« 見えない真実 | トップページ | トリスタ正式サービス開始 »

2005.02.28

涙、涙の物語?

京極夏彦の『続巷説百物語』が文庫になったので購入。京極夏彦の本は新書でも文庫でも値段や厚さはあまり変わらないんですけどね。『巷説百物語』を文庫で買ってしまった手前、サイズが違うの買うのもイヤなので。『後巷説百物語』の文庫化が待ち遠しいです。

京極堂のシリーズも好きなんですが、こちらの『巷説百物語』シリーズも『必殺!』好きの私としては外せません。金で悪人の始末を請け負うダークヒーローを、妖怪と絡めることでけれん味たっぷりに描いているのが魅力です。作者の京極氏も必殺フリークだとか。

映像作品のほうは今のところノーチェック。実写版はキャストがイマイチなので見る気がおきないんですが、アニメ版は若本さんが出ているので見ておきたいところです。DVDをレンタルしている店が見つかればいいのですが…。

相変わらず転職していないので読書量は落ちる一方。もう少し目に優しい仕事をしないと…。
さらにこの時期は花粉で目をやられるので、すぐに充血して涙が出て来ます。しんどそうな顔をして涙を流していると、どんな本を読んでいても傍から見れば感動巨編(笑)

|

« 見えない真実 | トップページ | トリスタ正式サービス開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙、涙の物語?:

« 見えない真実 | トップページ | トリスタ正式サービス開始 »