« ワンフェスは…雪? | トップページ | ハリポ戦隊マジレンジャー »

2005.02.20

ローエングリンを討て!

『SEED DESTINY』第18話「ローエングリンを討て!」。相変わらず戦闘だけは面白いです、この作品。妙にエグい描写さえなければ尚良いんですが…はっきり言ってクド過ぎます。確かにリアルではあるんでしょうけど…。

ガルナハン攻略、ザウートやジン・オーカーを乗せたレセップスは地味にカッコイイ。やたらとMSが多いのは艦載機だけでなく基地から直接艦上に乗っけてきているのでしょうか。
方や、基地から出撃する、連合のダガーLはジェットストライカーパックにぶら下がっているように見えます。何となくダグラムを彷彿とさせますね。あんなに無防備ではないんですけど。吊られてるみたいであまりカッコ良くないです。

アスランに説明を交代した挙句、余計な一言で場を白けさせるアーサーくん。ホント、彼はコーディーネーターなのでしょうか?それ以前に副長を任せられるほどの軍人なのかと疑問は増すばかり。ザフトのボンボンなのかもしれませんね。
好意的な解釈をするなら、わざとありえない案を述べて作戦や状況を再確認させたり場の雰囲気を調節したりする役割を演じているのかもしれません。

「あたし、予防線張られた?」こういうところでキャラクターを出すのは前回同様好印象。今後のルナの出方や如何に?!メイリンの出番は回想と発進シークエンスのみ。逆転はあるのか?

ミネルバといい、Aエンジェルといい、戦艦のくせに物凄い運動性。何であんなにミサイルだのビームだのを避けられるのか。不思議でなりません。Aエンジェルは「揺らす」ためにわざと被弾させてる感がありますが、ミネルバはさながらMAのよう。ローエングリンを避けるのはいいとして、ブリッジ以外のクルーの運命や如何に?

シンが先行する洞窟のシーン、あれはシンが操縦する意味があったんでしょうか(乗っている意味はある)。頭も脚もコア・スプレンダーの後ろにくっついて飛んでますけど、同じようにデータから航路を設定してオートパイロットにする方法はあったと思うんですが…。シルエットフライヤーだってオートなわけだし。
無理矢理設定に合わせた演出をするから変な状況設定が出来上がってしまうということなんですけどね。ローエングリンにしたってVガンダムのように脚をぶつけてしまうのが早いんですよね。合体する必要なし。予備パーツがないとは言わせません。
それにしても、あんな胴体やら脚やらがビュンビュン飛ぶのに、ガイアが飛べないのは何故?

今回はシンがメインの話で、出番も台詞もこれまでとは段違い…なのですが、喋れば喋るほどキャラクターが安っぽくなっていくのは気のせいでしょうか。やっぱヘタです、彼。出番を増やすのはいいとして、これまで通り台詞少ないほうがキャラクターが壊れなくていいと思います。何ていうか、新人の下手さでないところが凄く耳障り。周りが全員巧いのもいけないんでしょうけどね。
「下手クソなんだろ、いろいろと。」アスラン、いいこというなぁ(笑)

今回一番意外だったのは、協力者の女の子が死ななかったこと。これまでのパターンだったら殺されると思ったんですが…。

次回は遂にTM西川登場!ピンクのザクも登場…_| ̄|○
ミーアザクを本編に出すとは思いませんでした。政治・軍事のプロモーション活動に使うのはいいとして、ミーアが操縦することは…ないと思いたいです。

|

« ワンフェスは…雪? | トップページ | ハリポ戦隊マジレンジャー »

コメント

あたし全く同じ考えですよ(-_-;)

台詞が安っぽくって、ヘタしたら怒りが生まれてテレビ消したいくらい(笑)
キャラクターに魅力ゼロ!
主人公なのに、最終回までに良くなるんですかね???

つーか、ミーアだルナだメイリンだステラだなんだかんだ…って52話で納得いくまとめができるのかしら????
登場人物が多すぎて、出しゃいいっつーもんじゃないっしょ!?…みたいなね。

おもしろくなることを願ってやみません。

来週、またもや画が最悪モード。
なんとかしてくれーーーーーっ!!!(叫)

投稿: ひよこ☆ | 2005.02.20 21:20

こんばんは。

>ミネルバといい、Aエンジェルといい、戦艦のくせに物凄い運動性。何であんなにミサイルだのビームだのを避けられるのか。不思議でなりません。Aエンジェルは「揺らす」ためにわざと被弾させてる感がありますが、ミネルバはさながらMAのよう。ローエングリンを避けるのはいいとして、ブリッジ以外のクルーの運命や如何に?
そう言えば、前作でもAAはバレルロールという離れ業を成し遂げましたよね(汗)。
あれには相当に驚かされましたが、今回のミネルバの機動性も驚き物でしたよねw
ぶっちゃけ、格納庫は凄い事になっているかと想像できますね(大汗)。
あれだけ巨大にも拘わらず、あれ程の機動性を備えているという事はミネルバを建造した技術者達はただ者では無いのでは、とも思える次第ですw

>「下手クソなんだろ、いろいろと。」アスラン、いいこというなぁ
アスランもあまり上手い方では無いですからね。
それを考えると、シンとアスランは似ている面が多くあるな、とも思えますね。
だから、アスランも本当はシンの事をかわいい弟分のように思っているのではないかと感じ得ますw

投稿: いいちこ | 2005.02.20 22:16

>ひよこ☆さん
>登場人物が多すぎて、出しゃいいっつーもんじゃないっしょ!?…みたいなね。

MSにしろキャラクターにしろ、出したものに対してのフォローがないのが、監督夫婦の悪いところですよね。半ば使い捨てみたいな印象があります。
群像劇を描こうとして収集がつかなくなることは素人にはよくある話ですが…?(苦笑)


>いいちこさん
>ぶっちゃけ、格納庫は凄い事になっているかと想像できますね(大汗)。

きっと、あるときシンが帰還するとヨウランとヴィーノが「何故か」昇進していて、艦内のどこにも姿が見えないということに……w

>あれだけ巨大にも拘わらず、あれ程の機動性を備えているという事はミネルバを建造した技術者達はただ者では無いのでは、とも思える次第ですw

多分趣味でガンダムを作るような5人の科学者でしょう。新造艦とはいえ、他のザフト艦とスペックも外観も違いすぎますからねw

投稿: 姫鷲 | 2005.02.20 23:33

>ミネルバといい、Aエンジェルといい、戦艦のくせに物凄い運動性。
えーと、イナーシャルキャンセラーとか…(無理)
そういえば前にアビスが水中スライドをやってましたが、あれも無茶な機動でした。

人間ドラマと世相への風刺、いまはそこがゴチャゴチャになっているようです。
もう少し整理しないと、見ているほうも苦しくなるばかりのように思いますが。
陰謀話もあんまり引っ張ると収拾付かなくなるかも。
まあいざとなったら、連中に罪を全部おっかぶせて消すという手がありますけど。

投稿: 青の零号 | 2005.02.21 00:07

>もう少し整理しないと、見ているほうも苦しくなるばかりのように思いますが。

そうなんですよねぇ。そのための総集編なのに、『EDITED』のような内容ではフラストレーション溜まりまくりです。
伏線を張るのもいいし、ブラックボックスを作るのもいいんですが、情報を小出しにするどころか、それに対するケアが不足し過ぎています。
情報を持っている人物(勢力)が分散していて、月に1度顔を出すか出さないかというような状況では、わかるものもわかりませんからねぇ…。
関連書籍を買わせようという陰謀デスカ?

投稿: 姫鷲 | 2005.02.21 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローエングリンを討て!:

» ガンダムSEED DESTINY 18話感想 『ローエングリンを討て!』 [とことん青春!〜種運命と鯉と刻の涙に魅せられて…〜]
平和の意義について問い掛ける話だったように思います。18話感想です。 ◆◆アスランの中に芽生えそうな議長への疑念◆◆ 16話では(命令違反を犯して民間人を解放... [続きを読む]

受信: 2005.02.20 22:17

» ガンダムSEED DESTINY・第18話 [☆アニメの世界へ☆はじめの一歩☆]
「ローエングリンを討て!」 ローエングリン突破作戦を説明するアスラン。 アスラン [続きを読む]

受信: 2005.02.20 23:48

» 第18話「ローエングリンを討て!」 [機動戦士銃自由種運命]
ガルナハンへと続くルートを開くため、ミネルバはラドル隊のレセップスとともに要衝の渓谷へと向かう。渓谷はごく細い通り道であり、そこを見上げる高台に設置された地球連... [続きを読む]

受信: 2005.02.21 00:12

» デス種 PHASE-18 「ローエングリンを討て!」 [虚辛会日報]
ザムザサー博士の野望は潰えてなかった。 「今回のザムザサーは一味違うぞぉぉ・・・この起伏の激しい山地の要塞攻略戦を考慮して燃費の良いスパイダーレッグ(正式... [続きを読む]

受信: 2005.02.24 02:52

« ワンフェスは…雪? | トップページ | ハリポ戦隊マジレンジャー »