« ワンフェス2005夏 | トップページ | 妖怪大戦争 »

2005.08.22

二人のラクス

『SEED DESTINY』第44話「二人のラクス」。バカバカしくて見ちゃいられないです。多くは何でもアリの勧善懲悪ヒーローロボット物だと思って見てれば何でもないことだったりするんですけどね。作品の演出と作品のジャンルが合っていないというか・・・。
今後は最終回に向けて「実はこうでした」系の暴露の嵐になるんでしょうなぁ。

電波ジャック?
電波ジャック返しもおかしな話ですが、それ以上に何で電波ジャックしたのに小ウィンドウでミーアが映ってるんでしょう。「全世界のメディアを通じて」、って言ってるのに。もっと上のレベルで誰かが放送を制御しているとしか考えられません。もしかすると「ターミナル」の要員あたりが高度な情報技術者集団で、ミーアを晒し者にするべく映像調整しているんでしょうか。勿論ラクスの指示で、ね。

ダイダロス基地
多分最終回で巨大ロボットの腕になります(笑)

「すぐにオーブの彼女と連絡を取れ!」
「ジブリール氏を庇うものではありません」

ジブリールぬか喜び。台詞を被せるのは演出としては間違っていないんですけど、直前でジブリールをクローズアップしすぎているのでラクスの台詞が死んでます。
女声は高いので耳に入るのはラクスの声。でも視聴者の目はジブリールを見ているのでジブリールの声を聞こうとしてしまうから何を言っているのかわからないということに。要は台詞を被せすぎなんです。役者殺しですなぁ。

「我々はもっとよく知らねばなりません。デュランダル議長の、真の目的を」
終わり。
あ、あれ?カガリの演説は?

「悪いのはザフトじゃないぞ!」
コニール嬢再登場。これまでそこかしこのシーンで登場自体はしていましたが台詞は初登場以来。珍しく使い捨てにならなかったゲストキャラクターなので何とか最後まで生き残って欲しいものです。
それはともかく、一般民衆の受け止め方としてはこれが正解。ザフトは(表立っては)何にも悪事は働いていないんですよね。むしろ逆。
とはいえ、一部の意見であるのもまた事実。世界規模では一般人はこの戦争をどう認識しているのかが全然見えません。基本的に軍部しか描いていないから。ユニウスセブン落下後の議長の慈善政策で少しは意識も変わっていそうなものですけど・・・。

ミーア宇宙へ
どんどん追い込まれていくミーアよりも、後ろのバイザー(グラサン?)の人が気になって気になって(笑)

「私にだって何がなんだかわからないわ」
ミーアのことはてっきり知ってるもんだと思ってました。慰問ライブのときの思わせぶりな台詞は普通に「兵士のご機嫌取ろうとアイドルなんか寄越して・・・」ということだったんですかねぇ。

「我々の上官はラクス・クラインではないということよ」
アーサーには「えぇ〜っ?!」って言って欲しかった(笑)
「上官」ではないにせよ、彼に限らず「自分に命令できる人物」として認識している兵士や国民は結構多いと思うんですがねぇ・・・。前作では兵を退いちゃった仮面の指揮官もいるわけだし(このときは対外的な影響を多分に考慮してのことですが)。ラクスが国家権力持ってたことは1度たりともないんですけどね。
ドムの3人組はファンクラブ会員ナンバー1〜3の熱狂的なファン、ということで(笑)

「本物なら全て正しくて、偽者なら悪だと思うからだ」
この台詞は微妙。レイが「バカバカしい」と感じるのは本物かどうかにこだわるよりも、もっと本質的な部分を追求しろということ。これは多分レイの出自にも大きく関わっていることなので、割り切った見方ができるのだと思います。
ただ、ここでクルーゼを回想するのはちょっとズレていると感じます。クルーゼはクローンですが、別人格が与えられている以上、アル・ダ・フラガとは「別人」であって「偽者」ではありません。
それに、偽者(偽物)はある目的のために作り出されるものであり、仮にその利用法が善であっても、行為に「騙す/欺く」という要素が含まれてしまうために、「偽物 = 悪」なのは否めません。「その存在ではなく、行為や結果を見ろ」という台詞が足りないので、「どっちが本物?」ということだけに終始してしまんですよね。頭の弱い主人公なんか特に。

頭を抱えるシン
はい、脳味噌オーバーヒート。下っ端のパイロットは受けた命令を忠実に遂行できればOK。頭を悩ます必要はないのです。
この作品のおかしいところは一介のパイロットを主人公にして大局を変えさせようとしているくせに、国や軍の指導者との間に双方向のパイプがないんですよね。だから何にもできないでブチキレて終わり。
逆にそれを持っているキラは自分の意見が直接政策や軍略に反映される(しかも殆どそのまま!)ので、視聴者としては余計に主人公らしく見えてしまう、という結果に。

アスラン生きてますが、何か問題でも?
レイが見せた映像がジャスティス発進直後のカッコ良いシーンなのが笑えます。何で戦闘映像じゃないんでしょう?
もっとも、戦闘映像にしたって戦闘終了後に情報部等で解析をかけて閲覧レベルが決められるはず。いくらフェイスだからって軍の制約を受ける以上、戦闘直後に見られる情報は限られたものになるでしょうから・・・オーブでカガリが演説を始めるまでにどれだけ時間が経ったのか不明ですが、既に情報が開示されてるってことは相当な時間が経過しているということ。ルナだって個人端末で戦闘結果くらいチェックしていると思うんですけどねぇ。
アスラン級のパイロットなら、後々の戦術を考慮すると、敵パイロットがアスラン・ザラという報告は上げねばなりません。当然、全兵士に公開すると士気にも関わるので要求される権限は高いでしょうけど。それがルナの権限で見られないものだったら、理由もなくレイが見せてはいけません。
実はシンがアスランのことを言わなかったのは、そういう面では正しかったり。

「じゃあ、メイリンも・・・メイリンも生きてるの?」
もうちょっと希望がみえるような感じのほうが良かったかも。驚きでそれどころではないのかもしれませんけど。その後は放ったらかし。心境の変化みたいなものが見たかった。

シンは何をあんなに悩んでいるんでしょう。アスランが生きてたからルナを持っていかれちゃうとか思っているんでしょうか。メイリンまで生きているとなれば余計。「身内を殺そうとした殺人鬼」みたいに扱われるのを恐れているとか?
見ず知らずの人間は平気で虐殺できるが、顔見知りを手にかける際は気にかける。「悪かった」とか「軍の命令だから仕方がなかった」とかではなく、シンはただ「知人を殺す」という行為自体について悩んでいるだけなんですね。外部要素を排除している以上、結論など出るべくもありません。
すぐに結論を出せないんだったら、バンクばかり使ってないで、悩んでいるシンの想いみたいなものを具体的に描くだけで視聴者の認識はだいぶ変わるはず。なのに毎度毎度串刺しシーンで「うぅ・・・」ではどうしようもありません。いっそのこと頭抱えて悩んでるシーンもバンクにしたら?

「我々軍人は一体何なのかと思ってしまう」
いかにも「軍人」らしい人がおりました。こういう人がいるから戦争は始まるし終わらないわけですけど、劇中でこういうステレオタイプの軍人が殆ど登場しないので、中盤から見た人は特に「何で戦争してるんだろう」と疑問を抱くと思います。総集編でも全然触れてないし。最初から見てる人でも開戦理由忘れてる人も結構いるんじゃないでしょうか。

イザーク隊
SEEDではパイロットのカットインが自機のコクピットでないことが往々にしてあるので今回はオレンジショルダーのザクにイザークが乗っているかのような錯覚が。最初の台詞はコクピットのイザークでいいのに、何で?

イザークもバンク戦闘
最近のグフは新規描き起こしが多いのにイザークは色替えだけでした(ディアッカもね)。そりゃあないぜ、とっつぁ〜ん。

コロニー動いてます
ラクスの件はともかく、全てが議長の掌の上で動いている感じ。以前デストロイのデータと一緒に見ていたコロニーレーザーのようなものはレクイエム用の偏光コロニーだったんですね。
それにしても、議長のニヤけ顔、キモいー!

機動要塞 ラーメンマン メサイア
とんでもないデザインですな。まさに悪の侵略者の要塞。

レクイエム発射
巨大偏光ビーム兵器というのは面白い発想です。ホント、こんな運用の難しい兵器をよく造ったものだと感心します。維持にも費用がかさむであろう割には、基本的に1回使ったら御役御免。聖闘士でなくとも2度目の攻撃は通用しません。

ヤミノリウスヤノアリウス崩壊
番組も終盤になって詰め込む要素が増えてきているのに、「最小限の尺で最大限の効果を」みたいな演出は考えないんですかねぇ・・・。ここなんか外壁が破壊されて宇宙へ放り出される人々を映すのは1回で充分です。
そして見せ方も悪い。最初に映すのはプラント市民の生活で、そこをゴッソリもぎ取られる描写がないと悲惨さが伝わりません。建物の破壊など二の次です。
破壊の規模の割には人が飛んでくだけではお粗末です。レクイエムの威力も伝わりづらい。まぁ下手にグロ描写入れられるよりはマシですけどね。

しかしホントに大量虐殺が好きな番組ですな。何度やれば気が済むのやら。繰り返しやればいいというものでもないでしょうに。全てが繰り返しで成り立ってる作品に言っても無駄なのかもしれませんね。

「どういうことだ!どこからの攻撃だ!」
議長がどんどんチープになっていく・・・。
多分議長の驚きは側の2人とは違って、照準がアプリリウスから逸れたこと。これもイザークとディアッカの活躍のおかげなんですが、議長のプランでは首都が陥落することが想定されていたのではないかと思います。政治家たちも一掃できるし。わざわざ遠くに機動要塞なんか造らせたのもこのためでしょう。
どんなに活躍しても議長の邪魔になってしまうイザークはデュランダル政権が続く間は永遠にフェイスになれません。可哀想に。

ヤノアリウス崩壊映像
ザフトと連合関係者はともかく、他の陣営は何の映像ソースを見ているんでしょう。なんか皆同じ映像を見ているような気がします。中継ステーションみたいなのはどの陣営も共用だとか?

レイ先生の科学講座
何でデータがあるの?
何でデータがあるのに警戒してないの?
何でレイはレクイエムのことを知ってるの?
兵器の説明より先に説明すべきことは沢山あるはずですが・・・解説は来週やればデータがあってもおかしくないのに。

「知っているのか?雷電」
「ウム、聞いたことがある」
------------------------------
「霊喰衛武」・・・その昔、青色乾坤教の始祖、老師・李瑠は「愚脳」と呼ばれる洗脳集団に鏡を持たせ、光を反射させて結界を描き、霊退治を行なっていたという。屈強な兵士である愚脳に守られて、悪霊を喰らうかのようなその姿は「霊喰衛武」と呼ばれた。
現在、死者の魂を鎮めるために奏でる鎮魂歌を「レクイエム」というのはこれが由来である。
(民明書房刊『霊はバレる』より)
------------------------------

「ジブリールを逃がしたって・・・それは!」
ルナのせいだろっ!って続くのかと思いました(笑)シンは何でも人のせいだし。唯一自分のせいだと思っているのはアスラングフを墜としたこと。だから悩む。

「機関最大、ミネルバ発進します!」
ミネルバ、宇宙へ。マスドライバー?何それ?(笑)
同じようにAエンジェルも簡単に宇宙に上がってしまうんでしょうね。ブースター・・・便利ですなぁ。

「同じだ・・・ジェネシスのときと」
「同じだ・・・ガンダムのときと」
「同じだ・・・Zガンダムのときと」
「同じだ・・・(ry」

「今は私達に終わらせる術はありません」
何か巧妙に話のすり替えが行なわれているような・・・?元々ナチュラルとコーディネーターの確執だったはずでは?確かに幸せな生活のために戦っているんでしょうが、両陣営ともに互いの何かを脅かしたとか侵したとかいうのではなかったはず。議長の考えが正しいかどうかはともかく、議長(やジブリール)を止めただけでは終わらないと思うんですが・・・。
ラクスが喋るともっともらしく聞こえてしまうから怖いです。これ、ある意味洗脳の才能。

デスティニープラン
コーディネーターの世界の究極、成程。当のスーパーコーディネーターは反抗心まるだしだから議長も気に入らない、と。でも「コーディネーターの究極」なら議長を止めたところで第2、第3の議長が現れるのは必定。制作側のコーディネーター否定?どう決着つけるんでしょう。

「運命が王なのよ。遺伝子の。彼は神官かしら?」
となると神はキラ?邪神だから排除しようとしている?「私の女神はラクスだ」だったら大爆笑なんですがねぇ・・・。「あなたとは一緒にいられない」といった人の気持ちもわかります(笑)

あきらめの良くない人々
ネオがいつの間にかAエンジェルクルーに溶け込んでしまっているのが気にいらないです。ファントムペインとしての過去は不問なんでしょうか。まぁAエンジェル側とはあまり関わってはいませんけどね。行為としては看過できないでしょうに。それに、アスランとメイリンがいる以上「はい、そうですか」というわけにはいかないと思うんですけど・・・。
そんなメイリンは何かヤル気出しちゃってますが、ミネルバと戦うことに抵抗はないんでしょうか。ルナはあんなに心配してるのに。相手がミネルバじゃなかったとしてもアカデミーの友人知人が乗っている艦と戦うかもしれないのに・・・。かわいい仕草をさせればいいってモンじゃありませんよ?つぅか、軍服着てないメイリンが何でブリッジで会議してるの?

キラの隣にはラクス、マリューの隣にはネオ。そしてアスランの隣には・・・!カガリ、大丈夫?もはや過去の女になりつつあることに気づかないと!

「νガンダムは伊達じゃない」
「未来を作るのは運命じゃない」
キラとアスランがガッチリと手を握って・・・って、キラはこんな陽気な握り方するキャラでしたっけ?まぁいいか。幼なじみの前で童心に戻ったんでしょう。うん。

アスランはほぼ回復した模様。戦闘から一体どれだけの時間が経過しているのでしょう。

議長はおねむ
全天周モニター内で目を閉じる議長といい、そのデザインといい、メサイアはエンジェル・ハイロゥのよう。最終回では地球に降りてくるんでしょうか。
先週の青の零号さんにいただいたコメントよろしく「ウーイッグはどちらでしょう?」的な展開が?!
私としては、シンに「慰霊碑はどちらでしょう?」と言わせたいところですが・・・。

次回予告
久々にガーティ・ルー登場。猫目のザムザザーまで!・・・という喜びも束の間、一瞬後にはデストロイの大群・・・orz
種デスは演出効果のみ重視で運用とか維持(保守)とかが全く考えられていないから兵器としてのリアリティが希薄です。前作ではこれほど酷くなかったのに。

写真はC3で撮ってきたBe-Jのルナマリア。こういうルナが見たいのに。ルナに笑顔が戻るのはいつの日か・・・。
Luna

|

« ワンフェス2005夏 | トップページ | 妖怪大戦争 »

コメント

 姫鷺さん、こんばんは。瀬無です。

>知っているのか雷電
 民明書房と雷電ネタに爆笑です!
 あれ一部は本当のことだろうと信じてましたよ~!

 議長の怒りシーンですが、他のブログを読んでいるときに「議長は側近の驚きを見てから一拍おいて怒りの表情をした(演技説)」というのを読みました。
 キャプチャ画像でも検証されてましたが……どうも演技説が濃厚です。

 ただそのシーンの解釈が、首都直撃が行われなかったため……というのはなるほどと思いました。

>メイリン&アスキラハイタッチ
 ミネルバの悲愴な感じと比べると正直違和感がありました……でもメイリンが可愛いんですよ~。
 ついつい自分は許せてしまいます(ダメダメです)

 アスキラは、急に若返ったような感じです(特にキラ)。

>コニール
 彼女は何気に貴重な存在ですしたねー。(基本的にラクス教の影響下にないので)
 現に彼女の街を助けてくれたのは、隠遁していたラクスではなく、ザフトだったのですから、彼女が言っていることに真実味も増すというものだと思います。

――――
「アスラン……生きてるの? じゃあメイリンもあの船に……」
「2人とも『死亡確認』と言われたんだ……王大人に……」
――――
 人形のルナマリアの笑顔が切ないですね~。ルナマリアの復活はあるのか……アスランの次はルナマリアにも覚醒してほしいです。

投稿: 瀬無 | 2005.08.22 21:23

> 「同じだ・・・ガンダムのときと」
> 「同じだ・・・Zガンダムのときと」
> 「同じだ・・・(ry」
…とすると、最終回でシンはぶっ壊れて終わり。
次回作は、やたら元気な主人公が活躍する「ガンダムSEED DD」なのでしょうか?

ルナマリアは、すっかり妹に人気も奪われてしまい…笑顔どころか死亡説も強いようですが…果たして?
ルナが生き残らないと、シンが壊れた時の看護役が…(そういう問題か?)。そう言ってるうちに、なんだかルナがファに見えて来ました(自己主張強い割に戦闘では弱いし)。

投稿: えのっち | 2005.08.22 21:36

いつもお世話になってます、青の零号です。
いよいよエンジェル・ハイロウが降りてきそうですか。
ミーアの歌なら人類総白○化計画も簡単でしょうね。
すでにザフトの一部では症状が出てるようですし(アーサー君とか)。

>一介のパイロットを主人公にして大局を変えさせようとしている
その点について言えば、10代半ばの子供に強力な兵器と絶大な権限を
与えてやって、戦艦1隻で重要局面へ投入すること自体が異常なわけです。
前作では「ガンダム奪還」と「地球降下の失敗」などがあったことにより、
単艦による転戦の理由が納得できました。
(これもファーストGと0083の焼き直しではありますが)
今回はそんな理由付けも乏しいため、単騎で狂ったような暴れぶりを見せる
ガンダムの姿は、どうしてもスーパーロボットに見えてしまいがちです。
そんな中でリアルな戦争の姿を描こうとすれば、ギャップを感じて当然。
やはり筋書きに無理があったとしか思えません。

ホワイトベース隊が単艦行動を続けたのは、囮部隊にされてしまったから。
ミネルバとは雲泥の差と言ってよいと思います。

>遺伝子が神で、議長が神官
結局「優性人類生存説」の焼き直しですか。
議長、アンタもギレンの仲間だったか。

しかし、この発想は短絡的に過ぎると思うのですよ。
もともと「遺伝子優位主義」という考え方は「優性種の選別」よりも
(この発想自体、極めて傲慢ですが)「劣性因子の排除」という
性格が強いのです。
「優秀な人間」の特質は遺伝子セットだけで形成されるわけではないので、
「遺伝子が優秀な人間は優秀である」という区分は、絶対的な有効性を持ちません。
まあ「種割れ」を起こす特定の遺伝子があって、それが無いヤツは無用だという
基準でも作ってしまえば、人間の選別はできると思いますけど…。
そうやって作り上げた世界がシンみたいな人間ばっかりだったら、
そっちのほうがよほど救いがない気がします。

でもコーディネーターって、もともと遺伝子改造を奉ずる人たちのはず。
いまさらサプライズネタにもならないように思うんですが…

ルナはもはや慰め役専門ですな。本格的に癒し系に転向とか?
予告で見た限りでは、来週もキラをたくさん慰めそうです。
戦う女の子を出しておきながらこういうポジションに下げてしまうのは、
個人的には非常に不満。キャラクターもかわいそうです。
せめてシホには活躍の場を!頼むぞイザーク!

投稿: 青の零号 | 2005.08.22 22:35

失礼しました、キラじゃなくてシンを慰めるのがルナマリアのお仕事。
私にもエンジェル・ハイロゥの影響が出てるようです(^^;。

投稿: 青の零号 | 2005.08.23 00:48

瀬無さん、こんにちは。

>どうも演技説が濃厚です。

明らかに演技です。ただ、最初に映像を見たときは普通に驚いて、その後側近を見て、側近がモニターに釘付けなのを確認してから「怒って」いました。すると最初に驚いた理由は何だろうかと。ジブリールが何かをやろうとしていること自体はシャトル内の報告で予想していたでしょうから、驚く理由としては結果が違ったことかな、と思ったわけです。
もっとも、「ジブリールごときにに大したことができるわけがない」と高をくくってたにも関わらずあの惨状を見せ付けられてビックリということも考えられますが。
いずれにせよ議長はプラント市民が殺されることについては何とも思わないようですね。

>メイリンが可愛いんですよ

これには同感です。私も危うく騙されてしまうところでしたw

>2人とも『死亡確認』と言われた

うわぁ!でもまだ影慶が!翔霍がいます!
・・・・・・。
王大人の「死亡確認」ってアテになりませんよねぇ・・・。ある意味安心なのかも。

投稿: 姫鷲 | 2005.08.23 06:31

こんにちは。えのっちさん。

>次回作は「ガンダムSEED DD」

前作はガンダム、今作はZをなぞっているうえに、三部作という噂もありますし・・・。「Destiny Delux」だったら大笑いですが「Destiny Detonate」とかだったらありえそうな気もします。

>自己主張強い割に戦闘では弱いし

ミニスカだし(笑)

投稿: 姫鷲 | 2005.08.23 06:36

青の零号さん、こんにちは。

>そうやって作り上げた世界がシンみたいな人間ばっかり

管理しやすいんだかしづらいんだか微妙ですね(笑)確かに救いようがありません。
議長の思惑は先天的な面は遺伝子操作で、後天的な面は「淘汰・調整・管理」でっていうことなんでしょうけど、これではロボットを造ってるのと変わりませんし、第一誰が管理するの?って話になるかと思います。どこか穴がないと主人公達もつつくことができませんから、その辺から崩していくのかとは思いますが。実は語られていない残りの部分が明かされて完全な理論となり、逆にキラたちが阻害要因として世界から狙われる、というのも面白いんですけどね。絶対収拾つかないんで無理ですね。

>コーディネーターって、もともと遺伝子改造を奉ずる人たち

結局何でも自分に都合のいいようにならないとダメな人たちなんでしょう。肉体は遺伝子改造で、思想は自由に。だから管理されそうになると真っ先にスーパーコーディネーターが反発する、と(苦笑)

>シホには活躍の場を

そんなシホは今回はお留守番。のっけから怪しい雲行きです。ディープアームズはバンクフィルムがないから出さないのかも・・・というのは穿ちすぎでしょうか。

投稿: 姫鷲 | 2005.08.23 07:00

瀬無さん、こんばんは。

今回の感想、わたしは感情的な駄文をやけっぱちにアップするのがせいぜいだったのですが、瀬無さんがきっちり理詰めで書き出してくださって、本当に溜飲が下がる思いです。
これからも切れ味鋭い考察と笑いを(ここが重要ですねw)楽しみにしています。

投稿: るしは | 2005.08.23 19:13

ああっ、姫鷺さんすいません!
上のコメントでお名前を間違えていました。
瀬無さんにも失礼をいたしました。

以後気をつけます。申し訳ありませんでした。

投稿: るしは | 2005.08.23 20:22

コメント&TBありがとうございましたー

>「知っているのか?雷電」
「ウム、聞いたことがある」

マジ受けましたww
メタルギア最高^^

投稿: keita | 2005.08.24 09:57

るしはさん、こんにちは。
間違いは誰にでもあることですのでお気になさらずに。
ココログもコメント修正機能あるといいんですけどね。ちょっと不便。

>切れ味鋭い考察と笑い

お褒めいただきありがとうございます。切れ味鋭いかどうかはまぁ微妙ですがw
文句ばかり書いているせいもあって、私の文章はだいぶ攻撃的(一気に畳み掛ける感じ)なので読んでて疲れるんですよ。なので、ところどころ何かしらネタを仕込んで置かないと凄く読みづらいんですよね。ウケるウケないに関係なく、いわゆるブレークポイントと思っていただければ。
実際には真面目一辺倒の文章が嫌いなだけなんですけどね。根が不真面目なもんで(苦笑)

投稿: 姫鷲 | 2005.08.24 10:04

keitaさん、いらっしゃいませ。
折角笑っていただいているところ大変恐縮なんですが、私は『メタルギア』シリーズは全然知らないんですよ。申し訳ありません。
『メタルギア』にも似たようなネタはあるんでしょうか。ちょっと興味ありますね。

投稿: 姫鷲 | 2005.08.24 11:48

>シホ
イザーク達との会話ありの絡みが見たいですな~。
この状況ではもう出さない気なんでしょうかね・・・。

投稿: coa | 2005.08.24 20:24

こんにちは。coaさん。
シホはどうなんでしょうね・・・。乗せるMSが難しい(Dアームズだとバンク使えない)から戦闘では出てこないでしょうし。期待するとすれば最終決戦ですね。ブリーフィングがあれば尚のこと。ただ、これまで徹底して喋らせていないので、TV版の劇中では喋ることはないと思われます。
元々ノーマルタイプの機体に乗っていればザクとかでの出番もあったんでしょうけど、中途半端に良い機体に乗っていて且つ武器の設計はシホ自身というのがネックですね。設定に出番を潰されちゃった不幸なキャラなのかもしれません。

投稿: 姫鷲 | 2005.08.24 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人のラクス:

» 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第44話 [salty blog]
第44話「二人のラクス」前回に続き、電波大戦争から…。ラクス「わたくしは、デュランダル議長の言葉と行動を支持しておりません」そのラクスの脇にはミーアの映像も流れている。…これって別チャンネルの放送ということですか? それなら、どうやって割り込んだのでしょうか?あわてて... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 21:23

» SEED DESTINY 44話「2人のラクス」感想 [こよみ2文]
 「ところでメイリン、あの赤いジャンバーの下って、何かちゃんと着てるんでしょうね?」  「なっ…何言ってるのよー、お姉ちゃん! ちゃんと着てるにきまっ・.. [続きを読む]

受信: 2005.08.22 21:37

» PHASE-44 二人のラクス [shunichiro0083のアイの種運日記-感想と推測...]
・いや、ラクスのメッセージは正しいですよ。けど、今更言ってどうするのか、という気がします。その言葉はもっと早く、議長のロゴス糾弾会見の時にこそ訴えられていなければならなかったのではないですかね。  そうすれば、必要以上にロゴスの皆様を追い詰めたりはしなかったのではないかと思います。思えば、同じように感情的になったプラント市民を議長はミーアを使って沈静化させました。そういう優れた政治的手腕があったからこそ、議長はコーディネイターのみならずナチュラルからの支持をも得るに至った筈なのですが。  それは... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 21:43

» GUNDAM SEED DESTINY [ゼロから]
久しぶりのジュール隊の活躍で、すっとしました。 シホは、出ていた? シホって、特別な存在なのでしょうか? なんか、不思議な感じがするけど。 次週、カガリの左手に注意ですって!! ... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 21:48

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 [+ SERAらく日記 +]
PHASE-44 「二人のラクス」  真実の歌姫の言葉が、議長の偽りを暴きだす。  二人のラクスに揺れる世界・・・  そして、月から放たれた滅びの光がプラントを震撼させる。  それは、何者にも止めることのできぬ破滅への鎮魂歌(レイクイエム)なのか・・・  ラクスの告発によって、議長の偽りが暴きだされる。 真実の自分は議長の側におらず、今もアークエンジェルとともにオーブにいる。 死の商人ロゴスが戦争の元凶であり、それと戦うものこそが正しい。 議長の甘い言葉の罠を警告し、議長の真... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 23:36

» PHASE44 二人のラクス [南の島からガンダムを作れ!]
ハイサイ!(^_^)!さて、今日もドンドン感想を書いていきますよ~・前フリカガリの演説からスタート!!そして、先週の簡易版ありましてラクス演説スタート!!「その方の姿に惑わされないで下さい 私はラクス・クラインです  私と同じ顔、同じ声、同じ名の方がデュラン... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 00:46

» ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 「二人のラクス」 [不定期フリーダム]
今週はトンデモ兵器が出た以外は特に何もなかったです。 トンデモ兵器もいい加減笑えるだけなんですが。 まぁ、取り合えず感想行きましょうか。 ラクスの登場に動揺するミーア。 何かラクスの陰謀か知りませんが一緒に晒されてますね。 普通の人ならこの時点でどっちが本... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 01:09

» G S D・第44話・二人のラクス [Indigo Blue]
ミーアのこと・・・ タリアは知ってるんだと思っていたけど、 知らなかったんだ・・ [続きを読む]

受信: 2005.08.23 01:34

» GUNDAM SEED DESTINY その20(PHASE-44) [にんじゃハムの本村]
イザーク ディアッカ どころじゃない( ´△`) レクイエム ガクガク(((n;‘Д‘))ηチョーコワイ ザフトの人々 デュランダル レクイエム のこと知ってたろオイ( ´∀`)σ)∀`;) どうして首都を墜とそうとしたんだo(゜◇゜o)ホエ? アーサー 宇宙のこと「そら」..... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 02:00

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44「二人のラクス」 [EL CLASICO]
ミーアの演説中に 本家ラクスが割り込んで来たところで, 議長も 世界中のみなさんも 大騒ぎ! そんなに動揺したら ばれちゃうよ ミーア. 闇に葬られちゃう? [続きを読む]

受信: 2005.08.23 03:11

» SEED DESTINY 44話 [CODY スピリッツ!]
最近、ヴェスティージを購入した全国のS−Dファンの皆様、自分は名曲BOARDINGに投票しました→関連 さっそく感想に行くって言わないほうがいいよアスランは絶対行くって言うんだから。... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 03:48

» 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 #44 [【T】 Tsukasa♪'s Blog!]
カガリの会見中、突如乱れ始めた画面。 [続きを読む]

受信: 2005.08.23 09:49

» GUNDAM SEED DESTINY PHASE-44(1) [kasumidokiの日記]
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-44(1) イザークとディアッカが活躍していました。 ラクスの登場は地球やオーブ、アークエンジェル、ミネルバなど多くの人々にとって衝撃だったよう [続きを読む]

受信: 2005.08.23 15:32

» 種デス PHASE-44「二人のラクス」 [ねこめがね]
とりあえず一言。 ああもういい加減にしてほしい。 虐殺の生理的嫌悪感ならシチュエーションだけで与える事は出来るでしょうが それはただのゴア描写ですよ。 他に描く造き描写があるでしょう!? まな前から「残虐シーン描いておけばお手軽戦争リアリティ」 みたいなトコ..... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 19:01

» 久しぶりに種デスの話でも [Biting Angle]
姫鷲さんの日記で種デスについてコメントした後に いくつか思いついたので、ここで書き出してみました。 姫鷲さんからは「キラは各勢力の上層部(もしくは大物)との 繋がりがあるが、シンにはそれがない。作品上ではその差によって、 キラが主人公の物語に見えてしまいがちである」という趣旨のご指摘が。 (勝手な解釈なので、曲解等あったらお知らせください) なるほどそうだなと思って読ませていただきましたが、�... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 21:50

» ガンダムSEED DESTINY 44話 二人のラクス [LIV-徒然なるままに]
今週の種はディアイザフォーーーー!!って感じでしたね! (どうも種死の後の番組見るといかんな・・・) おふざけはこの位にしておいてガンダムSEED DESTINY 第44話『二人のラクス』感想行きます!!... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 23:18

» 今週のガンダモ種(「二人のラクス」〜両雄並び立たずの原則〜) [◆テラニム日記◆]
ホンモノのラクスが出てきて愕然とするラクツー(ミーア)。 議長「お前、もう用ないから(ニッコリ)」 決断早いな、議長w   どうも議長としては「もう計画は進んでるのさ」と余裕モードのようです。 いろいろ「想定外の」事態はあって多少驚くこともあるんですけど、 もはや「流れ」そのものは変わらない?   にしても、 シン「ねえねえレイ〜、どういうことなんだろう〜、ねえねえったらあ... [続きを読む]

受信: 2005.08.24 00:58

» キラとアスランとシンとレイは共に戦って、こんな絵がNTとかに出るんだろうなって思ってたよ(´_ゝ`) [焼きプリン定食]
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 「二人のラクス」 どーなんですかねぇ…やっぱ本物のラクスの言ってることのが正しいのかい? 議長の言ってることは、ロゴス悪い>ロゴスのジブリール悪い>ジブリールを匿うオーブも悪い、だよね? ラクスの言ってることは、議長ちょっと待て>オーブは悪くない>議長を信じない>でもジブリールは庇わない>話聞いて…ラクス教の洗脳か?(´_ゝ`) わからん…私は、議�... [続きを読む]

受信: 2005.08.24 02:08

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 「二人のラクス」 [現代人は俺を●●●と呼んでいる]
今週の話は、議長やミネルバとかが月にあがる話です。ついでに、月の方で戦闘があります。ディアッカとイザークが登場します。機体も変わってます。 今週は、激しい戦闘がありません。残念です。ミーティアも登場しません。ミーアは登場します。 最近メイリンの口数が少....... [続きを読む]

受信: 2005.08.24 10:30

» GUNDAM SEED DESTINY PHASE-44 [オタミチ]
とりあえず、イザークとディアッカが無事で良かったです。が・・・。 最後まで無事でいて下さい。 ミーア、おどおどしないで、 開き直って、ラクスを演じればいいものを・・・。 ミーアの後ろにいた女性は誰ですか? レクイエム、あっさりプラントを攻撃しましたね。 阻止され... [続きを読む]

受信: 2005.08.24 20:14

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第44話 「二人のラクス」 [スターフィールド・ザ・ワールド(時は止まる)]
感想:今週は「イザーク&ディアッカ大活躍!?シホはどこ?」な44話。それでは早速感想にいってみます。 [続きを読む]

受信: 2005.08.25 10:43

» ガンダムSEED DESTINY 44話感想 [日々の戯言]
PHASE-44「二人のラクス」 、、、話がポンポン進んでイイ感じです(^o^) でもタイトルの「二人のラクス」って程ラクスネタを引っ張ってなかったような気がしてるのだけど、、てゆーか、ラクスネタよりレクイエムがメインの話だったよなぁ、... [続きを読む]

受信: 2005.08.26 13:01

» 44話 [TO Dep-U]
今回はこっちにかきます。 *ラクスすごかった。議長に堂々とけんか売りましたよ。さすが本物!なんか どっちが本物 とか何とかでもめてましたが、ふつうにみてわかるよ ね・・?ミーア動揺しまくってたし。もう本当にミーアかわいそう。本物は出てくるし、議長に見捨てられるし... [続きを読む]

受信: 2005.08.26 21:05

« ワンフェス2005夏 | トップページ | 妖怪大戦争 »