« FATES | トップページ | Wing Love »

2005.05.09

エウレカといえばRPGマガジン

『エウレカセブン』放送開始より早1ヶ月。
さすがに第1話の作画クオリティは続きませんでした。長丁場の作品なので作画レベルの変動も仕方のないところです。今のところはそれほど気になりませんけどね。このまま維持して欲しいものです。

オープニングには早くも新カットが挿入されました。ダイアンとコケティッシュな美少女。シンシア・レーンを彷彿とさせます。
それにしても何度見てもオープニングの飛翔感は気持ち良いです。ニルヴァーシュ、レントン、エウレカが順に顔を上げて…ニルヴァーシュ発進!というカットもツボ。

本編はレントンのモノローグを中心としますが、カット割りが上手くテンポが良いのでそれほど煩さは感じません。主人公主人公してていい感じ。でもニルヴァーシュをエウレカが操縦している関係上、熱血度はやや不足気味。いずれその辺の物足りなさも解消されるといいのですが…。

サーフィンをするメカというのも新鮮。疾走感+飛翔感が小気味良いです。圧倒的な能力差で、あっさりと戦闘が終了してしまうのですが、泥臭い撃ち合い・殴り合いよりも空中戦の爽快感を味わうのが正しい見方なのかな、と。ロボットの迫力と力強さは『アクエリオン』のほうで堪能するとします。
心配なのは、目新しさがなくなったときの演出。4クールの間中ずっと新鮮さが持続するわけもありませんからね。同じことをやっているだけでは飽きます。どこでアッと言わせてくれるか…。スタートダッシュは面白くて当然。

|

« FATES | トップページ | Wing Love »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エウレカといえばRPGマガジン:

« FATES | トップページ | Wing Love »