« ストレスシュート! | トップページ | マントの下は・・・ »

2005.09.25

レイ

『SEED DESTINY』第49話「レイ」。今回も何のことはないツギハギ映像集でした。まるで素人のリレー小説(リレー漫画)を見ているかのよう。あんな無茶苦茶な内容に感想を書けというのも難しいです。もしかしたら47話以降はずっと総集編流してるんでしょうか。だとすると今回分の本放送はいつあったんだろう(爆)

まぁ何だかんだ言ってもセミファイナルなんで、一応感想は書きます。・・・文句ばかりになるのは必定。いつも以上にね。ネタになる部分も少ないし。
逆にもう最終回を残すのみなんで、何を言っても「今更」でしかなく、虚しさだけがつのります。

アバンタイトル
何でいつもわざわざ盛り下げてからオープニングに繋げるんでしょう?盛り上げたまま引っ張ればいいのに。1シーン余計。今回なんか特に主題歌の後で充分。

メイリンはエターナルへ
この艦には元ザフトの人が多いから居心地は悪くなさそうです。

兵は拙速を尊ぶ
「足の速い2隻で云々・・・」言ってますが戦力的には最強の2隻。殺られる前に殺る。火の粉がかかってこないうちは傍観するくせに、自分の身を守るためには最大限の努力をする人々です。

「アスラン!」「・・・ああ、行こう!」
小躍りする人が沢山いそうなカット。恋人と一緒だと自ずと気合も入るってモンです。

「道をあけなさい!」
ラクスが偉そうにする理由がわかりません。確かにラクス教の現人神ではありますが、それ以外の人々に対して命令できる社会的ステータスなど何もないのに。クライン派(旧三隻同盟賛同者含む)以外の人も「ラクス様」って言ってますが、その「様」って「ヨン様」の「様」みたいなモンでしょ?
そもそもシーゲル・クラインが存命中(在職中)のときだって、議長の娘でありプラントの歌姫であっただけで権限なんてないわけだし。
かつてクルーゼに対して強制力をもったのは追悼使節団の代表だったからです。それだって人道的・政治的見地からクルーゼは兵を退いただけ。
国政に携わる人々に顔が利くということで錯覚してしまいがちですが、所詮は虎の威を借る狐。
「命令するな、民間人が!」

「あれはロゴス残党だ!」
「自らの古巣と利権を頑なに守らんとする奴ら」と呼ぶ割に、自分達は「ザフトのために」。「プラントのため」ではなく、あくまでも軍のため。議長が軍を恣にし、私利私欲のために戦っているように聞こえるんですケド。
まぁここで「プラントのために」って言われても、「何で?」なんですけどね。Aエンジェル組はプラントに対して攻撃を加えようとしているわけではないし。

ミーティア
けれん味満点の大型武装なんですが、コレが出てくると戦闘が大味になってしまうので、あまり好きではありません。デンドロビウムと違って各武装に見せ場がないし。しかも前作のバンク(アップ時に中心の機体だけ差し替え)ときては・・・。もっとも、フリーダムのフルバーストと大して変わらないんですけどね。毎回毎回ビームのシャワーで敵がガンガン消えていくのでは、つまらないことこの上なし。MSや人物もバンクばっかりだし。ミリィなんか全部バンクですよorz

「デスティニープランは絶対に実行されなければなりません」
もっともらしい事を言う議長とレイ。「シン=視聴者」という見立てで説明するからシンにだけ事の正当性を説いているように見えてしまいます。
これはAエンジェル側にも言えることで、身内にだけ自軍の正当性を説くだけなので「戦わなければいけない理由」というのが全く語られていないんですよね。
端から見たら、双方「気に入らないからブッ殺す」という風に見えると思うんですけどねぇ・・・。

折角のグフの描写もバンクに
キラがルージュで宇宙に上がった際の見事なグフの抵抗振り(右腕をやられた後シールドを踏んで剣を引き抜く様)は、新鋭機を受領するだけのエースパイロットの風格があって素直に評価できたのですが、バンクになってしまうと興醒めです。初回の感動も薄れます。

ムラサメ
デフォルトで宙間戦闘も可なのか宇宙仕様に調整したのか・・・公式のアナウンスが待たれます。
『GUNDAM WAR』では地形適正が「地球」しかないので、後者だったら「ムラサメ(宇宙仕様)」で済む話なんですが、もし前者だったらエライことに。エラッタで地形適正だけ増やすとハイパフォーマンスになりすぎるので当然コストも増えるでしょうし・・・そうなったらもう別のカードですからね。大丈夫かな。既存カードは要らない子になってしまいそう。
無難な線は【[2・5]このカードは地形適正「宇宙」と戦闘修正+1/±0/+1を得る】かな。

零距離バズーカ
ドムの最後の見せ場かな。最後までパイロット達のキャラクターは立ちませんでしたが、せめて生き残って欲しいものです。

タリアの決意
どうしても子供との写真に違和感があるんですよねぇ・・・。せめて中盤あたりから出していてくれたら・・・。
まぁともかく固い決意を固めるタリアですが、艦載機はインパルス単機のみ。最前線の戦艦から戦力を取り上げる議長は何を考えているんだか。ミネルバは捨て石?

「あ・・・インパルス・・・!お姉ちゃん?!」
メイリンはルナがインパルスに乗ってることどうやって知ったんでしょう。ルナがインパルスを受領したのはヘブンズベース攻略直前だからメイリンが脱走した後だと思うんですが・・・?ジブラルタル待機中に内定していたのか、はたまたデータベースに侵入したのか・・・。ルナの戦績から考えると、もっと実績のあるパイロットがミネルバに転属することも考えられるはず。当時はパイロットと期待の融通なんていくらでもきく状態でしたしね。
その後会話までしてしまうということは、インパルスを認識した時点で通信回線開いていて、パイロットの顔を見て「お姉ちゃん?!」と驚いたということでしょうか。2人してニュータイプということはないでしょうし(苦笑)
ともかく皆さん敵パイロットと容易に会話しすぎ。フリーダム登場時にアスランがキラにコンタクト取れなかったのが不思議でなりません。

ジェットストリームアタック効かず
不意討ちのクセにインパルスはほぼ無傷。3連星の人達、ホントに強いの?所詮2人は緑?

不可能を可能にする男
それはMS20機分もの巨費を投じてアカツキの装甲を作らせたウズミお父様(笑)
そう、言うなれば
「そのモビルスーツの性能でたすかったのだ!」
とはいえタンホイザー直撃で無傷ってのは・・・ねぇ?せめてどこか破損しようよ。シールドも壊れてないし。
直後のミネルバ被弾シーンもバンク(背景変えただけ)だから位置関係がおかしなことになってます。ありものを最大限に利用するのはいいとしても、何でも使えばいいってモンじゃないでしょ。いい加減すぎます。
そもそもAエンジェルをかばって記憶を戻しちゃうあたりからしていい加減ですけどね。感動も何もあったモンじゃありません。前作の良いシーンが台無しです。

ジブリールが王大人でした
結局前作でフラガが助かった理由はわからず仕舞い。全身に包帯巻かれているカットだけではね。顔が無傷なのはヘルメットが丈夫だったのか面の皮が厚かったのか・・・?(苦笑)

ファンネルバリア
あれだけ広範囲に展開できるということは、出力もかなり高いはず。アカツキは防御に特化した機体などではなく、矛と盾を併せ持ったバランスの良いMSなのでは?

YAH YAH YAH
イザークはザフト離反?前作のラストでは一部三隻同盟の行動を看過したようなところがありましたが、あれは話の流れから至極当然。それでも戦後ザフトに残り続ける道を選んだところに彼のキャラクターがあるわけです。だから「戻って来い」という台詞も効く。
それなのに、なし崩し的にAエンジェルに協力してしまうようではキャラクター否定にも繋がります。ただのキレキャラ。今回の流れではアスランとの友誼から協力体制をとったようにはどうしても見えません。イザークが画面に映ってるだけで満足という底の浅い人々は騙せても、彼のキャラクターを愛しているファンの中には怒る人もいるんじゃないでしょうか。
ディアッカが半ば強引に引っ張っていくのは妥当ですが、端折り過ぎなので無理矢理感は否めません。

EF3_Shinマユ
主人公が悲しみ・苦悩にさいなまれる中、明るい声だけが虚しく響く・・・といった演出には程遠く、シリアスな雰囲気をブチ壊すだけの携帯電話。序盤から中盤にかけて不用意に使いすぎたのが原因でしょうね。留守電メッセージが流れると「またか」という思いだけが先行してしまいます。
尤も、このシーン自体描写が中途半端なので何も伝わってきませんがね。

「もっと信じてやれ。彼女は強い。」
「俺のイジメに屈しなかったんだからな。」と続く、と。レイの気持ちの流れがわからないです。ルナは「要らない子」だったはずなのに。シンの精神を安定させるための方便にしては感情が生過ぎます。
続く「お前が救ってやるんだ。あの国を。」も同様。
最終回への伏線を張るためだけのシーンは内容が薄いし整合性無視なんでいけません。

月基地には陽電子リフレクター
ズルいというか何というか・・・。あまりにチープな演出に驚きです。それに攻撃が当たろうが当たるまいがこのシーン丸々不要。オーブ艦隊の進撃を描きたいならメサイヤと遭遇したときに艦隊のカット入れて、ソガかアマギに何か喋らせれば済むことですからね。

ネオ・ジェネシス
○○の一つ覚えというかなんというか・・・。いっそのこと4機合体にして、「砲台各個撃破+コア破壊で高得点」というシステムにすればいいのに。若いコにはキツいネタかな。
いちおう零号機から伍号機、はては量産型まであって・・・というわかりやすい捨てネタも放置しときます(苦笑)初号機の暴走でメサイヤは沈むことでしょう。「シン」「アスカ」「レイ」っちゅうのはこのための伏線に過ぎなかったわけですな。

「後方よりミネルバ接近!」
次回Aエンジェルを撃つ態でメサイアに攻撃、そんなトコロでしょう。

「さあ、今度こそ消えていただこう。ラクス・クライン。」
作品の序盤から、議長がラクスに固執する理由はどこにあるんでしょう。確かにラクスは糾合力足りえますが、きちんと政治的手順を踏んでいれば何の問題もないはず。無理矢理戦闘を始めちゃったからおかしなことになっているだけです。こういう言い方をすると、「議長は自分の行為が悪いことだと知ってて行なっている」ように見えてしまいます。
突然のアルザッヘルに武力行使さえなければ、議長のやってることは悪いことでも何でもないんですけどね。強引に「善VS悪」の構図に持っていこうとするから違和感が生まれてしまうことに。
もし本当にラクスを警戒すべき点があるのなら、きちんと指摘して視聴者に伝えないといけません。最終回にペラペラ喋って終わり、ではあまりにお粗末です。

ただ僕はキラという男が憎くて仕方がないわけですよー!
レイがクローンであるという設定は最早どうでもよく、「キラに憎しみを抱いている」という取って付けたような設定にイラつきます。さんざん張りまくった伏線は放ったらかしのくせに、何でこういう重要なことを後付けにするのか、全くもって理解できません。「存在が許せない」くらい憎んでいるのなら、もっと前に片鱗を見せないと。
情報隠蔽の結果としてレイは「謎めいた人物」ではなく「謎の人」に。もうこの段階では、言動は事実として受け止めるしかないのでキャラクターとして整合性が取れているのかどうかも不明。何をやっても後付け設定に見えてしまいます。名前と外見だけ存在するキャラという感じ。まぁまさにそれがレイのいう「クローン」なんでしょうけどね。
以前から人格の部分の設定があったのなら小出しにしていかないと。そのほうが絶対にもっと良いキャラになったはずです。勿体無い。今となっては暴露大会をやればやるほどキャラがチープになるばかり。

最終回
特に期待はしません。オープニング削って、エピローグの裏でエンディングテーマ流して、それで終わればいいんですけど。
これまでの流れからして台詞ばっかりになるでしょうからMS戦もそこそこに終わるでしょう。賞味3分くらいなんじゃないでしょうか。長台詞バックで映るのは除外。どうせバンクでしょうし(←ロボットアニメでこう思わせたら負けだってことをスタッフは認識してるんでしょうか)。
最後まで何の見どころもないまま終わってしまいそうです。この作品に関しては、「ラクスがいい!」「ここがいい!」と人に薦められる点は思いつきません。設定自体は悪くないと思いますが、作中に反映されてなければ意味がありませんからね。
ともかく、続編(作る作らないは別として)に引っ張るようなラストだけは勘弁願いたいものです。

|

« ストレスシュート! | トップページ | マントの下は・・・ »

コメント

久しぶりでお邪魔させていただきます。

えーと、アンドア・ジェネシスでしたっけ?
わたしPC-6001のタイニーゼビウスっていう(たしか)1面だけが延々とループするだけの奴を喜んで遊んだ記憶があります。
回る板みたいなの(バキュラ?)が壊せない仕様でした、たしか・・・って、違ったら恥ずかしい・・・

種デスはホントにもう救いようがないですが、姫鷲さんのレヴューはとても溜飲が下がるので、ほんと助かります。
虚しさにめげず最終回も、出来たら、お願いします(^-^;)


投稿: るしは | 2005.09.29 02:21

るしはさん、こんにちは。
訪問有難うございます。

『タイニーゼビウス』・・・ネタを振っておいてナンですが、実はこれは未プレイです。申し訳ありません。ただ、ウワサには聞いてます。何でも小学生だか中学生が作ったゲームだとか。
当時のソフトはテープでしたよね。読み込ませてる間は別のことして遊んでて、一段楽した頃にゲームが出来る、みたいな。懐かしいです。

>虚しさにめげず最終回も、出来たら、お願いします

今のところは放送さえされれば書く予定です。余程のことがない限りは・・・ないと言い切れないのが種デスですが(苦笑)

投稿: 姫鷲 | 2005.09.29 11:20

どうも、こんにちは。

実は私も種デスの最終回、あんまり期待していませんw。
(種デスの続編ができるとしたら、やっぱしキラやアスランが出ないだろうね・・・Zに対するZZの様に。)

個人的には、むしろプラモとかMIAの方が興味あります。
そういう点では、バンダイの仕事の方が好感がもてますね。
(HGで暁出してくれないかな?)

投稿: 銀矢 | 2005.10.01 15:07

銀矢さん、こんにちは。
バンダイのプラモ事業部は結構意欲的に新商品出してますよね。MIA等の完成品は塗装がイマイチですが(中国の雇用事情が変わってきているのでコストとクオリティが両立しないんでしょうけど)・・・。
アカツキは出すとしたら全身メッキじゃないと消費者は納得しないでしょうね。とりあえずミーティア付属のガンダムコレクション版は見事に黄色でガッカリでした。

さて、あと1時間もすると最終回の放送開始。あちこちで祭りが始まるんでしょうなぁ。

投稿: 姫鷲 | 2005.10.01 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレスシュート! | トップページ | マントの下は・・・ »