« プチ読書の秋 | トップページ | 連休はガンプラであります »

2005.10.08

DreamCastPlayStation

初音島学園(HatsunejimaGakuen)にて繰り広げられる、男たちの熱いストーリー。
『ダ・カーポ ”フォー!シーズンズ』
--------------------------------------------
1年中“枯れない桜”が咲き誇る初音島。
そんな不思議な桜を研究する人間がいるかたわら、
一般の方々はいたって平凡な生活を送っていた。
桜が枯れないのが珍しくたって生活は変わらないのだ。

そんな平凡な世界の片隅に位置する初音島学園に、
なにもないところで背景に薔薇を生み出す力と、
微笑んだ口元に光を見せられる力……
平凡とは程遠く、非凡にもほど遠い、
2つのエレガントな力を使う青年がいた

美男子をこよなく愛する学園のヒーロー、
口うるさいくせに甘えん坊の弟、
ムキムキ赤褐色の先輩に、
風呂の中まで姿をあらわす騒々しい幼馴染、
絶対服従で“犬”と呼ばれる後輩。

彼らが卒業間近の“学園”で出会うとき、
ちょっと暑苦しいくらいが丁度よい、
変物語のはじまりはじまり。
--------------------------------------------

・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・え?違う?
失礼しました。

続編(PC版のアミューズメントディスク+αらしいですが)の発売も決定した『D.C.』。以前から興味はあったものの、諸々の事情(?)で手を出さずにおりました。が、気づくと『D.C.P.S.』が廉価版パッケージで発売されているではありませんか!
「ならもう買うしかないじゃないか!(つくづく楽ですねぇ、この決め付け論法w)」
ということで買ってきました。

いい歳こいてギャルゲーやるのも微妙ではありますけどね。まぁそのヘンは割り切って。ただ、中断しようとしてチャンネル切り替えたら丁度『ワンダと巨像』のCMをやってて、それを見たら割り切ったはずの気持ちが音を立てて崩れていくのを感じました(苦笑)
久々に纏まってゲームする時間があるのに、ギャルゲーというところに一抹の寂寥感が。

挫けそうになった気持ちを再構築して、ことりシナリオをクリア。一部ストーリーの繋がりにぎこちないところがあるものの(この手のゲームの性質上仕方ない)、まあまあ楽しめました。盛り上がりには欠けますが普通に「いい話」。基本的に一本道なのと仲良くなるまでの序盤の期間が淡々と進みすぎるのが物足りなかったです。他のキャラも似たような感じなのかな?とりあえず音夢と眞子あたりのシナリオはプレイしておこうかとは思ってますが。

絶対に攻略対象とならないのはさくらと萌。さくらは声がダメでして。作中の1キャラとして登場してくれるぶんにはいいのですが、このテのゲームでは終盤になると1対1での会話が延々と続くので、気が狂いそうになるのは必至。君子危うきに近寄らず。
萌は喋りがダメ。やっぱりこのテのゲームにはスローな喋り方をする、所謂「おっとりキャラ」が登場するのですが、間延びした喋りというのは大嫌いでして。聞いててイライラするんですよね。で、それを我慢して聞いていると、寝ます。結局台詞はボタン連打で飛ばすことに。これならまだ台詞が「・・・・・・。」とか「・・・はい」みたいなほうがいいです。
おっとりなのと間延びした喋りとはイコールで結びつかないんだけどなぁ・・・。

批判めいたことしか口をついてでないようでは、このジャンルのゲームからは足を洗ったほうがいいのかもしれません。でも多分またやりたくなるゲームは出てくるんでしょうね。迷った挙句、最終的には買っちゃうんでしょうけど。欲望には勝てる気がしませんから(笑)

|

« プチ読書の秋 | トップページ | 連休はガンプラであります »

コメント

 鷲-himeさん……ではなく、姫鷲さんこんばんは! 瀬無です。(失礼しましたー)

 ぐはっ、このツッコミどころ満載の記事は、何ですかーっ!!
 でもその設定、違う趣味の方向けの作品なら、普通にありそうでコワイところです。

 『花より○○』とか『○○高校ホスト部』とか、いろいろ設定が考えられてますからねー。
 下手したらそちらのジャンルの方が活気がありそうです。

>萌先輩&さくら
 姫鷲さんの勘の鋭さには驚かされます。多分嫌な予感はあたってますよー。
 2人とも、特定の好みを狙ったキャラですね……。

 特に萌先輩のシナリオには、かなりの批判があります。自分もちょっと……。
 キャラは嫌いでないですし、妹がいるよーということで、嫌いではないけど、メインには……という感じです。

 個人的な意見ですが、ゲームのキャラに音声はいるのか? といつも思ってしまいます(えー)
 一番最近買ったPCゲームは、CD-ROM 4枚組! インストールするのも一苦労です。(DVDなら違うのでしょうが)

 ちなみに一緒に買った、太閤立志伝はもちろん一枚。そう考えると演出過多なのでは……と考えたりもします。

>ボタン連打
 ほんとしちゃいますよー。声優さんのセリフぶつ切りです。
『にーいさーーん(にっこり)』とか、ああいうのは声もちゃんと聞いているんですが……。

投稿: 瀬無 | 2005.10.09 21:04

瀬無さん、こんにちは。
『舞-HiME』に合わせて私もZ姫鷲とか姫鷲Zとかにしないとダメですかねぇ(笑)ブログタイトルを「鷲-乙HiME」にするとか。

>ツッコミどころ満載の記事

『フォーシーズンズ』というタイトルを聞いたときに、真っ先にボンテージファッションの男達が頭に浮かんだダメ人間です(爆)今が旬ですから(w

>ゲームのキャラに音声はいるのか?

私の意見は「要るゲームと要らないゲームがある」ですね。『太閤立志伝』には必要ないですけど『スーパーロボット大戦』には無いと物足りないといった具合で。
ストーリー物は役者の演技で感動が変わりますので、音声があったほうがいいのですが、悪く変わる場合もありますからね、『D.C.P.S.』のようにキャラ別にON/OFFが切り替えられるシステムを採用してくれるとありがたいです。

>『にーいさーーん(にっこり)』とか

こういうのは音声があればこそ。

投稿: 姫鷲 | 2005.10.10 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DreamCastPlayStation:

« プチ読書の秋 | トップページ | 連休はガンプラであります »