« トゥハート2最終日 | トップページ | プラモを付録にすれば良いってものでは… »

2005.01.06

赤松作品初体験

仕事始めです。
休み中は充分過ぎるほど休養したので久しぶりに眠くなることなく1日を終えました。再来週くらいになったらもうもたないでしょうけど。仕事する気の無い上に眠気もないとヒマでヒマで仕方ありません。時間潰すのが辛かったです。こういうときは睡魔と闘ってたほうが気が紛れます。


『魔法先生ネギま!』の放映が始まりました。赤松さんの作品を見るのは実は初めてです。これまで漫画もアニメもまともに見てませんでしたから…。ハーレムみたいな作品はどうも苦手で。
『ネギま』も女の子出過ぎ。あまり多いとかえって気持ち悪いくらいです。アニメだと声を聞いてるだけで疲れます。でも嫌いなわけではないんですよ、念のため。
ブレード履いたコ(名前わからん)なんか可愛いですよね。関西弁が良いですな…もっとも、某ゲームのインチキ関西弁とは似ても似つかないものでしたが(ちなみに関東人にはあまり語感の違いはわかりません。細かい「○○弁」の判別つぅはとてもとても)。声が綺麗なせいもあるんでしょうが。しーぽんですか。
高校生くらいのときに見たらハマっていたかもしれません。たかだか30分程度見ただけで判断するのは早計かもしれませんケド。
今後もできるだけ見るようにしますのでお許しあれ。不甲斐ない後輩ですんません>私を知る諸先輩方

まぁとりあえずマギーさん頑張ってくださいな、っと。

|

« トゥハート2最終日 | トップページ | プラモを付録にすれば良いってものでは… »

コメント

 「ネギま!」は女の子だけで30人ですよ。物量作戦というか。声優を30人使うんですかねえ。代々木アニメーション学院の生徒を集めても、予算が足らなくなると思うけど。

投稿: 井上 | 2005.01.06 21:33

30人!
女子校を舞台にした作品は数あれど、この人数を別キャストにしたものって少ないのでは…?
気になったのでちょっとググってみると確かにみんな別の声優さんでした。最近の若手が勢揃いという感じですね。こんな制作費の出せるスポンサーってどこなんでしょう?

それにしても、普通なら2役3役やってもおかしくないのに、わざわざ別のキャスティングをするということは、
・個々のキャラクターの出番は少ないが、それぞれにメインとなる話がある
・毎回毎回ほぼ全員が一堂に会して喋るシーンがある
のどちらかなんでしょうね。
実は別メディアで展開されているキャストをそのまま持ってきているとか…?

投稿: 姫鷲 | 2005.01.06 23:50

>ハーレムみたいな作品はどうも苦手で。
>あまり多いとかえって気持ち悪いくらいです。
これには同感です。設定が先行ってのはどうも。

ギャラについては、YAGの学生さんならひょっとするとタダだったりして。
逆に授業料とってたら笑いますな。

投稿: 青の零号 | 2005.01.08 21:57

ちょっと調べたところ、露骨に養成所の生徒さんって肩書きの人は殆どいないみたいです。そうなると仮に「所属扱い」だったとしてもギャラが発生しますから…「数字も取れるし関連商品も売れる」というのがわかりきってるから強気なのかもしれませんね。

>ギャラについては、YAGの学生さんならひょっとするとタダだったりして。
>逆に授業料とってたら笑いますな。

YAGのことは良く知りませんが、あながち間違っていないかもしれませんよ。授業料は普通に納めさせておいて、「研修」って言えばすむことですから。駆け出しの頃はメディアに出てナンボですから文句もでないでしょうしね。在籍中に出演しただけでプロデビューできない人も結構いるんでしょうなぁ、きっと。

投稿: 姫鷲 | 2005.01.10 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤松作品初体験:

« トゥハート2最終日 | トップページ | プラモを付録にすれば良いってものでは… »