« ワンフェス顛末 | トップページ | トップ2第2巻 »

2005.02.23

CLAMPノキセキ vol.6

CLAMP_06『CLAMPノキセキ』もついに6号。丁度折り返し地点です。

付録のチェスピースは阿修羅と光。阿修羅は凛々しく、光は元気に、今回も良い出来です。毎度毎度思うのですが、チェスピースのデフォルメ、非常に上手いですねぇ。デザインしているのは誰なんでしょう?奥付を見ると、「原型制作」と「原型コーディネート」と2人の名前が挙がっているのですが…どっち?(関口宏&三宅裕二で)
これでスカートの中まで作り込んであれば言うことな…
(゚ε゚(○(%)o バキ
……。

本誌の特集は、チェスピースに合わせて『聖伝』です。商業誌デビュー作とあって、インタビューがそれに偏りすぎている気がしないでもありません。もう少し作品のテーマとか裏側とかについての記事が多いと良かったんですけど。
『聖伝』の頃の絵は今と比べるとさすがに下手なんですが、元々水準以上の画力を持っていただけあって、それほど古いと感じることなく見ることができます。当然、画風はだいぶ変わっていますがね。
個人的には初期の頃の描き込みが多すぎるくらいの絵が好きなんですけどね。1ページの情報量が物凄いことになってて見るのが疲れますけど、CLAMPの真骨頂は繊細かつ豪奢な画にあるのかと。最近の作品は、シンプルですっきりしていますが、ちょっと物足りなく感じます。年齢層を低く設定してあるせいでしょうかねぇ。毛色は違えど、良くも悪くも普通の少年/少女漫画。

『聖伝』購入時は私もまだ若く、少女漫画の棚の前でウロウロとしていた思い出があります。もっとも、少女漫画を買うことに抵抗があったわけではなく、少ない小遣いと相談していただけなんですが(苦笑)

化粧箱入りのコミック文庫も購入しました。まだ開けてませんけどね(笑)そのまま眠らせてしまいそうな予感。

インド神話繋がりからか、『天空戦記シュラト』のCDのレーベルやインデックスのイラストも描いていたりするんですけど…プレミアついたりしないのかな?

|

« ワンフェス顛末 | トップページ | トップ2第2巻 »

コメント

お邪魔致します。
阿修羅ちゃん(こぶたちゃんというべきか)、本当に出来が良いですねー。懐かしいなぁ。

ウィングスって少女漫画の部類だったのですか!?
…い、言われてみると少女漫画ですけど…ずっと「中性漫画」だと思ってました。

投稿: りおっと | 2005.02.23 17:36

>ウィングスって少女漫画の部類だったのですか!?
>…い、言われてみると少女漫画ですけど…ずっと「中性漫画」だと思ってました。

確かに、いわゆる「少女漫画」というくくりではないかもしれませんね。でも「女性向け」とすると若干意味合いが変ってきますし…。
「中性漫画」は何か響きが微妙ですね…どきどき。…KABA…ゲフンゲフン。

投稿: 姫鷲 | 2005.02.23 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CLAMPノキセキ vol.6:

« ワンフェス顛末 | トップページ | トップ2第2巻 »