一気に・・・などと想像は膨らみますが現実にそんな上手くいくべくもなし。
強襲や「最後の選択」のような本国ダメージへ転化するカードと相性は良いものの、ダメージコントロールするのが手間ですね。妄想だけで終わってしまいそう。

【Zガンダム】
ジャンクのカード3枚廃棄により、+1/+1/+1パンプアップ。ロングビームサーベル装備時程の強化は見込めないものの、「ターン終了まで」の制限がないので毎ターン強化も可能。
でもフィニッシャーとしては一発屋さんのロンビZのほうが使いやすかったり。カミーユとの相性もいいですしね。
ハイメガランチャー装備版も使い勝手はいいですからこのカードの出番はなさそうです。

【マラサイ】
敵軍に紫国力があれば非常に優秀なウイニー(1国力で出せて戦闘力2/1/3)なんですが、相手のデッキ依存の能力は使いづらいです。普通に出す(コスト2/3/1)のだったら全然強くないし。

【エマ】
戦闘修正は並(3国力で1/1/2)ですが、敵軍男性キャラに「出撃すると本国から1枚敵ハンガーへ移す」というテキストを付加。地味に使える能力です。敵軍本国操作カードとコンボで。

【ロザミア】
ついにカード名も「ロザミア・バタム」に。
相変わらずキャラクターとしての戦闘修正は低いですが、2国力で1/1/1ならば優秀。出撃することで敵本国を1枚廃棄というのもポイント高し。アビゴルに乗せてガンガン殴るのが基本かな?

【ファ】
メタスに乗ってれば死んでもメタスごとハンガーへ。ヘナチョコパイロットのファが劇中で死ななかったカラクリはここにありました(笑)メタスとセットで使わないと意味がないので「アーガマ隊」デッキにしか入らないでしょうね。

【メタス】
コスト1/1/1で戦闘力も1/1/1。射撃がある上に「高機動」もあるのでウイニーはいいかも。能力値弱体化はしましたが、国力が下がったおかげで中途半端さがなくなりました。
テキストは「アーガマ隊」1枚に+1/+1/+1という能力。自身には効果がないものの、「重複しない」という記述はないので最大+3まで強化可能。序盤のダメージ増加用ですね。

【アクシズ始動】
カウンター系カードをハンガーへサルベージするコマンドカード。カロッゾと組ませて入れておけばカウンター使い放題!・・・と思っても中々上手くいかないものなんですよねぇ。
--------------------------------------
相変わらず青は優遇されている感じです。個人的にはファの活躍の機会が増えたことは嬉しいですけど・・・青は白同様ガンダムタイプが幅をきかせてますから使う人は少ないでしょうね。

不思議なことに、「恋人たち」である割には女性キャラしか収録されていません。百合?(爆)
ちょっと前に「戦場の女神」で女性キャラ特集したばっかりなのに・・・。

次のエキスパンションは2月。ついにGガンダムの登場です!いったいどういう形で編入されるのか・・・。情報公開が待ち遠しいです。


余談ですが、某消臭剤のCMで「" ファ "といえば?」とか言ってますけど、「ファ」といえば、ファ・ユイリィです!コレ、20年モ前カラノ鉄則ネ。


さらに余談。
先週の『舞-乙HiME』を一週遅れで見たらマシロ(CV ゆかな)が「そなたを笑いにきた」と言っているのにたまげました。渦中の人にこういう台詞言わせちゃうんですね。
その後本放送を見てまたビックリ。美少女に触手は反則でしょ。エルスは「エロスティン・ホー」に改名しなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

予想通り白いガザが出ました

Haman_GazaC秋休みと称して引籠もっている間に『GUNDAM WAR』の新ブースター「ドラマチックブースター 機動戦士ZガンダムThe Movie」が発売されていました。構築済みスターターと同時発売だと思って油断していましたよ。
・・・と、ちょっと脚色して書きましたが、実際には休んでいる間ではなく今週に入ってから発売されたようで、私が予約を入れていた店にはまだ入荷していませんでした。なので、とりあえず別の店でシークレットレアだけ押さえておくことに。

今回のシークレットレアは劇場版Z第2部で登場したハマーン専用のガザC。カラーリング的には赤紫の部分を白に変えた程度なのに高級感溢れる機体になってしまうから不思議です。ガザC、実は結構カッコイイかも。一般量産機はHGUCシリーズで発売されるようですが、ハマーン機も是非ともリリースして欲しいものです。

カードの内容は以下の通り。
------------------------------
SR U-146 【AMX-003 ガザC(ハマーン・カーン機)】
[コスト] 赤2/2/1  [戦闘力] 2/2/1
[地形適性] 宇宙/地球
プリベント(3)
(自動B):このカードがプレイされて場に出た場合、手札にある、合計国力の合計値が10以下になる、任意の枚数のユニットを、通常のコストを支払って、リロール状態で場に出すことができる。この効果は「艦船」を持つユニット、資源コストYのユニットには適用できない。
------------------------------
手札を増やしてエクストラターンなどでウイニーを一気に展開して攻めるか、終盤にサイコガンダムなどのリロールしづらいフィニッシャーを配備するか・・・。「艦船」はダメでも「拠点」はOKなので、壁をドカンと増やすというアホな使い方をするのもまた良し(笑)
尤も、デッキを尖らせておかないと、普通にプレイしただけでは3〜4国力のときに中盤を制するユニット2〜3体出すという感じなってしまうんじゃないでしょうか。
1国力で「高機動」「解体」を持ってる一般機のほうが使い勝手は上だったりしますが、そこはそれ、「ハマーン機」であることに意義があるのです。うん。

ちなみに、シークレットレアであるこのカードは、30パック(2BOX)に1枚の割合で封入されているそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.08

意外と早いアキバの夜

新しい職場も2日目。でも全然やる気がおきません(尤も、やる気がないのはいつものことではありますが)。とにかく眠いわ肩がこってるわで仕事どころではないのです。土日に『ワンダ』やりすぎたかな?(苦笑)
肩は年に1〜2回くらい酷く凝ります。気持ち悪くて起きていられないくらい。最近の凝りもその前兆なのかもしれませんね。眠いのは・・・慢性の睡眠不足なので已む無しというところでしょうか(えー

今日は本社に戻る用事もあったので早々に引きあげましたが、明日からまた辛そうです。プログラミングでもしていればいいんでしょうけど、今回はSEで参入しているのでそれも叶わず。
上手いこと眠気を飛ばす手段を見つけないと。

帰りは本社に戻ったついでに足を伸ばしてアキバへ。『ちまこれガンダム6』が欲しかったのですが、どこも売り切れでした。無念。発売直後に買っておくべきでした。
びっくりしたのはラジオ会館が20:00で閉まってしまうこと。幾度となく秋葉原へは通ってるにも関わらず、日の高いうちに帰宅してしまうため全然知りませんでした。21:00まではやってると思ったんですが、大きな誤算でした。折角行ったので覗いておきたかったところです。

帰宅してみると、昨日『ガンダムA』を処分した呪いか、G.F.F.のZZが落下して大破してました。アンテナが折れて修復不能に・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

単行本買ってるので問題なし

創刊号より買っていた『ガンダムA』を処分しました。ガンヲタとしては「ガンダム」関連商品を捨てるのは心苦しいトコロではあるのですが、さすがに保管スペースの確保が難しくなったので・・・。
創刊当初は2年くらいで終了すると思っていたのですが、見込み違いでした。嬉しい誤算というよりは、さっさと休刊(廃刊)して欲しいくらいです。最近では『オリジン』しか読みたいと思うものがなくなってますし・・・。『エコール』や『C.D.A.』とかもつまらなくはないのですが、雑誌の看板作としては役不足感を否めませんからね。まぁ要は「単行本買わないけど読みたい」という作品がない、と。記事にしても内容はどんどん薄っぺらくなってますから。
そんなワケで取っておく価値なしと判断しました。今後も買うには買いますけど、そのうち切り捨てるかもしれません。カウントダウン開始ってトコかな。


そして今日から新しい職場。以後半年程はこのままの予定です。予想に反して当面はそれほど忙しくはなさそうですが、職場が遠くなったので朝ゆっくりできなくなったのが残念です。勤務時間も30分長くなってるのはツラいですね。現場によって定時が違うので、基本給は同じでも勤務時間に差があるのはいただけません。30分違うと月に10時間以上違いますからね。何とかならないのかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.06

アグロは毎度毎度歩いて神殿に帰ってる?

『ワンダと巨像』終了〜。購入時はもっとじっくりプレイする予定でしたが、明日から忙しくなりそうなので頑張って早めに片付けました。
ラストは・・・的中はしなかったものの、まぁ予想の範疇かなといったところ。ちょっと納得いかない部分もありますが、まぁ、あんなモンでしょ。ラストの行動結果でエンディング分岐しそうな感じではありましたが・・・。
ちょっと『ICO』風のファクターも見られましたが背景世界に何かしらの繋がりがあるんですかねぇ。
終了しても作品の評価は変わらず。やっぱり『ICO』のほうが好みですね。あちらの方がお手軽に遊べます。『ワンダ』も決して悪いゲームではないんですけど・・・。語ってほしいところは殆どノータッチで、若干消化不良気味なのも評価下げている要因の1つです。
とはいえ、充分に面白いゲームでしたよ。


VICKE_KeyChainさて、本館の更新のためにトップページ候補を物色していたところ『小さなバイキング ビッケ』のキーチェーンを発見。セガのプライズ品です。・・・が、何種類あるか確認できなかったので泣く泣く見送ることに(ここに写真を掲載した以上、本館トップを飾ることはありませんが)。
3種類(写真の2種と鼻をこすってるビッケ)までは確認できているんですけどねぇ・・・。こんなに資料がないとは思いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.05

WANDER the wanderer

MGマークIIが完成したので今日は『ワンダと巨像』の続きをプレイ。いやな汗をかきながら15体目まで倒しました。残すはあと1体!

13体目にしてやっとアグロの乗り方がわかってきました。これまでは左スティックと右スティックを別々に動かしていましたが、左に曲がるときは両スティックを外側に、右に曲がるときは内側に倒すと方向と視点とが同時に変更できて便利なんですね。乗るときは左スティックを下に入れておくと乗りやすいとか。アグロから巨像に飛び移るのを何度も失敗しているうちに気づきました。いやホント、何度アグロがあらぬ方向を向いてしまったことか。13体目の巨像は攻撃してこないのが救いでした。

14体目は11体目と同じくハメ殺しパターン。ジャンプに失敗して落ちたところをどつかれて、起き上がり硬直にまたどつかれ・・・。突進までのスパンが長いのでかわせないほどでもありませんでしたが、カメラアングルが見づらい位置に変わってしまうとキツいです。自分がどこにいるか全然わからなくなってしまって。
動きが速いヤツは焦って操作ミスをしやすいからいけません。怖い怖い。

15体目はあまり苦労はしませんでした。ただ、パンチ攻撃してくれなくて肝心の弱点への攻撃ができずにウロウロしてみたり。で、やっと殴ってきたと思ったら視点が変わって「あれ?手はどこよ?」ってな具合。で、地上にある掌にジャンプして掴まろうとしたら見事に失敗。ちょっと浮いてないと駄目みたいです。ジャンプしないで掴まろうとするとしゃがんじゃうので、かなりイライラしました。
寺院へ行く途中で、アグロに乗ったままのジャンプ(言ってみればアグロのジャンプ)を初体験。カッコイイですねぇ。

とりあえずアグロはやっということ聞いてくれるようになりましたが、ワンダが・・・orz掴まった状態だと自分の意図しない方向へ動いてくれちゃうので困ってしまいます。
まぁ何にせよラストまできたのでよしとしましょうかね。最後の1体がどういうものかより、エンディングが凄く気になります。明日・・・終わるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.04

MGガンダムMk-II(Ver.2)完成

MG_Mk2_2_Full「MGガンダムMk-II(Ver.2.0)」が完成しました(本館のコラムに追加)。いつもの如く「素組み+スミ入れ」のみ。案の定、脚部は作るの面倒でした。まぁそこがマスターグレードの醍醐味でもあるんですけど。

ウリである脚の可動は装甲がニュルニュル動いて面白いですね。ですがその反面脚の強度が足りません。あっという間にヘタってしまいます。MIAのガイアガンダムとかセイバーガンダムのように、関節が動きすぎるが故ポーズを取らせたときにプラプラしてしまうというジレンマが。難しい組み立て箇所もなく、プロポーションも良い好キットなのに・・・勿体無い。
ベースのカタパルトに乗せて飾っとけ、ってコトなんですかねぇ。

さて、先日より劇場版の第2部も公開され始めた『Zガンダム』ですが、CMやレビューなどで色々なメディアで目にする機会が増えました。フォウの名前を意図的に「フォウ」と書いたり発音したりしているのが笑いを誘います。実際フォウの名前は「4(four)」なので、発音的には「フォー」でも違和感はないし、アニメ誌以外ではこれまでも間違って「フォー」と書いてある記事もありました(シャアも「シャー」と書いてあったりしますし)が、某ハードゲイのお陰で正確に表記されるようになったという皮肉な結果に。「ムラサメ、フォー!」
第2部、終わらないうちに観に行かないとな・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2005.11.03

Mk-II組み立て中

兼ねてよりの予定通りマスターグレード版ガンダムMk-II(Ver.2)の組み立てに着手。1/100サイズとしては先週レッドフレームを組んでいるんですが、MGを組むのは久しぶりです。
MGのマークIIは2体目。以前スーパーガンダムを買ってますので。そちらは組んだはいいものの、組み上げ直後によろけて倒れたところがGディフェンサーの上。完成して1分と経たずにスーパーガンダムが只のMk-IIになってしまいました(苦笑)
まぁMk-IIは大好きな機体なんで何体あってもOK。

MG_Mk2_Body今のところ胴と両腕が完成。明日は手間のかかる両脚を組み立てて終わりそうな感じですが、この休み中には完成しますね。
組み立て途中でシールやデカールを貼るのは癖です。組み上げてしまうと貼りづらくなる部分があるのは勿論のこと、最後のパーツをはめたときに「出来た!」という感覚が欲しいので。出来上がってから「じゃあシール貼るか」だとテンション下がっちゃうもので。どうせ塗装もしませんしね。

これだけで終わるのも寂しいので、先日買ってきたMIAジェガンにスミ入れをして本館に掲載。やっぱ出渕メカはいいですねぇ。シャープさはないものの、フォルムの滑らかさが好きです。
レイバーのプラモとアクションフィギュアは買っておくべきだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.02

巨像ハンター

仕留めた巨像は12体。『ワンダと巨像』、やっとこさ4分の3が終了です。
アクション下手クソなので時間ばかりかかってしまい、困ります。この調子ではタイムアタックなど到底無理。

これまでで1番辛かったのは11番目の巨像。動きが速いので、1発喰らうと起き上がりに攻撃重ねられてハメ殺されます。ちょっと挫折しかけました。起き上がり無敵かガードボタンぷりーず。
立ったらまず負けるので、火を手に入れるまでの移動は前転。何となくコツを掴んでかわせるようにはなりましたが、巨像を落とす場所を間違えてて、いつまで経っても鎧を壊せないという不毛な戦いを延々と繰り広げてしまいました。情けない。

弓を使わなきゃいけないヤツも苦労しました。照準合わせるのが下手なんですよ。8番目と9番目の敵は飛び道具持ってるからもう大変。まだ8番目の巨像はある程度遠くからでも狙える余裕はありましたが、9番目はイカンです。巨像の攻撃をかわしながら弓で狙えるほど上手くないので、基本は零距離射撃。巨像が転ぶタイミングで巨像の下にもぐって接射してました。気分はレゴラス<だったら遠くから当てろ

『ワンダと巨像』は期待通り雰囲気も良くて、巨像も大迫力。バトルも緊迫感があって良い作品なのですが、どちらかというと『ICO』のほうが好みですね。絶えず何かしらの謎解きをしているところが「リアルタイムで冒険している」感があって。『ワンダ』の場合は巨像を探して倒す、ということの繰り返しなので「作業」っぽく感じてしまいます。巨像を探す段階で何かの仕掛けを外して進んでいくような要素があるとよかったですね。
実際には巨像を倒す部分に集約されているわけなんですけれども、そうなると巨像のいる場所を探してそこまで行く手間がちょっと大きいですね。そろそろ億劫に感じてきました。
帰りが自動帰還なのがせめてもの救い。

実はまだアグロに乗るポイントがわかってなくて、馬の側でピョンピョンと跳ね回っていたりします(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.01

思いがけず秋休み

新しい現場の面接に行ってきました。面接時間1時間。尋問されてるみたいで非常に疲れました。こんな長い面接初めてです。決まってくれると色々困るんで断られるといいんですけど(苦笑)

明日は結果待ちです。出社しても席もPCもないのでやること無し。従って休暇を取れとの司令が出ました。4日も休暇申請してあるので五連休。思いもかけずちょっとした休みになってしまいました。来週仕事に行くのが辛くなりそうです。
それにしても「お前は休みを取らな過ぎる。もっと休みを取れ。」なんて言われるとは。馬車馬のように働かされるのも勘弁ですが、こんな調子でいいんだろうか>ウチの会社。


記事を書きつつ、ふとTVのチャンネルを変えると『闘牌伝説アカギ』がやってました。ナレーションは古谷徹なんですね。「西(シャー)」が「シャア」に聞こえてなりません(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »