« 2人合わせれば炎になる | トップページ | 顔の一部とはよく言ったもので… »

2005.01.16

明日への出航

『ガンダムSEED DESTINY』第14話。主題歌が変わりました。
オープニングは心に残らない歌。TM.Revolutionのほうが良かったです。エンディングはなかなかでしたがね。有坂美香は『無限のリヴァイアス』以来かな?『十二国記』のほうが後?まぁどうでもいいですが。パンチの利いたボーカルが良いですな。
オープニングテーマのバックにはなかなか思わせぶりなカットが入っていましたが…。ラミアス艦長にはやはりベタな展開が待っているのでしょうか。
虎さんはあんな体でMSに乗ろうというのか。腕のサイコガンと同じで脳波コントロールでもする気なんでしょうかねぇ?MSも微妙にカッコ悪く見えるのは気のせいでしょうか。
さらに言うと、過去の日記に「グフウォーリアという名前のMSが出るようなら種デス見ないかも」と書いたんですけど、何やら気になるMSの姿もありました。カウントダウン始まってる可能性があります。

今回の話に限ったことではありませんが、回想&バンク多すぎ。しかも先週の1番ダメなシーンを回想することもなかろうに。「まさかフリーダム?」「えぇ〜っ?!」……って、こっちが「えぇ〜っ?!」ですわ。ラクス襲撃部隊のリーダー、下手すぎ。その辺歩いている若いコだってもうちょっとマシな芝居できる人ゴロゴロいますよ。よもや2週連続で不快な思いをするとは思いませんでした。

カガリの乳母の人(名前知らん)、あの台詞は台本にあるんですかねぇ?登場時は某魔法学校の校長先生かと思いました。まぁあれはあれでいいんですが、絡んでる相手が中堅の人々なので拙さが目立ちます。可哀想に。カガリとのシーンだとあまり気にならないんですけどね。

そのカガリは作画にやたら気合が入っていましたね。カガリ以外でも「寄り」のカットは良いレベルだったと思います。新生Aエンジェル発進の回ですから至極当然といえば当然ですが。反面、「引き」のカットは最悪。特にユウナはヘタレ放題だっただけにギャグマンガのようでした。

ユウナは今後化けると踏んでたんですがねぇ…違う方向に化けてしまって、激しく幻滅。あそこまでキャラを崩してしまうと今後どう軌道修正したところで無駄ですね。ユウナはストーリー上で抹消されたと見るべきか、はたまた今後カガリに妄執してAエンジェルにちょっかい出してくるのか…?
前線の指揮官が命令聞かないあたりでオーブ軍は「軍隊」としては終わってますけどね。カッコイイ台詞吐いてるオッサンがいますけど、あんな人は軍人じゃありません。某惑星同盟の提督だってもうちょっと言うこと聞きますよ。仕事しろ。
実はOPに登場しているデビルガンダムみたいなのがユウナの秘密兵器だったりして。「この日のために鍛えておいた」体とカガリをコアとして稼動。それならオーブ軍なんか要りませんし。そうなると救出に行くのはアスランではなくイザークのほうがいいのかな?

今回カガリを救出したのはキラなわけですが、復活早々暴走しているきらいがあります。「仕方ない」とは何がどう仕方ないのかわかりません。アスランのためだとしても、これで本当にカガリが心からユウナとくっつくつもりだったらどうする気だったのか。個人的には、最近のカガリはウザいので、もう出てこなくてもいいんですがね。
どうせなら拉致失敗したほうが今後の展開としては面白くなったような気もします。

復活したフリーダムに至ってはオーブ軍にソッコーで機体認識されているということは、軍関係の記録消していなかったということでしょうか。そんなものマルキオ導師は個人的に保管していていいのでしょうか。Aエンジェル然り、ストライクR然り。その辺もオーブ承認済み?今や条約で禁止されてるテクノロジーが使われているにもかかわらず管理はかなり杜撰だったように見えるんですが…。

「ここはあなたの家なんだから」…キラママ、愛のこもった台詞ですが、ここはどう見ても基地ですよ?!それでいいの?つぅか、あの別荘、マルキオの家じゃなくてキラの家なの?そもそもどういういきさつでキラママがあの家にいるのかわかりません。種デス始まったときには居てたし。

遂に潜航能力まで備えてしまったAエンジェル。『スーパーロボット大戦』や『Gジェネレーション』シリーズに登場したら、アドラステアを超える万能戦艦として活躍しそう。タイヤの時代も終わりです。「万能戦艦」、いいなぁ、この響き。いかにもスーパーロボット系。
潜るのはともかく、あんな形で海中から斜めに浮上&離水できることについてはモルゲンレーテ脅威のメカニズムということで。

今回は(も?)本編に全く登場しなかった「主人公」。あ、回想シーンに1〜2秒出たか。このままいくと、ニコルより登場時間が少ない(当然前作は含まず)ということにもなりかねませんなぁ。と、いうより「主人公」という言葉自体タブーになりつつあるような…。

|

« 2人合わせれば炎になる | トップページ | 顔の一部とはよく言ったもので… »

コメント

ラクス襲撃隊のリーダーは日本放送のアナウンサーがノリで監督にお願いして、役についた方です。顔も本人に似せているような気がします。
作品を本当に愛しているなら、プロ以外を使うことはありえないと思いますが、所詮その程度のレベルの作品ということなのでしょうか。

ちなみにそのアナウンサーはオタクを名乗っていますが、慶應卒です。学歴があると、オタクでも勉強熱心な立派な人物に思えてしまうのが不思議です・・(笑)

投稿: ひよこの飼い主 | 2005.01.17 22:34

>日本放送のアナウンサーがノリで監督にお願いして、役についた方です

そういえばこの話、どこかで聞いたような気がします。最近はガンダムが好きなだけで声を当てたり主題歌を歌ったりできる世の中なんですよね。業界人限定ですけど。
ミゲルのTM西川は結構上手くて驚きましたけど、このアナウンサーはあまりにもあんまりです。ビビアンよりも下手クソ。

>慶應卒です。学歴があると、オタクでも勉強熱心な立派な人物に思えてしまうのが不思議

いい学校出てると過去さえ封印すれば、世間ではエリート扱いですからねぇ。もっとも、大抵の人はあふれ出るオーラを隠しきれずにすぐバレますけど。

投稿: 姫鷲 | 2005.01.18 02:02

グフ・ウォーリアではなくグフ・イグナイテッドというMSだそうな。イグナイテッド・・・前のOPの曲名・・・。ということでお分かりのように黄色いグフもどきの前の金髪キャラは西川御大が声当てるキャラですわ。ハイネ・ヴェステンフルスっていう名前で。ハイネはTMR以前に西川御大がやってたバンドの時の御大の芸名。キャラデザもハイネ時代の御大と同じ髪型です。ヴェステンフルスはドイツ語でまんま西(Westen)川(Fluss)だそうです。
もう・・・ね。(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

投稿: gun | 2005.01.18 16:06

>グフ・ウォーリアではなくグフ・イグナイテッドというMSだそうな

gunさん情報ありがとうございます。
やっぱりグフですか…。ぽっくり。_| ̄|○
真面目に見てるのがだんだんバカらしくなってきました。こうなってくるとノリ的にGガンダム系。MSも飛びあがるとき腰落として反動つけてるし。でもGガンほど燃えないんですよねぇ…(-_-)

投稿: 姫鷲 | 2005.01.18 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日への出航:

« 2人合わせれば炎になる | トップページ | 顔の一部とはよく言ったもので… »