« 閃光のミネルバ | トップページ | ドラブー『種デス』編 »

2005.05.26

喫茶ルパン

池袋のジュンク堂書店で『喫茶ルパン』が開店しているそうです。横山秀夫の新刊『ルパンの消息』のキャンペーンだそうです。筆者自身が吟味したブレンドが楽しめるとか。電車の吊り広告で見ました。
実は横山秀夫は読んだことないんですよねぇ…。『半落ち』とか話題になりましたが、話題になった作品ほど読む気が失せるという、ひねくれた性格なもので。ミステリ自体もあまり読まないというのもありますが。
そんなわけで『喫茶ルパン』と聞いて真っ先に思い浮かんだのが『Dr.スランプ』の名エピソード。オチとしてはあまりにもくだらないところが逆に秀逸な話でした。
通勤中、「この広告を見て同じコトを考えた人が他にも1人くらいいてもいいよなぁ」と、こぼれそうになる笑みを必至に我慢しつつ周りを見渡してしまったのでした。朝から挙動不審なリーマン1人。

|

« 閃光のミネルバ | トップページ | ドラブー『種デス』編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶ルパン:

» ルパンの消息 [booksjp]
「昭和」という時代が匂い立つ社会派ミステリーの傑作!平成2年12月、警視庁にもたらされた一本のタレ込み情報。15年前に自殺として処理された女性教師の墜落死は、実は殺人事件だった――しかも犯人は、教え子の男子高校生3人だという。時効まで24時間。事件解明に... [続きを読む]

受信: 2005.06.12 18:16

« 閃光のミネルバ | トップページ | ドラブー『種デス』編 »