« デストロイガンダム | トップページ | 戦火の蔭 »

2005.03.26

月にマユ 地(ガイア)にはステラ

今をときめく福井晴敏の『月に繭 地には果実』が愛蔵版になって発売されました。幻冬舎刊で2000円(税抜)也。
言ってみれば『ターンAガンダム』のノベライズなんですが、SFとしても十分に面白く、アニメ版やガンダムを知らない人にもオススメできる本です。そう言っている私は立ち読みで済ませてしまったので持ってないんですが(笑)
新書版、文庫版ともに、揃えると¥2000超えてしまうので、どうしようかと迷っているうちに現在に至る、という形でして…。結果的に愛蔵版が一番安いという結果になりました。いい機会だから買ってしまおうかな。表紙も綺麗だし。

ヒゲのガンダムは嫌いという人が多いのですが、私は結構好きです。MSもキャラクターも、所謂「オタク受け」するデザインとは程遠いんですが、ストーリーとキャラクター付けがしっかりしていて楽しく見られた作品でした。菅野よう子の劇伴曲も作品にマッチしていて良い味を出しています。毎週ここでバッシングしている某ガンダムとは大違い。美形+人気声優のお陰で人気が出ているのに、全て自分の功績だと自慢する監督の作品など「ミトメタクナイ、ミトメタクナァーイ!」
いやまぁ面白い作品作ったのに、毎度毎度自分の作品をケチョンケチョンに言う監督もどうかとは思いますけどね(笑)

|

« デストロイガンダム | トップページ | 戦火の蔭 »

コメント

福井 晴敏が
ガンダム小説?
なにそれ
それは、興味しんしんでござるよ。

投稿: ナミマおおさか | 2005.03.26 22:52

>福井 晴敏がガンダム小説?

実際には「ガンダム」というメカが登場するSF小説。良くも悪くも福井節バリバリなので、単純にTVアニメのノベライズと思って読むと痛い目にあいます。逆に福井晴敏作品が好きな人にはオススメです。
文庫版は3巻、新書版は2巻、愛蔵版は1巻。5年前の本なので古本にも出回ってると思いますよ。新書版だけはタイトルが『ターンエーガンダム』となっているので探す場合は注意されたし。

投稿: 姫鷲 | 2005.03.27 04:42

>実際には「ガンダム」というメカが登場するSF小説。>良くも悪くも福井節バリバリなので、>単純にTVアニメのノベライズと思っ>て読むと痛い目にあいます。>逆に福井晴敏作品が好きな人にはオススメです。

「TVアニメのノベライズでないガンダム」ってとこが
かなり個人的に良いですな。
じつは福井作品は読んだこと無いので
これをきっかけに手を出そうかな。

投稿: ナミマおおさか | 2005.03.27 16:13

>これをきっかけに手を出そうかな。

私も記事を書いた後に、買っておくべきだと思って地元の本屋に行ったら置いていませんでした。『ローレライ』上映真っ最中なのに。まったく、田舎はこれだから…しくしく。

投稿: 姫鷲 | 2005.03.27 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月にマユ 地(ガイア)にはステラ:

« デストロイガンダム | トップページ | 戦火の蔭 »