« PCはのっけから絢爛舞踏でした | トップページ | 『無謀キャプテン』でもよかったのでは・・・? »

2005.07.08

積まれたものは増すばかり

『長安牡丹花異聞』(森福都 著 / 文藝春秋 刊)が文庫になったので購入。松本清張賞云々はともかく、以前読んだ『吃逆』(講談社)が面白かったので買ってみました。因みに収録作のうち『殿』はかつて買った『黄土の群星』(陳舜臣 編 / 光文社 刊)にも収録されてました。これも面白かったです。

短編集なので手軽に読めそうですが、一昨日、金庸の『射[周鳥](チョウ)英雄傳』文庫版(徳間書店)を買ってきたばかりなんですよねぇ・・・。『妖怪大談義』もまだ読み終わっていないし。
往復の電車内で読めば多分4日くらいだろうとは思うんですが、最近は電車で寝ないと体がもたなくなってきてて(笑)昨日の寝落ちは・・・昨日は20
時くらいから既に眠かったから体調が悪かったのかもしれません(睡眠不足が限界にきてるという説もあり)。

いずれにせよどこかで「読書時間」を作らないと消化できないのかも。同様に「工作時間」を取って積みプラを消化、「ゲーム時間」で積みゲーを・・・って、あれれ?「ゲーム時間」は既に存在しているのでした。ぽっくり。

|

« PCはのっけから絢爛舞踏でした | トップページ | 『無謀キャプテン』でもよかったのでは・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積まれたものは増すばかり:

« PCはのっけから絢爛舞踏でした | トップページ | 『無謀キャプテン』でもよかったのでは・・・? »