« ビキニで雪国 | トップページ | 前巻の発売はいつだったかな »

2005.06.05

示される世界

『SEED DESTINY』第33話「示される世界」。何というか、ダメシナリオを後から無理矢理矯正しようとしているように見えてならないのですが・・・。その場その場で「こうやったら面白いだろう」ということの切り貼りなので、そろそろ修正も効かなくなりつつあることに気づかないんでしょうか。

ステラ葬送
先週懸念してた通り、ステラをそのまま湖底へ。現在の絵面は綺麗でも、後々えらいことになると思うんですがねぇ。まさか実はステラの体の中には・・・?「おおかみのおなかにいしをつめました」
せめて棺に入れないとステラも可哀想ですが、数日後魚の死体が大量にプカプカと・・・というようなことにもなりかねませんし。掌を相手に向けて下から腕を差し出すポーズをさせたかっただけなんでしょうけど。ハッキリ言って見飽きました。

このシーン、シンのキチ○イっぷりが目に余り、全然悲しくないんですが。
貝殻もそのまま沈めてしまいましたし、マユの携帯をずっと持っていることと比べてもステラとの人間関係が希薄に感じられてしまいました。

インパルスの掌がラストカットでいきなり巨大化しているのが気持ち悪いです。

ベルリン、惨劇のあと
惨劇後の描写が妙にリアルなのはお約束。今となっては、力の入れ所間違ってるとしか言いようがありません。でも配給を受ける人々の表情が妙にヤル気なかったのはスタッフのやる気のなさの現われでしょうか(苦笑)

「しかし・・・酷いものだわ。無茶苦茶よ。・・・地球軍も。」
シナリオも。ホント、無茶苦茶です。
それに基因することでもありますが、、ジブリールは地上を焦土と化してどうするつもりだったんでしょう?しかもあんな無差別虐殺なんかやっていてはロゴスが表面に浮上しなくとも、連合軍自体の存在を危うくする行為でしかない。ロゴス主導の恐怖政治を行なうようでもないわけだし。

「討つべきものはさっさと討ってしまった方がいいのではないでしょうか」
珍しく正論を口にするアーサーくん・・・って、実はこれまでも結構マトモなことは言っていた彼。前後のオーバーリアクションで全て消されてしまっているのが御愛嬌。
でも、このシーン、1番目立つのは彼でも他のザフト兵でもなく、「KAGAME」と「PAKKA」の缶製品(笑)

「シン・・・レイも何をやっているんだ!」
「何を、って、ご覧の通り『機動戦士ガンダムSEED』DVD鑑賞会ですよ。」・・・ではなくて、フリーダム攻略の準備。
実際には「フリーダムとの戦闘シミュレーション」ではなくて「フリーダムの戦闘シミュレーション」。きっとシミュレータ用のテストデータでも作ってたんでしょう。まぁ細かいコトはともかく、レイの言うとおり、ここでのシンの言っていることは正論。でも・・・。

「負けの経験なんか参考にならない」
これは間違い。勝てないうちは、普通はこっちのほうが重要。
だけどシナリオ上勝っちゃうんでしょうからある意味正論とも言えるんですが(苦笑)シンの自分ワールドの壁はどんどん厚くなっていく・・・。

アスラン、何しに来たんでしょう?フリーダムへのシンの敵意をアスランに見せるためだけのシーンなら不要。少なくともこんな不自然な展開はマズイでしょう。こういうことやってるからダラダラしているように見えてしまうのです。

「フリーダム・・・オレが斃す」
悪役の台詞。これで目が光れば完璧(笑)
やはり主人公はキラ様なんでしょうか。

「この人・・・ムウ・ラ・フラガよ。今は・・・肉体的には。」
実はこの作品のテーマって「記憶」なんじゃないかと思う今日この頃。戦争云々なんかより、こっちのテーマで進めていったほうが纏まる気がします。でもね、あれだけ大言吐いた以上、当初のテーマで決着付けてくれないと納得いきません。富野由悠季でなくとも怒りますよ。

フラガが目覚めたときのBGMは・・・韓流とか往年の少女向けアニメといった風。こういう演出は鼻につきます。ヤメテ。

「一目惚れでもした?美人さん。」
どこかで見たようなシチュエーション。ミリィがいたら邪神降臨したかも?(苦笑)

「でも、あれはムウさんなんです」
フィジカルデータとの照合率はともかく、何でわかるの?>キラ様。宇宙世紀同様のNT能力が身についたということでしょうか。ストライクフリーダムにはドラグーンついてるらしいですし、もう何でもアリ状態。
まさかキラ様とフラガは「そういう関係」だからわかるということ?!うわぁ。だとしたらラミアス艦長は不憫すぎ。・・・今年の夏はこのネタで出店する人がいると思います、絶対。

「新品持ってきたほうが手っ取り早いよ」
その通り。ルナザクはレイザクの予備パーツとして、セイバーは部品にバラしてしまうのが正解でしょう。特に後者はワンオフマシンだから予備パーツも少ないだろうし。レイザクの腕がいつまで経っても直らないのは何故?腕パーツをどこかから持ってきてつけるだけでしょうに。外装や主砲はあっという間に直すのにMSは放ったらかし。
タリア艦長が「ゲリラ屋本来の戦い方」を見せてくれるんでしょうか。

実際のところインパルスVSフリーダムのタイマンをやらせるために直さないだけでしょうけどね。底が浅い作品なんてそんなモンです。

ルナ大攻勢
さりげなくアグレッシブモード。作画にも愛を感じます(笑)しかし、正面からの直接攻撃もアスランには効かず。残念!
傷心のアスランを気遣わしげに見遣るメイリンのカットもあったことですし、メイリンもそろそろ攻勢かける時期かな。ホーク姉妹の明日はどっちだ?!
ある朝ベッドでアスランが目覚めると左右にはホーク姉妹の寝姿があったりとか・・・ちょっと羨ましい(笑)

このシーンで何よりもルナが可哀想なのは「ルタマリア」と呼ばれていること。こんな台詞にOK出すなよ。適当だなぁ。

ジブリール狼狽
何故放送が止められないのかはひとまず置いておいて、デストロイガンダムがやられてしまった場合のことは何も考えていなかったのでしょうか、このヒト。仮に考えていなかったとしても、デストロイ撃破後に手の打ちようはあったはず。「何だ、これは!」とはこっちの台詞です。

さて、止められない放送、これはどのように流しているんでしょうか。局自体がロゴスの命令を聞かないということも考えられますが、女子学生の携帯にも映像が流れてるということからして、電波ジャックのようなことをして強制的に表示させていると考えるのが妥当。
以前にも書いたことがありますが、このような芸当ができるのなら地球はあっという間にコロニーの支配下に置かれるようになるはずなんですがね。
これがテレビ放送だけならそれほど問題でもないのですが、奇抜なことをやろうとして携帯なんか出すからおかしなことなるのです。女学生は「たまたま」TVを携帯で見ていたのだとしても、他のシーンではサラリーマン風の男も携帯での通話を中断しています。話を中断したというよりは、通話できなくなった描写でした。
「あらゆるメディアを通して」と劇中に説明があるとはいえ、やり過ぎ。あと、プラントは街頭の巨大モニター多すぎ。

ステラを想うネオ
デストロイが倒れる直前、カオス爆発の映像も出てますよ?あぁ・・・オクレ兄さん・・・。

「フリーダムが・・・いない!」

この情報操作がなければ議長も正義の人なんですが。演説は正論でも、ここの理由如何によっては全然変わってきますからね。議長の真意が判明するのはいつの日か(もう残り少ないけど)・・・。

ジブリールが見てるモニターにはフリーダムが映ってるのはナイショ。

ラクス様マンセー
演説にラクスが出るだけで熱狂するプラント国民。議長が偽者を使いたくなるのもわかります。いつも思うのですが、この熱狂ぶりは異常としか言いようがありません。私が知らないだけで、どこかできちんと説明されていたんでしょうか・・・?

いつものことながらミーアの衣装はエロ過ぎ。ビキニで出たほうがまだ大人しい気がします。そんな演説全然説得力ありませんが(笑)でもプラントの民は信用するんだろうなぁ・・・。アーサーなんか涙流して喜びそう(苦笑)

ミーアが出てきて嬉しさを隠せないアーサーに対して、タリアは失望を隠せない様子。艦長は何をどこまで知って(推理して)いるんでしょう。

ラクスは恐ろしいほどの影響力。キラ様は恐ろしいほどの武力。カガリ様は恐ろしいほど無力。同じ「様」でもえらい違い。「権限と力」という言葉にアスランが悩む理由はこの辺?(笑)

で、本物のラクスは何やってるの?宇宙にはエターナルの艦長席を磨きに上ったわけではないでしょうに。結構な時間が経っているはずなんですが・・・。

ロゴスへの宣戦布告
メンバーはバレバレなのね。ザフトの諜報力をもってすれば私生活の写真を入手することなど簡単なのか、単にロゴスの人々の警戒心が薄いのか。実は影の組織ではなくて「KKNK(巨大企業日本の黒幕)」みたいに表立った組織とか?(笑)

モニターには「ブルーノ・アズラエル」という人物が。アズラエルの親父でしょうか。となれば、アズラエルはコネでブルーコスモスの理事になってたんでしょうね。

ともあれ、議長がベラベラと語ってストーリーは次の展開へ。また?

次回予告
いきなりBGM変わりました。変な曲。

Aエンジェルとミネルバの距離が近すぎる気がしますが・・・何らかの理由によりお互いのレーダーが麻痺した状態での遭遇戦なんでしょうか。特攻かけられたら避けられない距離ですから埋伏していたわけでもないでしょうし。

「爆炎はやがて勝者を決める」とありますので、フリーダムが落ちるんでしょうね。でもそうするとシンがデスティニー貰う理由が・・・。あ、悪役だからいいのか。逆にフリーダムが勝っちゃうとキラ様がストライクフリーダムを貰う理由もなくなりますしね。

そしてビームサーベルの鍔迫り合いのシーン。リアルじゃないからサーベル同士の切り結びはやらないと言っていたハズでは?少なくとも前作ではそうだったように思えますが『DESTINY』で変わったんでしょうか。縛りを自分で作っておいて、都合が悪くなると「なかったこと」にしていくんですね。
やれやれだゼ。

|

« ビキニで雪国 | トップページ | 前巻の発売はいつだったかな »

コメント

> せめて棺に入れないとステラも可哀想ですが、数日後魚の死体が大量にプカプカと・・・というようなことにもなりかねませんし。

いやむしろ…、
ステラの体内の薬を摂取した魚は、強化半魚人になってしまうんですよ。
大量発生した半魚人は人間を襲うようになり、半魚人vs人間の戦いが勃発。
人間たちは、ナチュラルもコーディネーターも無く一致団結して、半魚人と戦うのであった。
…めでたしめでたし?

> 縛りを自分で作っておいて、都合が悪くなると「なかったこと」にしていくんですね。

臨機応変に変わるのが、大人の行動ってものです。
今週の「エウレカセブン」も、そういう話では無かったかと…。

投稿: えのっち | 2005.06.05 16:24

えのっちさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>ステラの体内の薬を摂取した魚は、強化半魚人になってしまうんですよ。

近隣住民の生活用水として使われていないことを祈ります。

>臨機応変に変わるのが、大人の行動ってものです。

『エウレカ』、コメントいただいたときはまだ見てなくて、さっきやっと見ました。確かに結果オーライという点では大人の行動もアリ。となると『種デス』は最終回まで待たないといけないんでしょうか・・・つ、辛い。

投稿: 姫鷲 | 2005.06.06 01:05

こんにちはー。
>シナリオも。ホント、無茶苦茶です
そんな中で唯一まともなタリアさんにはぜひ頑張ってもらいたいですね^^;
一応主人公を乗せた艦の艦長なんだし。一応・・(笑
次回予告のあのナレーション。
AAが正義でミネルバが敵って感じに聞こえるなぁと思いました。
キラがいるからしょうがないと言ってしまえばそうなんですけどね^^;

投稿: 笙子 | 2005.06.06 17:42

笙子さん、こんにちは。

>そんな中で唯一まともなタリアさんにはぜひ頑張ってもらいたい

まともな人間ほど損をしているこの作品。タリアも次から次へと問題が積まれていって、気苦労ばかりで思うように能力も発揮できてなさそうです。そろそろストレス発散させてあげないと・・・。
次週はマリューとタリアの直接対決ですがタリアを知るマリューはやはり手加減してしまうんでしょうか。逆にタリアがマリューを認識したときの反応は?その辺は楽しみです。スルーされないといいのですがね。

投稿: 姫鷲 | 2005.06.06 23:32

こんにちは~

>実はこの作品のテーマって「記憶」なんじゃないかと思う今日この頃。

おおおおお!
どこかに同じようなことをおっしゃってる方がいましたよ。
こういう少数派意見ってとっても的を得ていて、読んでいてとてもおもしろいです。

アスランも回想ばっかりしてますしねー(これもある意味記憶w)

投稿: みずそら | 2005.06.10 01:38

みずそらさん、こんにちは。

興味を持っていただいてありがとうございます。
マリューとフラガのシーン見ていたら、この作品で1番丁寧に作られていて且つ面白いところって「記憶」の生み出す「すれ違い」なんじゃないかと改めて感じました。エクステンデッド達の散り際に、操作された記憶について触れられていれば尚良かったんですけどね。

投稿: 姫鷲 | 2005.06.10 22:46

シンなんてアナキンのスターウォーズの丸パクリですから

それにまんまZのフォウのシーンをやって何が楽しいのでしょう
彼らには模倣しかできない無能ばかりですね

投稿: もここ | 2005.06.10 23:35

もここさん、こんにちは。
訪問ありがとうございます。

オマージュやリスペクトとパクりは違いますからねぇ・・・。それがわからずに乱用するからお粗末な結果に。過去のシリーズのファンがニヤリとするとでも思ってるんでしょうね、きっと。

投稿: 姫鷲 | 2005.06.11 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 示される世界:

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33 「示される世界」 [俺のタイムラグ]
   アバンでは前回死亡したステラの処理。   「深海の孤独」を流していていい演出だったんですけど、どうもこのシーンはFF7を思い出して仕方ない。 それとこれは前回のラストに持ってきてエンディングを深海の孤独にしたほうがよかったような気もする... [続きを読む]

受信: 2005.06.05 15:06

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-33「示される世界」 [consentの運命的なブログ]
シンはユーラシア西側での戦闘で亡くなったステラの遺体を海にそっと沈めてあげ、フリーダムへの復讐を誓う。 アスランはある時シンの部屋に訪れる。そこにはフリーダムとの戦闘シュミレーションをしているシンと レイがいた。 アスランは何故そんな事をしているのかと問うが、「強いから」 「なにか合った時討てる奴がいなけりゃ困るでしょ」 とあっさり答えられてしまう。 レイもダメ押されて納得のい�... [続きを読む]

受信: 2005.06.05 15:30

» 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第33話 [salty blog]
第33話「示される世界」湖にて、死体遺棄の現場から生中継です。ステラたんの身体…重石を付けていないのに沈みます。…やっぱアレですね。変な薬やってたから身体の比重も変わったのかな?でも、後で浮き上がって来る可能性もあるし…、そしたら迷惑だと思うなぁ。もうちょっと考えよう... [続きを読む]

受信: 2005.06.05 16:16

» 第33話「示される世界」…彼の名前も呼んでください… [何気に追記あり] [−SEED・エスカフローネに愛を注ぐ−]
今回は、泣いたり喜んだり大変でした……。 OPの後の提供スポンサー表示画面の音楽が変わっていたことに驚きました。 今回はBGMが多少変更ありましたね。 やっぱり先週と今週がターニングポイントってことなのでしょうか。 そして、ブルーコスモスのおじ様が「デュランダル」と名前を言っていました。 やはり議長はブルコスとつながっていたのです�... [続きを読む]

受信: 2005.06.05 17:15

» SEED DESTINY 33話 [CODY スピリッツ!]
最近、ステラ死亡のスティング生死不明、ネオにいたっては捕虜になってしまいファントムペイン撃滅!(byクロト)になってしまった全国のS−Dファンの皆様早速感想に入ります。 [続きを読む]

受信: 2005.06.05 17:58

» です種33話感想 [僕たちの]
今回はちょっともう・・何もいえないよ・・!って気分ですあたし。 ああもう。とりあえず感想いってみます。たぶん妙なテンションですあたし。 ・シンステ ステラ・・!なんでシンがあんなにステラステラ言ってるのかがよくわかんないのは置いといて(ばかでごめん...... [続きを読む]

受信: 2005.06.05 20:06

» 種デス PHASE-33 示される世界 [PAWA-TYPE]
前回死んでしまったステラを湖に埋葬するシン。 FF7を彷彿とさせるシーン。 でもそれ犯罪じゃないのか!? 死体遺棄・・・軍規違反だけじゃもの足りなく犯罪にも手を出してしまったスーパーエース。 それにステラは泳げない・・・゚・(つД`)・゚ あとで浮か... [続きを読む]

受信: 2005.06.05 20:43

» PHASE-33 示される世界 [shunichiro0083のアイの種運日記]
・取り敢えず、「種運」終盤の予想。 1.ロゴスには実は最高幹部会議・十二使徒がおり、それぞれが最高級のガンダムを保有し、ミネルバを苦しめる。 2.更にその上にはロゴス大首領<デウス>がおり、彼が駆るアポカリプスガンダム打撃自由や無限正義、運命が束になっても敵わない程の戦闘力を持っている。 3.実は<デウス>はデュランダルの双子の兄であり、なんとこの戦争は壮大な痴話喧嘩であった。 4.シンやキラらを使って首尾良く兄たる<デウス>を斃したデュランダルの真の目的は、ロゴスなき世界の支配者となる... [続きを読む]

受信: 2005.06.06 13:26

» デス種 PHASE-33 「示される世界」 [虚辛会日報]
デュランダル議長は『ロゴス』の存在を暴露し、民衆を一気に扇動した。 ロゴス憎しに一気に染まりあがる世界。 議長の演説は尚続く。 「たとえばこの人物」 [続きを読む]

受信: 2005.06.07 11:40

« ビキニで雪国 | トップページ | 前巻の発売はいつだったかな »