« 実写版『宇宙忍者ゴームズ』 | トップページ | ネコミミ好きというわけではないのですが »

2005.09.20

メイドイン侍魂

久しぶりにビデオゲームコーナーをのぞくと『侍魂』の新作が稼働してました。
サムスピは昔結構遊びましたけど、『斬九郎』まで。以降は全然やってません。ちょっと前にチャンプルのかわいらしさに魅かれて『零スペ』をやりましたが、ミナは私には荷が重く、数回で終了。チャンプルはいるだけなので面白くないし。

そんなわけで、新作『天下一剣客伝』は知らないキャラばかりでした。ただ、旧作のように剣劇を主体としたゲームではなく、単なる武器格闘になってしまっているような印象を受けました。適当にキャラ作って追加してる感じ。絵もチープになっちゃって・・・。こんなことなら『ギルティギア』でもやってたほうがいいかも。若本さん出てるし(w
ズィーガー好きとしては今作での復活は嬉しいところなんですけどね。

驚いたのはキャラクターにメイドがいたこと。最近の流行に乗ってということでしょうけど・・・世界観も何もあったもんじゃないというか・・・ダサいです。キャラクター自体はホビー誌で見たことがあるんですが(Yujinのガシャポン)、ゲーム画面で動いているのを見るまでは全然メイドに見えませんでした。胸元が開いているのと太腿が露出しているせいですかねぇ・・・。
やっぱりメイドはもっと慎ましくないと。エロゲーじゃないんだから。・・・って、超必殺技(どの奥義カテゴリに属するのかは知りません)がエロエロでした。何だかなぁ。聞くところによるとコンセプトは「鶴の恩返し」だとか。どんな恩返しをする気だったんだか(苦笑)

メイドといえば、今や都内では珍しくなくなったメイド喫茶。話のタネに1度行ってみてもいいかなとは思っているんですが、どうも風俗みたいに思えて踏ん切りがつきません。メイド喫茶自体は風俗店ではありませんけどね。そもそもTVの取材番組なんかで、メイド服着て「おかえりなさいませ」とか言ってる姿を見るだけで、痛々しくて見ちゃいられません。多分中に入ってもいたたまれずにソッコーで出てきちゃうんじゃないかなぁ。
馬車道」も似たようなところはありますが、あっちは全然OK(笑)

|

« 実写版『宇宙忍者ゴームズ』 | トップページ | ネコミミ好きというわけではないのですが »

コメント

 姫鷲さん、こんばんはーっ。瀬無です。

 サムスピ懐かしいですよー。初めてゲーセンでプレイしたときは衝撃だったのを覚えています。
 20円コーナー(古いゲーム)の方にあって経済的にも良かったのもあって、友人みんなではまってました。

 技もよいですが、あの大斬りの豪快さ(理不尽さ)はインパクトあります。
 シャルロットとかもまだ現役なんですねー。

 あと敗者のエフェクト(真っ二つとか血が吹き出るとか)も印象に残っています。

 実家にはネオジオ(CD版)というものまであります。あれに比べれば、PSやPS2のロード時間など全然早いですー。

>maid メイド喫茶

 TVでメイド喫茶の様子を見ましたが……そうなんですよねー。
 自分もちょっと風俗っぽく感じて、なんだかなーと思ってしまいます。

 黒髪(自然の髪色)で、ロングスカート、落ち着いた感じの方じゃないと……メイドじゃないですよ!(独断と偏見失礼しましたー)

 ……あっ、メイリンのようなサポート属性の女の子なら立派にメイド属性あると思います(関係なし)

投稿: 瀬無 | 2005.09.24 02:36

瀬無さんコメントありがとうございます。
お返事遅れて申し訳ないです。

「昔のほうが良かった」とか言ってると何だか老人臭くなってしまいますが、ヒットにあやかって「続編」を安易に作りすぎている作品は結構多いと思います。

>あの大斬りの豪快さ(理不尽さ)はインパクトあります。

怒りゲージ満タンのカウンター大斬りなんかそりゃあもう、爽快感抜群!逆に当てられると泣きそうですが。
こういう、「命張ってるぞ!」的な演出は希薄になっちゃってるのは残念です。良くも悪くもチャンバラゲーム。初心者が大斬り3発で死ぬことはなくなりましたけど、ゲーム性までなくなってしまったような気がします。

>黒髪(自然の髪色)で、ロングスカート、落ち着いた感じの方

同意です!
格好だけメイドでも見ているこちらが落ち着かないようなのはダメです。どこから出しているのかわからないような「作った声」もダメ。演出されているような香りがしてしまうとちょっと引いてしまいます。そういうこともあって、なかなかメイド喫茶には行きづらいんですよねぇ・・・。
別に無理に行く必要はないんですが(笑)

投稿: 姫鷲 | 2005.09.25 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイドイン侍魂:

« 実写版『宇宙忍者ゴームズ』 | トップページ | ネコミミ好きというわけではないのですが »