« 巧夫足球 | トップページ | エウレカといえばRPGマガジン »

2005.05.08

FATES

『SEED DESTINY』第29話「FATES」。「fate」が示すとおり、運命・宿命・死をテーマとして議長が淡々と語る「総集編」。放送時間の半分くらいが前作の画っていうのはどうかと思います。

因みにファーストガンダム第10話「ガルマ、散る」の欧米向けサブタイトルは「Garma’s Fate」でした。そんなことを考えているうちに思い至ったのが以下のネタ。
----------------
「我々は1人のアイドルを失った!…(中略)…諸君らが愛してくれたラクス・クラインは死んだ!何故だ!?」
「ミーアだからさ」
----------------
ミーア1人殺すだけでザフト軍の士気大幅アップ間違いなし!

新旧キャラ変遷
昔と比べるとキラもアスランもギスギスしたイヤなキャラに変貌したことを痛感。

「それが何故、彼と出会ってしまったのか…」
こういう言い回しをするということは、キラだけでなく、ラクスにも出生の秘密が?議長がラクスに拘る理由はそこにあるのかも。
少なくとも議長はキラの誕生の経緯を知っていて(クルーゼが知っているんだから当然ですが)、キラは別の目的のために利用しようとしているのでしょう。実はラクス邸襲撃もラクスの略取・殺害ではなく、キラをラクスから隔離するためだったりして。

クルーゼの薬
やはりクルーゼに薬を都合していたのは議長。実はその薬、よく見ると『真夜中の弥次さん喜多さん』で喜多さんが飲んでたヤクと同じカプセル!

ヤングタリア
何故水着のカットが?やはり議長も人の子ということですか…。まぁだからミネルバ内でも燃え上がっちゃうわけで(笑)
それはともかく議長とタリアの関係が明らかに。「子供が欲しい」という理由で別れた過去があったとは意外です。
ここで話に上っている「プラントのルール」というのは「決められた相手としか子供を儲けられない」ということでしょうか。コーディネーターは遺伝子操作されてるわけですから勝手に子作りすると何やらまずいことになるんでしょうね。城戸光政翁は絶対コーディネーターになってはいけません(笑)<でもこの人、出生率の底上げに貢献しそう。

若タリア・・・年をとったらオバ・・・ゲフンゲフン。

議長とクルーゼの会話
何やら哲学的ですが、会話・独白の内容からすると、実は議長は愛の戦士のような気がしないでもありません。わざわざタリアとの過去を挿入したことも考えると何らかの関係があるように思えます。

結局タリアの子供ってどうなったんですかねぇ…。

チェス盤
 ・議長が最初に動かすのは白のポーン。
 ・クルーゼが手にしたのも白のポーン。次のカットでは盤面で倒れている。
 ・議長が握りしめたのは白のビショップ。盤面で唯一立っている駒。
この辺は議長やクルーゼ自身、そして思想の暗示なんでしょうね。ラストカットでは白のビショップも倒れていました。ということは…。

レイの出生
相変わらずはっきりとは描かれず終い。今回描かれたたのがクルーゼがレイを連れ出すシーンなんでしょうけど…。

「アデニン、グアニン、シトシン、チミン…」
塩基構造ですね。「最初から正しい道に」という議長の台詞も意味深です。コーディネーター誕生の部分から変えようとしているということでしょうか。さすがにそれは無いと思いますがね。

次回予告
ルナマリアが意外にも軽傷。起き上がれるようになるまで暫くかかると思っていました。戦線復帰は当分先でしょうけどね。
ステラは依然としてダウン。もしかしてシンがインパルスで連合に返しに行っちゃうんでしょうか。キラがラクスを返しに行った件の焼き直し?でも軍人のシンがそんなことをしたら利敵行為で極刑ということにも。キラでさえ銃殺の可能性があったわけだし。それにしても主人公が刑死する作品って…『閃光のハサウェイ』のオマージュですか。

|

« 巧夫足球 | トップページ | エウレカといえばRPGマガジン »

コメント

コメントありがとうございました。非常に参考になりました。私も姫鷲さまのように、太い幹の通ったテーマ展開を目指すべきなのかな?と正直迷い迷いなのですが、日々の時間配分や自分自身のスキルなどから、ぱらぱらと節操の無いブログになってしまってまして・・・。
ただしご指摘いただいた中の『関係を継続させること』の大切さに関しては大きな指針を与えてくださったなぁと感じています。
いただくばかりで何をお返しできるかは今後の私次第と思われます。姫鷲さまのような『こだわり』をもった方の文章には、ビジネスを通して接する文章が逆立ちしても身に纏えない『情熱』を感じます。しばらくは私がいただくばかりになってしまうかも知れませんが、今後も覗きに参らせていただきますので、時にコメント残させていただくことお許しくださいませ。何卒、宜しくお願い申し上げます。

投稿: マイルス | 2005.05.09 11:56

マイルスさん、こんにちは。
お役に立てたようで良かったです。その上お褒めの言葉まで戴いてはこそばゆい感じがします。本人はそれ程意識して書いてはおりませんので(笑)

このブログが気に入っていただけたようでしたら、是非また訪問くださいませ。お待ちしています。

投稿: 姫鷲 | 2005.05.09 13:22

こんばんは。

>もしかしてシンがインパルスで連合に返しに行っちゃうんでしょうか

行っちゃいそうですよね;;ステラがずっとミネルバに乗っているのはあいえないでしょうし。前作のキラとかぶるのはなんだか複雑ですが^^;。それにしてもシン、今までの勝手な行動の上にそんなことまでしちゃったら本気でやばいんじゃ・・と心配しています^^;

ルナマリアが元気そうで良かったです^^TB、コメントどうもでした。

投稿: ひお | 2005.05.09 21:17

こんにちは、ひおさん。
シンはかなりヤバいですよね。ステラを保護したことでも説教喰らっていたのに、その上敵に返しちゃうとなると…言い訳無用状態。これでシンを退場させて、主人公をキラにしてしまおうという策略だったり?

投稿: 姫鷲 | 2005.05.09 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FATES:

» 京都から最強キャラがやって来た!! [『リセットマネジメント』一直線! マイルスの目指せWinWin関係]
マイルスでっす!! 昨日、京都のイベントを書いた関係か?今日、京都から珍客がオイ [続きを読む]

受信: 2005.05.08 21:18

» 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第29話 [salty blog]
第29話「FATES」議長とクルーゼが語る、総集編でした。とりあえず、目新しいことは…。1.議長とクルーゼが知り合いだったこと。 議長はクルーゼの生い立ちや思想まで知っていたようですし、クルーゼの薬も議長が提供した?相当親密な仲だったようです。2.幼少時代のレイをクル... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 23:13

» PHASE-29 FATES [shunichiro0083のアイの種運日記]
・まあ、議長の回想ではなく幻視と考えればあれもまあ、有りなのかなあ・・・という感じのお話でした、個人的には。  きっと議長はとんでもない程の情報収集能力を持っている、ということなんでしょう。 ・今回明かされた衝撃の新事実は昔タリアさんと議長が恋人同士で、そして別れていたということ。正確にはタリアさんから三くだり半を議長が突きつけられていたのですが。その理由が「子どもが欲しいから」というものなので、どうやら議長は無精子症か何かなのではないかと思われます。或いはパイプカットでもしているのか。 ... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 12:58

» デス種 PHASE-29 「FATES」 [虚辛会日報]
メモリー・オブ・アドバンスド・ディスティニー(FATE) ◇ その日、スーツに袖を通しながら聞いたニュースの占いの運勢は最高。 [続きを読む]

受信: 2005.05.09 15:14

» です種29話感想 [僕たちの]
遅ればせながら。総集編(種の)でしたが新規カットもありましたね。 反転がめんどくさいので(エー)ふつうにかきます。ネタバレちゅういー。 思ったことを箇条書きで。 ・種時代のキララクアスやその他諸々が今思えば幼くて初々しいなぁ ・あー昔はこんなに可愛か...... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 20:17

» G S D・第29話・FATES [Indigo Blue]
議長の回想&キラとラクスの出会いから 停戦に至るまでのお話。 間に議長とタリアの [続きを読む]

受信: 2005.05.11 23:46

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-29 FATES [SEED STYLE]
ラクスのシャトル強奪事件を、あくまで偽者の犯行として処理するデュランダル議長。 クルーゼの幻影を思い描きながら、ラクス・クラインとキラ・ヤマトが出会った運命について思考する うちに、自らの過去とダブらせてゆく…。 ... [続きを読む]

受信: 2005.05.14 15:28

« 巧夫足球 | トップページ | エウレカといえばRPGマガジン »