« 『トリスタ』ホワイトデーイベント | トップページ | マーズ、悲しみ終わるまで… »

2005.03.13

さまよう眸

『SEED DESTINY』第21話「さまよう眸」。今回はキャラクターの回。『DESTINY』はストーリー、キャラクター、戦闘、この3パターンのローテーションになっているので非常にテンポ悪いです。毎週チェックするよりは、番組終了後にDVDなりビデオなりで一気にチェックしてしまうほうがいいのかも。そうすると総集編要らないんだよなぁ…。シリーズ構成ミスなのか、展開を確認しながら行き当たりばったりで話を作っているのか…いずれにせよ監督夫婦にもっとしっかりしてもらわないと。

アバンタイトルはコントみたいで好みではないんですが、フラフラと立ち去るルナマリアが可愛いので許す(笑)
以後、Aパートもルナの嫉妬は続きますけど、ルナの考えは今一つわかりません。「ラクスはアスランの婚約者だと認識している上でアスランにモーションをかけている」状態だと思っていたんですが…あんなに激しく感情を顕にするということは、アスラン、もう手を出しちゃったの?「あの状況がふしだらだ」と怒っているのならば真っ先に槍玉に挙げられるのはタリア艦長なわけだし(^-^;)
あまりの怒りっぷりに、エレベータの中で種が割れるかと思ってしまいました(笑)

フィギュアが出たときに話題になりましたが、劇中でもルナマリアは「青(紺)」。宇宙ではハンガーの面々はピンクと青のコントラストを見上げているわけですな。青…ねぇ…。

ミーアに易々とベッドに潜り込まれてしまうあたり、アスランは危機感知能力が低いんでしょうか。起きているときは優秀でも、寝ているときは無能?ラクス襲撃時に一緒にいたのがキラではなくてアスランだったら殺されちゃってたかもしれませんね。それともミーアは特A級のエージェントだったりとか?(因みにコレを書いているバックでは『必殺!』シリーズのBGMが流れてます)

ミーアはミーアで、イメージのラクスが取る行動をトレースしようとしているようですが、その真意は何なのか未だ見えません。悪人説をとるならばアスランを利用するためになんでしょうけど、善人説ならば…?何らかの理由で虐げられた孤独な生活を送っていたところを議長に拾われて…寂しさを癒すために、憧れの人、ラクスと全く同じ行動をすることで温もりを求めているとか…。

設定や登場時のイメージでは落ち着いた印象のあったハイネ。口を開いたらまるっきりミゲルと被ってました。製作者側もそのつもりで出しているんでしょうけど。素でできるキャラにしなきゃいけないから、あんな感じになってしまうんでしょうね。
西川貴教は関西の人かな?無声音ができないのと滑舌は気になりますが…某アナウンサーやプロデューサー(今回も登場してテンション下げてくれました)よりは遙かに良いです。台詞を急ぎすぎなければメインキャラでも通用しそう。滑舌は良くても芝居ができない主人公が哀れです。

「現場はただ走るだけだ」「立場の違う人間には、見えてるものも違うってね」
結構重要な台詞をサラッと流してしまったのはマイナス。シンが受け取る描写を作って欲しかったところ。今後成長したときに回想するのかな?それならいいんですが。
作画レベルの関係で目が虚ろだったりするのが話を全く聞いていなそうで…マヌケ面をさらしただけで終わりそうで怖いです。

Bパートはステラ編。キャラクターのエピソードを描くのは結構なことなのですが、長すぎ。Aパートも然り。適度に盛り込むということを知らないんですかねぇ。無理矢理戦闘シーンを入れる必要はありませんし、背景描写や人物描写を中心とした話があってもいいのですが、放送時間全てが同じタイプのシーンでは見ていて疲れます。内容が悪いとは言いせんが、ルナとステラのエピソードは別々の回に入れるべきでした。

ステラはどんどんイタいキャラになっていきますね。踊りながらボチャンはないでしょう。キャラ的には『Z』のロザミィな感じなんでしょうけど。精神を幼くしているのは妹キャラにすることでシンが感情移入しやすくしているんでしょう。でも名前教えるのに「わかる?」とか「憶えられる?」ってのはどうなんだろう。

崖から落ちたステラが海面が見えないくらい深く沈んでいたのは服に武器を仕込んでたからかと思いましたが、どうやらそうではないようで。1話でシンが胸を掴んでいたことからして、ミサイルが詰まっているというわけでもなく…(笑)水も飲んでいなかったようだし…もがきながらあんなに沈んでいくものなんでしょうか?(知識なし)

ブロックワード発動後、錯乱したステラが海に入るのを止めようとするシーンでは、シンよりもステラのほうが戦闘力が上なのに笑えました。一方は必死、もう一方は無意識というところもポイント。こういう面白い描写はどんどん入れて欲しいです。ちょっと長かったけど。
筋肉なんて殆どついてそうにないのに、あの力。やはり骨は金属で、全身を覆うのはバイオマッスルだったり?だから沈むのが早い上に泳げないのかも(笑)

これは作画が悪いんですが、シンの手当てはあまり意味がない。傷口の上に結び目だけしかない状態では…ってラストカットでは更に半周巻いてあって、手当てしたっぽくなってました。ステラ、自分で直したの?

「あなたは死なないわ…。私が、守るもの…。」
「キミは死なない!大丈夫だ。大丈夫だ、オレがちゃんと…オレがちゃんと守るから!」
シンとステラをつなぐキーワードとなるであろう、「守る」というこの言葉。ステラファンには申し訳ないですが、シン自らの手でステラを殺してしまうようなドロドロの展開は面白いと思います。「オレが守るって約束したのに…!うわぁぁぁぁ!!」「ううん、シンはちゃんと守ってくれた…私の心を。」みたいな(前作ラストにも似たようなパターンはありましたが、こういうベタなのは好き)。
そしてシンはステラが戦争というビジネスの商品であったことを知る、と。このシーンは議長との会食シーンの回想が流れます。でもキレたシンがデスティニーで暴れてしまうので、武力での戦争終結になってしまうなぁ…。

ステラがシンに渡した物、あれは一体何だったんでしょう。貝…かな?割れているようでしたが…?

「ザフトの方々には…本当にいろいろとお世話になって。」
オクレ兄さん、良いキャラだ。こういう台詞回しは上手いのに、何で話を作るのが下手なんでしょう>嫁。脚本は誰かに書いてもらって、台詞の部分だけ直していたほうが…寧ろ演出のほうが向いているのでは?描くのは薄くて高い、三文字で「ほん」と読む本だけにすべきです(冷笑)
前作の3バカと違って、理性的に行動できる人物がいるのが今回の3人組の良い所。戦闘以外に登場させられるところが強いです。それぞれキャラが立ってきているので今後面白くなりそうな雰囲気ですね。アウルが下手なのがちょっと気になりますが。

アスランは3人組を過去に見かけたことに気づいた…のかな?作画が悪いせいか表情に変化がなく、瞬きをしただけではどの程度気づいたのか判断しづらいです。気づくには気づいたが怪しいとは思っていない、という感じでしょうか。

来週は…予定が入ってしまったから見られません。感想を書くとしても月曜日付けの日記になるでしょう。アンディの黄色い(金ではないそうです)ムラサメも出るようなので一応見るつもりではいますが。義手義足でどのように操縦するのか、ちょっと興味あります。

|

« 『トリスタ』ホワイトデーイベント | トップページ | マーズ、悲しみ終わるまで… »

コメント

こんばんは!ちとお邪魔します。

> それともミーアは特A級のエージェントだったりとか?
仮にもアスランは軍人ですよね。気付かれずにそのベッドに侵入するって、相当高度な技と思われます。ミーア恐るべし。
あるいは、アスランは近頃心労が多くて、泥のように眠っていたということかも…。

> ルナとステラのエピソードは別々の回に入れるべきでした。
私としては、これのおかげでルナとステラの対比にもなって、まぁ良かったかな…とも思いました。
おかげでガンダム出ない回が多いような気もしますけど…。

> 崖から落ちたステラが海面が見えないくらい深く沈んでいたのは…
これ私も思いました。いくら何でも沈み過ぎですね。本当に改造人間かもしれません。

投稿: えのっち | 2005.03.13 20:37

>あるいは、アスランは近頃心労が多くて、泥のように眠っていたということかも…。

扱いづらいのが2人もいたら苦労しそうですからねぇ。アスランはつくづく部下に恵まれないようで。

>私としては、これのおかげでルナとステラの対比にもなって、まぁ良かったかな…とも思いました。

確かにキャラクター的な面では充実してましたし、見所もありました。2回に分けたほうが良かったという理由は「年末にクリスマスプレゼントとお年玉を一緒に貰って、年明けには何もなし」みたいな状況になりそうで不安だからなんですよね…。

投稿: 姫鷲 | 2005.03.14 00:48

こんばんは。いいちこです。
いつもお世話になります。

>『DESTINY』はストーリー、キャラクター、戦闘、この3パターンのローテーションになっているので非常にテンポ悪いです。
確かにこの3パターンでローテを回していますよね(汗)。
今回は個人的には見応えのある回だと思いましたけどw
さしずめ、来週は“戦闘”といったところでしょうか。

>アスラン、もう手を出しちゃったの?「あの状況がふしだらだ」と怒っているのならば真っ先に槍玉に挙げられるのはタリア艦長なわけだし(^-^;)
確かに上官のタリアがアレでは下が荒れるのも致し方なしかと思いますね(苦笑)。
タリアも叱責する権限が無いでしょうw

>シンの手当てはあまり意味がない。傷口の上に結び目だけしかない状態では…ってラストカットでは更に半周巻いてあって、手当てしたっぽくなってました。ステラ、自分で直したの?
私としてはあの手当てをした包帯を今後の展開の中で重要アイテムにしたいというスタッフの思惑が感じられましたね。
だから、あの手当てはあまり意味が無いけど、ステラの元にシンが手渡したアイテムが残ったのではないかと。

>前作の3バカと違って、理性的に行動できる人物がいるのが今回の3人組の良い所。戦闘以外に登場させられるところが強いです。それぞれキャラが立ってきているので今後面白くなりそうな雰囲気ですね。アウルが下手なのがちょっと気になりますが
スティング、良いですよね。
今作の3人組は上手い具合にバランスが取れているのではないかとも思えますね。
アウルは血の気が多いキャラなのだと思います。
彼、敵対心剥き出しで睨みつけていましたからね。
スティングが理性的にいられるのも周囲にアウルやステラのような子どもっぽい人間がいるからなのだと感じ得ますね。

投稿: いいちこ | 2005.03.14 19:13

>いつもお世話になります。

こちらこそいつもコメントいただきまして有難うございます。

>>『DESTINY』はストーリー、キャラクター、戦闘、この3パターンのローテーションになっているので非常にテンポ悪いです。
>今回は個人的には見応えのある回だと思いましたけどw

今回に関しては、決して内容は悪くないんですけどね。25分足らずの幕としてみた場合、変化が少ないのでダレるんですよ。1クールくらいのスパンで見ると多分丁度いい割合なんでしょうけど。とはいえ、3週間に1フェーズしか話が進行していないことを考えると、やはり「テンポが悪い」と言わざるを得ません。

>私としてはあの手当てをした包帯を今後の展開の中で重要アイテムにしたいというスタッフの思惑が感じられましたね。

確かに、演出であそこまで引っ張っておいて「最適化後にはサヨウナラ」では酷過ぎますからね。今回お互いが交換したアイテムがキーになりそうです。ステラは記憶や所持品を第3者がコントロールできてしまうので、視聴者がやきもきすることになるんでしょうね。

投稿: 姫鷲 | 2005.03.14 23:21

こんにちは。TB&コメントありがとうございます。

>あまりの怒りっぷりに、エレベータの中で種が割れるかと思ってしまいました(笑)
このシリーズのハイパーモードなのに、ルナもこんな事で割れたら、ホント笑いますね。アスランがカガリと結婚したら、ホーク姉妹に殺されちゃいますよ、きっとw。

>それともミーアは特A級のエージェントだったりとか?(因みにコレを書いているバックでは『必殺!』シリーズのBGMが流れてます)
かもしれませんね(マジ顔。だとしたら、ラクスの今の所在をアスランが漏らさないかと探っているんでしょうねw

>作画レベルの関係で目が虚ろだったりするのが話を全く聞いていなそうで…マヌケ面をさらしただけで終わりそうで怖いです。
FAITHだけれどミゲルの様にあっさりと消える。という危険性は、レギュラー出演ではないので(良い意味で、いつでも降板できるので)、確かにありそうですね。

>放送時間全てが同じタイプのシーンでは見ていて疲れます。内容が悪いとは言いせんが、ルナとステラのエピソードは別々の回に入れるべきでした。
確かに疲れて(というか飽きて)きますね。ただ個人的には、台詞が少なめ、作画だけで全てを説明しようとした前作と比べると格段に良くなっている気がしますがw。

>「ザフトの方々には…本当にいろいろとお世話になって。」
確かに仰る通り、声優のお陰で「ザフトの皆さんは、いつも俺たちの邪魔をしてくれるから良く知っているよ。」と伝わった感じがありましたね。そういう意味で脚本はベタですね。個人的には、次回の予告とかで、連発される倒置法をどうにかしてって感じですw。

>前作の3バカと違って、理性的に行動できる人物がいるのが今回の3人組の良い所。戦闘以外に登場させられるところが強いです。それぞれキャラが立ってきているので今後面白くなりそうな雰囲気ですね。
確かに3人の活躍も期待した所ですね。

投稿: 銀矢 | 2005.03.15 12:16

>こんにちは。TB&コメントありがとうございます。

今回銀矢さんトコへのコメントは完全にネタ1つだけになってしまったので、あらためてお礼を言われると恐縮です(汗。

>アスランがカガリと結婚したら、ホーク姉妹に殺されちゃいますよ、きっとw。

アスカガの結婚披露宴に吹き荒れる2つの暴風!赤服のルナはともかく、オペレーターのメイリンにまで割られちゃうと立場がないですなぁ>ディアッカw

>ラクスの今の所在をアスランが漏らさないかと探っているんでしょうねw

露出の高い服で色仕掛け。まさにくの一。ラクスが陣羽織脱ぐと忍者装束っぽくなるのと何か関係が?(←多分ありません)

>次回の予告とかで、連発される倒置法をどうにかして

そうそう、予告というよりフェイクですよね。切り貼りで違うストーリーを作ってしまうという点では「富野マジック」を受け継いでいます(笑)

投稿: 姫鷲 | 2005.03.15 23:54

ひとつの艦にフェイスを3人も配属するってのは
指揮系統から見ても非常に面倒ですね。
それ以上にもっと分散配置したほうが、お目付け役的な効果を
期待できると思うんですけど…。

>西川貴教は関西の人かな?
>無声音ができないのと滑舌は気になりますが…
ご推察の通り、レボレボは関西の人です。
トーク番組だとまるっきり関西風のしゃべりになりますね。

ちなみにwikipediaの「西川貴教」の項目では
ハイネ・ヴェステンフルスの由来が書かれてます。
「西の川」=ヴェステンフルスらしい。
ハイネは昔のバンドで使ってた名前のようです。

投稿: 青の零号 | 2005.03.16 19:36

>ひとつの艦にフェイスを3人も配属するってのは
>指揮系統から見ても非常に面倒ですね。

独自の判断で行動できる上級士官が3人ですからね。タリアがアスランに「命令できない」と言っていたことからすると、先任後任・白服赤服問わずお互いに命令権はないようですから、極端な話、3者3様の行動をとってもおかしくないわけで。下の者が振り回されないとも限りませんから、一番やきもきしてるのは一般のクルーだったり?
アスランとハイネは単独行動しそうですけどね。

投稿: 姫鷲 | 2005.03.16 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さまよう眸:

» 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第21話 [salty blog]
第21話「さまよう眸」まずは…海辺ではしゃぐステラ。…って、おい!復習無しで始まる「種デス」なんて…、 良いとか悪いとか置いといて、びっくりしたぞ! 今日は回想... [続きを読む]

受信: 2005.03.13 20:27

» 第21話「さまよう眸」 [機動戦士銃自由種運命]
アスラン・ザラは深い眠りから覚めた。久しぶりに休暇がとれ、デュランダル議長のはからいによりホテルに宿泊したのだった。しかし、ベッドの隣には人の息づかいが聞こえる... [続きを読む]

受信: 2005.03.13 23:47

» デス種 PHASE-21 「さまよう眸」 [虚辛会日報]
「はいこっち座ってねー」 「・・・・」 「なんで止められたかわかるよね」 「・・・・」 「言おうか?ノーヘル、免許不携帯、速度超過、シスコン」 「シス... [続きを読む]

受信: 2005.03.14 02:26

» ガンダムSEED DESTINY 21話感想 『さまよう眸』 [とことん青春!〜種運命と鯉と刻の涙に魅せられて…〜]
何か久々に密度の濃い内容でしたね。21話感想です。 ◆◆シンは携帯を手放す事ができるか?◆◆ シンがステラの足に巻いた包帯とステラがシンに手渡したもの(石?)... [続きを読む]

受信: 2005.03.14 18:57

» ガンダムSEED DESTINY・第21話 [☆アニメの世界へ☆はじめの一歩☆]
「さまよう眸」 議長が出発した音で目が覚めたアスラン・・・。 隣に大きな塊が・・ [続きを読む]

受信: 2005.03.14 22:36

» ガンダムSEED Destiny PHASE21 [今日もボヘミアンな気分]
[第21話『さまよう瞳』の感想など] 相変わらず脳天気ですねミーアって(まあ暗い話に花を添えるから許すとしてw)、セレブ(“前々代のプラント議長シーゲル・クライ... [続きを読む]

受信: 2005.03.15 12:12

» ラクスのものはミーアのもの [Biting Angle]
先週の「種デス」を見て、ミーアってひたすらラクスになりたいのだというのが よくわかりました。 彼女にとってのラクスは、他の大衆が見ている「ラクス像」と違いがない... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 19:18

« 『トリスタ』ホワイトデーイベント | トップページ | マーズ、悲しみ終わるまで… »