« インド洋の死闘 | トップページ | 皇なつき作品集『画趣』 »

2005.02.08

KTみなしごハッチ

Hatch_01『KTキャンディトイコレクション 昆虫物語みなしごハッチ』が発売されました。子供の頃再放送をよく見ていた思い出があります。さすがに本放送時はまだ生まれてませんでしたけど(続編の『新みなしごハッチ』も同様)。
なにぶん子供の頃の話なので、はっきりと憶えてはいないものの、付属のミニブックの解説を見ていると「こんなのもあったな」と感じるのは、心に残る良いストーリーだったからなのかな、と感じます。昨今はこういった人生を学べるような幼年向けアニメはそう多くはありません。全然ないのでは?と思えるくらい。殺伐とした子供が育つ原因の一端なのかもしれませんね(言いすぎ?)。
写真は「ゴミ虫との別れ」というタイトルのフィギュアです。これを見ただけでも何か感動してしまいます(フィギュア自体の出来が良いせいもありますが)。実は番組本編にはこのエピソードはあっても、フィギュアのようなシーンは存在しないそうです。それでも見たものの感動を喚び起こすのだから凄いものです。さすが海洋堂、さすが香川雅彦!

フィギュアではそれほど目立たないんですが、ハッチって目の周りの縁取りが隈に見えて、すごく不健康な印象があるんですよね…手足も細いし。だから打ちひしがれてるときなんかはやたらと可哀相に見える(^-^;)

因みに、「みつばち」は「マーヤ」、「みなしご」が「ハッチ」です。『みつばちマーヤの冒険』と混同して『みつばちハッチ』と憶えている人も結構多いんですよね。主題歌に「みつばちハッチ」というフレーズがあるせいでしょう。『マーヤ』は日本アニメーション、『ハッチ』はタツノコプロの制作です。イメージ的には全然別物なんですけどね。

昔は何気なく見ていましたが、多分今見直すと泣いちゃうんだろうな…。歳をとるにつれてだんだん涙もろくなっていくような気がします。小学生の頃、給食のときに昼の連ドラ見て泣いてる担任を皆で冷やかしたものですが、まさか自分がそうなっていくとは思いもしませんでした。
「年年歳歳花相似、歳歳年年人不同」

|

« インド洋の死闘 | トップページ | 皇なつき作品集『画趣』 »

コメント

これホントにスゴイねー。
完成度が高い。

投稿: ナミマおおさか | 2005.02.09 00:08

>これホントにスゴイねー。

色彩は地味ながら、葉っぱとか花の質感がすごいのですよ。欠点は全5種ともハッチの塗りが粗いこと。主人公なのに…。

投稿: 姫鷲 | 2005.02.09 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KTみなしごハッチ:

« インド洋の死闘 | トップページ | 皇なつき作品集『画趣』 »