« 『もっと!ドラえもん』創刊 | トップページ | きた、きた、きたっ!これが逆境だっ! »

2005.04.26

三国志大戦解説本

ACカードゲーム『三国志大戦』のガイドブック『三国志大戦 必勝戦術講義』が発売されました。ゲーセン行ってまでやる気はないのですが、カードイラストには興味があったので購入。でも¥2000はなぁ…。高い、高いよ、講談社さん。

ざっと眺めましたが、どうも自分のイメージに合わないイラストが多くて、ゲームに手を出さなくて良かったと思う反面、立ち読みしてから本を買えばよかったという後悔の念も。…と、こう書くと損得相半ばっぽく見えますが、要は「無駄遣いでした」ということです。『武将FILE』のほうが良かったかも。あうぅ。
それではあまりにも寂しいので、気になったカードイラストをピックアップ。

  • SR黄氏:なんとCLAMPのイラスト。CLAMPファンとしては欲しいトコロ。兵科は攻城兵なので、『孔明の野望』(著:加来耕三)での機甲部隊「八紘一宇」の総司令官のイメージなんですが…イラストはスチームパンクな女の子。
  • SR錦馬超:イラストは岡田芽武。欲しい。この人が描くと武力100くらいに見えるのは何故だろう。それは武技言語や小宇宙で戦うから(笑)


  • 賈詡[ク]:三国志の登場人物としては一番好きなんですけど、イラストは好みではなく、ガッカリ。能力的には強いらしいのですが、ゲームはやらないので関係なし。
  • 郭嘉:黒と赤のコントラストがシブいです。不健康な顔色は今にも死にそうな感じ(笑)手に持っているのは竹簡と…酒?司空軍祭酒だから?
  • 郭皇后:女王サマ。おみ足にしか目が行きません(笑)
  • 楽進:こういう地味な旗本衆を地味に描いてくれるのはイイ。奇をてらわないところが好みです。
  • 牛金:牛はないでしょ。最悪。
  • 荀攸:「甥」という言葉にとらわれすぎたのか、荀?ケ[イク]よりはるかに年下に描かれています。同じイラストレータなのに。勉強してね。
  • SR曹操:信長。
  • 張氏:仲達夫人などというマイナーな人物を出すくらいなら他の武将出せばいいのに…。まぁこういう美女キャラがいないと商品的に売れないんでしょうけどね。
  • 夏侯氏:夏侯妙才の姪にして張飛の妻。こんなマイナーな(以下略)。この婚姻については田中芳樹が短編で書いてますね。
  • 魏延:ネイティブアメリカンみたいだがカッコイイ。でもすごく裏切りそう(笑)
  • 老黄忠:矍鑠なるジジイ、カッチョエエっス。関羽の仇討ち時の単騎駆けのイメージです。紅い偃月刀もカッコイイです。
  • 周倉(蜀):虎の腰巻をつけて筏に乗ってる様は孫悟空のよう。
  • 雷銅:雷だからって雷様は(以下略)。しかも太鼓の文字はイナズマン風だし。
  • SR甘興覇:燃えるオヤジっぽくてモロ好みなんですが…どうみてもイスラーム。甘寧のイメージじゃないです。
  • SR周瑜:ファンタジーRPGに出てきそうな雰囲気。本人よりも背景の炎上する船のほうに興味があったり(笑)
  • SR小喬:八神ひろき画だけあってムチムチです。某ゲームのロリロリしたのよりはコチラのほうが正解に近いと思います。
  • アンコ小喬:うわぁ、こっちはロリロリだ!(笑)
  • 諸葛子瑜:牛金が牛ならこちらは驢馬でもいいんじゃないかなぁ。
  • SR大喬:八神ひろき画。ムチムチです。姉妹なんだし、まぁ妥当かな。叶姉妹みたい。
  • アンコ大喬:アンコ小喬に対して、こちらは艶やかなお姉サマ。大喬のイメージはみんな同じなんですねぇ。「大」だから?
  • 二張:爺さんキャラは好きです。知力が9もあるのが好評価ですね。演義ではどちらかというと地味なのに。
  • 呂範:謀臣らしいダーティなイメージ。結構カッコイイです。コーエーの『三国志』シリーズではどちらかというとB級のイメージがあるんですが…。
  • 魯粛:ゴツい。もう少し貧相な(といっても富豪ですが)イメージがあったんですが、こんなのもアリなのかも。それにしても…アゴ。うん、アゴ。
  • 献帝:優男、色男。凄く聡明そう。まぁ元々賢かったんですが。
  • 公孫瓚[サン]:ゴージャス!TVゲームのキャラだったら「伯珪サマ」って呼ばれることでしょう。確かにコレなら白馬義従は凄く煌びやかですわ。

結局欲しいのは最初に挙げた2枚だけなのですが…スーパーレアなだけあってウン千円とするんでしょうなぁ(未確認)

|

« 『もっと!ドラえもん』創刊 | トップページ | きた、きた、きたっ!これが逆境だっ! »

コメント

お邪魔致します。
黄月英さんは大体5000円前後、錦馬超は…7000円前後、と凄いことになってるみたいです。>http://www.aucfan.com/
私的には司空軍祭酒と郭皇后(私もあのおみあしに一寸ノックアウトです)が欲しかったり。
取り敢えず手を出す事はやめておきます>本<マテ

ところでこの背景、格好良いですね。蒼モードも出来たんですか~。

更に脱線で、逆境ナイン、劇場映画になるんですね。あの始まりととっても逆境なポーズは忘れようとしても忘れられません…。

投稿: りおっと | 2005.04.28 10:59

りおっとさん、いつも訪問ありがとうございます。

>黄月英さんは大体5000円前後、錦馬超は…7000円前後

今日会社帰りにカードショップの店頭のほうも確認してきました。馬超は1万円超えてるところもあって、ビックリです。ちょっと手が出ません。

>ところでこの背景、格好良いですね。蒼モードも出来たんですか~。

蒼い背景は最近できたテンプレートです。赤よりも目に優しそうでったので乗り換えました。無料のコースでももう少しいじらせてくれるといいんですけどね。>ココログ

投稿: 姫鷲 | 2005.04.28 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国志大戦解説本:

« 『もっと!ドラえもん』創刊 | トップページ | きた、きた、きたっ!これが逆境だっ! »