« こキリコの竹は七寸五分じゃ | トップページ | DreamCastPlayStation »

2005.10.07

プチ読書の秋

SurugaJoh『駿河城御前試合』の文庫が新装版となって発売されました。表紙がチャンピオンREDで連載中の漫画、『シグルイ』の1カットになっています。他社の、しかも連載中の作品を表紙に持ってくるとは思いませんでした。春先に平田弘史版の漫画も刊行されましたが、そちらを持ってこなかったのは一般受けを重視してのことでしょうか。

残酷ブームの先駆けといわれる南條範夫作品。他の作品は読んだことがないのですが、確かにどのエピソードもハッピーエンドにはなりません。読後感には一抹の寂しさが残ります。秋の夜長にピッタリの一冊(とはいえ電車内でしか読みませんがw)。冬だとちょっと寒すぎるかな。
『孫策』を読み終えて、『海東青』の続きを読む前に最初のエピソードだけ読もうと、ちょっと浮気したら面白くて次々と読んでしまいました(御前試合の取り組みそれぞれが短編エピソードとして半ば独立した構成になっています)。
すぐに買う必要もなかったのですが、『射[周鳥]英雄伝』の最終巻と同じ日の発売だったので、ついでにと一緒に買ってきたのが失敗でした。さっさと読んで『海東青』に戻ります。

『アルスラーン戦記』とか『二人の皇帝』といった田中芳樹作品も発売日に買ったはいいものの積みっぱなしだし。早いトコ消化しないとなりません(どこに置いたか忘れるのでw)。先月に新刊を溜めてしまった分、今月は読書量が増えそうです。

|

« こキリコの竹は七寸五分じゃ | トップページ | DreamCastPlayStation »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プチ読書の秋:

« こキリコの竹は七寸五分じゃ | トップページ | DreamCastPlayStation »